第15回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第15回日本レコード大賞
Imperial Garden Theater Japan.jpg
会場として使われた帝国劇場
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
出演者 高橋圭三
森光子
玉置宏ほか
製作
制作 TBSテレビ
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年12月31日
放送時間 月曜19:00 - 20:55
放送枠 日本レコード大賞
放送分 115分
回数 1
テンプレートを表示
第15回日本レコード大賞
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1973年12月31日
放送時間 月曜19:00 - 21:00
放送回数 1回
放送局 TBSラジオ
出演 高橋圭三
森光子
玉置宏ほか
テンプレートを表示

第15回日本レコード大賞は、1973年昭和48年)12月31日帝国劇場で行われた、15回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第15回の大賞は、五木ひろしの「夜空」に決定した。五木は初の受賞であった。この年は五木の「ふるさと」が大ヒットし日本歌謡大賞第24回NHK紅白歌合戦ではこちらの方を歌ったが、五木によると歌謡大賞を沢田研二の「危険なふたり」が取ったので、レコード会社が急きょレコ大に向けて勝負曲を「夜空」に切り替えたとコメントしている。また「みんなジュリーが歌謡大賞に続いて大賞を取ると思っていたら、レコ大が大衆賞なるものを作って彼に与えたんです。それで僕に大賞が回ってきたんでしょうね。(中略)あれもこれもびっくりしたレコ大でしたね。結局はジュリーに大衆賞が行ったお陰だと思います」とも術解している[1]

視聴率は2.4P下落の44.1%。

今回は沢田雅美に代わって、TBSテレビ番組『ロッテ 歌のアルバム』司会の玉置宏が補佐役となったが、当番組での玉置の司会は最初で最後。

司会[編集]

リポーター[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

歌唱賞[編集]

大衆賞[編集]

新人賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

童謡賞[編集]

日本レコード大賞制定15周年記念賞[編集]

観覧に訪れた著名人[編集]

いずれも大賞受賞者の五木ひろしに花束を贈呈。

TV中継スタッフ[編集]

  • 指揮:長洲忠彦
  • 演奏:宮間利之とニューハード、高橋達也と東京ユニオン、新音楽協会
  • コーラス:日本合唱協会
  • プロデューサー:
  • 総合演出:
  • 舞台監督:
  • 編成担当:
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【あの時・日本レコード大賞<6>】五木ひろし、勝負曲「夜空」に急きょ変更 - スポーツ報知 2019年12月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]