第50回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第50回日本レコード大賞
受賞対象 音楽
開催日 2008年12月30日 (2008-12-30)
会場 新国立劇場・中劇場
日本の旗 日本
授与者 社団法人 日本作曲家協会
日本レコード大賞制定委員会
日本レコード大賞実行委員会
主催者 堺正章上戸彩松下奈緒
最新受賞者 EXILETi Amo
テレビ/ラジオ放送
放送局 TBSテレビ
放送時間 火曜日18:30 - 23:10
視聴率 16.9%

第50回日本レコード大賞(だい50かいにほんレコードたいしょう)は、2008年平成20年)12月30日新国立劇場中劇場で行われた、50回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

ステージ関連[編集]

第50回の大賞は、EXILEの「Ti Amo」に決定した。EXILEは初の受賞。「日本レコード大賞」、「日本ゴールドディスク大賞」、「日本有線大賞」、「ベストヒット歌謡祭(2003年から名称変更)」の大賞を独占したのは2002年浜崎あゆみ以来6年ぶり。レコード大賞と最優秀歌唱賞の両方を受賞した歌手はEXILEで史上9組目。大賞を発表したプレゼンターは、司会の堺正章上戸彩松下奈緒の3人からではなく、審査委員長の湯川れい子

最優秀新人賞は、「海雪」を歌ったジェロに決定した。外国人男性の受賞は史上初(母方の祖母は日本人)。外国人歌手の受賞は第32回ヤン・スギョン以来18年ぶり。最優秀新人賞のプレゼンターは加藤和彦。なお、新人賞のGIRL NEXT DOORメンバー鈴木大輔は、6年前(第44回)もday after tomorrowメンバーとして新人賞を受賞している。

1993年以来15年ぶりに、オープニングからエンディングまでオーケストラピットが設置された。音楽監督・指揮は、服部隆之が担当。

2年前から行っている「メモリアルアクト」[注 1]では、50回記念として、森進一(「襟裳岬」)、八代亜紀(「雨の慕情」)、Wink(「淋しい熱帯魚」)、米米CLUB(「君がいるだけで」)の4組が登場。もっとも、Winkはこの日のためだけに特別に再結成した。また、森進一は後にこの年の特別功労賞を受賞した故・川内康範を代表して「花と蝶」も歌唱した。

裏番組としてフジテレビが放送した『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』は当時堺が審査委員長を務めていたが、堺が本番組の司会担当のため、同回の『ものまね紅白』では出演見合わせとなり、代わりに片岡鶴太郎が審査員委員長を務めた。また、『ものまね紅白』で恒例の「ご本人と一緒」は本番組に出演しない歌手や芸人が登場することで対応された。

第46回2004年)以来5年連続でサブ司会を務めた小林麻耶は当番組放送から3ヵ月後の2009年3月末にTBSを退社したため、この年が最後のレコ大出演となっている。

テレビ中継関連[編集]

今年は50回目の記念大会ということで、テレビ中継(TBS系全国28局ネット)の時間枠を拡大した(午後6時30分~11時10分)。さらに終了後、大賞受賞のEXILE、最優秀新人賞のジェロをゲストに迎えた「おめでとう!第50回日本レコード大賞」(午後11時10分~11時30分)を放送した。

視聴率は、前年より0.1P高い16.9%、この時間帯の首位を奪還。関西地区のMBS(午後7時~11時10分)は22.3%と前年より2.3P上回った。

ラジオ中継関連[編集]

TBSラジオは、レコード大賞初実況向井政生アナウンサー1992年のリポーター以来のレコ大復帰)をメインに、リポーター(受賞者の喜びの声を伝える)の新井麻希アナウンサーを加えて、テレビの音声とのサイマル放送(一部はラジオ独自編成)で、午後11時40分まで放送。全国放送終了後の10分間は、客として会場にいた磯山さやかもラジオブースに登場した。

前回同様、MBSラジオは自局番組を優先する方針のため、中継しなかった。他のJRN基幹局は、午後11時30分まで放送(RCCラジオは午後7時~11時30分)。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

  • ジェロ「海雪」

最優秀アルバム賞[編集]

優秀作品賞(大賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

優秀アルバム賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

功労賞[編集]

特別功労賞[編集]

特別顕彰[編集]

日本作曲家協会奨励賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • ナレーション:ケイ・グラント
  • 構成:樋口弘樹、あべ
  • 取材:三好千春、川上共子、板垣寿美
  • 音楽監督・指揮:服部隆之
  • 演奏:倉田信雄/紺野紗依、田代修二、渡辺直樹、島村英二、古川望、古川昌義、藤井珠緒、水野弘文、菅坡雅彦、横井均、広原正典、Bob Zung、近藤淳、木戸やすひろ、比山貴咏史、松田レレ、加藤高志、加藤亜希子、押鐘貴之、伊能修、杉野裕、岩村聡弘、渡辺一雄、松本亜土、松田翔平、入江茜、山田雄司、細川亜維子、堀沢真巳、木村隆哉
  • ミュージシャンコーディネート:フェイス・ミュージック
  • TM:小林敏之(新国立劇場)
  • TP:長谷川晃司(新国立劇場)
  • TD:荒木健一(新国立劇場)、福田俊夫(新国立劇場内中継)、高木久之(大阪中継)、寺尾昭彦(中継受けサブ)、伊東修(OAサブ)
  • カメラ:藤田栄治(新国立劇場)、鈴木康雄(新国立劇場内中継)、関照男(大阪中継)
  • VE:小林陽二(新国立劇場)、岩佐博(新国立劇場内中継)、山田耕児(大阪中継)、宇都宮勝(中継受けサブ)、高橋康弘(OAサブ)
  • 照明:松本修一・高橋章(新国立劇場)、矢作和彦(新国立劇場内中継)、藤井克則(大阪中継)
  • 音声:菅原正巳・寿田道陽(新国立劇場)、武田聡之(新国立劇場内中継)、金谷宣宏(大阪中継)、坂井健志(中継受けサブ)、尾崎宗弘(OAサブ)
  • PA:池戸和幸・小暮倫見(新国立劇場)
  • 音効:岡本智宏(新国立劇場)、半藤徹(中継受けサブ)、太田誠也(OAサブ)
  • プロンプター:滝沢英俊(新国立劇場)
  • 通話回線:林隆二郎
  • 美術プロデューサー:飯田稔
  • 美術デザイナー:中西忠司
  • 美術制作:長谷川隆之
  • 装置:古川俊一
  • メカシステム:庄子泰広
  • 電飾:真鍋明
  • LEDグラフィックス:市川元信
  • 装飾:川原栄一
  • 花装飾:落合生嗣
  • アクリル装飾:渡邊卓也
  • 特殊効果:矢島克祐
  • 楽器:高井啓光
  • 衣裳:横尾毅
  • 持道具:貞中照美
  • 化粧:吉田謙二
  • CG:森享大、藤井晶之、MTPlanning(OAサブ)
  • 回線:片山敦史(OAサブ)
  • VTRルーム:加藤孝祐・林隆弘(OAサブ)
  • MA:藤本大
  • 編集:藤森唯史、大江剛史、水澤望
  • TK:長谷川道子(新国立劇場)、鈴木裕恵(新国立劇場内中継)、野村佳乃子(中継受けサブ)、葛貫明子(OAサブ)
  • 中継連絡:江藤俊久(中継受けサブ)
  • VTR担当:斉藤慶一郎、清宮嘉浩、冨田雅也、小泉泰成(OAサブ)
  • 編成担当:三島圭太
  • 公開:廣中信行、松元裕二
  • AP:鹿渡弘之、神田祐子
  • 制作進行:田辺和弘
  • 演出スタッフ:嵯峨祥平、山下智之、近藤尚、岩佐実季、小関美保子、川端美帆
  • 演出:石橋孝之木田将也(新国立劇場外中継)、青山優子(大阪中継)、岸田大輔(中継受けサブ)、刀根哲洋(OAサブ)
  • 舞台監督:高岡滋紀
  • プロデューサー:落合芳行利根川展片山剛服部英司篠塚純/高沖秀明(MBS、大阪中継)、西川永哲(大阪中継)
  • 総合演出:平賀渉
  • 楽器協力:ヤマハローランド
  • 技術協力:東通ティ・エル・シーエヌ・エス・ティーTAMCO赤坂ビデオセンターNEXION、ダブルビジョン、ウィッシュ、PRG、SJP、サークル、MTPlanning、テイクシステムズIMAGICA、テクト
  • 協力:新国立劇場運営財団/毎日放送海遊館(大阪中継)
  • 制作協力:BMC
  • 制作:TBSテレビ
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

注釈[編集]

  1. ^ 過去の受賞曲の映像を時代別に放送し、当時受賞したアーティストがスペシャルゲストとして登場し受賞曲を披露する企画

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]