阿部武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 武雄(あべ たけお、1902年明治35年)1月4日 - 1968年昭和43年)2月5日)は、日本作曲家

経歴[編集]

山形県鶴岡市湯野浜に旅役者の息子として誕生。

苦学の末、東洋音楽学校に入学。卒業後、神戸オリエントホテルのバンドマンとして就職。10年程、楽士として各地を転々とする。

1933年(昭和8年)、作詞家藤田まさとの紹介でポリドールに入社し、専属作曲家となる。1934年(昭和9年)、東海林太郎の歌う「国境の町」、1935年(昭和10年)「むらさき小唄」が大ヒット。上原敏の大ヒット曲「流転」、「裏町人生」、「鴛鴦道中」なども手がける。その後も、ポリドールの黄金期を支える作曲家として活躍。

1968年(昭和43年)2月5日死去。享年66。故郷の鶴岡市には阿部武雄顕彰碑がある。2012年(平成24年)、『流浪の作曲家 阿部武雄』(菊池清麿・著)が地元の老舗出版社東北出版企画より上梓された。

代表曲[編集]

  • 『国境の町』(昭和9年12月)[大木惇夫作詞、歌:東海林太郎
  • 『母を捧ぐる歌』(昭和10年2月)[サトウハチロー作詞、歌:東海林太郎]
  • 『むらさき小唄』(昭和10年5月)[佐藤惣之助作詞、歌:東海林太郎]
  • 『丹下左善の唄』(昭和10年7月)[藤田まさと作詞、歌:東海林太郎]
  • 『お柳恋しや』(昭和11年1月)[佐藤惣之助作詞、歌:東海林太郎]
  • 『江戸前みやげ子守歌』(昭和11年3月)[時雨音羽作詞、歌:高田浩吉
  • 『吉さま人形』(昭和11年5月)[土方喬作詞、歌:東海林太郎]
  • 『妻恋道中』(昭和12年4月)[藤田まさと作詞、歌:上原敏
  • 『蛇の目のかげで』(昭和12年5月)[並木せんざ作詞、歌:日本橋きみ栄
  • 流転』(昭和12年7月)[藤田まさと作詞、歌:上原敏]
  • 裏町人生』(昭和12年8月)[島田磐也作詞、歌:上原敏、結城道子
  • 鴛鴦道中』(昭和13年1月)[藤田まさと作詞、歌:上原敏、青葉笙子
  • 『徳利の別れ』(昭和13年5月)[野村俊夫作詞、歌:上原敏]
  • 『関の弥太っぺ』(昭和13年6月)[藤田まさと作詞、歌:高田浩吉]