第18回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本レコード大賞 > 第18回日本レコード大賞
第18回日本レコード大賞
Imperial Garden Theater Japan.jpg
会場となった帝国劇場
ジャンル 特別番組音楽番組
放送時間 金曜19:00 - 20:55(115分)
放送期間 1976年12月31日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 高橋圭三
森光子
押阪忍
玉置宏
都はるみ
テンプレートを表示

第18回日本レコード大賞は、1976年昭和51年)12月31日帝国劇場で行われた、18回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

部門賞の発表は11月19日に「第18回速報!日本レコード大賞」のタイトルで帝劇で発表された。

第18回の大賞は、都はるみの「北の宿から」に決定した。都はるみは初の受賞。女性演歌歌手の受賞は第7回美空ひばり以来11年ぶり。

大賞の発表は審査会場に居る吉田信審査委員長から発表した。

この年の大賞候補曲ベスト10(大賞・最優秀歌唱賞・歌唱賞の候補)は、発表順に研ナオコの「あばよ」、森進一の「さざんか」、西城秀樹の「若き獅子たち」、野口五郎の「針葉樹」、布施明の「落葉が雪に」、都はるみの「北の宿から」、八代亜紀の「もう一度逢いたい」、森昌子の「恋ひとつ雪景色」、山口百恵の「横須賀ストーリー」、梓みちよの「メランコリー」である[1]

作詩賞は、阿木燿子が28票、荒井由実が8票、中島みゆきが5票、阿久悠が4票、みなみらんぼうが2票を獲得し、唯一過半数を獲得した阿木に決定した[1]

作曲賞は、一次審査で宇崎竜童が20票、三木たかしが15票、小林亜星が8票、田山雅充が3票、佐瀬寿一が1票。決選投票では宇崎が26票、三木が21票で三木の受賞が決定した[1]

編曲賞は、一次審査で松任谷正隆が12票、萩田光雄が12票、竹村次郎が10票、服部克久が9票、瀬尾一三が4票。決選投票では萩田が24票、松任谷が23票で萩田の受賞が決定した[1]

企画賞は、「山田五十鈴を聴く」が30票、「我等のテナー:藤原義江全集」が26票、「およげ!たいやきくん」(子門真人)が24票、「G.S」(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)が8票、「佃囃子〜忘れかけていた下町の心〜」(十朱幸代)が5票、「父と娘」(ダーク・ダックス)が0票となり、上位の「山田五十鈴を聴く」と「我等のテナー」に決定[1]

特別賞は、満場一致で美空ひばりとダーク・ダックスに決定した[1]

新人賞(最優秀新人賞の候補)は、一次審査で内藤やす子の「想い出ぼろぼろ」が45票、ピンク・レディーの「ペッパー警部」が36票、芦川よしみの「雪ごもり」が31票、角川博の「嘘でもいいの」が31票、新沼謙治の「嫁に来ないか」が27票、吉田真梨が27票、朝田のぼるの「白いスカーフ」が15票、矢野顕子の「津軽ツアー」が8票を獲得。上位4組の内藤・ピンク・芦川・角川の受賞が決定した後5組目の選考投票が行われ、新沼が27票・吉田が20票となり新沼の受賞が決定した[1]

大衆賞は、郷ひろみキャンディーズ中村雅俊二葉百合子加山雄三の5組がノミネートされ、郷の受賞が決定した[1]

視聴率は1.1P下落の41.9%。

新御三家(郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎)が揃って受賞したのは初めて。

今回は「補佐役」が存在せず、また第14回1972年)以来女性、司会を務めた森光子は今回を以て降板、更に第11回1969年)に初担当して以来、単独で男性司会を務めた高橋圭三は、次回次々回では久米宏(当時TBSアナウンサー)とのコンビで男性司会を務める。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

歌唱賞[編集]

大衆賞[編集]

新人賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

審査委員会選奨[編集]

中山晋平賞 西条八十賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • 運営プロデューサー:野中杉二、杉田実/政田一喜、中村寿雄、大友和夫
  • 構成:保富康午、松原史明
  • 音楽:長洲忠彦、半間厳一
  • 指揮:長洲忠彦
  • 演奏:森寿男とブルーコーツ、高橋達也と東京ユニオン、ベストアンサンブル
  • コーラス:日本合唱協会、フィーリング・フリー
  • 技術スタッフ
    • 技術:佐藤一郎
    • T・D:田中浩
    • 映像:大野健三
    • カラー調整:西沢正捷
  • 美術制作:和田一郎
  • 美術デザイン:宮澤利昭
  • 中継担当:
  • プロデューサー:小松敬、吉田恭爾
  • 演出:桂邦彦、平山賢一
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h タイムカプセル  1976輝く日本レコード大賞、ぶらりぶらり、2016年6月27日。(T&C ミュージック元社長・貫泰夫のブログ)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]