永井秀和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永井 秀和(ながい ひでかず、1951年12月3日 - )は、日本俳優歌手。本名、永井 仁(ながい ひとし)。東京都出身。

来歴・人物[編集]

父は時代劇の名悪役で知られた俳優の永井秀明1967年「夕陽のチャペル」でビクターレコードより歌手デビュー。同年に発売された「恋人と呼んでみたい」が大ヒットとなり、第9回日本レコード大賞の新人賞を受賞する。しかし、学業に専念するために歌手業を引退した。大学卒業後、芸能界に復帰。1973年のNHK大河ドラマ国盗り物語」に出演。池内淳子扮する油屋の女主人・お万阿の手代・杉丸を演じて再び人気沸騰。池内と今度は母子役で共演した「つくし誰の子」第三シーズン、霧島京弥役を演じた「旗本退屈男」など立て続けにドラマにレギュラー出演して人気を集めた。その後もテレビドラマ、舞台、吹き替え等で活躍。父・秀明と異なり時代劇では善人役が多かったが、近年放送された「水戸黄門」第37部では、珍しく悪役を演じた。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

<ビクター>

  • 夕陽のチャペル/風の中の君(1967年4月)
  • 恋人と呼んでみたい/愛してくれて有難う(1967年10月5日)
  • 二人の雨の日曜日/北の国から(1967年12月25日)
  • 僕の恋人/風と光と僕等だけ(1968年3月10日)
  • 渚のロンリー・ギター/さくら貝のバラード(1968年6月)
  • 天使のエレーヌ/雨に消えたくちづけ(1968年8月)
  • 緑の館の少女/くちなしの君(1968年11月)
  • ヤッホー・スケーター/スケート野郎(ザ・ジャイアンツ)(1968年12月)
  • おせっかいな雨/君のためなら(1969年2月)
  • 夢を下さい/明日の青い風(1969年4月)
  • レモンの恋/白いベンチ(1969年6月5日)
  • 霧の街にひとり/三次元の世界(1969年12月)
  • 涙は恋のふるさと/恋人のテーマ(1970年3月5日)
  • 悲しきひき潮/雨ぎらい(1970年9月5日)
  • 雨がくれた恋人/スイス旅行(1971年7月5日)(両面とも田村ひろみと)

<VAP>

  • なごり雨/想いで小雨街(1983年6月21日)
  • 秋冬/今でも…(1984年)
  • 暗闇のロマンス/ひと夏のロマネスク(1985年10月21日)

アルバム[編集]

  • 永井秀和とともに/恋人と呼んでみたい(1968年)

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 青春太郎(1967年)
  • 恋人と呼んでみたい(1968年)
  • だれの椅子?(1968年)
  • 化身(1986年)
  • 夜汽車(1987年)

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • 永井秀和のマイルドな朝(東海ラジオ、1989年1月-1990年7月)- パーソナリティ

舞台[編集]

  • 納涼必殺まつり (1983年、京都南座)新之助役

吹き替え[編集]

  • 少年ミステリー・ハーディボーイズ(テレビドラマ) (1979年-1980年、NHK) - パーカー・スチーブンスン(主演)、父の永井秀明も声のゲスト出演
  • エーゲ海に捧ぐ(1980年、フジ)- クラウディオ・アリエッティ (主演)
  • シャーロック・ホームズの冒険 (テレビドラマ)(1985年、NHK)第10話「ノーウッドの建築業者」- マクファーレン弁護士役
  • 名探偵ダウリング神父第二シーズン (テレビドラマ)(1993年、NHK)- ゲスト出演

脚注[編集]

[ヘルプ]