グッとラック!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グッとラック!
ジャンル 帯番組 / 情報ワイドショー番組
演出 太田淳一(総合演出)
出演者 立川志らく
国山ハセンTBSアナウンサー
若林有子(TBSアナウンサー)
オープニング 木村カエラ「おはようSUN」
エンディング 同上
製作
プロデューサー 黄地久美子
高島美穂、大山達俊(番組P)
山根孝之(MP)
正木敦CP
制作 TBSテレビ
放送
映像形式 リアルタイム字幕放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年9月30日 -
放送時間 【月 - 木曜日第1部・金曜日(番組全体)】
8:00 - 9:55
【月 - 木曜日第2部】
9:55 - 10:25
放送枠 TBSテレビ系列平日午前のワイドショー枠
放送分 【月 - 木曜日第1部・金曜日(番組全体)】
115分
【月 - 木曜日第2部】
30分
公式サイト
テンプレートを表示

グッとラック!』(英称:GUTTO-LUCK!)は、TBSテレビ系列2019年令和元年)9月30日から毎週月曜日 - 木曜日の8:00 - 10:25、金曜日の8:00 - 9:55(いずれもJST)に生放送されている帯番組情報ワイドショー番組である。

概要[編集]

視聴率低迷により2019年9月27日で終了した『ビビット』の後継番組。

MCは落語家の立川志らくと、2019年9月まで『Nスタ』や『アッコにおまかせ!』などに出演していた国山ハセン(TBSアナウンサー)が担当し、2019年にTBSに入社した新人アナウンサーの若林有子がアシスタントとして脇を固める[1][2]。志らくは『ひるおび!』の「第0部」(10:25 - 11:00)と「午前」(11:00 - 11:55、ただし実質的には11:30まで出演)のコメンテーターを務め、その番組内での発言が注目されての当番組起用であるが、『ひるおび!』の「第0部」と「午前」にも継続して出演するため、3時間半(金曜日は通算3時間)に渡って、2番組をはしごする形での出演となる。なお、放送初日の9月30日から4日間は、エンディングでDスタジオに待機している『ひるおび!』の出演者を呼んでクロストークを行っていた。

当番組では、月 - 木曜日第1部ならびに金曜日(番組全体)はDスタジオからの生放送だが、月 - 木曜日第2部はDスタジオでコメンテーターの撤収と『ひるおび!』のセット建て込み・客入れの関係で、Fスタジオからの生放送となる。また、月 - 木曜日はコメンテーターも第1部のみの出演となる。

また、2019年9月26日まで月曜日から木曜日の9:55 - 10:25に関東ローカルで放送されていた『おびゴハン!』も終了させ、月曜日から木曜日に限り、当枠の放送時間を10:25までに拡大する[注釈 1]ことで、制作局のTBSでは4:00 - 19:00までがすべて生放送番組となる[注釈 2]。ただし、月 - 木曜第2部(9:55 - 10:25)は関東ローカルとなっている[注釈 3]。なお、ビデオリサーチの調査等では9:55までの旧『ビビット』枠を第1部、それ以降の旧『おびゴハン!』枠を第2部としている[3]

視聴率[編集]

月 - 木曜日第1部ならびに金曜日(番組全体)については開始以来1 - 2%台で推移している(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[4][5]

出演者[編集]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
メインキャスター(メインMC・グッとラック!MC)
立川志らく
国山ハセン(TBSアナウンサー)
サブキャスター(アシスタントMC)
若林有子(TBSアナウンサー)
コメンテーター(曜日パーソナリティー)
安部敏樹
松崎一葉
西村博之
伊沢拓司
森井じゅん
鴻上尚史
藤井聡
堤達生
岩清水梓
玉置妙憂
高橋知典
疋田万理
森井じゅん
中島健太
山岸久朗
森まどか
三上真史
木嶋真優
山崎大祐
正能茉優
望月優大
田代冬彦
芸能デスク   
高野貴裕(TBSアナウンサー)
現地リポーター
上路雪江、岩永優樹
お天気キャスター  
根本美緒(気象予報士)
「納得!買い得!グッとラック!キニナルマーケット」MC  
村上知子森三中
ウガッティー(キャラクター)
その他のコーナーレギュラー
せやろがいおじさん

備考[編集]

  • 上路は、前番組の『ビビット!』でもリポーターを務めていた。
  • 根本は、前々番組の『いっぷく!』でも天気予報を担当していた。
  • 月曜はレギュラーの上記4名、火~金曜は上記3名に加えてゲストコメンテーターの4名体制となる日がある。
  • 月曜コメンテーターの安部は、一般社団法人リディラバの代表で、社会起業家として活動中。
  • 月・水曜コメンテーターの森井は、公認会計士・税理士として活動中。
  • 火曜コメンテーターの玉置は、作家として活動中。
  • 木曜コメンテーターの中島は画家で、当番組の開始に際して、番組ポスターの作成も手掛けた。
  • 水曜コメンテーターの高橋と木曜コメンテーターの山岸は、弁護士として活動中。
  • 木曜コメンテーターの森は、医療ジャーナリスト・キャスターとして活動中。
  • 金曜コメンテーターの望月は、ウェブマガジン『ニッポン複雑紀行』の編集長で、株式会社コモンセンスの代表取締役。
  • せやろがいおじさんは、全国ネットのテレビ番組に初めてレギュラーで出演。活動拠点の沖縄県からYouTubeで配信した動画を紹介するコーナー(基本として金曜日で9:00 - 9:30の間に放送)で、動画を収録したVTR映像に登場するほか、VTRのナレーターも務める。

コーナー[編集]

  • 生コマーシャル:8:50 - 9:10頃に放送。当番組では2019年10月7日からスタート(初週の9月29日から10月4日は休止)。提供スポンサーのライオンのCMを役者が担当する。これは『モーニングジャンボ奥さま8時半です』時代から続いている。
  • グッと天気!:9:35頃 - 9:40頃に放送。根本がメインで担当する天気予報で、視聴者が公式サイトを通じて投稿した「天気にまつわる1枚の写真」も紹介する。
  • 視聴者参加企画(公式サイトで取材希望者を募集するロケ企画):前番組の『ビビット!』とは異なるフォーマットで放送する。
    • 水曜日:『あなたの家の表彰状 見せて下さい!』
      • 視聴者の自宅や実家にある「表彰状」と、その表彰状にまつわる人生ドラマを紹介する。
    • 金曜日:『解決!あなたのお宅のデッドスペース!』
      • 「テレビの後ろ」や「家具と壁の間」など、有効に活用できていない自宅内のスペース(デッドスペース)を、DIYに長けたYoutuber、バンディ(番組中ではチャンネル名の「ばんのけ」名義)が有効に活用できる「グッドスペース」に変身させる企画。取材を希望する視聴者には、投稿フォームから応募する際の条件として、デッドスペースを撮影した画像(最大容量500メガバイト)のアップロードを求めている。
  • 最新ニュースラック!(JNN NEWS):9:40頃 - 9:55に放送。
    • 若林が担当するニュースコーナーで、月 - 木曜日のコーナーの最後には、国山が「続いてはこちらをお楽しみください」というコメントをはさむ。TBSテレビ・中国放送(月曜のみフルネット)以外の局ではこのコーナーを持って飛び降りとなり、制作著作などの字幕が表示されない。金曜日はそのままエンディングに入り、この日だけスタッフロールが全国向けに流れる。
TBSテレビ・中国放送(月曜日のみフルネット)では、月曜 - 木曜第2部に以下のコーナーを放送。
  • グッと芸能界!(月曜 - 木曜第2部のみ)
    • 高野が芸能情報を伝えるコーナーで、9:55 - 10:10頃と10:17頃 - 10:25に放送。Fスタジオに建てられた志らくの楽屋[6]を模したセットから放送する。志らく・国山・若林がコメントをはさむ。このコーナーからネットを開始する局はないが、コーナーの冒頭にはテーマソングを改めて流すとともに、上記の4人が揃って挨拶する。番宣でゲストが登場する日があり、その際に『はなまるマーケット』時代にあった「おめざ」に近い形式でゲストが手土産を楽屋に持ってくるのが恒例になっている。
  • 納得!買い得!グッとラック!キニナルマーケット(月曜 - 木曜日第2部のみ)
    • 10:10頃 - 10:17頃に7分間放送されるテレビショッピングコーナーで、『おびゴハン!』内のコーナーだった「買い運!おびマルシェ」を事実上継承。村上知子森三中)が単独でMC、板倉俊之インパルス)が「ウガッティー」(村上のパートナーとして登場するオリジナルキャラクター)の声優として出演するほか、本編のMC陣から国山と若林も参加する[7]

ネット局と放送時間[編集]

ネット状況[編集]

  • ◎印…同時フルネット
  • △印…月曜のみ同時フルネット(月 - 木曜 第2部)
  • ×印…全編非ネット
放送対象地域 放送局 系列 放送開始日 ネット状況 備考
月 - 木曜 第1部
金曜
8:00 - 9:55
月 - 木曜 第2部
9:55 - 10:25
関東広域圏 TBSテレビ
(TBS)
TBS系列 2019年
9月30日 -
制作局
広島県 中国放送
(RCC)
  • 10月14日 - 22日のみ月 - 木曜日第2部を臨時に◎に変更。
北海道 北海道放送
(HBC)
×
青森県 青森テレビ
(ATV)
岩手県 IBC岩手放送
(IBC)
宮城県 東北放送
(TBC)
山形県 テレビユー山形
(TUY)
福島県 テレビユー福島
(TUF)
山梨県 テレビ山梨
(UTY)
  • 9月30日から10月3日のみ月 - 木曜第2部を臨時に◎に変更。
長野県 信越放送
(SBC)
新潟県 新潟放送
(BSN)
静岡県 静岡放送
(SBS)
  • 月 - 木曜9:55 - 10:50は自社制作番組『Soleいいね!』を放送。
富山県 チューリップテレビ
(TUT)
石川県 北陸放送
(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ
(CBC)
  • 月曜9:55 - 10:25は自社制作番組『まちイチ nice to people』を放送。
近畿広域圏 毎日放送
(MBS)
  • 月 - 木曜9:55 - 10:25はテレビショッピング番組『よりどりマーケット』を放送。
鳥取県島根県 山陰放送
(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送
(RSK)
山口県 テレビ山口
(tys)
愛媛県 あいテレビ
(itv)
高知県 テレビ高知
(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送
(RKB)
長崎県 長崎放送
(NBC)
  • 毎年10月7日が平日と重なる場合は、長崎くんち中継放送のため全編ネット返上。
熊本県 熊本放送
(RKK)
大分県 大分放送
(OBS)
宮崎県 宮崎放送
(MRT)
鹿児島県 南日本放送
(MBC)
沖縄県 琉球放送
(RBC)

番組休止・時間変更など[編集]

  • 2019年12月27日:「年末SP」として、金曜日ではあるが臨時に月 - 木曜日と同様の2部制を取り、10:25まで拡大放送する予定(一部地域は9:55飛び降り)。
  • 2019年12月30日 - 2020年1月3日:年末年始特別編成のため、全編休止の予定。

スタッフ[編集]

  • 構成:
    • (月〜金):中野俊成武田郁之輔、鹿谷忠浩
    • (月):石津聡、南恵子(不定期)、八木たかお、平田喜之、小林のん(毎週)
    • (火):羽田正樹、キタノケエスケ、佐藤奈央
    • (水):村城大輔、市川真吾
    • (木):佐藤研、望月佐一郎、高倉俊祐
    • (金):南恵子、布広太一
  • ナレーター:江原正士進藤尚美(月・火)、服部潤(月・木)、広中雅志(火・水)、市川展丈祖山桃子(水〜金)、江森浩子(金)
  • TM:山下直
  • TD:郷庭慶子、斎藤美由紀、井上久徳、大蔵聡、梶谷美保、依田純
  • カメラ:山本竜也、廣岡達之、梶谷美穂、水崎雄太、徳武正裕、高橋昂太郎
  • VE:生田史織、佐藤希美、森竜二
  • 音声:小岩英樹、藤井勝彦、藤井忍、伊藤璃子、斉藤宏司
  • 照明:公文大輔、渋谷康治、矢作和彦、今井尚人、山本和宏、上村和重
  • 美術プロデューサー:岡嶋正浩
  • 美術デザイナー:太田卓志、平本健太
  • 美術制作:鈴木直美、水落沙羅
  • 装置:佐藤恵美
  • 操作:篠原丈裕、杉山涼太(杉山→不定期)
  • メカシステム:庄子泰広
  • 電飾:大平絵里子、田谷尚教
  • 装飾:川原栄一
  • アクリル装飾:渡邊卓也
  • 植木装飾:藤田国康
  • メイク:アーツ
  • CG:大隈商店、赤坂グラフィックスアート
  • 効果:江端柚月(月)、後藤俊輔(火)、小山竜一(水)、高橋秀治(木)、吉川裕也(金)
  • TK:三浦涼子(月・火・不定期/水・金)、窪田賢子(1曜日)、木村エリカ(木)、後藤リカ(不定期)
  • 協力:TBS SPARKLE、久世烈(日音)、東京オフラインセンター、OMNIBUS JAPAN
  • 編成:矢野大亮、石原隆史
  • 宣伝企画:新川康朗
  • 宣伝担当:林遼二
  • デスク:渋沢佳代子
  • スタジオ:杉浦翔太、小林篤弥
  • AP:吉田沙織、志賀裕子
  • AD:井村祥太(月〜金)、許馨予、土山義貴、増田眞太郎、鈴木駿(月〜木)、近藤祐希、石橋杏菜(月・木)、上妻紘人、清水真紀子、関美由香(火・木)、佐久間結花(香)(火〜木)、石川一正、小松裕哉(火・金)、渡邊美響、高草木青葉(月・不定期/水)、長妻凛、山口薫(火・不定期/木)、庵坂裕加、青山礼、鳥越幹稀、金川由希、橋本志帆、山田知実、小山武義、中塚智也、山口泰宏、菅野安奈、小林真帆、山田紗也香(月)、斉藤香菜(月)、木村洋輔、島一秀、磯村蓮、垣沼麻衣、大和田祐人、青木沙代、金濱恒太(火・毎週)、布施木美佳、遠洞和(火)、宮永芽衣、斉藤香菜、酒井将司、菅原実夏、杉浦大河、田畑真帆、森本侑希、游育慈、野秋友里(水)、安部和貴、上ノ薗はるか、矢野敦士、松井佑樹、小野崎優太、山口宗一郎(木)、伏見祐希、阿部晃大、塩賀智紀、松本莉緒、稲田優、金山優希、河本彩希、石綿里菜、髙瀬瑞乃、田中あま奈、汪佳理、清水彩(金)
  • 天気:渡辺充、北岡宏一
  • ディレクター:神野基彦、岩永優樹、三浦萌、福岡蓮太
  • 【月曜】伊東徹、兼島誠、下林繁男、友清規介、中島知大、中村雄介、須田岳未、大丸剛司、斉藤崇爾、氏家綾香、中川景四、大里晃平、髙瀬美保、齋藤裕弘
  • 【火曜】武井一裕、相楽充広、上寺深雪、小林健太郎、林田拓也、宮川剛史、松坂真希、島袋理子、小原岳大、中野龍一、廣羽総一郎、芝崎真寿美、柳拓希、西垣美咲、出井文明
  • 【水曜】島田いづみ、武部賢次、黒木富之、小林秀行、矢野哲、板垣勇太郎、齋藤崇晃、斉藤友彦、萩原理紗、小林美奈子、星野真輝、今野遥香、常住智史、吉住理、辻村賢司
  • 【木曜】千木良万岐、畑村陽平、番場恵美子、山口佳織、山﨑剛行、渡部利一、阪本亮介、榎本愛、齋藤友哉、喜納葵、奥住洸介、浦野将、林里苗、國井三穂、前泊佑樹
  • 【金曜】三好俊明、下村修策、小野和朗、武本修、齋藤孝年、大村健介、小島淳一、槇雄介、樋口康平、高野綾香、尾川徹、澤野裕花、中村建貴、森俊平
  • 【不定】秋葉裕二、白金茜(月・木)、山田純也(火・木)、松崎能也(水・金)、大本圭佑(月・不定期)、真壁瞬(火・不定期)
  • 演出/ディレクター:武藤之博、清水ヒロシ(武藤・清水→水はディレクター兼務、月〜木は演出)
  • 演出:竹澤英敏(月)、武田竜太(火)、阿部耕平(水)、磯原幸道(木)、新井康孝(金)、床波芳孝(月〜金)
  • キャスティングP:神田祐子
  • プロデューサー:古屋宏樹(月・木)、福島諒子(月・水)、梶川里紗(火・金)、渡部宗一(火・木)、朝倉靖晶(水・金)、黄地久美子(月〜金)、井本隆幸、日山裕文(月〜木)
  • 総合演出:太田淳一
  • MP:山根孝之
  • 番組P:高島美穂、大山達俊
  • チーフプロデューサー:正木敦
  • 制作著作:TBS

テーマ曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、TBSテレビ系列平日午前のワイドショー枠の番組が10時台前半にも放送されるのは2005年3月までの『はなまるマーケット』以来14年半ぶりとなる。
  2. ^ はやドキ!』→『あさチャン!』→『グッとラック!』→『ひるおび!』(『JNN NEWS』を内包)→『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBCテレビ制作)→『Nスタ』という番組の流れとなる。
  3. ^ ただ、月曜日のみ中国放送が第2部を番販扱いでネットしている。

出典[編集]

  1. ^ “9月30日(月)あさ8時スタート毎週月曜~金曜新情報番組『グッとラック!』最大関心事を真正面から見る!令和のご意見番!立川志らくが朝のニュースをメッタ斬り!!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), TBSテレビ, (2019年9月2日), https://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201909021100.html 2019年9月2日閲覧。 
  2. ^ "志らくがTBSでしゃべり倒す!30日スタート「グッとラック!」MC就任、「ひるおび!」へはしご". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2019-09-02. Retrieved 2019-09-02.
  3. ^ 立川志らく司会のTBS新情報番組「グッとラック!」3回目は視聴率2・3%…第2部は1・4%,スポーツ報知,2019年10月3日
  4. ^ TBS『グッとラック!』記録的な低視聴率で、カンペ棒読みの新人女子アナが唯一の見どころに,日刊サイゾー,2019年10月4日
  5. ^ 立川志らく司会のTBS新情報番組「グッとラック!」9日放送で初の視聴率1%台,スポーツ報知,2019年10月10日
  6. ^ 和室を模しており中央の円卓で進行。右側の入り口にある暖簾は『ひるおび!』のスタッフから贈られたもの。
  7. ^ 9月30日(月)あさ8時スタートTBS朝の新情報番組『グッとラック!』内の通販コーナー『キニナルマーケット』(月~木)で森三中・村上知子が初単独MCに決定!インパルス・板倉俊之が初のキャラクター声優を担当!!2019年9月13日付「TBSホット情報」)
  8. ^ 木村カエラ、新曲「おはようSUN」が『グッとラック!』テーマソングに”. BARKS (2019年9月18日). 2019年9月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS系列 平日 8:00 - 9:55枠・午前のワイドショー・情報番組枠
前番組 番組名 次番組
グッとラック!
2019年9月30日 - )
-
TBS 月 - 木曜日 9:55 - 10:25枠
グッとラック!
(2019年9月30日 - )
-