ヤング720

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤング720
ジャンル 情報番組
放送時間 月曜 - 土曜 7:30 - 8:10
放送期間 1966年10月31日 - 1971年4月3日
放送国 日本の旗 日本
制作局 月 - 金曜:東京放送(TBS)
土曜:朝日放送(ABC)
出演者 月曜 - 金曜
関口宏
竹脇無我
松山英太郎
小川知子
由美かおる
大原麗子
土居まさる
土曜
道上洋三

特記事項:
放送時間は終了時のもの。
テンプレートを表示

ヤング720』(ヤングセブンツーオー)は、1966年10月31日から1971年4月3日まで毎週月 - 土曜日の7:20 - 8:00(後に7:30 - 8:10に繰り下げ)に東京放送(TBS)(土曜のみ朝日放送(ABC))制作で放送された、トーク音楽が中心の若者向け情報番組ワイドショー番組)である。制作局のTBSをはじめ、夕方の時間帯に再放送も行われていた放送局もあった。全1373回放送。

概要[編集]

ファッション、映画、星占い等、ターゲットを若者に絞込み話題・流行を取り入れTBS系列外にもネット局を増やしていった。

途中からグループサウンズブームの到来でブルー・コメッツザ・テンプターズオックスザ・スパイダースザ・タイガースなどをキャスティングした。

曜日別に司会者が替わっている。若手バンドの“ヤングミュージック”、ゲストコーナーの“若い広場”などのコーナーが、関口宏竹脇無我松山英太郎小川知子由美かおる大原麗子の司会グループが交互出演(後に土居まさるらが参加)。

土曜日のABC制作分には、当時ABCヤングリクエストで人気を博していた同社のアナウンサー道上洋三が司会を務めた。

1987年7月12日放送の「テレビ探偵団」(ゲスト:関口宏)では、現存する映像としてオープニングと5秒程度の本編の断片的なモノクロ映像が紹介された。 また、1988年5月8日放送回(ゲスト:岡崎友紀)では、土居、岡崎、せんだみつお山本リンダらが出演したグアムロケ回のカラー映像が紹介されている。

放送時間[編集]

期間 放送時間(日本時間
1966年10月31日 1968年09月28日 月曜 - 土曜 07:20 - 08:00(40分)
1968年09月30日 1969年09月27日 月曜 - 土曜 07:30 - 08:10(40分)
1969年09月29日 1971年04月03日 月曜 - 土曜 07:25 - 08:05(40分)

出演者[編集]

司会[編集]

司会グループの交替シフトの変遷
  • 最初期(1966年10月31日 - 12月3日) - 3組の男女司会コンビがそれぞれ1週間ずつ交代で司会を担当。
  • 1966年12月 - 1970年2月 - 3組の男女司会コンビにつき2曜日ずつ交代で担当。
  • 1970年3月 - 9月 - 男性司会者が土居まさるに一本化、これに伴い女性司会者の担当シフトが週1回に短縮される。
  • 1970年10月 - 1971年4月 - 平日版は3組の司会コンビによる曜日交代制(金曜のみ週1回担当)に変更。土曜版はアナの道上洋三が単独で進行を担当。

その他のレギュラー・準レギュラー[編集]

ほか

ネット局[編集]

系列は当時の系列。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 平日版制作局
現・TBSテレビ
近畿広域圏 朝日放送 土曜版制作局
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ NETテレビ系列
TBS系列
1969年12月開局から[2]
岩手県 岩手放送 TBS系列 現・IBC岩手放送
宮城県 東北放送
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 1970年から[3][4]
山形県 山形放送 1968年4月から[3]
山梨県 山梨放送 1968年4月から1970年3月まで
テレビ山梨 TBS系列 1970年4月開局から
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送
静岡県 静岡放送
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 1968年4月から
石川県 北陸放送 TBS系列
福井県 福井放送 日本テレビ系列 1968年4月から
中京広域圏 中部日本放送 TBS系列 現・CBCテレビ
島根県 山陰放送 1968年4月から、当時の放送エリアは島根県のみ
岡山県 山陽放送 当時の放送免許エリアは岡山県のみ
広島県 中国放送
山口県 山口放送 日本テレビ系列 1970年3月まで
テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
NETテレビ系列
1970年4月開局から
徳島県 四国放送 日本テレビ系列 1968年4月から[5]
愛媛県 南海放送 1967年から[4]
高知県 高知放送 1969年4月から1970年3月まで[4]
テレビ高知 TBS系列 1970年4月開局から
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送 1969年4月から
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送 1967年から
鹿児島県 南日本放送
琉球政府 琉球放送 1969年から、当時は米国の統治下

放送リスト[編集]

1966年[編集]

[6]

1967年上半期[編集]

[7]

1967年下半期[編集]

[8]

1968年上半期[編集]

[9]

1968年下半期[編集]

[10]

脚注[編集]

  1. ^ TBS50年史 資料編 2002a, p. 238, §III.7; TBS50年史 ハイブリッド検索編 2002b, p. 20, TBSアナウンサーの動き.
  2. ^ 1975年3月まではJNNには番販で加盟。開局直後は夕方に再放送を行っていた。(出典:「青森テレビ30年のあゆみ」に記載の1969年12月と翌年10の基本番組表から。)
  3. ^ a b 日本テレビおはよう!こどもショー』を打ち切ってネット開始したが、山形放送は本番組終了後『おはよう!こどもショー』のネットに復帰している。
  4. ^ a b c 秋田放送・南海放送は1992年9月まで、高知放送は1970年3月まではそれぞれJNNにも番販で参加していた。
  5. ^ TBSテレビでの最終回はおはようとくしまの第1回放送日(開始当時は毎週土曜日の週1回放送)と重複しており、最終回は放送されていない。
  6. ^ 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1966年10月号 - 12月号
  7. ^ 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1967年1月号 - 6月号
  8. ^ 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1967年7月号 - 12月号
  9. ^ 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1968年1月号 - 6月号
  10. ^ 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1968年7月号 - 12月号

参考文献[編集]

  • 東京放送 『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002a
  • 東京放送 『TBS50年史 ハイブリッド検索編』(DVD-ROM&PDF) 東京放送、東京放送、2002b
  • 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1966年10月号 - 12月号
  • 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1967年1月号 - 6月号
  • 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1967年7月号 - 12月号
  • 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1968年1月号 - 6月号
  • 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1968年7月号 - 12月号

外部リンク[編集]

TBS系列 平日土曜朝の情報番組枠
前番組 番組名 次番組
(なし)
ヤング720
TBS 月 - 土7:20 - 7:25枠
ビーバーちゃん
(07:10 - 07:40)
ヤング720
(1966年10月 - 1968年9月)
海外ニュース
TBS 月 - 土7:25 - 7:30枠
ビーバーちゃん
(07:10 - 07:40)
ヤング720
(1966年10月 - 1968年9月)
スポーツニュース
スポーツニュース
【5分繰り上げ】
ヤング720
(1969年10月 - 1971年3月)
モーニングジャンボ
(平日 06:50 - 10:00)
土曜デポルテ
(土曜 07:20 - 08:15)
TBS 月 - 土7:30 - 8:00枠
ビーバーちゃん
(07:10 - 07:40)
ポパイ
(07:40 - 07:50)
メイコの世界めぐり
(07:50 - 08:00)
ヤング720
(1966年10月 - 1971年3月)
モーニングジャンボ
(平日 06:50 - 10:00)
土曜デポルテ
(土曜 07:20 - 08:15)
TBS 月 - 土8:00 - 8:05枠
おはよう・にっぽん
(平日 08:00 - 09:00)
芥川也寸志 土曜パートナー
(土曜 08:00 - 09:00)
【30分繰り下げ】
ヤング720
(1968年10月 - 1971年3月)
モーニングジャンボ
(平日 06:50 - 10:00)
土曜デポルテ
(土曜 07:20 - 08:15)
TBS 月 - 土8:05 - 8:10枠
おはよう・にっぽん
(平日 08:00 - 09:00)
芥川也寸志 土曜パートナー
(土曜 08:00 - 09:00)
【30分繰り下げ】
ヤング720
(1968年10月 - 1969年9月)
8:05-ポーラテレビ小説(再)
(08:05 - 08:25)
【5分繰り上げ】