朝の連続ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝の連続ドラマ』(あさのれんぞくドラマ)は、1986年4月21日から1993年12月24日まで、日本テレビ系列ほかで放送されていた読売テレビ制作の帯ドラマシリーズ枠である。

概要[編集]

NHKの『連続テレビ小説』同様若手・中堅女優の登竜門的な位置づけがあり、このシリーズで野村真美、沖直美(現・沖直未)、未來貴子高樹沙耶(現・益戸育江)、水野真紀らを輩出した。TBS系列で放送された『ポーラテレビ小説』に次いで、民放の帯ドラマでは"若手女優の登龍門"と呼ばれた。

作品の撮影は、大阪市の読売テレビ本社スタジオ(1988年5月まで北区東天満の旧社屋、同年6月から中央区城見の新社屋)で行われていたが、末期は同社が東京の制作拠点として東京都八王子市に建てられた読売テレビ多摩スタジオ(現在は閉鎖)で制作されていた。

沿革[編集]

1986年度 - 1991年度[編集]

連続テレビ小説NHK)の方式に倣って、1年を4月~9月までの上半期と10月~翌年3月までの下半期に分けて放映していた。
また、番組の性質上関西が舞台の中心となる作品が多く放映された(『花らんまん』は四国を舞台とし、『朝の連続ドラマ』枠での放映作品で唯一のノンフィクションドラマとなった)。

1992年度[編集]

フジテレビが関東で同一時間帯にサスペンスドラマをぶつけた影響で、それまでの関西が舞台の中心のドラマから、サスペンスものに転換。しかし、1年で頓挫した。

1993年度[編集]

それまでの半年シリーズから3ヶ月(1クール)ごとに作品を変える方式にして、サスペンスものから大学生等のヤング世代向けに再度路線転換。1993年12月を最後に終了。

放映作品一覧[編集]

タイトル 主演 放送期間 制作プロダクション等
1 花いちばん 池まり子 1986年4月21日 - 10月17日 自社(よみうりテレビ)制作
2 花姉妹 手塚理美 1986年10月20日 - 1987年4月3日 IVSテレビ制作
3 見上げればいつも青空 甲斐智枝美 1987年4月6日 - 10月2日 松竹芸能
4 おさと 沖直美(現:沖直未) 1987年10月5日 - 1988年4月1日 ITP(泉放送制作
5 花らんまん 野村真美 1988年4月4日 - 9月30日 自社制作
6 吉野物語 未來貴子 1988年10月3日 - 1989年3月31日
7 花ちりめん 高樹沙耶(現・益戸育江 1989年4月3日 - 9月29日
8 京一輪 渡辺典子 1989年10月2日 - 1990年3月30日
9 花真珠 岩崎良美 1990年4月2日 - 9月28日 宝塚映像
10 いのち草 岡まゆみ 1990年10月1日 - 1991年3月29日 テレパック
11 花友禅 星遥子(現:星ようこ) 1991年4月1日 - 9月27日 宝塚映像
12 華の宴 五十嵐いづみ 1991年9月30日 - 1992年3月27日 自社制作
13 愛情物語 根本りつ子 1992年3月30日 - 9月25日 吉本興業
14 珠玉の女 佳那晃子 1992年9月28日 - 1993年3月26日 VSO泉放送制作
15 パパっ子ちゃん 水野真紀 1993年3月29日 - 6月25日 総合ビジョン
16 はるかの夢宣言 亜里香 1993年6月28日 - 9月24日 国際放映
17 のんの結婚 田村英里子 1993年9月27日 - 12月24日 CUC

放送時間[編集]

※NNSマストバイ局

放送対象地域 放送局 放送時間 備考
近畿広域圏 よみうりテレビ 8:30 - 8:55
ルックルックこんにちは』は
8:55 - 10:25に時差放送
制作局
中京広域圏 中京テレビ
鳥取県島根県 日本海テレビ ◎1989年10月から
岡山県香川県 西日本放送
広島県 広島テレビ 『花いちばん』のみ日テレと同一の編成としていた。
昭和天皇の病状の関係で『吉野物語』開始直後も日テレと同一の編成としていた。
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎国際テレビ 1991年4月の開局から
熊本県 くまもと県民テレビ
関東広域圏 日本テレビ 10:00 - 10:25
『ルックルックこんにちは』の
直後枠に放送
10:00 - 10:25に放送していた局向けの送出局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 ◎1991年10月から
日テレとの同時ネットは月 - 木曜のみ
金曜は『金曜ワイドあおもり』の直後枠に本枠を放送したが、後に枠を反転させた。
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送 ◎NNS非マストバイ局、1992年10月から
山形県 山形放送 ◎1993年4月から
福島県 福島中央テレビ
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州 ◎1991年4月から、マストバイ局化前は11:00から放送[1]
静岡県 静岡第一テレビ ドラマ開始直後からしばらくの間は本枠を8:30から放送していた。
途中から『ルック』の日テレとの同時ネットに移行。
石川県 テレビ金沢 1990年4月の開局から
中京広域圏 中京テレビ 一時本枠の日テレと同一の編成としていた局向けの送出局
山口県 山口放送 ◎1993年10月から

※NNS非マストバイ局の大部分…10:25 - 10:50

ネット局に関する備考[編集]

NNSマストバイ[編集]

  • NNSマストバイ局における放送時間は前述の通り東日本と西日本で振り分けられていたが[2]、放送期間中にNNSマストバイ局になった西日本の系列局のうち、読売テレビと同一編成を行った放送局は日本海テレビと長崎国際テレビの2局で、反対にテレビ金沢と山口放送の2局は日本テレビと同一編成だった(「ルック」:東西ネットの振分けの項も参照のこと)。
    • 静岡第一テレビと中京テレビは時期により日本テレビもしくは読売テレビとの同一編成だった。中京テレビは日本テレビと同一編成を行ったときは東日本のNNSマストバイ局への送出も行っていた。
    • 日本海テレビは1989年10月のNNSマストバイ局化前も10:25 - 10:50で放送していたが、マストバイ化に伴い、山陰放送TBS系列)と2局同時放送していた『モーニングショー』を打ち切って読売テレビとの同一編成に移行した。
    • 1991年10月にNNSマストバイ局になった青森放送は、月 - 木曜日に関しては日本テレビと同一編成を行っていたが、当初は金曜日に関しては9:55から『金曜ワイドあおもり』を放送していた関係で、『金曜ワイドあおもり』放送後に本枠を放送していたが、後に本枠と『金曜ワイドあおもり』を反転させている。
    • 秋田放送は1992年10月にJNNニュース番販ネット終了並びに『モーニングショー』の秋田朝日放送テレビ朝日系列)への移行に伴い、NNS非マストバイ局で唯一日本テレビと同一編成での放送を開始した。
    • 石川テレビフジテレビ系列)ではテレビ金沢開局前に平日早朝帯(6時台)で遅れ放送を行っていた時期がある。

NNS非マストバイ局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ テレビ信州公式サイト「タイムワープ」
  2. ^ 1975年3月までの『花王 愛の劇場』も同様に放送時間が東日本と西日本で振り分けられていた。
  3. ^ おはようとくしま』などの自社番組を放送し、『ズームイン!!朝!』を放送していなかったため。当時同時ネットだったひらけ!ポンキッキの放送時間が45分に拡大にともない『モーニングショー』放送後の時差ネットに変更になったため後枠としてネット。当枠終了後はスーパーモーニングフルネットに移行。
  4. ^ 放送当時『ルックルックこんにちは』は未ネットだったが、NNSマストバイ局になった1995年4月に放送を再開している。
  5. ^ ライオンのごきげんよう』は2000年4月にテレビ大分へ移行。
読売テレビ 平日8:30 - 8:55枠
前番組 番組名 次番組
ルックルックこんにちは
※8:30 - 10:25
【25分繰下げ、25分短縮して継続】
(ここまで日本テレビ制作)
朝の連続ドラマ
(1986年4月21日 - 1993年12月24日)
ルックルックこんにちは
※8:30 - 10:25
【25分繰り上げ、25分拡大】
(再び日本テレビ制作)
日本テレビ 平日10:00 - 10:25枠
ルックルックこんにちは
※8:30 - 10:25
【25分短縮して継続】
朝の連続ドラマ
(1986年4月21日 - 1993年12月24日)
(この期間のみ読売テレビ制作)
ルックルックこんにちは
※8:30 - 10:25
【25分拡大】