雪姫隠密道中記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雪姫隠密道中記
ジャンル 時代劇
脚本 植木昌一郎
津田幸於
櫻井康裕
大西信行
大久保昌一良
森薫
監督 内出好吉
山内鉄也
皆川隆之
居川靖彦
出演者 片平なぎさ
和田浩治
森マリア
小松政夫
中村敦夫
あおい輝彦
オープニング 『いつも君のそばに』インストゥルメンタル
エンディング 『いつも君のそばに』あおい輝彦
製作
プロデューサー 西村俊一
中村和則
制作 毎日放送、S.H.P
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1980年4月5日 - 9月27日
放送時間土曜日22:00 - 22:54
放送枠TBS土曜10時枠の連続ドラマ
放送分54分
回数26
テンプレートを表示

雪姫隠密道中記』(ゆきひめおんみつどうちゅうき)は、1980年(昭和55年)4月5日から9月27日まで、TBS系列にて毎週土曜夜10時からの1時間枠で放送された毎日放送・S.H.P.製作のテレビ時代劇。それまでの著名作家ミステリー枠を一新しての意欲作。『水戸黄門』と同じスタッフが製作している。

本作をもって『影同心』以来5年半続いた毎日放送制作土曜夜10時の連続ドラマは廃枠[1]。以後、土曜夜10時枠はTBS制作枠となり現在に至る。

作品内容[編集]

3代将軍・徳川家光の治世。肥後熊本藩当主である加藤忠広は無実の罪をきせられ流罪となり、加藤家の取り潰しが決まった。忠広の娘・雪姫は父の無実を訴えるため、巌谷源八郎と共に江戸へと向かう。だが、祖父の清正公に似ておおらかで正義感の強い雪姫は困っている人を見捨てておけず、旅先で毎回トラブルに巻き込まれていく。一方、陰謀の張本人である老中・土井大炊頭の命を受けた檜垣鉄心も雪姫を捕らえようと追いかける。

キャスト[編集]

町人娘(商人の娘)に扮して旅を続けるが、旅先で困った人を見かけると放っておけず毎回事件に関わってしまう。若侍に扮し、馬を走らせることもある。祖父の清正公に似て剣の腕が立つ。旅先でよく助けられる葵新之介のことが気になっている。
雪姫おつきの侍であり、格闘と剣の達人。商人の手代・源八として雪姫とともに旅を続ける。堅物で血の気の多い熱血漢。急ぎ旅だというのに雪姫が道中で色々な事件に関わるため、その度にいらいらしている。雪姫に気安く接する新之介とは初対面の時からそりが合わず、癇に障って仕方ない。
  • おさらばお千:森マリア(第8話、第10話、第18話を除く)
本人は必死に否定しているが佐平次にぞっこんの女道中師(盗賊)。佐平次を追いかけて江戸まで一行についてくる。六助とともに本作のギャグメーカー。
  • 韋駄天の六助:小松政夫(第8話、第10話、第18話を除く)
お千の子分で足が速い。第7話では六助によく似た悪代官(小松政夫の二役)が登場する[2]
  • 小鈴の佐平次:中村敦夫(第7話、第15話、第22話、第24話を除く)
元伊賀忍者の義賊。盗賊界では有名人。薬売りに扮して、雪姫一行とつかず離れずその行動をサポートし、諜報活動をおこなう。潜入した悪代官や悪徳商人の家から千両箱を盗み出し、貧しい暮らしの家に小判を投げ込んでいく。武器は手槍と鈴のついた手裏剣。鈴を投げて、雪姫らの窮地を救うこともしばしば。変装の名人(第1話など)で老人に扮することが多い。第11話では彼に似て彼とも旧知の伊賀の抜け忍(中村敦夫の二役)が登場する。
雪姫の旅につきまとう若い浪人者で、剣の達人。実は結城秀康の妾腹の息子、つまり東照神君の孫で、さらに上様の名代として隠し目付を勤めているが、雪姫達にはその事を隠している。堅苦しい大名暮らしを嫌い、江戸では松平伊豆守の屋敷に居候していた。雪姫に悟られないように、各地の大名や家老達に葵の御紋と隠し目付けの証明が記入された鑑札を示して助力を求め、事件を解決に導く。佐平次とは、互いに「旦那」、「薬屋」と呼び合いながら素性を知っているが口には出さず、協力して雪姫一行を助ける。
老中。土井大炊頭が進めようとしている加藤家取り潰しに疑問を持ち、上様に進言して新之介を派遣させた。
老中。豊臣恩顧の加藤家取り潰しを図っている。
  • 檜垣鉄心:内田勝正(第4 - 10話、第12話、第14 - 18話、第20 - 24話を除く)
土井大炊頭の手下で風魔の流れをくむ忍者。各地で悪事を働いている家老や代官などの弱みを握り、その協力を求めて雪姫の命を狙う。内田が『水戸黄門』で度々演じた、御老公(水戸光圀)をつけ狙う刺客に当たる存在。


スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌
  • 「いつも君のそばに」(作詞:山上路夫、作曲:平尾昌晃、編曲:竜崎孝路、唄:あおい輝彦、販売元:テイチクレコード)※オープニングには同曲のインストルメンタルが使用された。
挿入歌
  • 「遠い旅路」(作詞:山上路夫、作曲:平尾昌晃、編曲:竜崎孝路、唄:あおい輝彦、販売元:テイチクレコード)

放映リスト(サブタイトルリスト)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ これにより3ヶ月余り、毎日放送制作のドラマ枠は減枠となるが、1981年1月より木曜22時枠の連続ドラマが毎日放送制作となり、2年3ヶ月続いた。
  2. ^ 後に片平なぎさがレギュラー出演した『水戸黄門』第15部第36話でも小松政夫が掏摸と悪代官の二役でゲスト出演している。

関連作品[編集]

本作同様、女優を主人公にした勧善懲悪の時代劇

関連項目[編集]

TBS 土曜22時台(ここまでMBSの制作枠。一部地域を除く)
前番組 番組名 次番組
雪姫隠密道中記
JNN報道特集
(ここからTBS制作枠)