水原弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水原 弘
出生名 高和 正弘
別名 おミズ
生誕 1935年(昭和10年)11月1日
出身地 日本の旗 日本 東京府 東京市 深川区
(現・東京都 江東区
死没 1978年7月5日(満42歳没)
福岡県 北九州市 戸畑区
学歴 東京都立赤坂高等学校商業科卒業
ジャンル 歌謡曲ジャズラテン洋楽民謡など
職業 歌手俳優
担当楽器
活動期間 1956年 - 1978年
レーベル 東芝EMI
事務所 渡辺プロダクションマナセプロダクション

水原 弘(みずはら ひろし、1935年11月1日 - 1978年7月5日)は、日本歌手俳優。愛称は「おミズ」。東京府東京市深川区(現在の東京都江東区)出身。東京都立赤坂高等学校商業科卒業。

概要[編集]

マナセプロダクションに在籍していたが、一時期、渡辺プロダクションに所属。井上ひろしかまやつひろしとのトリオで「三人ひろし」と呼ばれていた(ただし水原の持ち味は当時の「ロカビリーアイドル」としては全く異質であったため、後に守屋浩と交代する)。特に水原弘は20代の女性たちに多大な男の色気を持つ歌唱法で人気があった。

その歌唱力は誰もが認める、日本を代表する男性歌手だった。しかし水原自身寂しさのあまり毎日酒を大量に飲み続けていた事や、ほか豪放磊落で男気あふれる生き方や性格が周囲には誤解を招く事も多く、晩年時再びヒット曲には恵まれなかった。

村松友視がその生涯をまとめた評伝を書き下ろしている(『黒い花びら』村松友視、河出書房新社、2005年)。

略歴[編集]

デビュー曲「黒い花びら」で第1回日本レコード大賞[編集]

東京都立赤坂高等学校2年の時に、文化放送主催の『素人ジャズ喉自慢』に優勝。その後活動していたジャズ喫茶で渡邊美佐にスカウトされ、芸能界入り。

1957年(昭和32年)ダニー飯田とパラダイス・キングに初代ヴォーカルとして参加するが、翌年には脱退。 昭和33年水原弘とブルーソックスを結成。メンバーには森山加代子ジェリー藤尾ペドロ梅村がいた。

1959年(昭和34年)、「黒い花びら」(作詞:永六輔・作曲:中村八大)でレコード・デビュー。夏木陽介主演の東宝映画『青春を賭けろ』に歌手役で出演。「黒い花びら」は発売初年に30万枚、総合計57万枚という当時としては大ヒット作となった。ちなみに最初のマネージャーは渡邊美佐の妹、曲直瀬信子だった。

またこの年から始まった第1回日本レコード大賞を「黒い花びら」で受賞。第10回NHK紅白歌合戦に初出場[1]。その後も紅白に出場。独特の甘い“低音”で一世を風靡した。そして20代の女性たちに多大な人気があった。独特の目線の送り方やマイクパフォーマンスとなんと言ってもこの当時では珍しいウィンク。今風の格好や昭和を思わせない今風の歌唱法など、男の色気と独特の雰囲気で歌う姿が印象的だった。

1960年代前半ごろより各社の映画作品への出演が増え、現代劇作品の主役も演じていて有名俳優から高い評価を得ている。時代劇作品の準主役級の役を器用にこなし、多くの人気俳優と共演。作品「皆殺しの歌、拳銃よさらば」で主役を演じた時、名優仲代達矢に「この主役の演技ができるのは水原弘だけだ。」と褒められたというエピソードが残っている。

この頃から取り巻きを引き連れて夜の街を豪遊し、「業界屈指の酒豪」と呼ばれるようになった。「水代わりにレミーマルタン」との逸話が残るほど、日常的な酒浸りや莫大な金額のギャンブルに加えて、所謂高利貸し闇金融からの多額の借金を抱え、不遇な時代を送る。またその後、デビュー直後から水原を支え長く婚約状態だった女性が居たが、結局結婚には至らず離別している。

1965年3月10日警視庁による「錦政会」(のちの稲川会の前身となった組織)に対する第一次頂上作戦が行われ、横浜市港北区綱島の温泉旅館「石水亭」が捜索を受ける。旅館経営者や賭博開帳関係者が逮捕される中、前年5月に行われた花札賭博に水原が関与、50万円を巻き上げられた事が発覚。事情聴取を受ける事態となる。この事で事実上の芸能界追放となり、ここから2年間は表舞台から遠ざかる一方で、借金返済に苦しめられる日々となる。

「君こそわが命」で“奇跡のカムバック”[編集]

1967年(昭和42年)、この当時マネージャーを務めた長良じゅんの奔走などにより、2月、佳川ヨコとの競作で「君こそわが命」(作詞:川内康範・作曲:猪俣公章)をリリース。その歌唱力と売り上げで佳川を圧倒し大ヒット。“奇跡のカムバック”と称され、第9回日本レコード大賞歌唱賞を受賞。第18回NHK紅白歌合戦へ5年ぶり・4回目の出場を果たす。その後も活躍は続けていたものの、相変わらず酒に溺れる日々は続いた為、病気がちとなっていった。

アース製薬 由美かおる&水原弘(兵庫県篠山市)

1970年(昭和45年)、アース製薬のエアゾール式殺虫剤『ハイアース』のテレビCMに由美かおるとともに出演。水原を起用した同商品のホーロー看板も造られ、全国津々浦々に設置された。カムバックから3年が経過したこの時期、再び放蕩三昧の生活に舞い戻る。膨れ上がる借金で取立人に追われながら、クラブキャバレーの地方営業や様々な仕事を昼夜を問わず、休む間もなくこなさざるを得なくなった。このCM出演も、その最中で起用されたものであった。

1973年(昭和48年)、第24回NHK紅白歌合戦に通算10回目の出場を果たす。1971年第22回同様「トリ前」を務め、代表曲「君こそわが命」(紅白では通算3回目)を歌唱したが、これが水原自身生涯最後の紅白出演となった。

闘病・42歳で死去[編集]

1977年(昭和52年)1月12日、巡業先の金沢市で体調不良を訴え緊急入院。すでにアルコール依存症からくる影響で肝臓は正常に機能しなくなっており、黄疸腹水の症状も起こしていた。新宿朝日生命成人病研究所附属病院に2月末まで入院加療し、一旦退院するが同年6月末まで自宅静養に専念する。

同年7月から仕事に一時復帰したものの、アルコール性の急性肝炎から慢性肝炎に移行、肝硬変を発症しており、度々極度の貧血などの症状で倒れるなど、もはや極めて深刻な状況を迎えていた。しかし、かつて1億数千万とも言われた莫大な借金返済のため、水原は満身創痍で「馬車馬のように」全国を営業し続け、酒も手放すことはなかった。この最晩年期、服用していた薬の副作用で顔に吹き出物が目立つようになり、それを隠すように口髭をたくわえ始めていた。

1978年(昭和53年)6月24日未明、北九州市小倉北区の宿泊先「ホテルニュー田川(現・ホテルニュータガワ)」の客室トイレで大量に吐血し、瀕死の状態だった処をホテルで食事をとっていて遅れたマネージャー美山淳に発見され、同市戸畑区健和総合病院に救急搬送。既に血液の1/3が失われ、意識不明の重体だった。その後一時は意識が回復し、マネージャーに「馬鹿野郎、俺は死なねーよ」と小康状態を見せるが、内臓のあちこちから出血がみられ、実質的には手がつけられない状況だった。

それでも彼は歌への道を諦めず、再度復活を目指していた。だがその願いは届かず、吐血から11日後の同年7月5日未明に同院で、肝硬変の重症化による食道静脈瘤破裂のため、42歳という短い生涯を閉じた。残った借金は当時の額で9000万円とも言われる。

1999年(平成11年)、「大衆音楽の殿堂」(財団法人古賀政男音楽文化振興財団運営)顕彰歌手に選ばれた。

主要シングル作品[編集]

「 」内は作品タイトルで、発売順時系列で列挙。次に、発売年月日。オリコン発足後についてはシングル週間チャート最高位(100位圏内)をその右側に付記。

  • 「黒い花びら / 青春を賭けろ」1959年7月 - デビュー・シングル(東芝レコードから)。東芝レコード邦楽第1号作品。A面は第1回日本レコード大賞受賞(この年は新人にして大賞を受賞した(唯一)ため、新人賞は設けられなかった)。永六輔&中村八大(六・八)コンビによる第1号作品。三連符のロッカバラードがオリジナルの歌謡曲として聴かれる歌になって登場したのもこれが最初。“黒い”シリーズ第一弾シングル。映画(東宝系)「青春を賭けろ」挿入歌(主演:夏木陽介、表記は主題歌)。B面は映画(東宝)「青春を賭けろ」主題歌(主演:夏木陽介)。 
  • 黒い落葉 / 黄昏のビギン」1959年10月 - A面は“黒い”シリーズ第2弾シングル(作詞:永六輔、作曲:中村八大)。B面は永六輔&中村八大の作詞、中村八大の作曲・編曲。黒い落葉は黒いシリーズの第2作。
  • 「別離 / 黒い貝殻」1960年 - A面は映画(東宝)「別離の歌」主題歌(水原主演、共演は高島忠夫水野久美)。B面は“黒い”シリーズ第3弾で同映画挿入歌。
  • 「暗い慕情 / この青さ、この若さ」1960年 - A面は水原主演の映画(東宝)「みな殺しの歌より 拳銃よさらば!」主題歌。作詞は原作者の大藪春彦。B面は映画(東宝)「高原に鐘は鳴る」主題歌。
  • 「さすらいの唄 / 恋のカクテル」1960年 - B面は映画(東宝)「黒い花びら」主題歌。
  • 「星の下の瞳 / 夜の渚」1960年10月
  • ホワイト・クリスマス」1960年11月 B面 - 永六輔が訳詞した珍しいヴァージョン。A面の森山加代子「ジングル・ベル」とのカップリング。
  • 「ブルー・クリスマス」1960年11月 - エルヴィス・プレスリーの名唱で知られるバラード・ナンバー。水原弘本人が訳詞を手がけている。B面の森山加代子「飛んで来たサンタクロース」とのカップリング。
  • 「裏町人生/人生航海 歌 津川洋一」1961年3月
  • 「禁じられた恋のボレロ / 涙が燃える」1961年4月 - A面はフィルム・シンフォニック・オーケストラ、ファルーのカヴァー。アルジェリア動乱に咲いた恋をテーマにした。牧村旬子他との競作になったが、水原弘が圧勝した。
  • 「ある慕情/哀愁のテーマ」1961年9月
  • 「男一匹旅がらす/黒い三度笠」大映映画「黒い三度笠」どちらも主題歌1961年10月
  • 「俺も独りさ/いいなづけ」1961年11月
  • 「白い花が咲く頃/ヤツ」1961年12月
  • 「月曜日の男 / 夜のサキソフォン」1962年1月 - TV映画(TBS系)「月曜日の男」主題歌(主演:待田京介)。水原弘のジャズを存分に楽しめる名曲。甘い低音と独特の歌唱法でジャズファンを魅力する曲。
  • 「心/お前だけが」1962年3月 ラテン調。
  • 「哀愁/月影のハーモニカ」1962年5月
  • 「恋の約束/一人ぼっちの夜」1962年9月
  • 「忘れ得ぬ慕情/夜霧に泣くブルース」1962年12月
  • 「いとしのロンリーハート/悲恋の掟」1963年2月B面はイタリア歌謡を取り入れた作品。
  • 「素晴らしい人生/野良犬の歌」1963年3月 明るい歌謡曲。明るさと迫力ある歌唱法で歌いあげている。彼のコンサートでもオープニングやエンディングにもなった。A面は中村八大が作曲。
  • 「黒い旅鴉/水にうつりし月」1963年5月B面は隠された名曲。
  • 「夜の哀愁/風に歌おう」1963年7月A面は中村八大が作曲。
  • 「男なら/俺とお前が」1963年10月
  • 「夜霧のブルース/上海ブルース」1964年3月
  • 「恋と云うものは/あきらめて 歌 島リエ」1964年4月
  • 「波止場ブルース/雨のデイト」1965年5月
  • 「或る雨の午後/素浪人ぶし」1964年6月
  • 「ど根性一代 / 男の人生」1964年10月 - 東芝レコード・ステレオ録音第1号作品。A面は水弘 / 勝新太郎(台詞)。1963年公開、勝主演の大映映画「ど根性一代」をモチーフにしている。 
  • 「枯あし船頭唄/怒涛一代」1965年2月 
  • 「銀座川/裏町ぐらし」1965年6月 
  • 「ぐちも涙も忘れよう/波止場無宿」1965年8月 
  • 「あきらめ節/涙に弱い俺なんだ」1965年11月NET「悪の紋章」主題歌 
  • 「人情小唄/浮雲の唄」1966年3月 
  • 「幸せはここに/夜霧の別れ」1966年5月 
  • 「おんなの子守唄/恋ぐろう」1966年9月 
  • 君こそわが命 / 沈黙のブルース」1967年1月 - A面B面ともに、川内康範の作詞、猪俣公章の作曲・編曲。第9回日本レコード大賞歌唱賞受賞。
  • 「君を愛して/燃える」1967年5月B面が(朝日放送「愛の装飾」主題歌)
  • 「愛の渚 / スイッチョ小唄」1967年11月5日 31位 - ※A面は浜口庫之助の作詞・作曲。いわゆる“ひとりG.S.”的なアレンジ。今までの歌とまた少し違った水原弘の世界が楽しめる一曲。 B面は中国歌謡を取り入れた。
  • 「好きと云ってよ / おしえてほしい」1967年12月25日 79位 女性の気持ちを歌いあげた名曲。大人のファンに人気の曲。ブラジルのボサノバを取り入れた曲。
  • 「愛の芽ばえ / 七月の子守唄」1968年4月10日 100位
  • 「可愛い奴/哀しい恋」1968年7月
  • 「慟哭のブルース / 恋情」1968年9月21日 91位 - A面は週刊女性連載 川内康範原作「慟哭」より。
  • 「こころ泣き / さよならは言えない」1969年3月5日 76位 B面は作詞なかにし礼A面は韓国歌謡調を取り入れた曲。
  • 「忍びのテーマ / 白いつばめ(歌:デューク・エイセス)」1969年 圏外 - TVアニメーションフジテレビ系)「忍風カムイ外伝」主題歌。
  • 「恋のかげろう / 恋に切なく」1969年7月1日 61位 隠された名曲として有名。
  • 「女の爪あと / 流れ花」1969年10月1日 93位 哀愁漂う歌唱法でファンを魅了した一曲。
  • 「流れびとの詩/丹下佐善の唄」1970年4月
  • 「へんな女 / 泣くときゃひとり」1970年9月5日 41位 - A面はこの年2月に発売され大ヒットした左卜全の「老人と子供のポルカ」の路線に近いテイストの、浜口庫之助の作詞・作曲によるシニカルなナンセンス・ソング。歌詞の中に、“へんな唄歌う、へんな男・水原弘”が登場する(コーラスの子供たちが、歌の合間に水原の名前を呼ぶ)。水原の楽曲中、最も異色な1曲である。
  • 「からだの中を風が吹く/可愛い女」1971年1月
  • 「愛々ブルース/明日は何処かへ」1971年3月A面もB面も川内康範作詞。
  • 「風来坊仁義/流転」1971年6月(古賀賞受賞作品)
  • 「こんど生れてくる時は / あゝこの恋は」1971年 圏外 紅白にも出場した曲。この歌の最後に「君たちどっちにする?、どっちだい?」と言う台詞があり、つぎに生まれるなら男性か?女性か?子供らに訊くという面白い一曲。水原弘のコミックソングの世界を存分に楽しめる一曲。A面もB面も作詞・作曲浜口庫之助
  • 「隠密大作戦/かなしみの詩」1971年11月A面がNET「弥次喜多おんみつ道中」主題歌
  • 「二度目の恋/いつ咲く恋の花」1971年12月
  • 「お嫁に行くんだね / マリアの愛」1972年3月5日 81位 - A面はTV(NHK)「あなたのメロディー」入選作品。B面は第1回東京音楽祭国内大会(1972年5月13日)入賞。水原弘本人の明るい歌唱法が楽しめる一曲。
  • 「永遠の愛/遅すぎた恋」1972年8月
  • 「雪国 / こころのブルース」1973年2月5日 82位 - A面は川端康成「雪国」をモチーフにしている。
  • 「自由の旗の下に/こころに太陽を抱きながら」1973年6月B面は川内康範が作詞。
  • 「祭りの夜は恋の夜/青空」1973年9月A面もB面も作詞・作曲浜口庫之助
  • 「港はまだ遠い / かもめの宿」1974年5月 圏外 - 最後のシングル。A面もB面も作曲浜圭介

映画出演[編集]

  • 青春を賭けろ(1959年、東宝
  • 檻の中の野郎たち(1959年、東宝)
  • 「黒い落葉」より 青春を吹き鳴らせ(1959年、日活
  • 黒い花びら(1960年、東宝)
  • 嵐を呼ぶ楽団(1960年、東宝)
  • 別離の歌(1960年、東宝)
  • みな殺しの歌より 拳銃よさらば!(1960年、東宝)
  • 銀座の恋人たち(1961年、東宝)
  • 飛び出した女大名(1961年、大映
  • ドドンパ酔虎伝(1961年、大映)
  • 黒い三度傘(1961年、大映)
  • メキシコ無宿(1962年、日活
  • べらんめぇ芸者と大阪娘(1962年、東映
  • 若者たちの夜と昼(1962年、東映)
  • クレージーの花嫁と七人の仲間(1962年、松竹
  • かっこいい若者たち(1962年、大映)
  • 夢で逢いましょ(1962年、東宝)
  • ひばり・チエミのおしどり千両傘(1963年、東映)
  • 夜霧の上州路(1963年、東映)
  • この首一万石(1963年、東映)
  • 悪名波止場(1963年、大映)
  • 駿河遊侠伝 敗れ鉄火(1964年、大映)
  • 駿河遊侠伝 度胸がらす(1965年、大映)
  • 男の挑戦(1968年、松竹
  • 霧にむせぶ夜(1968年、松竹)
  • 関東流れ者(1971年、日活)

テレビドラマ出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1959年(昭和34年)/第10回 黒い花びら 11/25 水谷良重
1960年(昭和35年)/第11回 2 恋のカクテル 10/27 水谷良重(2)
1961年(昭和36年)/第12回 3 禁じられた恋のボレロ 11/25 松尾和子
1967年(昭和42年)/第18回 4 君こそわが命 02/23 園まり
1968年(昭和43年)/第19回 5 愛の渚 09/23 西田佐知子
1969年(昭和44年)/第20回 6 君こそわが命(2回目) 16/23 梓みちよ
1970年(昭和45年)/第21回 7 へんな女 02/24 和田アキ子
1971年(昭和46年)/第22回 8 こんど生まれて来る時は 24/25 水前寺清子 トリ前
1972年(昭和47年)/第23回 9 お嫁に行くんだね 17/23 平田隆夫とセルスターズ
1973年(昭和48年)/第24回 10 君こそわが命(3回目) 21/22 都はるみ トリ前(2)

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

秘話[編集]

1973年(昭和48年)の年明け頃から、暴力団追放運動が盛んになり、美空ひばりが実弟の不祥事発覚や、デビュー以来の山口組及び三代目組長・田岡一雄との公私にわたる長年の親密な関わりが問題視されたことをきっかけに、全国の公会堂や市民会館での公演をボイコットされていた時、水原は演劇プロデューサーの黒田耕司から名古屋御園座での4月公演「美空ひばり特別公演」の芝居「かすりの女」[2]への出演を依頼された。「歌手でありながら自分は歌わず、芝居でのひばりの相手役だけの出演」という依頼であったにも関わらず、水原は「お嬢(美空ひばり)が困っているんだ。本当の友ならこういう時に助けてあげるのが筋だろう」と、これを快諾。水原の男気にはひばり本人を始め、舞台関係者も感激したという[3]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その後第12回まで連続出場したが、第13回以降第17回まで落選となる。
  2. ^ 映画監督による舞台演出の記録 沢島忠/沢島正継/澤島忠”. 資料庫. 2013年11月4日閲覧。
  3. ^ 『美空ひばり 花のいのち』 黒田耕司著 小学館(1990年)
  4. ^ 『不滅のヒーロー 仮面ライダー伝説』 岡謙二 1999年 ソニーマガジンズ p120。

外部リンク[編集]

※一部に戦前の同名異人俳優の出演作品が記載されている。