日本テレビ系列平日午前のワイドショー枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本テレビ系列平日午前のワイドショー枠(にほんテレビけいれつへいじつごぜんのワイドショーわく)とは、日本テレビをはじめとするNNS系列で、平日月曜日 - 金曜日)の午前に放送されているワイドショーのこと。

歴史[編集]

日本テレビは平日午前のワイドショー参入が比較的遅く、『モーニングショー』(NET→テレビ朝日)より5年半遅れてスタート。それまで日本テレビは当該時間帯で映画番組や再放送番組などを放送していた。しかし、各局のワイドショーが人気を上げると、1969年10月にワイドショー戦線に参入した。だが、何度もリニューアルを繰り返す。

視聴率が安定しだしたのは沢田亜矢子を初代司会者に据えた『ルックルックこんにちは』からで、この番組から「ドキュメント女ののど自慢」や「突撃!隣の晩ごはん」などの人気企画が誕生する。1984年に岸部シロー(現:四郎)に司会が交代して以降も視聴率は好調に推移した。

1998年4月6日、岸部は長年の事業や趣味への過剰な投資の付けが回り自己破産を申し立て、13年半司会を続けた本番組を自主降板した。翌7日より急遽当時日本テレビアナウンサー松永二三男を司会に起用。やがて番組自体も、2001年3月に終了する。その後はあまり振るわなかったが、2006年4月開始の『スッキリ!!』でようやく盛り返す。

2003年まで年末については、曜日配列によっては大晦日まで放送(且つ11:25までの拡大版)していた。その後、年内の放送は大晦日以前に終了としているものの、2014年まで年内最終放送は11時台前半までの拡大版で放送することが多かった(ただし、一部地域では年内最終放送を飛び降りまたは全編非ネットとする場合もある)。

主な番組[編集]

歴代ネット局[編集]

※『ミセス&ミセス』以降のネット局を明記、系列は現在の系列。現在はNNSマストバイ22局とNNS非マストバイ局の秋田放送・北日本放送・四国放送・高知放送のNNS26局で放送されている(太字の局)。◎は『ルックルックこんにちは』時代に一時期読売テレビと同一編成としていたNNSマストバイ局。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 1979年4月から1991年9月30日まで未ネット、1991年10月1日よりネット再開
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 一時期未ネット期間あり、1993年4月1日よりネット再開
福島県 福島中央テレビ
山梨県 山梨放送 1980年代打ち切り
新潟県 テレビ新潟 1981年4月開局から
長野県 信越放送 TBS系列 1980年9月まで
テレビ信州 日本テレビ系列 1980年10月開局から
静岡県 静岡朝日テレビ テレビ朝日系列 旧:静岡けんみんテレビ
1978年7月開局から1979年6月まで
1979年6月までは日本テレビ系列とのクロスネット局(NNS非加盟)
静岡第一テレビ 日本テレビ系列 ◎1979年7月開局から
富山県 北日本放送 1994年4月から2011年3月31日までは未ネット、2011年4月1日よりネット再開
石川県 北陸放送 TBS系列 1978年10月27日打ち切り
テレビ金沢 日本テレビ系列 1990年4月開局から
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1995年3月31日打ち切り
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県
島根県
日本海テレビ
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送 一時期未ネット期間あり、1993年10月1日よりネット再開
徳島県 四国放送 一時期未ネット期間あり、2011年4月1日よりネット再開
香川県
香川県
岡山県
西日本放送 ◎1983年3月31日までの放送エリアは香川県のみ
1983年4月1日から岡山県でも放送
愛媛県 南海放送 一時期未ネット期間あり、1995年4月3日よりネット再開
高知県 高知放送 1993年4月5日から2015年3月31日までは未ネット、2015年4月1日よりネット再開
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎放送 TBS系列 1980年代前半に打ち切り
長崎国際テレビ 日本テレビ系列 ◎1991年4月開局から
熊本県 熊本放送 TBS系列 1982年2月26日打ち切り
くまもと県民テレビ 日本テレビ系列 ◎1982年3月29日のサービス放送開始から
大分県 大分放送 TBS系列 1980年代後半に打ち切り
宮崎県 宮崎放送 1984年10月打ち切り
鹿児島県 南日本放送 1982年9月30日打ち切り
鹿児島読売テレビ 日本テレビ系列 1994年4月開局から
沖縄県 琉球放送 TBS系列 1993年4月2日打ち切り[1]

備考[編集]

  • あなたのワイドショー』までと1978年4月から1979年3月までの『ミセス&ミセス』は、テレビ朝日『モーニングショー』をネットしていた局に配慮して9時30分開始となっていた。また、1978年3月までの『ミセス&ミセス』並びに1995年3月までの『ルックルックこんにちは』は、マストバイ局ではそれぞれ9時00分、8時30分開始だったため、一部を除く非マストバイ局とTBS系列局では9時30分からの時差ネットを行っていたが、1995年3月の福井放送における『ルックルックこんにちは』の時差ネット終了並びにテレビ朝日『スーパーモーニング』の8:30 - 9:55放送化に伴い非マストバイ局における本枠の時差ネットは廃止された。
  • 『ルックルックこんにちは』は、NNSマストバイ局では1986年4月から1993年12月までは『朝の連続ドラマ』(読売テレビ)を放送していた関係で、東日本のNNSマストバイ局(1992年10月以降の秋田放送も含む)は8:30から、一部を除く西日本のNNSマストバイ局では25分遅れの8:55からの放送に振り分けて放送していた。
  • 本放送枠は1995年3月まではマストバイ局指定のローカルセールス枠だったため、非マストバイ局の中には『モーニングショー』(第1期)→『スーパーモーニング』をネットしていた関係で本放送枠で放送されていた番組が未ネットだった局もあった。
  • 1995年4月から本放送枠はネットワークセールス枠かつ同時ネットのみとなり、同時に2011年3月までの本放送枠はマストバイ22局と秋田放送の23局のみでの放送となった[2]。2011年4月に本放送枠のネットを再開した北日本放送・四国放送の2局では2013年3月までは全編番組販売扱いでの放送となっていたが、2013年4月以降は両局にもネットスポンサーが付いている。高知放送も2015年4月から本枠のネットを再開したと同時に、放送地域数では42都道府県ネットとなり、テレビ朝日制作朝のワイドショー(41都道府県ネット)を上回ることになった。
  • 一方、本放送枠の非ネット局においても有事発生時に報道特別番組扱いで臨時ネットされる場合がある。
  • ニュース素材の提供に関しては、NNN加盟局(本枠が未ネットの加盟局も含む)がある地域では直接ニュース素材を提供するが、NNN加盟局が所在しない沖縄県においては、日本テレビ那覇支局が直接取材を行っている。
  • 本放送枠が未ネットの山梨放送・福井放送では、視聴者から本放送枠のネット再開を求める声が上がっている[3][4]

『ルック』・『スッキリ!!』を新たに同時ネットで開始した局[編集]

  • 『ルックルックこんにちは』(以下『ルック』)は前述の通りマストバイ局は同時ネットで放送されていたが、非マストバイ局ではテレビ朝日制作朝のワイドショーを同時ネットしていた関係で時差ネットで放送されていた。さらに前述の通り1995年3月まではマストバイ局指定のローカルセールス枠だった。ここではテレビ朝日制作朝のワイドショーを打ち切って『ルック』を時差ネットから同時ネットに変更した局と、『スッキリ!!』のネットを開始した局について述べる(日本テレビ系新局開局に伴うものは除く)。
放送対象地域 放送局 本枠の同時ネットを開始した番組 同時ネット開始時期 以前ネットしていたテレビ朝日の番組 備考
青森県 青森放送 ルックルックこんにちは 1991年10月1日 モーニングショー
(第1期)
テレビ朝日系列新局開局に伴うもの
秋田県 秋田放送 1992年10月1日
福島県 福島中央テレビ 1981年10月1日
長野県 テレビ信州 1991年4月1日
山口県 山口放送 1993年10月1日 スーパーモーニング
愛媛県 南海放送 1995年4月3日
山形県 山形放送 1993年4月1日 『モーニングショー』
(第1期)
山形テレビANNへのネットチェンジに伴うもの
岩手県 テレビ岩手 1980年1月7日 テレビ朝日制作朝のワイドショーネット打ち切りに伴うもの
鳥取県
島根県
日本海テレビ 1989年10月2日[5]
富山県 北日本放送 スッキリ!! 2011年4月1日 『スーパーモーニング』
徳島県 四国放送
高知県 高知放送 2015年4月1日 モーニングバード
  • テレビ岩手・秋田放送・北日本放送・四国放送・高知放送を除く各局は、本枠の同時ネット開始と同時にNNSマストバイ局となっている(テレビ岩手は同時ネット開始3ヶ月後の1980年4月にANN脱退・NNSマストバイ局化。テレビ信州は1991年4月にANN脱退・NNS加盟並びに、1980年10月開局と同時に信越放送〈TBS系列〉から『ルックルックこんにちは』とセットで移行された『モーニングショー』は長野朝日放送〈テレビ朝日系列〉へ再移行。日本海テレビはANN脱退・NNSマストバイ局化と同時に『モーニングショー』のネット局は山陰放送〈TBS系列〉へ一本化[5])。また、青森放送・山形放送・北日本放送・山口放送・四国放送・南海放送・高知放送は同時ネット開始直前は本放送枠のネットを休止していた。

TBS系列局における放送[編集]

『あなたのワイドショー』(途中から)と『ミセス&ミセス』と『ルックルックこんにちは』は一部のTBS系列局でもネットされていた。これらの地域では、当時日本テレビ系列局が所在していなかったことや、フジテレビ系列とのクロスネット局であるテレビ長崎テレビ熊本テレビ大分テレビ宮崎鹿児島テレビ(テレビ長崎・テレビ熊本・鹿児島テレビは当時)がメイン系列のフジテレビ系列平日朝のワイドショーをネットしていた[6][7]。これは、『モーニングショー』をネットしていたことと、TBS系列平日朝のワイドショーの放送時間が9:55までで、且つTBS系列平日朝のワイドショー自体が飛び乗りや時差ネットの設定がなかったことによるもの。

  • 信越放送 1980年9月まで『ミセス&ミセス』と『ルックルックこんにちは』を時差ネットしていたが、同年10月開局のテレビ信州(1991年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局・NNS非加盟)へ『モーニングショー』共々放映権移行。
  • 北陸放送 『あなたのワイドショー』(途中から)と『ミセス&ミセス』を放送していたが、内容に問題があるとして1978年10月をもって打ち切り。
  • 長崎放送 『あなたのワイドショー』(途中から)と『ミセス&ミセス』と『ルックルックこんにちは』を放送していたが、1982年に自社制作番組開始に伴い打ち切り。
  • 熊本放送 『あなたのワイドショー』(途中から)と『ミセス&ミセス』と1982年2月まで『ルックルックこんにちは』を時差ネットしていたが、同年4月開局のくまもと県民テレビへ放映権移行。
  • 大分放送 『あなたのワイドショー』(途中から)と『ミセス&ミセス』と『ルックルックこんにちは』を放送していたが、1980年後半に編成上の都合で打ち切り。
  • 宮崎放送 『あなたのワイドショー』(途中から)と『ミセス&ミセス』と『ルックルックこんにちは』を放送していたが、1984年10月に自社制作番組開始に伴い打ち切り。
  • 南日本放送 『あなたのワイドショー』(途中から)と『ミセス&ミセス』と『ルックルックこんにちは』を放送していたが、1982年10月の鹿児島放送(テレビ朝日系列)開局に伴う番組改編に伴い打ち切り。
  • 琉球放送 『モーニングショー』終了まで『ミセス&ミセス』と『ルックルックこんにちは』を放送していたが、『スーパーモーニング』開始に伴い打ち切り。
  • TBS系列局で、本枠の放映権移行や途中打ち切り後に切り替えられた番組は以下の通り(太字は放映権移行が行われたり、後に放送を再開した地域)。
放送対象地域 放送局 後番組 後番組の開始時期 備考
長野県 信越放送 モーニングジャンボ奥さま8時半です
TBS
1980年10月 テレビ信州開局に伴うもの
鹿児島県 南日本放送 1982年10月 鹿児島放送開局に伴う番組改編に伴うもの
熊本県 熊本放送 遅れネット番組や再放送枠 1982年4月 くまもと県民テレビ開局に伴うもの
石川県 北陸放送 1978年11月 編成見直しに伴うもの
大分県 大分放送 1980年代後半
長崎県 長崎放送 自社制作番組 1982年
宮崎県 宮崎放送 1984年10月
沖縄県 琉球放送 スーパーモーニング
テレビ朝日
1993年4月 『スーパーモーニング』の9:55までの放送に伴うもの
  • 石川県における日本テレビ系平日朝のワイドショーの放送は1990年4月のテレビ金沢開局に伴う『ルックルックこんにちは』ネット開始で11年半ぶりに、長崎県における日本テレビ系平日朝のワイドショーの放送は1991年4月の長崎国際テレビ開局に伴う『ルックルックこんにちは』ネット再開で9年ぶりに、 鹿児島県における日本テレビ系平日朝のワイドショーの放送は1994年4月の鹿児島読売テレビ開局に伴う『ルックルックこんにちは』ネット再開で11年半ぶりにそれぞれ復活している。
    • いずれのTBS系列局とも、現在は本来の系列番組をネットしている。

脚注[編集]

  1. ^ これに伴い、NNS非加盟局での本枠のネットは終了した。
  2. ^ これに伴い、1995年4月から2011年3月までの北日本放送・四国放送における『スーパーモーニング』、1995年4月から2015年3月までの高知放送における『スーパーモーニング』→『モーニングバード!』と、現在本放送枠が非ネットの山梨放送・福井放送における『スーパーモーニング』→『モーニングバード!』→『モーニングショー』(第2期)の放送は完全にネットワークセールス枠差し替え扱いとなった。
  3. ^ アナBAR,2018年3月28日
  4. ^ 青木と森ライブ,2018年6月15日
  5. ^ a b 日本海テレビは1972年9月22日の電波相互乗り入れまでは鳥取県域局であり、電波相互乗り入れ後も日本海テレビと山陰放送(TBS系列)で『モーニングショー』を2局同時放送していた。
  6. ^ 新潟総合テレビテレビ熊本テレビ大分鹿児島テレビNNS加盟期間中も本枠(『ミセス&ミセス』以降)をネットしていない(現在はテレビ大分を除きNNS脱退。)。
  7. ^ テレビ長崎テレビ宮崎NNSに加盟せず、本枠(『ミセス&ミセス』以降)もネットしていない。

関連項目[編集]