第9回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第9回日本レコード大賞は、1967年昭和42年)12月16日渋谷公会堂で行われた、9回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第9回の大賞は、ジャッキー吉川とブルー・コメッツの「ブルー・シャトウ」に決定した。ジャッキー吉川とブルー・コメッツは初の受賞。グループ・サウンズとして史上初。

この年から会場を日比谷公会堂から渋谷公会堂に移した。 視聴率は1P下落の12.5%。

12月16日の開催は、歴代の大会の中で最も早い開催である。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

歌唱賞[編集]

新人賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

童謡賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • プロデューサー:
  • 総合演出:
  • 舞台監督:
  • 編成担当:
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]