藤田まさと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤田 まさと(ふじたまさと、1908年5月12日 - 1982年8月16日)は、静岡県榛原郡川崎町(現・牧之原市)出身の作詞家
本名・藤田正人

経歴[編集]

1908年(明治41年)川崎町細江に生まれる。1918年(大正7年)旧満州の辽宁(りゃおにん)省大連に渡り、1926年(大正15年)大連商業学校卒。大連商時代には、野球で甲子園に出場している。内地に戻り、明治大学に入学したが、1928年(昭和3年)、3年生で大学を中退し、日本ポリドール蓄音機株式会社に入社する。制作部長、文芸部長を歴任しながら作詞活動も行い、1935年(昭和10年)、「旅笠道中」、「明治一代女」の大ヒットで一躍人気作詞家となった。戦後も「岸壁の母」などのヒットがある。1979年(昭和54年)には、自身もレコードを出し歌手としてデビューしている。晩年には、「浪花節だよ人生は」のヒット曲がある。

1969年(昭和44年)、紫綬褒章受章。 1970年(昭和45年)、日本作詩大賞受賞。 1973年(昭和48年)第15回日本レコード大賞、1978年(昭和53年)第20回日本レコード大賞特別賞受賞。 1978年(昭和53年)、勲三等瑞宝章受章。

1982年(昭和57年)8月16日死去。享年74。

代表曲[編集]

  • 『街の流れ鳥』(昭和8年8月)[山田栄一作曲、歌:渡辺光子
  • 『下田しぐれ』(昭和10年2月)[森義八郎作曲、歌:東海林太郎
  • 『旅笠道中』(昭和10年4月)[大村能章作曲、歌:東海林太郎]
  • 『丹下左膳の唄』(昭和10年7月)[阿部武雄作曲、歌:東海林太郎]
  • 『お伝地獄の唄』(昭和10年8月)[大村能章作曲、歌:新橋喜代三
  • 『博多小女郎波枕』(昭和10年9月)[大村能章作曲、歌:東海林太郎]
  • 『お駒恋姿』(昭和10年10月)[大村能章作曲、歌:東海林太郎]
  • 『明治一代女』(昭和10年11月)[大村能章作曲、歌:新橋喜代三]
  • 『国定忠治の歌』(昭和11年2月)[大村能章作曲、歌:東海林太郎]
  • 『妻恋道中』(昭和12年4月)[阿部武雄作曲、歌:上原敏
  • 『流転』(昭和12年7月)[阿部武雄作曲、歌:上原敏]
  • 『鴛鴦道中』(昭和13年1月)[阿部武雄作曲、歌:上原敏、青葉笙子
  • 『関の弥太っぺ』(昭和13年6月)[阿部武雄作曲、歌:高田浩吉
  • 麦と兵隊』(昭和13年12月)[大村能章作曲、歌:東海林太郎]
  • 『潮来夜船』(昭和14年9月)[倉若晴生作曲、歌:北廉太郎
  • 『大利根月夜』(昭和14年11月)[長津義司作曲、歌:田端義夫
  • 『軍国舞扇』(昭和16年10月)[陸奥明作曲、歌:東海林太郎、台詞森赫子
  • 岸壁の母』(昭和29年10月)[平川浪竜作曲、歌:菊池章子(1972年、二葉百合子によって再ヒット)]
  • 『旅笠道中』(昭和33年5月)[春川一夫作曲、歌:三波春夫
  • 『一本刀土俵入り』(昭和35年2月)[春川一夫作曲、歌:三波春夫]
  • 『桃中軒雲右衛門』(昭和35年4月)[長津義司作曲、歌:三波春夫]
  • 『まつの木小唄』(昭和40年2月)[夢虹二作詞共作、不詳作曲、歌:二宮ゆき子
この作品は競作。他の吹き込み歌手は三島敏夫小桜姉妹 & 西田八郎朝丘雪路など(いずれも歌詞は異なる)だが、レコード売上は二宮盤がミリオンセラーを記録して圧勝した[1]
  • 『信玄おどり』(昭和41年4月)[長津義司作曲、歌:三波春夫]
  • 『ご存知右門ここに居る』(昭和44年10月) [春川一夫作曲、歌:三波春夫]
テレビドラマ『右門捕物帖』(NTV系)主題歌。
最初は1976年(昭和51年)に小野由紀子の歌唱によりシングルのB面曲として発表されたもの。昭和59年に広く知られるようになった。この作品は競作。他の吹き込み歌手は細川たかし祐子と弥生水前寺清子など。

脚注[編集]

  1. ^ 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、119頁。ISBN 4390116495