小川宏ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川宏ショー
Fuji Television 1961.jpg
「小川宏ショー」の生放送が行われた
新宿区河田町のフジテレビ旧本社
(写真は番組開始前の1961年のもの)
ジャンル ワイドショー
放送時間 平日 9:00 - 10:30
→8:30 - 9:55
(90→85分)
放送期間 1965年5月3日 - 1982年3月31日(4451回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビジョン
出演者 小川宏
木元教子
露木茂
芳村真理
田代美代子
山川建夫
藤田弓子
浜美枝
松倉悦郎
三上彩子
芦川よしみ
新井春美
頼近美津子
陣内誠
ほか(主な出演者を参照)

特記事項:
開始から1966年11月までは土曜日でも放送されていた。
当初は白黒放送だったが、1970年4月1日からカラー放送となった。
テンプレートを表示

小川宏ショー』(おがわひろしショー)は、1965年5月3日から1982年3月31日までの17年間にわたりフジテレビ系列で生放送された平日ワイドショーで、小川宏冠番組である。全4451回。

概要[編集]

この企画は、NET(現:テレビ朝日)が『モーニングショー』(当時は木島則夫が司会)を1964年4月1日に始めたことに刺激を受け、当時のフジテレビ制作部の部内で検討を重ね、企画をまとめたもの[1]。企画段階でのコーナーは全国5局からの中継や、「子どもの広場」を入れていたものの、問題は司会者で、フジテレビ内部には人材がいなかった[1]。そこで、NHKアナウンサー出身で当時の営業部長が4人のNHKのアナウンサーを挙げ、その内の1人が小川宏だった[1]

その小川とフジテレビ側との話し合いが1965年1月に行われ、担当者が「フジの看板となるようなニュースショーをやりたいが、何とか協力してくれないか」というと小川が、「私も是非やりたいが、相談する人がいるので若干の時間を」とこの時点でまとまらなかったのだが、3回目の話し合いで、契約金についてフジテレビ側から引き出すと、小川は「それで結構です。ただし、契約は一年ごとということですが、最初は2年にしてください」と発言した[1]。こうして、総合司会にNHKを退職した小川を、フジテレビとの局契約嘱託職)として移籍させたうえで起用、1965年5月3日に主婦向けワイドショー番組として放送開始。

当初は主だったコーナーはなく、ニュースや電話による相談コーナー、それに、「子どもの広場」のコーナーで、構成されていたが、番組開始から2年間、視聴率は劣勢が続いていた[1]。そこで、企画検討の結果、「個性ある番組作り」を行うため、「曜日ごとのテーマ」の企画に方針を一新した[1]。その中で、スタート2年目の秋よりスタートした「初恋談義」が話題となり、以後、「ご存知ですかこの人を」、「金曜編集室」、「私のふるさと」、「いたずら談義」等のトークコーナーを中心としたサロントーク型ワイドショーとして人気を博す一方、アシスタント役の露木茂が話題の事件・事象を独自に徹底取材する「露木レポート」や生放送の利点を生かした現場中継の多用によりニュースショーとしても高い定評を獲得。放送期間17年、全放送回数4451回に及ぶ長寿番組へと発展した(同じフジの『森田一義アワー 笑っていいとも!』に破られるまで、個人名を冠したテレビ番組としては世界最長だった)[1]

当番組は開始当初は白黒放送だったが、1970年4月1日にカラー放送となった。また番組開始から1966年11月までは月 - 土曜日の放送だったが、同年12月から土曜日の放送を打ち切って同枠は関西テレビの制作枠に移行して『ハイ!土曜日です』をスタートさせた。なお、金曜日の放送では番組の最後に小川が「明日は関西テレビからお送りします」と告げていた。その関係で、『ハイ!土曜日です』のサブ司会兼リポーターを桑原征平[2](担当時点では同局アナウンサー)が務めていた時期には、桑原が当番組にも出演することがあった。

番組タイトル[編集]

タイトル[編集]

  • 1965年5月3日 - 1980年3月28日 奥さまスタジオ 小川宏ショー
  • 1980年3月31日 - 1982年3月31日 フレッシュワイド8:30 小川宏ショー

テーマ[編集]

  • 1965年5月3日 - 1980年3月28日 奥様スタジオ・小川宏ショー(作曲:平岡精二
  • 1980年3月31日 - 1982年3月31日 小川宏ショーのテーマ "smiling people" (歌:ハイ・ファイ・セット
    • ハイ・ファイ・セットのアルバム『3 NOTES』には、「うぬぼれスマイル」として収録されているが、こちらはアレンジや音程がやや低くなっている。

放送時間[編集]

すべてJST

  • 1965年5月3日 - 1980年3月28日 9:00 - 10:30
    • 1965年5月から1966年11月までは月曜から土曜までの放送、1966年12月以降は月曜から金曜までの放送。
  • 1980年3月31日 - 1982年3月31日 8:30 - 9:55

主な出演者[編集]

司会[編集]

期間 総合司会 パートナー司会
女性 男性
1965.5.3 1966.12.2 小川宏 木元教子 露木茂
1966.12.5 1968.3.29 芳村真理
1968.4.1 1968.12.31 田代美代子
1969.1.6 1970.3.31 松村満美子
1970.4.1 1971.1.29 山川建夫
1971.2.1 1971.4.2 (不在)
1971.4.5 1972.3.31 露木茂
1972.4.3 1973.6.29 露木茂、松倉悦郎
1973.7.2 1975.5.30 藤田弓子
1975.6.2 1975.10.3 浜美枝
1975.10.6 1976.6.4 露木茂
1976.6.7 1977.12.2 三上彩子
1977.12.5 1979.3.30 加賀富美子
1979.4.2 1980.3.31 芦川よしみ 露木茂、本間正彦
1980.4.1 1981.3.31 新井春美
1981.4.1 1982.3.31 頼近美津子 陣内誠

備考

  • 小川は放送開始から終了まで出演。
  • 男性は本間がフジテレビ報道局記者(元フジテレビアナウンサー本間淳子の夫、現・情報制作局取材担当局長)、その他はフジテレビアナウンサー。
  • 女性のうち三上、頼近はフジテレビアナウンサー(当時)。
  • 1979年3月まではサブ司会者は番組内の生CMも担当。
  • 露木は、1970年3月31日放送で一旦司会を降板したが、この日に偶然にもよど号ハイジャック事件が発生。同事件を自身が当時受け持っていたコーナーである「露木レポート」の中で重点的に取り扱う事になったためにそのまま番組出演を継続。この際の取材・レポート振りが局の内外で好評を得たために同事件の報道が一段落付いた後もレポーター扱いでレギュラー出演を続け、1971年4月より同年1月末で中途降板した山川の後を継ぐ形で正式に司会陣に復帰することとなった。
  • 本間は上述の露木と同様にレポーター兼任の形で司会陣に参加(露木、本間の何れか一方が小川のパートナーを担当し、もう一方が中継レポーターを担当する形で番組に出演)。
  • 三上は前任の女性アシスタント・浜美枝の降板回である1976年6月4日放送分より出演。当日は司会引継ぎを兼ねて小川・露木・浜・三上の4人で司会進行を担当した。

レポーター[編集]

コーナーレギュラー[編集]

  • 吉岡たすく(「テレビ教室」(1976年10月より新設)コーナー担当)
  • 千家和也(「あなたがつくる歌謡曲」(1975年7月より新設)コーナー担当)
  • 三國一朗(「金曜編集室」(1970年4月より新設)コーナー担当)
  • 五味康祐(「人相学コーナー」(1969年1月より新設)担当)
  • 西川きよし(「むりやりジャンケン」(1976年1月より新設)コーナー担当)、ほか

エピソード[編集]

  • 平日午前の生放送番組ながら、出演ゲストは俳優女優から芸人歌手政治家スポーツ選手、小説家・大学教授などの文化人などオールマイティーに及び、そのゲストの人選の幅広さも同番組の特徴となっており、中には当番組へのゲスト出演によりそれまで知られる事のなかった一面が紹介され、それがきっかけとなって仕事の幅が広がり、人気が上がった出演者もいた。
    • 1967年12月末にゲスト出演した高峰三枝子は、当日の放送を風邪で欠席した小川に代わって臨時司会を担当。この時の進行ぶりが注目され、翌年春にスタートした平日午後のワイドショー番組『3時のあなた』の初代メイン司会者への起用に繋がったという[4]
    • 1969年10月、「ご存知ですかこの人を」コーナーに田中角栄自民党幹事長(当時)がゲスト出演。ちなみに田中はかつて郵政大臣を務めた縁から電波・放送行政に精通しており、地方の民放局の開設、在京キー局と大手新聞社の系列化を推進した人物としても知られていた事もあってか、1972年に総理大臣に就任する前はテレビ・ラジオへの出演も積極的な姿勢を採っており、大蔵大臣就任当時には日本テレビ系で自身が司会を務める『大蔵大臣アワー』が編成・放送されたほか、『三つの歌』(NHK)、『NHK紅白歌合戦』、『人に歴史あり』(東京12チャンネル)などにもゲストとして出演した経験を持っている。 
    • 1974年6月、戦時中に実父の夭折によって一家離散となった大村崑が生き別れとなっていた実弟(当時名古屋市に在住)と約25年ぶりの再会を果たす。元々、1968年に大村から番組の製作サイドに「戦時中に生き別れになった弟を探してほしい」との依頼があり、実弟の所在自体は調査開始から数ヶ月しか経たない段階で既に判明していたが、その時点では実弟側の事情(当時、実弟が自身が養子に出された身であることを全く知らなかった事や養親が病臥の身にあった事など)を考慮して、「今は再会の場を設けるべき時期ではない」と製作サイドが判断、一旦企画自体が保留されていた。しかし、1974年頃に実親が亡くなり、スタッフが実弟に接触を試み、そこで交わされたスタッフとの交渉内容を元に実弟が親族らに聞きまわった結果、自身が大村と血縁関係にあることを確信し番組への出演を受諾。そして大村の依頼から6年目にして両者はようやく再会を果たす事となった[4]
    • 1979年2月、休日企画として当代の人気声優を多数ゲストに招いての「人気アニメ声優勢揃い」企画を実施(ゲストはささきいさお山田康雄小原乃梨子野沢雅子松島みのり富田耕生富山敬石丸博也杉山佳寿子ほか)。『銀河鉄道999』『タイムボカンシリーズ』『SF西遊記スタージンガー』(フジテレビ系)、『キャンディ・キャンディ』『闘将ダイモス』(テレビ朝日系)を初めとして、民放各局で18時台〜19時台に編成されたテレビアニメ番組が軒並み高視聴率を獲得し、テレビ情報誌・漫画雑誌などでそれら番組のメインキャラクターの声を担当している声優たちにスポットを当てた特集記事が多く組まれるようになるなど、一種のテレビアニメブームともいうべき様相を呈しつつあった中で、アニメの主な視聴者層である児童・少年層の在宅率が高い休日を狙って編成された企画だったが、当時多数の人気声優が一堂に会して顔出しでテレビに登場すること自体が珍しかったのもあって、スタッフが想像していた以上に幅広い年代の視聴者から大きな反響を獲得。当時平均10%前後であった当番組の視聴率がこの回はほぼ2倍の数字(21.8%)に跳ね上がった[4]
  • 1976年10月に「飛び出せ!小川宏ショー」と題して広島県三次市からに出演者・スタッフ全員が乗り込んでの生中継企画を実施。この企画が好評を得たため、翌1977年3月より、原則として毎月最終金曜日に地方からの全編生放送企画が放送されるようになった(1979年3月まで)。
  • 1977年末に新設された「希望の詩」コーナー内で、脳性麻痺の少年が、当時通学していた養護学校の教諭の助力を借りて創作した詩「おかあさん ごめんなさいね」がその壮絶な製作過程(少年が読み書きの出来ないほどの重度の障害を負っていたため、教諭が五十音を一つずつボディランゲージのような手法を用いて少年に指し示し、その中で少年の表情や視点の変化から関心を示したと思しき音を一つずつをノートに書き足しながら一編の詩を作成していくというものであった)を含めて話題となり、後に遠藤実が曲をつけ、ゲスト出演した森昌子が歌を披露。放送後、100本以上の電話、約70通の手紙がフジテレビに寄せられるなど大きな反響を呼んだ[4]
  • 1970年4月より2代目の男性アシスタントとして起用された山川建夫は、当時『3時のあなた』の週後半のメイン司会を務めていた山口淑子が他番組でベトナム戦争の現地取材レポートを行った件に触れ、「2週間程度の取材で、戦争の実体がわかるのか」とこれを猛烈に批判。これが引き金となってわずか10ヶ月で番組を降板させられた(降板当日、山川は小川から視聴者への一言を求められ、「番組を辞めるのではない、辞めさせられるのだ」とこの降板の処分にあからさまな不満を吐露した。尚、当時、番組サイドでは山川の短期降板につき、「番組リニューアルの一環として男女ペアの司会体制にしたかったので山川を降板させざるを得なくなった」と説明していた)。その後、男性アシスタントはしばらく空席のままだったが、同年4月からは一旦レポーター(「露木レポート」担当)専任となっていた露木茂が1年ぶりにスタジオアシスタントに復帰、その後、1972年からは山川と同期に当たる松倉悦郎が新たに司会陣に加わり、露木・松倉が曜日交代で小川と当時の女性司会者・松村満美子のアシスト役を受け持つ体制へと移行した。
  • 1966年12月より産休のため降板した木元教子に代わって2代目の女性司会者となった芳村真理は、この番組の司会起用を機に女優業を一切廃業、司会者・放送タレントとしての道を歩み始めた。芳村は起用されて最初の放送の際、当時流行の兆しにあったミニスカートを着用して司会に臨んだが、これに対して「朝の番組でミニスカートは汚らわしい」といった抗議の電話が殺到したという。しかし、芳村は(スタイリングを全て自身に任せてくれる事を条件に司会を引き受けた事情もあり)その後もミニスカートを番組内で着用し、それに加え最新ファッションとしてしばしば番組の随所でファッションショーコーナーを設けて宣伝したりもした。そのうち、1967年に入るとツイッギー来日を契機にミニスカートブームが巻き起こるようになると急速に批判も下火となり、番組を降りる頃には「最初は下品だと批判していたけど、今じゃ私もほかの奥さんたちもみんなミニを履いてます」等といった投書や電話が芳村宛てに届くようになっていたという(これが芳村が「日本のテレビ番組でミニスカートを着用して出演した女性タレントの草分け」の一人として名が挙がる要因となっている)。

ネット状況[編集]

ネット局[編集]

系列はネット終了時、放送終了時のもの。

「小川宏ショー」ネット局
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 基幹・制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
1972年3月まで
北海道文化放送(UHB) フジテレビ系列 1972年4月開局から
岩手県 岩手放送(IBC) TBS系列 現・IBC岩手放送。1969年12月1日 - 1980年3月31日[5]
宮城県 仙台放送(OX) フジテレビ系列
秋田県 秋田テレビ(AKT) 1969年10月開局から
1981年4月からテレビ朝日系列とのクロスネット局
山形県 山形テレビ(YTS) 1970年4月開局から
1975年4月 - 1980年3月はテレビ朝日系列とのクロスネット局
新潟県 新潟総合テレビ(NST) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1968年12月9日 - 1981年3月31日[6]
長野県 長野放送(NBS) フジテレビ系列 1969年4月開局から
静岡県 テレビ静岡(SUT) フジテレビ系列 1968年11月開局から
富山県 富山テレビ(T34) 1969年4月開局から
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB) 1969年10月開局から
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県
島根県・鳥取県
テレビしまね→
山陰中央テレビ
(TSK)
1970年4月開局から。
鳥取県では1972年9月22日から放送
岡山県
岡山県・香川県
テレビ岡山→
岡山放送
(OHK)
1969年4月開局から。
香川県では1979年4月2日から放送
広島県 広島テレビ(HTV) 日本テレビ系列 1966年4月1日ネット開始[7]
フジテレビ系列とのクロスネット局だった1975年9月30日まで
テレビ新広島(TSS) フジテレビ系列 1975年10月開局から
山口県 テレビ山口(TYS) TBS系列
フジテレビ系列
1970年4月開局から
1978年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局
愛媛県 愛媛放送(EBC) フジテレビ系列 現・テレビ愛媛。1969年12月開局から
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS) 1969年4月開局から
長崎県 テレビ長崎(KTN) フジテレビ系列
日本テレビ系列
熊本県 テレビ熊本(TKU) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
大分県 テレビ大分(TOS) 1970年4月開局から
宮崎県 テレビ宮崎(UMK)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) 1969年4月開局から
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) フジテレビ系列 1970年10月から

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 村上七郎 『ロングラン マスコミ漂流50年の軌跡』 扶桑社、2005年ISBN 4-594-04947-8
  2. ^ 桑原は、当番組終了後の1985年4月から2年間、関西テレビからの出向扱いで須田哲夫(フジテレビアナウンサー)と共に後番組『おはよう!ナイスデイ』の司会を務めた。
  3. ^ 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)p.128 より
  4. ^ a b c d 小川宏・著『あの頃』より。
  5. ^ これまで放送していたNETテレビの『モーニングショー』をテレビ岩手に移行して(『モーニングショー』は1979年12月を以って岩手県でのネット打ち切り)、本番組のネットを開始。これにより岩手放送の月 - 土曜の朝のワイドショーはフジテレビ系列に統一されたが、1980年4月のテレビ岩手のANN脱退並びにNNSマストバイ局化に伴う番組改編に伴い打ち切り。その後は所属する系列に倣いTBSの『モーニングジャンボ奥さま8時半です』をネット。
  6. ^ 1981年4月のテレビ新潟開局に伴う改編で打ち切り。打ち切り後は新潟放送からテレビ朝日の『モーニングショー』を移行される。1983年10月のテレビ朝日系列脱退後は『おはよう!ナイスデイ』をネット。
  7. ^ 開始当時は平日で10:00放送開始のためネットしていなかった(出典:産経新聞、1965年9月1日 - 9月7日、1966年4月1日の岡山・広島地区版番組表)。
フジテレビ 平日朝のワイドショー
前番組 番組名 次番組
-----
小川宏ショー
フジテレビ 平日8:30 - 9:00
小川宏ショー
(1980年4月 - 1982年3月)
おはよう!ナイスデイ
(8:30 - 9:55)
フジテレビ 平日9時枠
奥さま映画劇場
※9:00 - 10:30
小川宏ショー
おはよう!ナイスデイ
※8:30 - 9:55
平日9:55 - 10:00枠
奥さま映画劇場
※9:00 - 10:30
小川宏ショー
(1965年5月 - 1980年3月)
フジテレビ 平日10:00 - 10:30
奥さま映画劇場
※9:00 - 10:30
小川宏ショー
(1965年5月 - 1980年3月)
フジテレビ 土曜朝のワイドショー
-----
小川宏ショー
フジテレビ 土曜9:00 - 10:30枠
奥さま映画劇場
小川宏ショー
ハイ!土曜日です
※ここから関西テレビ制作