レッツ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レッツ!
ジャンル ワイドショー番組
出演者 向井亜紀
鈴木健 ほか
製作
プロデューサー 神蔵克
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2001年4月2日 - 2002年3月29日
放送時間 平日 8:30 - 10:25
放送枠 日本テレビ系列平日午前のワイドショー枠
放送分 115分

レッツ!』は、日本テレビ系列23局で2001年平成13年)4月2日から2002年(平成14年)3月29日まで1年間に渡り生放送されたワイドショー情報番組である。

番組概要[編集]

22年間続いた『ルックルックこんにちは』の後継番組としてスタートした。放送開始半年後の2001年10月頃から、少しずつ上昇し7%前後の視聴率を確保し、番組終了月の2002年3月には初めて視聴率が10%を超えて、常時時間帯視聴率2位になり、日によっては1位を獲るまでになったが、既に終了が決まり後継番組『ザ!情報ツウ』の概要も公表された後だった。

司会は向井亜紀鈴木健が務め、日替わりのコメンテーターとして関口照生地井武男鈴木史朗等が出演していた。

番組開始前の製作発表では、向井が当時子宮癌と診断され全子宮を摘出する手術をし、1度TBS系列『ジャスト』やABC制作・テレビ朝日系列他『朝だ!生です旅サラダ』にゲストとして出演したものの、再び体調を崩し休業→製作発表の場が復帰と重なったため、テレビ番組の制作発表記者会見では日本テレビ以外の民放在京キー局の関係者も出席するという異例の事態となった。

しかし番組自体は1年で終了、その理由として一部週刊誌で向井がどうしても子供が欲しいため、夫である高田延彦と協力してアメリカで代理母出産するのではないかとの憶測があった。

本番組の開始に伴い、スポンサー表示が『ズームイン!!SUPER』などと同じもの(背景色と企業ロゴのカラー表示に変更されるが、提供読みは従来通り)になる。これは後を受けた『ザ!情報ツウ』→『スッキリ!!』→『スッキリ』と同様。

2001年12月31日には、8:30 - 11:25の拡大版で放送した。

出演者[編集]

司会
コメンテーター

レポーター

ナレーション

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ(STV)
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS) NNS非マストバイ局
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
石川県 テレビ金沢(KTK)
中京広域圏 中京テレビ(CTV)
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT)

※ネット局は1995年4月以降の『ルックルックこんにちは』から引き継ぎ、NNSマストバイ22局と非マストバイ局である秋田放送の23局ネット(本番組のネット局は『ザ!情報ツウ』と2011年3月までの『スッキリ!!』も同様)。

日本テレビ 平日午前のワイドショー枠
前番組 番組名 次番組
レッツ!
ザ!情報ツウ
※8:30 - 10:25

8:00 - 10:25

8:00 - 9:55