奥村チヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奥村 チヨ
出生名 奥村 智代
別名 金野 智代(本名)
生誕 (1947-02-18) 1947年2月18日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府池田市
(出生地は千葉県野田市
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手
活動期間 1965年 -
レーベル 東芝レコード
ビクター音楽産業
ワーナー・パイオニア
ミノルフォン
日本コロムビア
東芝EMI
テイチクエンタテインメント
ワーナーミュージック
共同作業者 浜圭介

奥村 チヨ(おくむら チヨ、1947年2月18日 - )は、日本歌手。本名、金野 智代(こんの ちよ、旧姓・奥村)。大阪府池田市出身[1]。夫は浜圭介麻生祐未は姪。

人物・来歴[編集]

千葉県野田市に生まれ、3歳から大阪府池田市で育った[1]。母親は山口県の出身[1]夙川学院高等学校在学中、知人が応募したオーディションに合格してしまい、1回きりの約束でドリンク剤CMソング小野薬品・リキ・ホルモ「昨日、今日、明日」)を歌ったことがきっかけで、卒業後の1965年東芝から「あなたがいなくても / 私を愛して」でデビュー。和製シルヴィ・ヴァルタンとして売り出され、蠱惑的な魅力と甘えたような歌い方でたちまち人気を集める。

黛ジュン小川知子と合わせて「東芝3人娘」と呼ばれ、「ごめんネ…ジロー」(1965年)「北国の青い空」(1967年)などをヒットさせる。

1969年 - 1970年に発表した「恋の奴隷」(セールス:51万枚[2])「恋狂い」「恋泥棒」のいわゆる「恋3部作」の爆発的大ヒットにより、人気歌手としての地位を確立。それまでのコケティッシュな雰囲気に、新たに官能的な魅力も加わり、初めてNHK紅白歌合戦出場も果たす(NHKでは内部規則で「恋の奴隷」の歌唱が禁じられていたため「恋泥棒」を歌った)。

1971年12月25日に発売された、自身のイメージを脱却した「終着駅」も大ヒット(セールス:40万枚[2]) 。本人の歌手引退も辞さない強い希望で実現に至った曲であり、作曲した浜圭介も、作曲家として息を吹き返した。

1974年に浜と結婚し、芸能界の第一線を退く。

その後、1980年にビクターから、「せめてさよならは…」をリリースして歌手活動を再開。ディナーショーなどステージを中心に、マイペースな活動を続ける。1993年、折からの1960年代ブームに乗って「恋の奴隷」が再ヒット。個性的な歌唱スタイルとともに、時代を先取りしたようなファッションにも注目が集まり、若い世代のファンも数多く獲得した。現在も旺盛な歌手活動を続けており、古巣東芝EMIからも新譜・旧作が続々とリリースされている(『GOLDEN☆BEST 奥村チヨ』など)。

なお1971年に発売された「川の流れのように」は、後に美空ひばりが歌った楽曲とは同名異曲。

2008年3月7日にフジテレビで放送された「売れなきゃよかった…金曜日の告白SP!大壮絶人生」によると、代表曲「恋の奴隷」が男性に従属的な歌詞であったため、奥村自身は歌うことをためらっていたという。さらに同曲のイメージから、当時は自宅周辺にまで付きまとうファン(今日で言うストーカー行為)が多く出現したことから悩まされていたという。

2016年11月には、12年ぶりとなる新曲「Be With You -あなたに逢えた-」をリリース。新曲発売を記念し、2017年1月には浅草・音のヨーロー堂にて、自身初のインストア・ライヴも行った。[3]

テレビ番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1969年(昭和44年)/第20回 恋泥棒 06/23 ザ・キング・トーンズ
1970年(昭和45年)/第21回 2 嘘でもいいから 20/24 フォーリーブス
1972年(昭和47年)/第23回 3 終着駅 05/23 鶴岡雅義と東京ロマンチカ
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. あなたがいなくても(1965.3.5)
    作詞:多木比佐夫/作曲:津野陽二/編曲:津野陽二
    (c/w 私を愛して)
  2. あゝ結婚(1965.6.5)
    作詞:多木比佐夫/作曲:津野陽二/編曲:津野陽二
    (c/w いつまでも)
  3. セプテンバー・ムーン(1965.7.15)
    訳詞:岩谷時子/作曲:/編曲:森岡賢一郎
    (c/w 手と手を)
  4. ごめんネ…ジロー(1965.10.5)
    作詞:多木比佐夫/作曲:津野陽二/編曲:津野陽二
    (c/w 愛してるから)
  5. ジングル・ベル(1965.11.5)
    訳詞:ホセしばざき/作曲:James Pierpont/編曲:森岡賢一郎
    (c/w 赤鼻のトナカイ)
  6. 想い出のタンゴ(1966.1.5)
    訳詞:片桐和子/作曲:Jackie DeShannnon/編曲:森岡賢一郎
    (c/w 恋はしないで)
  7. 一人ぼっちで(1966.3.5)
    作詞:多木比佐夫/作曲:津野陽二/編曲:津野陽二
    (c/w 私を忘れて)
  8. 云えなかったの(1966.5.5)
    作詞:岡本克己/作曲:宮川泰/編曲:宮川泰
    (c/w 恋はいつまでも)
  9. 私の胸をノックして(1966.8.5)
    作詞:なかにし礼/作曲:中島安敏/編曲:中島安敏
    (c/w 何故かしら)
  10. いつかの約束(1966.11.5)
    作詞:安井かずみ/作曲:森岡賢一郎/編曲:森岡賢一郎
    (c/w ちっちゃな片想い)
  11. 北国の青い空(1967.8.5)
    作詞:橋本淳/作曲:ザ・ベンチャーズボブ・ボーグルドン・ウィルソンノーキー・エドワーズメル・テイラー[4]/編曲:川口真
    (c/w 愛の真珠貝)
  12. あなたに逢いたい(1967.12.1)
    作詞:橋本淳/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平
    (c/w 愛の泉)
  13. 涙いろの恋(1968.2.1)
    作詞:橋本淳/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平
    (c/w 雨が降る夜)
  14. 青い月夜(1968.6.1)
    作詞:橋本淳/作曲:井上忠夫/編曲:川口真
    (c/w 愛の花咲く頃)
  15. 花になりたい(1968.11.1)
    作詞:有馬三恵子/作曲:平尾昌晃/編曲:川口真
    (c/w もう一度ふりむいて)
  16. 夜よそのままで(1969.3.1)
    作詞:平尾昌晃・有馬三恵子/作曲:平尾昌晃/編曲:川口真
    (c/w 雨の大阪)
  17. 恋の奴隷(1969.6.1)
    作詞:なかにし礼/作曲:鈴木邦彦/編曲:川口真
    (c/w 眠くなるまで)
  18. 恋泥棒(1969.10.1)
    作詞:なかにし礼/作曲:鈴木邦彦/編曲:鈴木邦彦
    (c/w 北国の春はみじかい)
  19. 恋狂い(1970.2.5)
    作詞:なかにし礼/作曲:鈴木邦彦/編曲:川口真
    (c/w 何かいいことありそうな)
  20. くやしいけれど幸せよ(1970.5.5)
    作詞:山上路夫/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平
    (c/w きめちゃったから)
  21. 嘘でもいいから(1970.9.5)
    作詞:川内康範/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平
    (c/w 心は他人にならないで)
  22. 中途半端はやめて(1970.12.1)
    作詞:なかにし礼/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平
    (c/w 恋人形)
  23. 甘い生活(1971.4.5)
    作詞:橋本淳/作曲:中村泰士/編曲:川口真
    (c/w 可愛い女)
  24. 川の流れのように(1971.8.5)
    作詞:橋本淳/作曲:中村泰士/編曲:川口真
    (c/w 冷たい女と呼ばれても)
  25. 終着駅(1971.12.25)
    作詞:千家和也/作曲:浜圭介/編曲:横内章次
    (c/w 気ままぐらしの女)
  26. 別離の讃美歌(1972.4.25)
    作詞:千家和也/作曲:浜圭介/編曲:小野崎孝輔
    (c/w 街角)
  27. 陽のあたる場所(1972.8.25)
    作詞:山上路夫/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平
    (c/w 窓)
  28. 女の恋唄(1972.12.20)
    作詞:安井かずみ/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平
    (c/w 涙いろの川)
  29. ひき潮(1973.4.20)
    作詞:橋本淳/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平
    (c/w 失うものは何もない)
  30. 風の慕情(1973.9.20)
    作詞:橋本淳/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平
    (c/w 雨上り)
  31. 泣いて京都へ(1973.12.25)
    作詞:千家和也/作曲:浜圭介/編曲:森岡賢一郎
    (c/w 波止場)
  32. 何かありそな西銀座(1974.6.5)
    作詞:千家和也/作曲:浜圭介/編曲:森岡賢一郎
    (c/w 夜は気まぐれ)
  33. 走馬燈(1977.10.5)
    作詞:喜多條忠/作曲:川口真/編曲:船山基紀
    (c/w 青い焔)
  34. お・ん・な・唄(1978.5.5)
    作詞:わたなべ研一/作曲:浜圭介/編曲:馬飼野俊一
    (c/w 大阪発)
  35. せめてさよならは…(1980.4.21)
    作詞:山口洋子/作曲:馬飼野康二/編曲:馬飼野康二
    (c/w 東京人形(ドール))
  36. Moi(モア)(1981.11.28)
    作詞:水木れいじ/作曲:浜圭介/編曲:若草恵
    (c/w 朝日をとめて)
  37. あしたすてるから(1983.2.25)
    作詞:鈴木みのり/作曲:鈴木みのり/編曲:鷲巣詩郎
    (c/w まなざしのゆくえ)
  38. 何故(1983.5.25)
    作詞:鈴木みのり/作曲:鈴木みのり/編曲:松井忠重
    (c/w 私を変えて)
  39. 別れてあげる(1984.6.25)
    作詞:里村龍一/作曲:浜圭介/編曲:桜庭伸幸
    (c/w 優しくしないで)
  40. 忘れないでね(1986.4.21)
    作詞:浜圭介/作曲:浜圭介/編曲:若草恵
    (c/w いつわりの部屋)
  41. (1988.2.21)
    作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお/編曲:若草恵
    (c/w 夢よりすばやく)
  42. 街灯(1994.5.21)
    作詞:荒木とよひさ/作曲:浜圭介/編曲:川村栄二
    (c/w 雨の朝愛に死す)
  43. 恋の奴隷 '95(1995.7.5)
    作詞:なかにし礼/作曲:鈴木邦彦/編曲:奥居史生
    (c/w 北国の青い空 '95)
  44. 終着駅 '95(1995.7.5)
    作詞:千家和也/作曲:浜圭介/編曲:千住明
    (c/w 恋泥棒 '95)
  45. パローレ・パローレ(1999.5.19)
    作詞:岡田冨美子/作曲:金野孝/編曲:若草恵
    (c/w 真昼の月)
  46. TOKIO天使 (デュエット: 欧陽菲菲(2001.11.21) - 「CHIYO & FEIFEI」としてリリース。
    作詞:渡辺なつみ/作曲:浜圭介/編曲:矢野立美
    (c/w THANK YOU MY LIFE/デュエット: 欧陽菲菲 )
  47. 素顔のままのあなたで(2003.6.25)
    作詞:大津あきら/作曲:浜圭介/編曲:岩本正樹
    (c/w 抱きしめたい)
  48. 愛して愛して愛しちゃったのよ(2004.8.25) ※田代美代子和田弘とマヒナスターズのカヴァー
    作詞:浜口庫之助/作曲:浜口庫之助/編曲:池多孝春
    (c/w SWEET HOME)
  49. Be With You -あなたに逢えた-(2016.11.23)
    作詞:渡辺なつみ/作曲:浜圭介/編曲:高橋哲也
    (c/w 慕麗路(ボレロ)/浜圭介)

オリジナルアルバム[編集]

  1. 北国の青い空 -奥村チヨ・ヒット・パレード-(1967.11.5)
  2. チヨとあなたの夜(1968.11.1)
  3. あなたとチヨと…(1969.6.1)
  4. あなた好みの…チヨ(1969.12.1)
  5. くやしいけれど幸せよ(1970.6.5)
  6. 甘い生活(1971.6.25)
  7. チヨのお座敷唄(1971.11.5)
  8. 別離の讃美歌(1972.5.5)
  9. 陽のあたる場所(1972.10.20)
  10. ひき潮(1973.5.20)
  11. 風の慕情(1973.12.1)
  12. 何かありそな西銀座(1974.8.5)
  13. 奥村チヨ(1980.11.21)
  14. PRESENT-現在-(1983.4.25)

ライブアルバム[編集]

  1. ナイトクラブの奥村チヨ(1970.10.5) - 1970年7月16日 - 18日 京都「ベラミ」にて収録。

参加アルバム[編集]

  • 女の世界(1971.6) - 植木等のオリジナル・アルバム。植木氏とのデュエットによる「白日夢」を収録。
  • ソリッドレコード 夢のアルバム(1988.6.25) - コンピレーション・アルバム。当時の新曲である「恋のエクリチュール」を収録。
  • セルフカヴァーズ '95(1995.8.23) - 「恋の奴隷 '95」「終着駅 '95」「北国の青い空 '95」「恋泥棒 '95」を収録。
  • 浜圭介 My Life〜昭和最後の秋のこと〜(2011.6.8) - 浜圭介の作曲家生活45周年記念アルバム。「北空港(浜氏とのデュエット)」「大阪暮色」「心凍らせて」をカヴァー。

書籍[編集]

  • 幸福の木の花(2004年・講談社)

奥村を演じた人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]