第37回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第37回日本レコード大賞
受賞対象 音楽
開催日 1995年12月31日 (1995-12-31)
会場 TBSテレビ Aスタジオ
日本の旗 日本
授与者 社団法人 日本作曲家協会
日本レコード大賞制定委員会
日本レコード大賞実行委員会
主催者 西田敏行
中山秀征
渡辺真理
最新受賞者 trf
Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜
テレビ/ラジオ放送
放送局 TBSテレビ
放送時間 日曜日18:15 - 20:54
視聴率 17,2%

第37回日本レコード大賞(だい37かいにほんレコードたいしょう)は、1995年平成7年)12月31日にTBS Aスタジオで行われた、37回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第37回の大賞は、trfの「Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜」に決定した。trfは初の受賞。小室哲哉プロデュースの歌手が大賞を受賞したのは初めて。

美山純子が売上的にも知名度も圧倒的だった華原朋美を抑えて最優秀新人賞を受賞。美山は実質的な再デビュー(1981年に「加古川順子」という名でレコードデビュー、その後「竹下順子」→「美山絢子」→「彩木志帆」→「美山純子」と改名している[1])だった。ちなみに美山の楽曲「桃と林檎の物語」はこの年の日本作詩大賞の大賞を受賞。

美山以外にもこの年の新人賞は、全員が以前異なる芸名で活動していた経歴を持つ[1]華原朋美は過去に「遠峯ありさ」として芸能活動を行っていた経歴があり[1](但し「遠峯ありさ」名義でのCDデビューはしていない)、矢吹春佳は過去に「高橋ほづみ」という名で活動していた[1][2]

これについて、当時の日本レコード大賞実行委員長・市川昭介は、現在(1995年当時)の音楽情勢に際して新人賞の枠を広げたと語っている[1]

視聴率は1.9P上昇の17.2%に。小室ファミリーが席巻する1998年まで17%前後と好調に推移した。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

  • trf「Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜」

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

アルバム大賞[編集]

優秀作品賞(大賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

ベストアルバム賞[編集]

特別賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

  • 辛島美登里「愛すること」(歌・辛島美登里)

企画賞[編集]

功労賞[編集]

特別功労賞[編集]

美空ひばりメモリアル選奨[編集]

アジア音楽賞[編集]

日本作曲家協会特別功労賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • プロデューサー:
  • 総合演出:
  • 舞台監督:
  • 編成担当:
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 産経新聞』1995年12月25日付東京夕刊。
  2. ^ 平成歌謡塾の軌跡 - コロムビアソングス(2014/4/19閲覧)

外部リンク[編集]