モーニングEye

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モーニングEye
TBS headquarters 2013.JPG
1994年10月から番組終了まで生放送が行われていたTBS放送センター(東京・赤坂
ジャンル ワイドショー番組
出演者 森本毅郎
絵門ゆう子
山本文郎
長峰由紀
渡辺真理 ほか
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
森本ワイド モーニングEye
放送期間 1984年11月5日 - 1987年10月2日
放送時間 平日 8:30 - 9:55
放送枠 TBSテレビ系列平日午前のワイドショー枠
放送分 85分
モーニングEye
(1987年10月5日から1992年10月2日まで)
放送期間 1987年10月5日 - 1992年10月2日
放送時間 同上
(1992年10月5日から放送終了まで)
放送期間 1992年10月5日 - 1996年9月27日
放送時間 平日 8:30 - 10:20※
放送分 110分

特記事項:
※一部地域は9:55まで。

モーニングEye』(モーニング・アイ)は、1984年11月5日から1996年9月27日までの約12年間、TBS系列で放送されていた日本ワイドショーである。

概要[編集]

森本毅郎さわやかワイド』の後継番組としてスタート。当初は森本毅郎冠番組として『森本ワイド』(もりもとワイド)のサブタイトルが付されたが、1987年、森本が『JNNニュース22プライムタイム』に移動するため、キャスターを山本文郎と、当時新人だった長峰由紀に交代、同時に司会者の冠が外れた。1991年に山本のパートナーが長峰から渡辺真理(当時TBSアナウンサー)に交代。

「ゲストコメンテーター」は極力使っていなかった。例外は月曜の和田勉と、金曜日の天野祐吉木元教子山本コウタロー(特集コーナーの「WEEKポイント」・「WEEKポイント・延長戦」(放送時間拡大時の1992年10月以降から)出演のため)など。

芸能人は「さん付け」していた(当時の『ビッグモーニング』など朝7時からの番組も同じ)。午後のワイドショーの『3時にあいましょう』や『スーパーワイド』に比べると、政治・経済の話題も多く取り上げていた。

1990年代前半は同時間帯の視聴率1位を独走していた[1]

番組末期の1996年4月からの半年間は、宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之の楽曲「鳥の瞳で」(シングル『GOD BLESS TOKYO』カップリング/アルバム『起承転々』所収)がテーマ曲として流れていた。

TBSビデオ問題」の責任を取る形でTBSはワイドショーの廃止を決定した[2]ため、1996年9月27日に終了。後継番組は岡江久美子薬丸裕英が司会を務める生活情報番組はなまるマーケット』。なお、山本は午後枠スーパーワイド』の後継番組で同じく生活情報番組『素敵なあなた』に異動した。

『はなまるマーケット』(2014年3月28日まで)は「生活情報番組」、その後継番組『いっぷく!』(同年3月31日 - 2015年3月27日)は「情報番組」という位置付けだったが、『いっぷく!』に代わって2015年3月30日から本枠で開始した『ビビット』(開始当初の番組タイトルは『白熱ライブ ビビット』)は「ワイドショー・情報バラエティ番組」との位置付けとなり、本番組終了以来18年半ぶりに本枠でのワイドショーが事実上復活となった。

2014年2月27日放送の『朝ズバッ!』で山本の死去が伝えられた際、当番組初司会時の映像が流れた。

出演者[編集]

放送時間・司会者[編集]

「モーニングEye」歴代メイン司会
期間 放送時間(JST 番組タイトル 司会 アシスタント
1984年11月5日 1985年3月29日 月曜 - 金曜 08:30 - 09:55(085分) 森本ワイド モーニングEye 森本毅郎1 菅原牧子
1985年4月1日 1986年3月28日 石井和子
1986年3月31日 1987年9月25日 池田裕子
1987年9月28日 1987年10月2日 なし
1987年10月5日 1991年3月29日 モーニングEye 山本文郎 長峰由紀
1991年4月1日 1992年10月2日 渡辺真理
1992年10月5日 1996年9月27日 月曜 - 金曜 08:30 - 10:20(110分)2

コメンテーター[編集]

ほか

リポーター[編集]

ほか

レギュラー[編集]

ほか

コーナー[編集]

金曜日には金谷ヒデユキの替え歌コーナーを放送していた時期があった。当時、私生活で問題になった金曜コメンテーターの山本コウタローも替え歌のターゲットになった時があった(「走れコウタロー」が使われた)。

渡辺真理アナ時代は、水曜日9:55枠で「プリティウーマン」と題したコーナーがあり、各ジャンルで活動する女性をゲストに迎えトークを行った。

ネット局[編集]

この時期は、テレビ朝日系のワイドショーをネットしていた地方局が多く、テレ朝系の新局が多く開局した1990年代になってネットを始めた局も多かった。山陰放送宮崎放送では終始ネットされることはなかった。

●は自局自身の新規開局によるもの。△は、同地域他局の新規開局によるもの(いずれも前番組はテレビ朝日系列の『モーニングショー』または『スーパーモーニング』)。

放送対象地域 放送局 備考
関東広域圏 東京放送 制作局
現:TBSテレビ
北海道 北海道放送 -
青森県 青森テレビ 9:55で飛び降り
岩手県 IBC岩手放送 1995年6月まで岩手放送

9:55で飛び降り

宮城県 東北放送 9:55で飛び降り
山形県 テレビユー山形 開局2日目の1989年10月2日から

9:55で飛び降り

福島県 テレビユー福島 -
山梨県 テレビ山梨 -
長野県 信越放送 9:55で飛び降り
新潟県 新潟放送 -
静岡県 静岡放送 -
富山県 チューリップテレビ 1990年10月1日開局当日から
1992年までテレビユー富山
石川県 北陸放送 1991年10月1日よりネット開始

9:55で飛び降り

中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送 -
岡山県・香川県 山陽放送 現:RSK山陽放送
広島県 中国放送 -
愛媛県 伊予テレビ 現:あいテレビ
1992年10月1日開局当日から
高知県 テレビ高知 -
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送 1990年4月2日よりネット開始
熊本県 熊本放送 1989年10月2日よりネット開始

9:55で飛び降り

大分県 大分放送 1993年10月1日よりネット開始
鹿児島県 南日本放送 9:55で飛び降り
沖縄県 琉球放送 1995年10月2日よりネット開始

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「ブロードキャスター」9月末で打ち切り”. 日刊スポーツ (2008年6月28日). 2008年6月28日閲覧。
  2. ^ なお、TBSのワイドショーは2004年秋に『(特)情報とってもインサイト』を持って復活している。

関連項目[編集]

TBS系列 平日午前のワイドショー・情報番組枠
前番組 番組名 次番組
森本ワイド モーニングEye

モーニングEye