柏原芳恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かしわばら よしえ
柏原 芳恵
本名 柏原 芳恵(かしはら よしえ)
別名義 柏原 よしえ
生年月日 (1965-10-01) 1965年10月1日(52歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
身長 157cm
血液型 A型
職業 歌手
ジャンル アイドル歌謡曲
活動期間 1980年 - 現在
活動内容 音楽活動ほか
配偶者 未婚

柏原芳恵(かしわばら よしえ、1965年10月1日 - )は日本歌手。80年代アイドル。本名・柏原芳恵(かしはら よしえ)。血液型はA型。所属事務所はoffice YOSHIE

経歴[編集]

NHK紅白歌合戦』には2度出場、『日本レコード大賞』には1981年から1987年まで連続出演していた(1985年から1987年の3年間は、最優秀歌唱賞部門にノミネートされた)。

エピソード[編集]

  • 浩宮徳仁親王(現・皇太子)は「柏原のファン」と発言し、1986年10月19日に行われたリサイタル『おんな飛翔』を観賞。その際、出迎えた柏原にバラプリンセスサヤコ」を一輪贈呈した[1]。柏原は返礼としてサイン入り写真集を贈った[2]。バラは後日、特殊な処理を施され、真空状態のガラスケースに収められた。
  • 趣味は料理研究、粘土細工、映画鑑賞、カメラスキューバダイビング[3]
  • 兄が一人いる。少女時代は書道教室に通っていた[4]
  • 柏原は弱冠・14歳(中学3年生時)でデビューした事もあってか、1980年デビューの同期であっても松田聖子など異学年のアイドルとは疎遠になりがちだったという。それでも「岩崎良美ちゃんは私の話をよく聞いてくれたので非常に嬉しかった。また同じ大阪市出身の河合奈保子ちゃんも、デビュー当時から仲良しだった」と発言している[5]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲 オリコン
最高位
1980年代
1 1980年
6月1日
A
No.1 阿久悠 都倉俊一 76位
B
何でもない 何でもない
2 1980年
9月5日
A
毎日がバレンタイン 阿久悠 川口真 木森敏之 64位
B
100%のかなしみ 網倉一也 飛澤宏元
3 1980年
10月25日
A
㐧二章・くちづけ[6] 阿久悠 大野克夫 後藤次利 49位
B
レディ直前 網倉一也 飛澤宏元
4 1981年
2月25日
A
乙女心何色? 近田春夫 後藤次利 55位
B
チャンスは急に
5 1981年
5月25日
A
ガラスの夏 松田侑利子 網倉一也 若草恵 21位
B
フィフティーン・ラブ
6 1981年
9月5日
A
めらんこりい白書 阿久悠 大野克夫 船山基紀 23位
B
抱きしめる、という感じ
7 1981年
10月15日
A
ハロー・グッバイ[7] 喜多條忠 小泉まさみ 竜崎孝路 6位
B
恋はマシュマロ 岡田冨美子 すぎやまこういち 若草恵
8 1982年
2月5日
A
恋人たちのキャフェテラス 三浦徳子 小泉まさみ 船山基紀 9位
B
ロンリー・バースデイ 喜多條忠
9 1982年
4月21日
A
渚のシンデレラ 藤原いくろう 竜崎孝路 7位
B
ロマンチックにI love you 三浦徳子 小泉まさみ 後藤次利
10 1982年
7月10日
A
しあわせ音頭[8][9] 藤田まさと 細野晴臣 清水信之 70位
B
恋人よ帰れ 佐々木勉 桜庭伸幸
11 1982年
7月21日
A
あの場所から[10] 山上路夫 筒美京平 高田弘 9位
B
あした…恋 大津あきら 大村雅朗
12 1982年
10月1日
A
花梨[11] 谷村新司 青木望 10位
B
スノーバード
13 1982年
11月5日
- よしえのクリスマス[12][13] - 竜崎孝路 88位
14 1983年
1月11日
A
春なのに 中島みゆき 服部克久
J.サレッス
6位
B
渚便り
15 1983年
4月13日
A
ちょっとなら媚薬 阿木燿子 宇崎竜童 萩田光雄 10位
B
Blue Honeymoon
16 1983年
6月29日
A
夏模様 微美杏里 松尾一彦 萩田光雄 8位
B
坂道 山口薫
17 1983年
9月21日
A
タイニー・メモリー 松山千春 石川鷹彦 6位
B
初恋
18 1983年
12月1日
A
カム・フラージュ 中島みゆき 萩田光雄 6位
B
19 1984年
2月29日
A
ト・レ・モ・ロ 松本隆 筒美京平 船山基紀 8位
B
海岸線
20 1984年
5月30日
A
悪戯NIGHT DOLL 銀色夏生 筒美京平 船山基紀 10位
B
渚で瞳にアイ ラブ ユウ 戸塚修
21 1984年
9月5日
A
最愛 中島みゆき 倉田信雄 8位
B
やさしい女 飛澤宏元
22 1985年
1月1日
A
ロンリー・カナリア 中島みゆき 梅垣達志 8位
B
乳白色のプリズム 島武実 宇崎竜童 馬飼野康二
23 1985年
4月3日
A
待ちくたびれてヨコハマ 荒木とよひさ 三木たかし 若草恵 9位
B
時間を下さい
24 1985年
7月3日
A
太陽は知っている[14] 松井五郎 松尾一彦 渡辺博也 10位
B
Gmのバラード[15] 原田哲郎
原真弓
三木たかし 戸塚修
25 1985年
9月11日
A
し・の・び・愛[16] 高見沢俊彦 船山基紀 9位
B
ハリウッド・ロマンス
26 1986年
1月1日
A
春ごころ 五輪真弓 萩田光雄 10位
B
二杯目からのはじまり
27 1986年
5月11日
A
花嫁になる朝 茜まさお 平尾昌晃 竜崎孝路 18位
B
古都の恋めぐり
28 1986年
7月30日
A
女ともだち[17] 川村真澄 筒美京平 船山基紀 14位
B
イチヂクは木の下で
29 1987年
1月1日
A
途中下車 佐藤順英 花岡優平 奥慶一 46位
B
かすみ草 メアリィ中村 深沢桂子 石川鷹彦
30 1987年
5月1日
A
A・r・i・e・s[18] 阿久悠 林哲司 船山基紀 13位
B
私のすべて
31 1987年
10月26日
A
冬の孔雀 阿久悠 三木たかし 若草恵 67位
B
他人
32 1988年
5月11日
A
黄昏のダイアリー 荒木とよひさ 堀内孝雄 萩田光雄 79位
B
青春譜
33 1988年
12月4日
A
愛しただけよ 浜口庫之助 竜崎孝路 -
B
ゆめいろクラブ 中山大三郎 浜口庫之助 鷺巣詩郎
34 1989年
2月22日
A
化石の森[19] 荒木とよひさ 筒美京平 武部聡志 27位
B
4月の手紙 三浦徳子 松田良 戸塚修
35 1989年
12月6日
A
あなたならどうする[20] なかにし礼 筒美京平 戸塚修 -
B
愛しただけよ 浜口庫之助 竜崎孝路
2000年代
36 2006年
5月24日
A
MaMa 芳恵 仁美 -
B
見えない翼
37 2008年
1月9日
A
くちづけに願いを 芳恵 萩仁美 -
B
桜の木の下で 樫原伸彦

オリジナル・アルバム[編集]

  1. How To Love(1980年12月10日)
    公称アルバム売上は5万枚を記録[21]
  2. Lovely Songs(1981年8月13日)
    公称アルバム売上は8万枚を記録[21]
  3. ハロー・グッバイ(1981年12月15日)
    公称アルバム売上は22万枚を記録[21]
  4. サマー・センセイション(1982年6月8日)
    公称アルバム売上は15万枚を記録[21]
  5. セブンティーン(1982年11月25日)
    公称アルバム売上は16万枚を記録[21]
  6. 春なのに(1983年2月10日)
    公称アルバム売上は32万枚を記録[21]
  7. 夢模様(1983年7月30日)
    公称アルバム売上は15万枚を記録[21]
  8. TINY MEMORY(1983年11月23日)
  9. LUSTER(1984年4月25日)
  10. 最愛(1984年10月25日)
  11. 待ちくたびれてヨコハマ(1985年6月1日)
  12. し・の・び・愛(1985年10月1日)
  13. 二十才のスーブニール(1986年7月7日)
  14. ハイヒールを脱ぎすてた女(1986年10月15日)
  15. A・r・i・e・s(1987年7月6日)
  16. 愛愁(1987年12月5日)
  17. Lover's Sunset(1988年7月6日)
  18. YES, I LOVE YOU 〜運命を超えて〜(1989年5月10日)
  19. あなただけ‥‥(2005年6月22日)

カバー・アルバム[編集]

  1. アンコール(2007年1月11日)
  2. アンコール2(2010年5月26日)
  3. アンコール3(2016年4月27日)

ライブ・アルバム[編集]

  1. 第一章・ふれあい/柏原よしえ オン・ステージ(1981年5月5日)
    公称アルバム売上は5万枚を記録[21]
  2. よしえのLOVE LOVE CARNIVAL(1982年5月1日)
    公称アルバム売上は6万枚を記録[21]
  3. 柏原芳恵リサイタル お・ん・な 飛翔(1986年11月25日)

ベスト・アルバム[編集]

  1. 柏原よしえ ベスト(1981年10月25日)
    公称アルバム売上は8万枚を記録[21]
  2. GALLERY(1983年12月16日)
  3. Monument(1984年12月16日)
  4. Merci!(1986年2月5日)
  5. ニュー・ベスト・ナウ 柏原芳恵(1988年3月5日)
  6. TOMORROW〜柏原芳恵BEST SELECTION(1989年7月5日)
  7. THE BEST 柏原芳恵(1989年8月15日)
  8. NEW BEST 柏原芳恵(1993年5月26日)
  9. GOLDEN☆BEST 柏原芳恵 (2003年11月26日、2012年12月5日スペシャル・プライス盤リリース、2013年6月5日・2013年11月27日・2016年6月22日アンコールプレス)
  10. CD & DVD THE BEST YOSHIE セレクト BEST 20 (2005年6月29日) - 唯一の公式ベスト・アルバム
  11. プライムセレクション(2006年1月18日)
  12. ザ・プレミアム・ベスト 柏原芳恵 (2009年3月18日) - 公認盤
  13. GOLDEN☆BEST 柏原芳恵(EMI YEARS) (2011年11月23日、2013年11月27日スペシャル・プライス盤リリース、2016年6月22日アンコールプレス)

CD-BOX[編集]

  1. 柏原芳恵 プレミアムBOX(2004年3月10日)
  2. 柏原芳恵25周年記念BOX 〜25TH ANNIVERSARY COMPLETE ALBUM(2005年6月29日)
  3. 30th Anniversary シングル・コレクション(2010年3月24日)
  4. Live&Rarities CD+DVD BOX(2010年7月21日)

写真集[編集]

ビデオ[編集]

  • ロンリーカナリア、日本フォノグラム、30分
  • しなやかな夜をはさんだビスケット
  • お・ん・な飛翔、東宝
  • Yoshie Memorial、ユニバーサル
  • スキャンダルは美しい、パワースポーツ、40分
  • 今度は全部見せちゃった、パワースポーツ、40分
  • 幻惑の女神、大陸書房、30分
  • デジャヴ、大陸書房、30分
  • 背徳のマドンナ、大陸書房、30分
  • 柏原芳恵 in ギリシャ ヴィーナスの衝撃、FIVE STAR、50分
  • 乳白の街、SEXA VISION、45分
  • Face、バウハウス、40分
  • 艶dless、英知出版、40分

出演[編集]

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

  • 新春ワイド時代劇(テレビ東京系)
  • ザ・サスペンス(TBS系)
    • 遠きに目ありて(1982年5月8日)
  • フジ三太郎(1982年12月23日、テレビ朝日系) ※ゲスト出演
  • 走れ青春42.195キロ 涙と汗のマラソン野郎(1984年4月11日、テレビ東京系)
  • 月曜ドラマランド(フジテレビ系)
    • なんか妖かい!?(1984年7月30日)
  • 木曜ドラマストリート(フジテレビ系)
    • 復讐はワイングラスに浮かぶ(1985年11月14日)
  • 月曜ワイド劇場(テレビ朝日系)
    • 美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギ(1986年1月27日)
    • 美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギII(1986年9月1日)
    • 美人母娘3人、ああ華麗なる結婚サギ(1987年11月12、19日)
  • 東芝日曜劇場(TBS系)
    • 誰かが来るまで(1986年7月6日)
    • 芸者と第九交響曲(1987年1月25日)
  • 火曜サスペンス劇場(日本テレビ系)
    • 髪(ヘアー)(1987年3月17日)
    • 味のふるさと殺人事件(1987年11月24日)
    • 津軽海峡 - 殺しの双曲線(1988年3月15日)
    • ジューンブライド・ママ(1988年6月14日)
  • 土曜ワイド劇場(テレビ朝日系)
    • ビキニライン殺人事件(1988年9月24日)
    • 火の国殺人行(1989年10月28日)
    • 知床旅情殺人事件(1990年1月27日)
    • 瀬戸内深夜航路の女(1990年5月12日)
    • 京都天橋立殺人事件(1992年1月25日)
    • 替え玉結婚式殺人事件(1992年2月15日)
    • 博多発10時43分長崎本線の女(1992年7月25日)
    • 京都 - 飛鳥路の旅殺人事件(1992年11月14日)
  • 火曜スーパーワイド(テレビ朝日系)
    • 国際線スチュワーデス3人旅(1989年1月10日)
    • 国際線スチュワーデス3人旅(1989年11月28日)
    • 24歳おんなだけの露天風呂(1990年3月6日)
  • 水曜ドラマスペシャル(TBS系)
    • みちのくハネムーン殺人事件(1987年8月5日)
  • 世にも奇妙な物語(フジテレビ系)
  • 火曜ミステリー劇場(テレビ朝日系)
    • 狙われた花嫁(1990年10月23日)
  • 日立テレビシティ 昭和ラプソディ(1985年2月23日・3月2日、TBS系)
  • 妖艶時代劇スペシャル 女忍かげろう組(1990年4月7日、日本テレビ系)

CM[編集]

バラエティー番組・その他[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1983年(昭和58年)/第34回 春なのに 02/21 野口五郎
1985年(昭和60年)/第36回 2 し・の・び・愛 05/20 C-C-B
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ[編集]

  • 柏原芳恵のJumpin' Music

映画[編集]

インターネット動画[編集]

ミュージカル・舞台・ディナーショー・コンサート[編集]

  • 第2回 芳恵ちゃん夏祭り(1983年)
  • シグナスとレオ(1989年)
  • 花・滝廉太郎(1990年)
  • エニシングゴース(1990年)
  • ノーセックスプリーズ(1990年)
  • はいからさんが通る(1991年)
  • 飛べ! 星のように(1993年)
  • スーパーミュージカル「源氏物語」 作:紫式部、脚本・演出:村井秀安(1993年11月8日 - 12月16日、全国ツアー) - 葵の上 役
  • マイフェアレディー(1994年)
  • 洪水の前(1995年)
  • 雪之丞変化(1996年)
  • 楽劇リコリス(1997年)
  • 新歌舞伎座新春特別公演(1998年)
  • アイドル復活ライブ(1999年)
  • トラップ一家物語(1996年 - 2000年)
  • 恋女房お蝶(2001年)
  • シニアライスポップスツアー(2002年)
  • ディナーショー(1982年 - )
  • 夢コンサートタイムスリップ60's〜70's 同窓会 青春ヒットソングス(2010年 - 2014年)[22]
  • 幸せ(ハッピー)コンサート(2015年)

個展[編集]

  • 魅完成展(1999年、玉川高島屋)
  • 魅完成展(2000年、横浜高島屋)
  • 魅完成展(2005年、日本橋高島屋)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090223-00000001-aera-soci AERA 2009年3月2日号
  2. ^ http://www.yukan-fuji.com/archives/2006/12/post_8041.html 夕刊フジ 2006年12月12日
  3. ^ 公式プロフィールによる。
  4. ^ アイドル・コミックス 柏原芳恵(学習研究社、1984年)p.14-15
  5. ^ アイドル・コミックス 柏原芳恵(学習研究社、1984年)p.34
  6. ^ 初発時の「」は、後に「」へと改められている。
  7. ^ アグネス・チャンの「ハロー・グッドバイ」のカバー。
  8. ^ 企画盤シングル。
  9. ^ 公称シングル売上は5万枚(柏原芳恵『恋人模様―Lovely eighteen』(ボム!アイドル ブックス)、1984年、学習研究社、205頁。ISBN 4-05-100800-2)。
  10. ^ Kとブルンネンの同名曲のカバー。
  11. ^ 本楽曲から漢字表記の「柏原芳恵」に変更した。
  12. ^ クリスマスソングのカバー(「ジングル・ベル」「赤鼻のトナカイ」「サンタが町にやってくる」「きよしこの夜」)を収録した企画盤シングル。
  13. ^ 公称シングル売上は5万枚(柏原芳恵『恋人模様―Lovely eighteen』(ボム!アイドル ブックス)、1984年、学習研究社、204頁。ISBN 4-05-100800-2)。
  14. ^ 松竹映画「俺ら東京さ行ぐだ」挿入歌。
  15. ^ 原木浩とのデュエット。
  16. ^ 高見知佳の「しのび逢い(Don't Leave Me Alone)」のカバー。
  17. ^ TBS系テレビドラマ「女ともだち」主題歌。
  18. ^ フジテレビ系テレビドラマ「アリエスの乙女たち」主題歌。
  19. ^ 日本テレビ系2時間ドラマ枠「火曜サスペンス劇場」主題歌。
  20. ^ いしだあゆみの同名曲のカバー。フジテレビ系テレビドラマ「LUCKY! 天使、都へ行く」挿入歌。
  21. ^ a b c d e f g h i j 柏原芳恵『恋人模様―Lovely eighteen』(ボム!アイドル ブックス)、1984年、学習研究社、203頁。ISBN 4-05-100800-2
  22. ^ 本人が巳年生まれで、年女であることを証言。

外部リンク[編集]