水戸黄門 (第31-38部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
里見浩太朗が演じる水戸黄門(5代目)

本項では、TBSにおいて放送された日本時代劇水戸黄門』(みとこうもん)のうち、里見浩太朗が主演で放送していたシリーズ中、2002年から2008年にかけてナショナル劇場(後にパナソニック ドラマシアター→現在の月曜ミステリーシアター)枠で放送された第31部から第38部までの各部について記述する。

目次

出演者[編集]

各部の概要[編集]

放送日はTBSおよび同時ネット局を基準とし、レギュラー・準レギュラーの経験があるゲストは太字で表記する。

出演者の芸名は現在の芸名で記載しているため、出演時と異なる場合がある。

第31部[編集]

水戸黄門 第31部
ジャンル 時代劇
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2002年10月14日-2003年3月24日(全22回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 中尾幸男
製作総指揮 松下正治
監督 金鐘守
矢田清巳
高倉祐二
井上泰治
脚本 宮川一郎
大西信行
岡本さとる
吉本昌弘
藤井邦夫
プロデューサー 樋口祐三
藤田知久
出演者 里見浩太朗
岸本祐二
山田純大
由美かおる
岩崎加根子
照英
斉藤晶
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送

特記事項:
最終話:18:55 - 20:54 (119分)
テンプレートを表示

水戸黄門 第31部』(みとこうもん だい31ぶ)は2002年10月14日から2003年3月24日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全22話(通算982回)。

ストーリー[編集]

幕府の財政改革の手がかりを探すため、一行は天下の金が集まる大坂を目指し旅立つ。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 光圀役は里見浩太朗になる。風の鬼若(照英)、アキ(斉藤晶)、八重(岩崎加根子)がレギュラーに加わる。また、鳴神の夜叉王丸(山口馬木也)、山野辺兵庫(丹波哲郎)が準レギュラーになる。
  • 助三郎役の岸本祐二、格之進役の山田純大の最終シリーズである。
  • 第18話には里見の息子である佐野圭亮がゲスト出演している。
  • タイトルがそれまでの三葉葵のアップと縦書きのキャスト・スタッフに戻ったが、CG作成に変わった。
  • 2016年4月22日より、TBSチャンネル1にてCS初の再放送が開始される予定である。

第32部[編集]

水戸黄門 第32部
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2003年7月28日-12月8日(全17回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 中尾幸男
製作総指揮 松下正治
監督 金鐘守
矢田清巳
井上泰治
脚本 宮川一郎
岡本さとる
大西信行
櫻井康裕
藤井邦夫
鈴木則文
プロデューサー 樋口祐三
藤田知久
進藤盛延
出演者 里見浩太朗
原田龍二
合田雅吏
由美かおる
岩崎加根子
照英
斉藤晶
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送

特記事項:
第8話:18:55 - 20:54 (119分)
テンプレートを表示

水戸黄門 第32部』(みとこうもん だい32ぶ)は2003年7月28日から12月8日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全17話(通算999回)。

ストーリー[編集]

加賀藩の世継ぎ問題を解決するため、一行は金沢へ旅立つ。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 助三郎役は原田龍二、格之進役は合田雅吏になる。
  • 第3話に原田の弟である本宮泰風がゲスト出演している。また、モブシーンにレイザーラモンがゲスト出演している。
  • 第11話にレーシングドライバーの片山右京がゲスト出演している。
  • 第32部のポスターから松下電器・松下電工の表示が廃止された。
  • 2016年10月27日より、CS初として、TBSチャンネル1で放送開始。

1000回記念スペシャル[編集]

水戸黄門 1000回記念スペシャル』(みとこうもん 1000かいきねんすぺしゃる)は2003年12月15日に放映された3時間スペシャル時代劇。製作はC.A.L(通算1000回)。[1]


ストーリー[編集]

江戸で旗本と町衆の喧嘩を調停した光圀は、薩摩藩の不正を糾明するため旅立つ。

キャスト[編集]


スタッフ[編集]

  • 製作総指揮:松下正治
  • 製作:加地隆雄、逸見勉
  • 企画:中尾幸男
  • 脚本:宮川一郎岡本さとる
  • 音楽:木下忠司
  • 撮影:都築雅人
  • 美術:辻野大
  • 照明:畑下隆憲
  • 録音:中川清
  • 編集:河合和子
  • チーフ助監督:和田圭一
  • 制作担当:森井敦
  • 制作チーフ:長崎洋二郎、八島賢
  • 制作デスク:松田渡
  • 題字:朝比奈宗源
  • ナレーター:鈴木史朗
  • 邦楽監修:中本哲
  • 擬斗:上野隆三(東映剣会)
  • 監督助手:六車雅宣、高垣博也
  • 撮影助手:山口哲史、作村龍二、山本辰也
  • 照明助手:宇山智久、亀山譲、士居欣也、伊藤伸治
  • 録音助手:田代博司、細井嘉雄
  • 装置:野本志郎、安川博通
  • 装飾:西川由紀夫、佐伯賢治
  • 美粧:鳥居清一、櫨川芳昭
  • 結髪:福本るみ、松浦真里
  • 衣裳:植田光三、熊田美千代
  • 記録:内藤幸子
  • スチール:荒川大介
  • 編集助手:中林久子
  • VE:横山丈浩
  • ビデオ編集:鍛治川ー夫
  • 整音:神戸孝憲、田辺義教
  • 演技事務:山下義明
  • 文芸担当:皿田明
  • 制作進行:伊達知永、八木由泰
  • 番組宣伝:河野裕之
  • 小道具:高津商会
  • 美粧結髪制作:東和美粧
  • かつら:山崎かつら
  • 技術協力:IMAGICAウェスト
  • プロデューサー:樋口祐三、藤田知久、進藤盛延
  • 監修:山内鉄也
  • 監督:井上泰治


解説[編集]

  • 放送1000回を記念して、水戸黄門史上初となる3時間スペシャルで放送。高橋元太郎を初めとする歴代のレギュラーが総出演し、またかつて助・格役を演じた俳優も別の重要な役でゲスト出演した。
  • また、当時の悪役ゲスト常連組の川合伸旺内田勝正中田浩二も登場した。なお、川合はこの1000回スペシャルが最後の出演となった。
  • 本作より、SDビデオ撮影からHD撮影システムである「VARICAM」に変更され、以後のシリーズはハイビジョン仕様で撮影される。
  • 2016年11月27日に、CS初としてTBSチャンネル1で放送予定。

第33部[編集]

水戸黄門 第33部
ジャンル 時代劇
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2004年4月12日-9月20日(全22回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 中尾幸男
製作総指揮 松下正治
監督 金鐘守
矢田清巳
井上泰治
上杉尚祺
脚本 宮川一郎
櫻井康裕
岡本さとる
藤井邦夫
横山一真
プロデューサー 樋口祐三
藤田知久
進藤盛延
出演者 里見浩太朗
原田龍二
合田雅吏
由美かおる
岩崎加根子
照英
斉藤晶
三波豊和
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送

特記事項:
最終話:18:55 - 20:54 (119分)
テンプレートを表示

水戸黄門 第33部』(みとこうもん だい33ぶ)は2004年4月12日から9月20日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全22話(通算1022回)。

ストーリー[編集]

幕府転覆を企む西海屋の野望を阻止するため、一行は鳥取へ旅立つ。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • よろず屋の千太(三波豊和)がレギュラーに加わる。うっかり八兵衛(高橋元太郎)以来の男性コメディーリリーフとなる。
  • 第5話に斉藤の姉である斉藤千晃がゲスト出演している。
  • 放送1000回を記念して、主題歌を原田と合田が歌った。助三郎・格之進役の俳優が主題歌を担当するのは第28部以来。この収録のものは第33部のみに使用された。2人とも第34部の収録時のものより、重々しく歌っている。
  • 第21部から編集・河合勝巳の後を継いだ夫人・河合和子の最終シリーズである(担当回数390回)。
  • 第33部のポスターから「チャンネル・ロック、TBS」のキャッチフレーズが入るようになった。
  • 2016年11月22日よりCS初として、TBSチャンネル1で放送開始予定。ただし、最終話のみ、前後編に分けての放送となる。BS-TBSにおいては、単発のスペシャル番組として、そのままでの再放送が不定期に行われている。

第34部[編集]

水戸黄門 第34部
ジャンル 時代劇
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2005年1月10日-6月6日(全20回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 中尾幸男
製作総指揮 松下正治
監督 金鐘守
矢田清巳
井上泰治
上杉尚祺
苫米地祥宏
脚本 宮川一郎
櫻井康裕
岡本さとる
横山一真
吉本昌弘
プロデューサー 樋口祐三
藤田知久
進藤盛延
出演者 里見浩太朗
原田龍二
合田雅吏
由美かおる
照英
斉藤晶
三波豊和
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
テンプレートを表示

水戸黄門 第34部』(みとこうもん だい34ぶ)は2005年1月10日から2005年6月6日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全20話(通算1042回)。

ストーリー[編集]

仙台藩の世継ぎ騒動を解決するため、一行は旅立つ。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 八重が水戸に残り、光圀、助三郎、格之進、お娟、千太、鬼若、アキの7人で旅をする。このシリーズでは第7部以来29年ぶりに北海道にも足を延ばしている。
  • このシリーズから、助三郎の母・静枝(池内淳子)と助三郎のお見合い相手で仙台藩江戸屋敷組頭・坂口主水(尾崎右宗)の妹・美加(瀬戸早妃)が準レギュラーになる。瀬戸は仙台市出身である。
  • 第1話では光圀自ら印籠を披露している。
  • 第9話にTBSアナウンサーの安住紳一郎が出演している。
  • 第16話に長谷川哲夫が悪役でゲスト出演している。
  • 主題歌を収録し直し、33部に比べると2人とも軽やかに歌っている。以後、このものを使用している。
  • 2017年1月9日より、TBSチャンネル1にて、CS初放送として放送開始。

第35部[編集]

水戸黄門 第35部
ジャンル 時代劇
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2005年10月10日-2006年3月6日(全20回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 中尾幸男
製作総指揮 松下正治
監督 金鐘守
矢田清巳
井上泰治
上杉尚祺
森本浩史
苫米地祥宏
脚本 櫻井康裕
岡本さとる
横山一真
吉本昌弘
岩田元喜
プロデューサー 樋口祐三
藤田知久
進藤盛延
出演者 里見浩太朗
原田龍二
合田雅吏
由美かおる
照英
斉藤晶
三波豊和
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送

特記事項:
第1話:18:55 - 20:54 (119分)
テンプレートを表示

水戸黄門 第35部』(みとこうもん だい35ぶ)は2005年10月10日から2006年3月6日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全20話(通算1062回)。

ストーリー[編集]

実子である高松藩主松平頼常に掛けられた謀叛の嫌疑を晴らした光圀は、この騒動の原因となった闇の布袋一派の野望を粉砕するため、長崎へと旅立つ。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 徳川幕府に100年の恨みを抱く謎の怪人・闇の布袋(遠藤太津朗)と配下のくノ一・北斗の桔梗(原史奈)が登場する。桔梗は最終話の翌週に放送された『ナショナル劇場50周年記念特別企画スペシャル』にも登場する。
  • 第7話に斉藤の姉である斉藤千晃がゲスト出演している。
  • 第14話で印籠シーンが登場したのは午後8時56分で歴代最遅となった。これは放送開始直前に堀江貴文ライブドア社長(当時)が逮捕されたニュースを速報で伝えていたため放送開始が10分遅れたことによる。
  • 第14話に伊吹吾郎がゲスト出演しているが、当初は横内正がゲスト出演する予定であった。
  • よろず屋の千太役の三波豊和の最終シリーズである(『ナショナル劇場50周年記念スペシャル』が最後の出演)。
  • 第31部から登場していた山野辺兵庫役の丹波哲郎が第36部の放送中に亡くなったため、この初回スペシャルが事実上最後の出演となった。
  • 2017年7月11日より、CS初放送としてTBSチャンネル1にて放送開始。ただし、第一話は2時間スペシャルであったため、前編・後編に分割して放送。

ナショナル劇場50周年記念特別企画スペシャル[編集]

水戸黄門 ナショナル劇場50周年記念特別企画スペシャル』(みとこうもん なしょなるげきじょう50しゅうねんきねんとくべつきかくすぺしゃる)は2006年3月13日に放映された2時間スペシャル時代劇[2]。製作はC.A.L(通算1063回)。

ストーリー[編集]

将軍綱吉の甥で次期将軍と目されている甲府宰相綱豊の狙撃事件の真相を究明するため、一行は事件後江戸屋敷に籠もっていた綱豊とともに甲府へと旅立つ。

キャスト[編集]


スタッフ[編集]

  • 日本舞踊:若柳縫秀
  • 擬斗:菅原俊夫(東映剣会)
  • 監督助手:高垣博也
  • 撮影助手:今西貴克、伊藤俊枝
  • 照明助手:宇山智久、山北一祝、中山博文、城島宣浩
  • 録音助手:細井嘉雄、中道一慶
  • 装置:森俊昭、安川博通
  • 装飾:籠尾和人、平田俊和
  • 美粧:櫨川芳昭、小田政史
  • 結髪:福本るみ、大森愛子
  • 衣裳:植田光三、熊田美千代
  • スプリクター:西村直美
  • スチール:荒川大介
  • 編集助手:近藤弥生
  • VE:山口哲史
  • ビデオ編集:高田晴伸


解説[編集]

  • 原田の弟である本宮泰風がゲスト出演している。
  • ナショナル劇場50周年記念特別企画では里見と伊藤榮子が2週連続で出演している。里見と伊藤は『水戸黄門』では水戸光圀と村雨、『大岡越前』では土屋山城守と月光院である。
  • エンディングで「あゝ人生に涙あり」の1番 - 3番が放送された。スペシャルのエンディングで主題歌が使用される流れは以降定番となる。

第36部[編集]

水戸黄門 第36部
ジャンル 時代劇
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2006年7月24日-12月18日(全20回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 田中勝久
製作総指揮 松下正治
監督 金鐘守
矢田清巳
井上泰治
上杉尚祺
脚本 櫻井康裕
岡本さとる
横山一真
吉本昌弘
山田孝行
プロデューサー 樋口祐三
藤田知久
進藤盛延
出演者 里見浩太朗
原田龍二
合田雅吏
由美かおる
照英
斉藤晶
松井天斗
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
テンプレートを表示

水戸黄門 第36部』(みとこうもん だい36ぶ)は2006年7月24日から12月18日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全20話(通算1083回)。

ストーリー[編集]

加賀藩に嫁いだ光圀の姉・明芳院より、孫の利久京都所司代の娘・菊姫の婚礼が行われることを報された光圀は、それに出席するため金沢を目的地に諸国漫遊の旅に出る。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • おけらの新助(松井天斗)がレギュラーに加わる。新助は第10話から登場する。
  • 第1話では静枝(池内淳子)が旅のお供をしている。
  • 第36部のポスターから「チャンネル・ロック、TBS」の表示が廃止され、TBSの表記のみとなった。
  • 2017年8月11日より、CS初放送として、TBSチャンネル1にて再放送開始。

第37部[編集]

水戸黄門 第37部
ジャンル 時代劇
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2007年4月9日-9月17日(全23回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 田中勝久
製作総指揮 松下正治
監督 金鐘守
矢田清巳
井上泰治
上杉尚祺
苫米地祥宏
森本浩史
和田圭一
脚本 宮川一郎
櫻井康裕
岡本さとる
横山一真
岩田元喜
山田孝行
よしだあつこ
プロデューサー 樋口祐三
藤田知久
進藤盛延
出演者 里見浩太朗
原田龍二
合田雅吏
由美かおる
照英
斉藤晶
松井天斗
内藤剛志
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送

特記事項:
最終話:18:55 - 20:54 (119分)
テンプレートを表示

水戸黄門 第37部』(みとこうもん だい37ぶ)は2007年4月9日から9月17日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全23話(通算1106回)。

ストーリー[編集]

館林で起こった将軍綱吉の御落胤騒動を収めた一行は、騒動の原因となった越後高田へと向かう。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 第27部以来8年ぶりに風車の弥七が復活する。このシリーズからは内藤剛志が弥七役を演じる。弥七は第11話から登場する。サブタイトルは「母と娘つないだ風車」だが、本放送では朝日新聞のテレビ欄で「今夜!風車の弥七参上!!」、再放送の際も同新聞のテレビ欄では「風車の弥七参上!!」と表示されたことがある。
  • 第5話では福知山城高田城に見立ててロケーションが行われた。
  • 第6話に斉藤の姉である斉藤千晃がゲスト出演している。
  • 第13話にゲスト出演している岩崎ひろみ菊池麻衣子NHK朝の連続テレビ小説ふたりっ子」の主役コンビでもある。
  • 風の鬼若役の照英とアキ役の斉藤晶、鳴神の夜叉王丸役の山口馬木也、八重役の岩崎加根子、坂口美加役の瀬戸早妃の最終シリーズである。なお、鬼若は第10話にて生死不明の形で一度本編から離れたものの、最終話のエンディングに再登場。アキが光圀に見送られながら西山荘を旅立つところへ鬼若が迎えに来て、故郷・柘植の里へ帰るという顛末で締めくくられた。
  • 最終話のエンディングでは「あゝ人生に涙あり」の1番・3番が使用された。
  • オープニングタイトルバックが三葉葵のアップから西山荘の映像(ハイビジョン撮影)に変わった。そのためオープニングにて、毎回「協力 財団法人 水府明徳会 西山荘」の表記がなされるようになった。この表記は第40部まで続いた。

第38部[編集]

水戸黄門 第38部
ジャンル 時代劇
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2008年1月7日-6月30日(全24回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 田中勝久
製作総指揮 松下正治
監督 斎藤光正
金鐘守
矢田清巳
井上泰治
苫米地祥宏
上杉尚祺
和田圭一
脚本 宮川一郎
櫻井康裕
岡本さとる
山田孝行
小木曽豊斗
横山一真
岩田元喜
プロデューサー 樋口祐三
進藤盛延
笠谷智之
出演者 里見浩太朗
原田龍二
合田雅吏
由美かおる
松井天斗
小沢真珠
内藤剛志
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
テンプレートを表示

水戸黄門 第38部』(みとこうもん だい38ぶ)は2008年1月7日から6月30日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全24話(通算1130回)。

ストーリー[編集]

瀬戸内海に隣接する花崎藩と赤津藩の合併騒動を収めるため、一行は旅立つ。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]
  • 徳川綱吉:堤大二郎(第1話、第24話)
  • 柳沢吉保:橋爪淳(第1話、第24話)
  • 伊之助:山本圭(第2話、第3話、第5話、第8話、第9話、第17話)
  • 土屋道庵:田村亮(第1話、第2話、第9話、第24話)

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 助三郎の旧友で赤津藩士の山内裕之進(中村繁之)の妹・志保(小沢真珠)が、騒動の収束後も旅のお供をする。また、志保の医術の師・土屋道庵(田村亮)と志保が追う山師・伊之助(山本圭)も登場した。
  • 第1話と第2話は第17部以来20年ぶりに2話完結のストーリーとなった。
  • 第7話に元プロ野球選手新庄剛志EXILEATSUSHIが出演している。この回にゲスト出演している中条きよしと親交があったためで、オープニングでは出演者として紹介されていない。[3][4]
  • 第20話で由美と小沢が入浴シーンでの共演を果たしている。ちなみにこの回は通算1126回目の放送となり、偶然にも1126が「いいふろ=いい風呂」の語呂合わせとなった。
  • 第29部から登場していた将軍綱吉役の堤大二郎と柳沢吉保役の橋爪淳の最終シリーズである。
  • 『ナショナル劇場』枠での水戸黄門の最終シリーズである。放送枠がパナソニック ドラマシアターに改称されて以降の第39-43部については水戸黄門 (第39-43部)を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 2011年12月7日にはBS-TBSでも水曜劇場の単発枠として放送された(字幕放送も実施)
  2. ^ BS-TBSでは2011年10月19日に水曜劇場の単発枠として放送され、2012年6月8日にも金曜劇場の単発枠として再び放送された。(どちらも字幕放送も実施)
  3. ^ 幻の写真館”. 中条きよしオフィシャルブログ「俺が仕事人だ!」Powered by Ameba (2008年8月7日). 2017年2月8日閲覧。
  4. ^ 幻の写真館  謎解明”. 中条きよしオフィシャルブログ「俺が仕事人だ!」Powered by Ameba (2008年8月7日). 2017年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]