柏原芳恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かしわばら よしえ
柏原 芳恵
本名 柏原 芳恵かしはら よしえ
別名義 柏原 よしえ
生年月日 (1965-10-01) 1965年10月1日(57歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
身長 157cm
血液型 A型
職業 歌手
ジャンル アイドル歌謡曲
活動期間 1980年 - 現在
活動内容 音楽活動 ほか
配偶者 未婚
テンプレートを表示

柏原 芳恵(かしわばら よしえ、1965年昭和40年)10月1日 - )は、日本女性歌手女優タレント。Office YOSHIE所属。主な代表曲には、「ハロー・グッバイ」「春なのに」「最愛」などがある[注 1]

経歴[編集]

エピソード[編集]

家族[編集]

会社員の父と専業主婦の母、兄、母方の祖父の5人家族で、一軒家で育つ。幼い頃から、両親に目上の人に対する言葉遣いや挨拶を徹底して教えられた。一家の中で一番年下だった本人は、家族にも敬語で会話していた[注 2]。少女時代はピアノ、書道、そろばんの教室に通っていた[2]。芸能界入り後の時間に余裕ができてから、両親とよく国内外問わず旅行に行くようになった[1]

「スター誕生!」[編集]

小学6年生の頃に数人の友達と一緒に、人気オーディション番組「スター誕生!」に応募[1]。この年は音沙汰はなかったが、中学2年生の頃になって「大阪読売テレビのスタジオで1次審査があります」との案内が届く[注 3]。母に相談すると、「どうせ落ちるんやから、行ってきたら?」と言われ、軽い気持ちで参加する[1]

デビュー前からスタ誕出身の先輩である岩崎宏美の曲が好きで、「スタ誕」の予選で柏原自身が選んだ曲は岩崎の「あざやかな場面」であった[1]。しかし、予選会のピアノ伴奏者・横森良造から「決戦大会で君が合格するには、この歌は難しすぎるよ」と言われた[1]。横森から代わりに清水由貴子の「お元気ですか」を薦められたため、決戦大会では同曲に変更して審査に臨んだ[1]

決戦大会での歌唱後、審査員の都倉俊一からは「掘り出したばかりの人参みたいだね」、阿久悠からは「何もないけど、大物かもしれない」と評された[1]。合格後は歌やダンスのレッスンを受けるため週一で東京まで通い、中学3年生になる直前の春休みに単身で本格的に上京した[1]

その他[編集]

  • 柏原と同じ1980年度デビューのアイドル歌手には、松田聖子田原俊彦岩崎良美河合奈保子などが居る[3][4]
  • 柏原は14歳(中学3年生時)でデビューしたこともあってか、芸能界入り間もない頃は異学年のアイドルと疎遠に成りがちだったという。それでも「(岩崎)良美ちゃんは私の話をよく聞いてくれたので非常に嬉しかった。また同じ大阪市出身の(河合)奈保子ちゃんも、デビュー当時から仲良しだった」と発言している[5]
  • 浩宮徳仁親王(現・天皇)は「柏原のファン」と発言し、1986年(昭和61年)10月19日に行われたリサイタル『おんな飛翔』を観賞[注 4]。会場で直接殿下を出迎えた時は緊張で頭が真っ白になったが、殿下から「本日はありがとう」と声をかけられた[1]。その際、柏原にローズピンクのバラ「プリンセスサヤコ」を一輪贈呈した[6]。柏原は返礼としてサイン入り写真集を贈った[7]。バラは後日、特殊な処理(プリザーブド加工)を施された上で真空状態のガラスケースに収められ、今(2022年)も大切に保管されている[1]
  • ビビアン・チョウ(周慧敏)が1993年9月発売のアルバム「最愛」(広東語版)と12月発売のアルバム「心事重重」(北京語版)に柏原の「最愛」を収録。広東語版の曲名は『最愛』、北京語版は『愛我所愛』。1985年にオーディションで同曲を歌唱しデビューのきっかけを作ったというビビアンにとって思い入れの深い曲である。2011年3月19日と20日に香港コロシアムで開かれたビビアンのデビュー25周年記念コンサートで彼女が憧れていたという柏原との共演を果たしている。
  • 1984年10月6日に趣味で描きためていた絵をまとめた、絵本『夢だいて』(白泉社)を上梓。
  • 現在の趣味は料理研究、粘土細工、映画鑑賞、カメラスキューバダイビング[8]
  • 高校時代の同級生である比企理恵は親友で、公私共に交流が続いており、柏原の主演ドラマ土曜ワイド劇場「瀬戸内海 深夜航路の女」(1990年5月12日)や「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(2017年12月15日)で共演を果たしている。
  • 歌手デビューが同期で、現・政治家の三原じゅん子とも、柏原の主演ドラマ土曜ワイド劇場「京都 天の橋立殺人事件」(1992年1月25日)や「ウィーケストリンク☆一人勝ちの法則」(2002年9月2日)などで共演を果たしている。
  • ドラマ「野々村病院物語II」や「ピンキーパンチ大逆転」で共演した山田邦子とは長きにわたる交流があり、柏原は山田が団長を務めるスター混声合唱団のメンバーにもなっている。また、山田がMCを務めた「山田邦子のしあわせにしてよ」に柏原は数度に及びゲスト出演している。テレビ東京系の友人同士で出掛ける旅番組「土曜スペシャル○○円以下の宿シリーズ」(2010年8月28日)では柏原は山田と二人旅をした。そして2018年4月26日放送の「昭和歌謡ベストテン」で柏原は山田と2人でやまだかつてないWinkの「さよならだけどさよならじゃない」を歌唱披露した。山田は自身のYouTubeチャンネル内でも「柏原芳恵ちゃんとは今でも仲良いです」と公言している。
  • 松山千春からは1983年9月に「タイニー・メモリー」(後に松山自身もセルフカバー)を書き下ろしで提供してもらっている。なお松山が女性歌手へ曲を書き下ろしたのは、1977年8月のピコ「あなたと私のレッセッセ」、1980年2月の伊東ゆかり「もう1度」以来である。1983年11月23日に発売されたアルバム「TINY MEMORY」で、柏原は全10曲松山の唄をカバーしている。
  • 宮本浩次 (エレファントカシマシ)は2021年11月13日に発売したアルバム「縦横無尽」で「春なのに」をカバーしている。
  • デビュー曲「No.1」のレコードジャケットの写真はノーメイクで、篠山紀信に撮影してもらった[1]
  • デビューから数年間は寝る暇もないくらい忙しく、19歳で初めて休暇をもらった時は休日の過ごし方が分からず、マネージャーに「お休みの日ってみんな何してるの?」と聞いたほどだった[1]
  • グラビア活動をしていたバブル期には、1年間でパスポートがスタンプでいっぱいになるほど数々の国に訪れた[1]
  • 1985年に香港でコンサートを開催しており、現在(2022年)も香港へ行くと、ファンたちから「フォンワイ(芳恵)」と声をかけられている[1]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 オリコン
最高順位
規格品番
柏原よしえ 名義
フィリップス・レコード
1st 1980年
6月1日
A面 No.1 阿久悠 都倉俊一 76位 FS-2181
B面 何でもない何でもない
2nd 1980年
9月5日
A面 毎日がバレンタイン 阿久悠 川口真 木森敏之 64位 7PL-1
B面 100%のかなしみ 網倉一也 飛沢宏元
3rd 1980年
10月25日
A面 㐧二章・くちづけ[注 5] 阿久悠 大野克夫 後藤次利 49位 7PL-14
B面 レディ直前 網倉一也 飛沢宏元
4th 1981年
2月25日
A面 乙女心何色? 近田春夫 後藤次利 55位 7PL-22
B面 チャンスは急に
5th 1981年
5月25日
A面 ガラスの夏 松田侑利子 網倉一也 若草恵 21位 7PL-31
B面 フィフティーン・ラブ
6th 1981年
9月5日
A面 めらんこりい白書 阿久悠 大野克夫 船山基紀 23位 7PL-44
B面 抱きしめる、という感じ
7th 1981年
10月15日
A面 ハロー・グッバイ[注 6] 喜多條忠 小泉まさみ 竜崎孝路 6位 7PL-57
B面 恋はマシュマロ 岡田冨美子 すぎやまこういち 若草恵
8th 1982年
2月5日
A面 恋人たちのキャフェテラス 三浦徳子 小泉まさみ 船山基紀 9位 7PL-67
B面 ロンリー・バースデイ 喜多條忠
9th 1982年
4月21日
A面 渚のシンデレラ 藤原いくろう 竜崎孝路 7位 7PL-100
B面 ロマンチックにI love you 三浦徳子 小泉まさみ 後藤次利
10th 1982年
7月21日
A面 あの場所から[注 7] 山上路夫 筒美京平 高田弘 9位 7PL-88
B面 あした…恋 大津あきら 大村雅朗
柏原芳恵 名義
フィリップス・レコード
11th 1982年
10月1日
A面 花梨 谷村新司 青木望 10位 7PL-96
B面 スノーバード
12th 1983年
1月11日
A面 春なのに 中島みゆき 服部克久
J.サレッス
6位 7PL-105
B面 渚便り
13th 1983年
4月13日
A面 ちょっとなら媚薬 阿木燿子 宇崎竜童 萩田光雄 10位 7PL-118
B面 Blue Honeymoon
14th 1983年
6月29日
A面 夏模様 微美杏里 松尾一彦 萩田光雄 8位 7PL-125
B面 坂道 山口薫
15th 1983年
9月21日
A面 タイニー・メモリー 松山千春 石川鷹彦 6位 7PL-134
B面 初恋
16th 1983年
12月1日
A面 カム・フラージュ 中島みゆき 萩田光雄 6位 7PL-144
B面
17th 1984年
2月29日
A面 ト・レ・モ・ロ 松本隆 筒美京平 船山基紀 8位 7PL-150
B面 海岸線
18th 1984年
5月30日
A面 悪戯いたずらNIGHT DOLL 銀色夏生 筒美京平 船山基紀 10位 7PL-158
B面 渚で瞳にアイ ラブ ユウ 戸塚修
19th 1984年
9月5日
A面 最愛 中島みゆき 倉田信雄 8位 7PL-166
B面 やさしい女 飛沢宏元
20th 1985年
1月9日
A面 ロンリー・カナリア 中島みゆき 梅垣達志 9位 7PL-181
B面 乳白色のプリズム 島武実 宇崎竜童 馬飼野康二
21st 1985年
4月3日
A面 待ちくたびれてヨコハマ 荒木とよひさ 三木たかし 若草恵 9位 7PL-189
B面 時間を下さい
22nd 1985年
7月3日
A面 太陽は知っている 松井五郎 松尾一彦 渡辺博也 10位 7PL-199
B面 Gmのバラード[注 8] 原田哲郎 三木たかし 戸塚修
23rd 1985年
9月11日
10月5日
(別ジャケット)
A面 し・の・び・愛 高見沢俊彦 船山基紀 9位 7PL-205
B面 ハリウッド・ロマンス
24th 1986年
1月1日
A面 春ごころ 五輪真弓 萩田光雄 10位 7PL-216
B面 二杯目からのはじまり
25th 1986年
5月11日
A面 花嫁になる朝 茜まさお 平尾昌晃 竜崎孝路 18位 7PL-225
B面 古都の恋めぐり
26th 1986年
7月30日
A面 女ともだち 川村真澄 筒美京平 船山基紀 14位 7PL-230
B面 イチヂクは木の下で
27th 1987年
1月1日
A面 途中下車 佐藤順英 花岡優平 奥慶一 46位 7PL-238
B面 かすみ草 メアリィ中村 深沢桂子 石川鷹彦
東芝EMI
28th 1987年
5月1日
A面 A・r・i・e・s 阿久悠 林哲司 船山基紀 13位 WTP-17960
B面 私のすべて
29th 1987年
10月26日
A面 冬の孔雀 阿久悠 三木たかし 若草恵 67位 RT07-2013
B面 他人
30th 1988年
5月11日
A面 黄昏のダイアリー 荒木とよひさ 堀内孝雄 萩田光雄 79位 RT07-2084
B面 青春譜
31st 1988年
12月4日
A面 愛しただけよ 浜口庫之助 竜崎孝路 139位 RT07-2228
B面 ゆめいろクラブ 中山大三郎 浜口庫之助 鷺巣詩郎
32nd 1989年
2月22日
A面 化石の森 荒木とよひさ 筒美京平 武部聡志 27位 RT07-2316
B面 4月の手紙 三浦徳子 松田良 戸塚修
33rd 1989年
12月6日
01 あなたならどうする なかにし礼 筒美京平 戸塚修 184位 TODT-2453
02 愛しただけよ 浜口庫之助 竜崎孝路
フリーボード
34th 2006年
5月24日
01 MaMa 芳恵 仁美 173位 FBCM-47
02 みえない翼
35th 2008年
1月9日
01 くちづけに願いを 芳恵 萩仁美 - FBCM-66
02 桜の木の下で 樫原伸彦
36th 2020年
6月1日
01 KU・ZU 〜ワタシの彼〜 芳恵 国安修二 佐々木章 172位 FBCM-241
02 A・RU・KU
〜愛してる人にちゃんと愛を伝えてますか?〜

企画シングル[編集]

発売日 タイトル c/w オリコン最高位 公称売上
フィリップス・レコード
柏原よしえ 名義
1st 1982年7月10日 しあわせ音頭 恋人よ帰れ 70位 5万枚[9]
2nd 1982年11月5日 よしえのクリスマス - 88位 5万枚[10]

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル オリコン最高位 公称売上
フィリップス・レコード
柏原よしえ 名義
1st 1980年12月10日 How To Love LP48位 5万枚[11]
2nd 1981年8月13日 Lovely Songs LP25位 8万枚[11]
3rd 1981年12月15日 ハロー・グッバイ LP22位 22万枚[11]
4th 1982年6月8日 サマー・センセイション LP15位 15万枚[11]
フィリップス・レコード
柏原芳恵 名義
5th 1982年11月25日 セブンティーン LP17位 16万枚[11]
6th 1983年2月10日 春なのに LP4位 32万枚[11]
7th 1983年7月30日 夢模様 LP16位 15万枚[11]
8th 1983年11月23日 TINY MEMORY LP20位
9th 1984年4月25日 LUSTER LP22位
10th 1984年10月25日 最愛 LP18位
11th 1985年6月1日 待ちくたびれてヨコハマ LP33位
12th 1985年10月5日 し・の・び・愛 LP17位
13th 1986年7月7日 二十才のスーブニール LP55位
14th 1986年10月15日 ハイヒールを脱ぎすてた女 LP47位
東芝EMI / EASTWORLD
15th 1987年7月6日 A・r・i・e・s LP37位、カセット34位、CD67位
16th 1987年12月5日 愛愁 -
17th 1988年7月6日 Lover's Sunset -
18th 1989年5月10日 YES, I LOVE YOU 〜運命を超えて〜 -
フリーボード
19th 2005年6月22日 あなただけ・・・・ -

カバー・アルバム[編集]

発売日 タイトル オリコン最高位
フリーボード
1st 2007年1月11日 アンコール -
2nd 2010年5月26日 アンコール2 -
3rd 2016年4月27日 アンコール3 -

ライブ・アルバム[編集]

発売日 タイトル オリコン最高位
フィリップス・レコード
柏原よしえ 名義
1st 1981年5月5日 第一章・ふれあい/柏原よしえ オン・ステージ LP29位
2nd 1982年5月1日 よしえのLOVE LOVE CARNIVAL LP20位
フィリップス・レコード
柏原芳恵 名義
3rd 1986年11月25日 柏原芳恵リサイタル お・ん・な 飛翔 -

ベスト・アルバム[編集]

発売日 タイトル 備考 オリコン最高位
フィリップス・レコード
柏原よしえ 名義
1981年10月25日 柏原よしえベスト 初のベスト・アルバム。デビューシングルから6枚目のシングルまでのA・B面曲が全て収録されている。 LP32位
フィリップス・レコード
柏原芳恵 名義
1983年12月16日 ギャラリー カセット盤のみ「オー・シャンゼリゼ(未発表ライブ)」と「芳恵のハラハラ・ドキドキ・インタビュー」が収録されている。 LP29位
1984年12月16日 モニュメント 未発表曲「木旺日の秋」と「いったりきたりセレナーデ」が収録されている。 LP27位
1985年8月21日 芳恵コンプリート15 「ハロー・グッバイ」から「待ちくたびれてヨコハマ」までのシングルA面15曲が収録されている。CDのみ発売。
1985年12月21日 柏原芳恵 THE BEST デビューシングル「No.1」から「し・の・び・愛」までのシングルA面23曲が収録されている。LPは2枚組。
1986年2月5日 Merci! 7枚目のアルバム『夢模様』収録曲を中心に、シンガーソングライターからの提供曲が多数収録されている。 LP33位
1986年12月21日 柏原芳恵 ベスト・コレクション 「春なのに」から「女ともだち」までのシングル曲を中心に、B面曲やアルバム曲からも選曲された全16曲を収録したベスト盤。 -
1989年8月15日 THE BEST 柏原芳恵 -
1993年5月26日 NEW BEST 柏原芳恵 -
東芝EMI / EASTWORLD
1988年3月5日 ニュー・ベストナウ 柏原芳恵 -
1989年7月5日 TOMORROW〜柏原芳恵 BEST SELECTION 東芝EMIから発売された「A・r・i・e・s」から「化石の森」までの5枚のシングルA・B面曲に、大ヒット曲「ハロー・グッバイ」と「春なのに」を加えた12曲を収録したベスト・アルバム。 -
1989年8月23日 FALL IN LOVE 柏原芳恵 BEST SELECTION II -
キティMME
2001年12月19日 スーパー・バリュー 柏原芳恵 -
ユニバーサルミュージック
2003年11月26日 GOLDEN☆BEST 柏原芳恵 -
2005年6月29日 CD & DVD THE BEST YOSHIE セレクト BEST 20 公式ベスト・アルバム -
2006年1月18日 プライム・セレクション 柏原芳恵 -
2009年3月18日 ザ・プレミアム・ベスト 柏原芳恵 公認ベスト・アルバム -
EMIミュージック・ジャパン / EASTWORLD
2011年11月23日 ゴールデン☆ベスト 柏原芳恵 EMI YEARS -
フリーボード
2018年4月25日 芳恵 詩集 公式ベストミニアルバム -

CD-BOX[編集]

発売日 タイトル 備考 オリコン最高位
ユニバーサルミュージック
2004年3月10日 柏原芳恵 プレミアムBOX -
2005年6月29日 柏原芳恵25周年記念BOX 〜25TH ANNIVERSARY COMPLETE ALBUM -
2010年3月24日 30th Anniversary シングル・コレクション -
2010年7月21日 Live & Rarities CD+DVD BOX -

企画アルバム[編集]

発売日 タイトル 備考 オリコン最高位
ユニバーサルミュージック
2013年11月13日 ハロー・グッバイ+春なのに 3rdアルバム『ハロー・グッバイ』と6thアルバム『春なのに』が2枚組になっている。 -

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1980年 - 1981年 第二章・くちづけ 興和『コルゲントローチ』CMソング
1981年 めらんこりい白書 セカイチョー『パンサー』CMソング
1981年 - 1982年 ハロー・グッバイ 興和『コルゲントローチ』CMソング
1984年 プリンセス・ギャル フジテレビ月曜ドラマランドなんか妖かい!?』主題歌
1984年 悪戯NIGHT DOLL/エトランゼ フジテレビ月曜ドラマランド『なんか妖かい!?』挿入歌
1985年 春なのに 日本テレビ系『太陽にほえろ!』第639話挿入歌
1985年 太陽は知っている 松竹映画『俺ら東京さ行ぐだ』挿入歌
1986年 春ごころ 近畿郵政局キャッシュカード』CMソング
1986年 春ごころ テレビ朝日月曜ワイド劇場『美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギ』エンディングテーマ
1986年 女ともだち TBSテレビ金曜ドラマ女ともだち』主題歌[12]
1987年 A・r・i・e・s フジテレビ系ドラマ『アリエスの乙女たち』主題歌[13]
1988年 黄昏のダイアリー 東芝ネオボール』CMソング
1988年 - 1989年 化石の森 日本テレビ系『火曜サスペンス劇場』主題歌
1989年 あなたならどうする フジテレビ系ドラマ『LUCKY! 天使、都へ行く』挿入歌
1992年 DESTINATION テレビ朝日系土曜ワイド劇場『かえ玉結婚式殺人事件』エンディングテーマ
2005年 ハロー・グッバイ BS-TBS恋する日曜日(セカンドシリーズ)『ハロー・グッバイ』主題歌
2022年 A・RU・KU BS日テレ令和歌謡塾内CM『柏原芳恵Live2022 ~A・RU・KU 第二章~』

写真集[編集]

  • 近代映画増刊 柏原よしえ特集号 YOSHIE SPECIAL よしえの16歳これ一冊に(1981年12月、近代映画社)
  • 映画ファン臨時増刊 柏原よしえ写真集 '82新春 PART2(1981年12月31日、愛宕書房、撮影:野村誠一
  • 柏原よしえ写真集 PART3 (映画ファン臨時増刊)(1982年7月29日、愛宕書房、撮影:小杉博)
  • 柏原芳恵 デビュー3周年記念写真集 YOSHIE SUPER MAGAZINE (デラックス映画ファン特別編集)(1983年7月31日、愛宕書房、撮影:小杉博)
  • 柏原芳恵 眩しさの、17歳。(1983年9月、愛宕書房、撮影:河合肇)
  • 「柏原芳恵写真集 YOSHIE」別冊スコラ33(1986年10月、スコラ、撮影:横木安良夫
  • 柏原芳恵 デビュー10周年記念写真集(1989年8月1日、近代映画社、撮影:T.ENDO)
  • 柏原芳恵写真集 (BIG MAN SERIES)(1990年1月1日、ビックマン、撮影:大森雄作)
  • Sensation―柏原芳恵写真集(1990年8月1日、スコラ、撮影:大森雄作)
  • 柏原芳恵写真集 燃えてふたたび(1990年11月、大陸書房、撮影:大森雄作)
  • 風と遊んでいる。―柏原芳恵写真集 (BIC MAN SERIES) (1991年5月1日、ビックマン、撮影:大森雄作)
  • 危険な香り「眩惑のアフロディーテ」―柏原芳恵写真集(1991年5月1日、大陸書房、撮影:大森雄作)
  • 柏原芳恵写真集 恋愛遊戯(1991年11月7日、大陸書房、撮影:大森雄作)
  • Sacrifice―柏原芳恵写真集(1992年7月1日、大陸書房、撮影:佐藤健
  • 柏原芳恵写真集 時の愛撫 (1995年10月1日、竹書房、撮影:佐藤健)
  • Session―柏原芳恵写真集(1998年9月1日、バウハウス、撮影:佐藤健)
  • プレミアム:柏原芳恵写真集(1998年9月1日、つがる出版
  • 艶dless―柏原芳恵二十周年記念写真集(2000年1月1日、バウハウス、撮影:Keneke)
  • 柏原芳恵 写真集 「memory of fantasy」/熱写・西暦2000年突破記念(2000年、有楽町出版、撮影:山岸伸
  • Face(2002年4月1日、バウハウス、撮影:佐藤健)
  • 101% 柏原芳恵写真集(2003年9月22日、音楽専科社、撮影:柏原芳恵)
  • Zutto×2―柏原芳恵写真集(2005年7月1日、リイド社、撮影:芳恵)
  • 柏原芳恵写真集 Buono! (艶写文庫)(2012年11月26日、竹書房、撮影:佐藤健)
  • YOSHIE MODE(2017年7月21日、徳間書店、撮影:佐藤健)ISBN 978-4198644406

映像作品[編集]

イメージビデオ[編集]

発売日 タイトル 発売元
1st 1983年6月 眩しさの、17歳。 Part1 愛宕書房
2nd 眩しさの、17歳。 Part2
3rd 1989年7月12日 YOSHIE KASHIWABARA in LA ART TENDER
4th 1989年7月21日 乳白の街 SEXA VISION
5th 1990年 スキャンダルは美しい パワースポーツ企画販売
6th 1990年9月5日 柏原芳恵 in ギリシャ ヴィーナスの衝撃 FIVE STAR
7th 1990年11月17日 背徳のマドンナ 大陸書房
8th 1991年6月22日 幻惑の女神
9th 1991年7月21日 今度は全部見せちゃった ヴェスコインターナショナル
10th 1992年 艶dless 英知出版
11th 1993年1月8日 引き裂かれたDカップ 笠倉出版社
12th 1993年6月18日 デジャヴ 大陸書房
13th 1994年6月3日 胸いっぱいの誘惑 マクザム
14th 2002年12月18日 Face バウハウス

ライブ[編集]

発売日 タイトル
日本フォノグラム
1st 1983年7月 シャワー
東宝
2nd 1987年2月21日 デビュー7周年記念 柏原芳恵リサイタル -お・ん・な 飛翔-
ユニバーサルミュージック
3rd 2004年6月23日 Yoshie Memorial
4th 2022年11月2日 柏原芳恵 NHK プレミアムコレクション(3枚組)[DVD]

PV集[編集]

発売日 タイトル
日本フォノグラム
1st 1985年1月 ロンリー・カナリア
2nd 1986年10月 しなやかな夜をはさんだビスケット

出演[編集]

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

  • 新春ワイド時代劇テレビ東京
  • ザ・サスペンスTBSテレビ
    • 遠きに目ありて -未亡人殺人事件-(1982年5月8日) - 真名部警部の妹 役
  • テレビ東京開局20年記念特別企画 走れ青春42.195キロ 涙と汗のマラソン野郎(1984年4月11日、テレビ東京)
  • 月曜ドラマランドフジテレビ
  • 日立テレビシティ(TBSテレビ)
    • 昭和ラプソディ(1985年2月23日・3月2日)
  • 木曜ドラマストリート(フジテレビ)
  • 日曜劇場(TBSテレビ)
    • 誰かが来るまで(1986年7月6日) - 主演
    • 芸者と第九交響曲(1987年1月25日)
  • 月曜ワイド劇場(テレビ朝日)
    • 美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギ(1986年1月27日) - 主演・千秋
    • 美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギII(1986年9月1日) - 主演・千秋
    • 美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギ(1987年11月12日・19日) - 主演・千秋
  • 水曜ドラマスペシャル(TBSテレビ)
    • みちのくハネムーン殺人事件(1987年8月5日) - 主演・山田新子
  • 火曜サスペンス劇場日本テレビ
    • 髪(ヘアー)(1987年3月17日) - 主演・野中紅子
    • 味のふるさとミステリー紀行(1987年11月24日) - 主演・美紀
    • 津軽海峡 - 殺しの双曲線(1988年3月15日) - 主演・笹谷美緒
    • ジューンブライド・ママ1988年6月14日) - 主演・佐原香織
  • 花王名人劇場(フジテレビ)
    • 志功の青春記より 夢を彫る男2(1989年5月14日) - 片岡鶴太郎とのW主演
  • 火曜スーパーワイド(テレビ朝日)
    • 国際線スチュワーデス3人旅 シンガポール-香港珍道中!(1989年1月10日) - 主演・真紀
    • 国際線スチュワーデス3人旅II シンガポール、マレーシア珍道中!(1989年11月28日) - 主演・真紀
    • 24歳おんなだけの露天風呂(1990年3月6日) - 主演・吉村理恵
  • 妖艶時代劇スペシャル 女忍かげろう組(1990年4月7日、日本テレビ) - 胡蝶 役
  • 世にも奇妙な物語(フジテレビ)
    • 半分こ(1990年7月12日) - 主演・北沢英子
  • 火曜ミステリー劇場(テレビ朝日)
    • 狙われた花嫁(1990年10月23日) - 主演・立美
  • 痛快時代劇スペシャル 勢揃い清水一家 次郎長売り出す(1992年9月29日、日本テレビ)
  • 土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
    • ビキニライン殺人事件(1988年9月24日) - 主演・谷典子
    • 火の国殺人行(1989年10月28日) - 主演・早瀬奈々
    • 知床旅情殺人事件(1990年1月27日) - 主演・北代悠子
    • 瀬戸内海深夜航路の女(1990年5月12日) - 主演・水野沙樹子
    • 京都・天の橋立殺人事件(1992年1月25日) - 主演・町村佐知子
    • かえ玉結婚式殺人事件(1992年2月15日) - 主演・影山純
    • 博多発10時43分長崎本線の女(1992年7月25日) - 主演・深山英恵
    • 京都 - 飛鳥路の旅殺人事件(1992年11月14日) - 主演・中川亜矢子

CM[編集]

音楽番組・バラエティー番組・その他[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1983年(昭和58年)/第34回 春なのに 02/21 野口五郎 ミニスカートからロングドレスへの早変わり衣装で初出場
1985年(昭和60年)/第36回 2 し・の・び・愛 05/20 C-C-B 自らデザインした衣装で2年ぶりの復帰出場
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ[編集]

映画[編集]

インターネット動画[編集]

ミュージカル・舞台・ディナーショー・コンサート[編集]

個展[編集]

  • 魅完成展(1999年、玉川髙島屋
  • 魅完成展(2000年、横浜髙島屋)
  • 魅完成展(2005年、日本橋髙島屋)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ オリコンチャート・シングル売上枚数順
  2. ^ 後年本人は、「当時はもっと甘えたいなと思っていたが、今となっては“礼儀作法や人を敬う気持ち”という一生の宝を授けてくれた両親に感謝しています」と語っている[1]
  3. ^ 6年生の時は、単に「芸能界ってどんな世界だろう、テレビ局のスタジオとか一度見てみたい」と興味本位での応募だった。このため2年後に通知が来た時は、本人は「応募したことすら忘れていました」と回想している。
  4. ^ 本人は「私のファンと聞いて『なんて光栄なのだろう』と思いましたが、スタッフから「浩宮様がリサイタルに来られる」との話を聞いた時はさすがに『まさか!』と耳を疑いました」と回想している[1]
  5. ^ 初発時の「」は、後に「」へと改められている。
  6. ^ 讃岐裕子の歌唱のカバー。
  7. ^ Kとブルンネンの同名曲のカバー。柏原のカバーがヒットするまで、本楽曲は1973年の朝倉理恵のカバーで知られていた。
  8. ^ 原木浩とのデュエット。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 週刊現代2022年6月4日号「私の地図」第520回・柏原芳恵p80-82
  2. ^ アイドル・コミックス 柏原芳恵(学習研究社、1984年)p.14-15
  3. ^ 松田聖子、田原俊彦、岩崎良美…40周年を迎えた「1980年デビュー組」の明暗文春オンライン・2020年10月27日記事
  4. ^ 河合奈保子&柏原芳恵デビュー40周年、4つの共通点と同期・松田聖子にない「実績」週刊女性PRIME・2020年8月7日記事
  5. ^ アイドル・コミックス 柏原芳恵(学習研究社、1984年)p.34
  6. ^ 天皇陛下もファンを公言していた「柏原芳恵」の功績”. NEWSポストセブン (2019年5月6日). 2020年7月3日閲覧。 (日本語)
  7. ^ https://web.archive.org/web/20070115000425/http://www.yukan-fuji.com/archives/2006/12/post_8041.html 夕刊フジ 2006年12月12日
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 公式プロフィールによる。 (日本語)
  9. ^ 柏原芳恵『恋人模様―Lovely eighteen』(ボム!アイドル ブックス)、1984年、学習研究社、205頁。ISBN 4-05-100800-2
  10. ^ 柏原芳恵『恋人模様―Lovely eighteen』(ボム!アイドル ブックス)、1984年、学習研究社、204頁。ISBN 4-05-100800-2
  11. ^ a b c d e f g 柏原芳恵『恋人模様―Lovely eighteen』(ボム!アイドル ブックス)、1984年、学習研究社、203頁。ISBN 4-05-100800-2
  12. ^ 女ともだち”. テレビドラマデータベース. 2021年2月14日閲覧。
  13. ^ アリエスの乙女たち”. テレビドラマデータベース. 2021年2月14日閲覧。
  14. ^ 5月から新番組スタート『クロスカヴァー・ソングショー』”. IMAGICA TV. 2020年7月3日閲覧。
  15. ^ 2020年7月2日放送 ゲスト:柏原芳恵”. ミュージック・モア. 2020年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]