ビビット (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白熱ライブ ビビット

ビビット
ジャンル 帯番組 / 情報ワイドショー番組
企画 大久保竜
構成 スタッフ参照
演出 保津章二(総合演出)
出演者 国分太一TOKIO
真矢ミキ
堀尾正明
赤荻歩TBSアナウンサー
古谷有美(TBSアナウンサー)
ナレーター 近藤サト(月曜 - 水曜)
大江戸よし々(月曜・水曜・金曜)
山崎岳彦(火曜・木曜)
山崎和佳奈(木曜・金曜)
オープニング 櫻井美希『Good Vivit Morning!』
製作
チーフ・
プロデューサー
篠塚純
プロデューサー 岡崎吉弘他
栄次崇之(総合P)
ほか
制作プロデューサー 高徳文人・中野匡人
製作 TBSテレビ
放送
放送チャンネルJNN
映像形式リアルタイム字幕放送
連動データ放送
音声形式ステレオ放送
放送期間2015年3月30日 - 2019年9月27日
放送時間月曜 - 金曜 8:00 - 9:55
放送枠TBSテレビ系列平日午前のワイドショー枠
放送分115分
回数全1162回(最終回放送分まで)
番組年表
前作いっぷく!
次作グッとラック!

特記事項:
旧タイトル名:白熱ライブ ビビット
テンプレートを表示

ビビット』は、TBS系列(JNN)で2015年3月30日から2019年9月27日まで[1] 毎週月曜 - 金曜の8:00 - 9:55に生放送されていたワイドショー情報バラエティ番組である。2017年3月31日までの番組名は『白熱ライブ ビビット』(はくねつライブ ビビット)。これが平成最後の平日午前のワイドショー番組となった。

概要[編集]

視聴率低迷により2015年3月27日で終了した『いっぷく!』の後継番組。MCは『いっぷく!』に引き続き国分太一TOKIO[2]、そして当番組が初めて情報番組のMC挑戦となる真矢ミキ(番組開始と前後して真矢みきから改名)が担当する。なお、国分はジャニーズ事務所所属タレントで史上初のワイドショーのMC担当となる[3]

当番組では『いっぷく!』およびその前に放送されていた『はなまるマーケット』のコンセプトを一新。前半は芸能ニュースや時事問題を主軸に、「ビビットファミリー」と呼ばれる曜日別パーソナリティーが本音でぶつかりあい、生放送で白熱した激論を展開する。後半はこれまで同様、日替わりのバラエティ企画で構成されている。

2017年3月31日をもって、番組開始当初からアシスタントを務めていた井上貴博が同年4月3日から『Nスタ(第2期)』のメインキャスターに就任することを受け降板。また、コーナー担当として出演していた林みなほも井上と共に降板した。その後、同日から番組が大幅リニューアルされ、同年3月まで『イブニングワイド』→『Nスタ(第1期)』→『Nスタ ニュースワイド』の総合司会を務めていた堀尾正明がコメンテーターとして加入。番組タイトルも「白熱ライブ」を外し「ビビット」に改題された。また、『Nスタ』にコーナーキャスターとして出演していた赤荻歩[注釈 1]古谷有美が堀尾と共に当番組に異動した。

後述する視聴率低迷の影響もあり、2019年9月27日をもって番組は終了。最終回では、エンディングで出演者が各々感謝の言葉を述べた後、真矢が「それでは、ビビッとくる朝を!」と挨拶し4年半の歴史に幕を閉じた。また、国分司会のTBS系列の平日朝の帯番組も前身『いっぷく!』から数えて5年半の歴史に幕を下ろした。さらに、『イブニングワイド』から丸10年続いたTBSでの堀尾のレギュラー番組も途絶えた。同年9月30日からは、後継番組として立川志らく国山ハセン(TBSアナウンサー)の司会による『グッとラック![4] を開始した[1]

『グッとラック!』はTBS・一部系列局のみ月曜 - 木曜の放送時間が一時的に10:25までに拡大された。なお、同番組は視聴率低迷により2021年3月に終了、同時にTBSは平日午前のワイドショーから再度撤退し、同月末からは毎週土曜に関東など一部地域で放送されている『王様のブランチ』などと似たテイストの情報バラエティ番組『ラヴィット!』に切り替えた。

朝のワイドショーの復活[編集]

当番組は発表時「新感覚ワイドショー」として紹介され、TBS系列の朝の時間帯としては事実上『モーニングEye』以来19年ぶりのワイドショーの復活となる。

TBSでは、「TBSビデオ問題」の発生を踏まえて、1996年春改編から2004年秋改編までワイドショーの制作を休止。『モーニングEye』を終了させ、1996年秋改編で放送を開始した『はなまるマーケット』では、芸能関連の話題や(生活情報に直結しない)時事問題を扱わない方針を番組終了まで貫いていた[注釈 2]

これについてTBSでは「(制作を休止してから)20年がたち、ワイドショーという言葉も使われなくなった。(現在のワイドショーは)当時とは全く違うものになっている」とした上で「ワイドショーというよりも、情報バラエティーとして制作している」「当時のワイドショーと呼ばれていた番組はこれまでも作っていないし、これからも作るつもりはありません」としている[5]

モーニングジャンボ奥さま8時半です』『森本毅郎さわやかワイド』『(森本ワイド)モーニングEye』『はなまるマーケット』とは違い、有名人・芸能人は呼び捨てで放送していた。

視聴率[編集]

TBSは当番組の開始から当面の間の目標視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)について、「5%」としていた[5]

初回に3.0%を記録。以後もしばらく裏番組との競合が続く影響で、2 - 3%台で推移することが多かった[6]

2018年1月下旬からしばらくの間、上昇傾向にあった[7]。同年4月26日放送分から一時期、急激な上昇も見せたが、同年5月にはテレビ東京を除くと民放最下位となっている[8][9]

出演者[編集]

最終回時点の出演者(2018年10月1日から)[編集]

月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
メインキャスター(メインMC・ビビットMC)
国分太一TOKIO[注釈 3]
真矢ミキ
ニュース雑学おじさん(特別MC)
堀尾正明[注釈 4]
進行アナウンサー(サブMC いずれもTBSアナウンサーが担当。)
赤荻歩[注釈 4]
山本匠晃
古谷有美[注釈 4]
小林廣輝
リポーター
上路雪江
氏田朋子
天気   
増田雅昭[注釈 5]
ビビットファミリー(曜日パーソナリティー)
カンニング竹山
政井マヤ[注釈 6]
千原ジュニア[注釈 7] 
倉田真由美
原晋[注釈 8]
三輪記子[注釈 9][注釈 10](隔週)
菊間千乃(隔週)
テリー伊藤[注釈 11]
眞鍋かをり[注釈 12](隔週)
谷本有香(隔週)
加藤シゲアキNEWS
秋山千佳(隔週)
増田ユリヤ(隔週)

過去の出演者[編集]

ビビットファミリー(曜日パーソナリティー)

進行アナウンサー(サブMC、TBS所属)

リポーター

コーナー[編集]

全曜日共通のコーナー[編集]

白熱ビビット トピックス(ビビトピ)
芸能ネタから時事問題までハートにビビッとくる最新情報を紹介。トピック数は日により異なる。2015年5月1日は放送されなかった。2015年9月28日のリニューアルからはトピックス数の表示が廃止された。
ビビット相関図→ビビットFOCUS
トピックスの中で特に注目の話題をピックアップ。相関図の形をしたボードを用いて、街の声や専門家の解説を交えながら更に詳しく紹介する。『アッコにおまかせ!』(日曜昼放送)の「おまかせ!トピックス」と似た形式である。
ビビットワード→ビビットボード→日刊ビビット
トピックスの中で登場した注目ワードを解説。井上が担当。2015年9月からはこのコーナーのみ出演者は立ってコメントをする。
ニュースな選択 どっちにビビット?
視聴者参加型コーナー。番組のLINE公式アカウントを利用し、取り上げたニュースについてのアンケートを実施する。

日替わり企画[編集]

  • 月曜日 - 密着ビビット/白熱!みんなが気になるニュース
  • 火曜日 - 旬の食材で何作るんですか?調査
  • 水曜日 - 街かど2択リサーチ あなたはどっち?
  • 木曜日 - ビビット100人インタビュー
  • 金曜日 - カトシゲのお取り寄せハウス

過去の日替わり企画[編集]

  • 月曜日 - 岸先生の「主婦のためのビビット経済」、潜入!人だかりMAP
  • 火曜日 - 奥様再現劇場。ダイゴランキング。ビビットシネマ
  • 水曜日 - 中田敦彦presents「奥さん!こんなことになってます」、噂の沿線ヨダレシピ
  • 木曜日 - ビビット!出入口調査
  • 金曜日 - 体感!ビビットカルチャー、カトシゲのお取り寄せハウス

最新のニュース(JNN NEWS)[編集]

古谷と赤荻が交代で担当。JNN協定が発動する。

真矢ミキの天気コーナー「きょうのまや天」[編集]

2017年4月3日より開始。真矢と気象予報士の増田が担当。2017年3月31日までの天気予報は「ビビットウェザー」というタイトルで放送されていた。

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送開始日 放送時間(JST 備考・脚注
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2015年3月30日 - 平日 8時00分 - 9時55分 制作局
北海道 北海道放送(HBC) -
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県
島根県
山陰放送(BSS)
岡山県
香川県
RSK山陽放送[注釈 16](RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(itv)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

スタッフ[編集]

  • 構成:利光宏治、宮原 心、柄雄 彦、羽田正樹、木南広明、清松勝彦、佐藤 研、武田郁之輔、高倉俊祐、大鐘義高、北野圭介、村城大輔、平岡達哉、小林のん、中島貫太郎、羽柴 拓、村松浩介、北島レイ、望月佐一郎
  • TM:荒木健一、近藤明人
  • TD:依田純、大蔵 聡、井上久徳、南賢 治、呉敬 訓、斉藤哲也、山田賢司
  • VE:平子勝隆、二階堂隼、榊聖 一、青木智奈未、姫野雅美、對間敏文、安部講志、岡田雅宏、鈴木昭平、青木孝憲、金子明通、塚田郁夫
  • カメラ:山本竜也、廣岡達之、中里 子、水崎雄太、中村年正、斉藤美由紀
  • 音声:稲津貴之、小岩英樹、藤井 忍、藤井勝彦、石堂遼子、宇野仁美、角田彰久、渡邉学、樋口晋作、浜崎 健、相馬 敦
  • 照明:高木 亘、荻原小桃、矢作和彦、今井尚人、山本和宏、公文大輔
  • CG:安田英史、松原貴明、前川 貢、柳澤杏奈、赤坂グラフィックスアート
  • 編集:TBSテックス、エフエフ東放
  • 効果:アックス
  • TK:後藤リカ、窪田賢子、三浦涼子、立石聖美、桑島晴美、木村エリカ
  • 美術プロデューサー:坂根洋子
  • 美術デザイナー:桝本瑠璃
  • 美術制作:鈴木直美
  • メカシステム:濱口利行
  • 装置:尻無浜宏人、篠原丈裕、佐藤恵美
  • 電飾:田谷尚教、吉田晃子
  • 装飾:菊地起矢、佐藤栄一
  • 化粧:アーツ
  • 協力:東京オフラインセンター、四丁目ファクトリー
  • 制作協力:ジャニーズ事務所
  • 編成:石橋孝之、川島優子
  • 宣伝:安倍由美
  • デスク:渋沢佳代子
  • スタジオ:池田尚弘、松崎帆香
  • AP:甲坂 舞、飛戸亜紀、辻野まなみ、桑原美幸
  • フロア:杉浦翔太
  • 制作デスク:鈴木千春、南泰 信、大滝 功
  • 取材デスク:寺田裕紀、曺琴 袖、黄地久美子、水野剛寿、佐藤光恵
  • 芸能デスク:齋藤孝年
  • ディレクター:水野剛寿、大久保光規、兼島 誠、三浦匡統、友清規介、氏家綾香、牧田亜矢子、林洋 介、近藤晶彦、大村健介、中村雄介、須田岳志、塩野梨絵、榎本 愛、梶川里紗、渡部 亮、熊倉哲央、小林秀行、中島知大、宮川剛史、福田真衣、下田勝美、槇雄 介、馬場あづさ、松坂真希、一丸大輔、船津奈那、峯岸葉子、紙谷常二、鈴木重徳、島田いづみ、黒木富之、矢野 哲、増田有記、峯岸葉子、小島淳一、千葉朋絵、樋口康平、柳沢真希、岸岡 亮、高木翔太、牧田亜矢子、馬場あづさ、塩野梨絵、野口勝広、藤本忠生、武井一裕、黄地久美子、小栗 涼、齋藤崇爾、鈴木闘匠、塩野梨絵、島袋理子、丸峯加菜子、横山アンナ、馬場あづさ、小島淳一、榎本 愛、熊倉哲央、山﨑剛行、千木良万岐、飯岡慶一郎、山口佳織、清水真弓、阪本亮介、根布長綾、金原永知、飛松寛奈、萩原理紗、下村修策、松延由子、塩野梨絵、小島淳一、畑舞 香、齋藤剛和、星野 翔、井筒栄志、横伝輝信、村田正勝、富田洋司、藤野智光、和佐田幸弘、高橋麻樹、橋本佑季、三原以緒吏、川瀬貴祐、金井洋人、磯野友宏、見崎陽亮、藍澤和広、植松直子、葛西孝之、土方教裕、内田琢磨、鈴木哲也、向坂圭介、佐藤 啓、野上 貢、相楽充広、尾崎義史、山本有、篠原輝明、阿部紘孝、永井洋之、田頭 悟、森岡 梢、黒澤 寛、真下 淳、村中良輔、中村いずみ、足立原円香、藤巻圭吾、吉賀直幸、小原貴明、角田信之、佐治 洋、山本清志郎、富原宗祐、細谷 健、持田謙二、下田亮太、山木忠従、堀江將一郎
  • チーフディレクター:松木大輔、三杉雪江、長嶋永知、増山 賢
  • 総合演出:保津章二
  • プロデューサー:西垣佑亮、岡崎吉弘、井本隆幸、佐藤朋子、武田竜太、新井康孝
  • 協力プロデューサー:西村武彦、山本希恵、坂田栄治、篠塚 純、田村恵里、佐藤徹弥
  • 総合プロデューサー:山根孝之、栄次崇之
  • 企画:大久保竜
  • 制作:高徳文人、中野匡人
  • 製作著作:TBS

テーマ曲[編集]

  • 初代:2015年3月30日 - 2017年3月31日:ケイティ・ペリーFirework
  • 2代目:2017年4月3日 - 2019年9月27日:櫻井美希『Good Vivit Morning!』(2018年10月よりオープニングでかかるものは短縮バージョンとなった)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2019年6月からは『Nスタ(日曜版)』のメインキャスターも兼務。
  2. ^ 『いっぷく!』では生活情報に加え、芸能・時事・スポーツ関連のニュースも扱っていた。
  3. ^ いっぷく!』から続投。
  4. ^ a b c 『Nスタ』から異動。
  5. ^ 増田のみ、2017年3月31日(『白熱ライブ…』時代最後の日)から出演。
  6. ^ 2018年9月28日まで金曜日レギュラー
  7. ^ 2016年9月まで木曜日レギュラー
  8. ^ 2018年4月4日より、青山学院大学陸上部長距離ブロック現任監督として水曜日レギュラー。他の曜日(月曜日の2018年10月22日・2019年1月7日・9月16日、木曜日の2018年5月17日・5月24日・7月19日、金曜日の5月25日など)にも登場歴有り。
  9. ^ 2015年9月24日放送の出演を最後に産休・育休に入っていたが、2016年1月28日より出演を再開。
  10. ^ 2017年3月30日まで木曜レギュラー
  11. ^ 2015年3月まで同時間帯の『スッキリ!!』(日本テレビ系列)のMCを担当していた。2017年3月まで火曜日・水曜日レギュラー。2018年6月29まで木曜日・金曜日レギュラーだったが、7月5日より木曜日レギュラーとなる。
  12. ^ 2017年3月まで木曜日隔週レギュラーで2017年4月から2018年9月28日まで金曜日隔週レギュラー。
  13. ^ いっぷく!』から続投。
  14. ^ 朝ズバッ!』→『いっぷく!』から続投。
  15. ^ 当初は全曜日の担当だったが、2017年秋に体調不良で倒れたことによる業務負担軽減の観点から、2017年11月22日の週から水曜日 - 金曜日の担当となっていた。
  16. ^ 2019年3月29日(2018年度最終放送日)までは、認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、社名は山陽放送。

出典[編集]

  1. ^ a b 『ビビット』最終回 国分太一らが感謝「4年半ありがとうございました」”. ORICON NEWS (2019年9月27日). 2019年9月27日閲覧。
  2. ^ “国分太一“ビビット”刺激与える!朝のワイドショー司会に気合十分”. サンケイスポーツ. (2015年2月22日). https://www.sanspo.com/article/20150222-KDVAK4OLQJJS3MWPKJ32OADBDM/ 2015年4月19日閲覧。 
  3. ^ 国分、ジャニーズ初のワイドショーMC デイリースポーツ 2015年2月22日閲覧。
  4. ^ https://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201909021100.html
  5. ^ a b “TBSがワイドショーを復活させた理由”. デイリースポーツ. (2015年3月10日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/03/10/0007806440.shtml 2015年4月19日閲覧。 
  6. ^ “国分太一の新番組『ビビット』が迷走…低視聴率で大ピンチ!”. DMMニュース (DMM.com). (2015年4月6日). オリジナルの2015年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150412024646/http://dmm-news.com/article/937764/ 2015年4月19日閲覧。 
  7. ^ 『とくダネ!』小倉“排除”作戦!? 『ビビット』猛追でフジ「4月テコ入れ」の目的,サイゾーウーマン,2018年2月12日
  8. ^ 国分太一が涙で謝罪の「ビビット」、瞬間最高9・3%,スポーツ報知,2018年4月27日
  9. ^ 国分太一司会『ビビット』、山口達也めぐる会見翌日に自己最高視聴率を達成→翌日に最下位,Business Journal,2018年5月9日
  10. ^ ビビット 2019/01/31(木)08:00 の放送内容 ページ2”. TVでた蔵. 2019年8月27日閲覧。

関連項目[編集]

TBS 平日午前のワイドショー・情報番組枠
前番組 番組名 次番組
いっぷく!
2014年3月31日 - 2015年3月27日
白熱ライブ ビビット
2015年3月30日 - 2017年3月31日

ビビット
(2017年4月3日 - 2019年9月27日
TBS 平日 8:00 - 9:55枠
いっぷく!
白熱ライブ ビビット

ビビット
グッとラック!・第1部(月曜 - 木曜)
グッとラック!(金曜〈番組全体〉)