オー・シャンゼリゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オー・シャンゼリゼ
Les Champs-Élysées
ジョー・ダッサン楽曲
リリース1969年5月
ジャンルシャンソン
フレンチ・ポップス
時間2分40秒
レーベルCBS Disques
作詞者ピエール・ドラノエ
作曲者マイク・ウィルシュ
プロデュースJacques Plait
ウォータールー・ロード
Waterloo Road
ジェイソン・クレスト楽曲
リリース1968年2月28日
ジャンルサイケデリック
作詞者マイク・ディーガン(Michael Anthony Deighan)
作曲者マイク・ウィルシュ(Michael Wilshaw)
プロデュースフリッツ・フライヤー

オー・シャンゼリゼ」(フランス語: Les Champs-Élyséesフランス語発音: [le ʃɑ̃zelize] )は、パリシャンゼリゼ通りをモチーフとした歌曲。1969年にフランスの歌手ジョー・ダッサンの楽曲として1969年に発表された[1]

歴史[編集]

原曲は英語で書かれた楽曲『ウォータールー・ロード(Waterloo Road)』であり、イギリスサイケデリックバンド・ジェイソン・クレストの4枚目のシングル曲として1968年に発表された。ジェイソン・クレストのプロデューサーであったフリッツ・フライヤー(2007年死去)が彼らの作曲能力に限界を感じて、ザ・フォー・ペニーズ英語版のマイク・ウィルシュ(Mike Wilsh)とThe Jugular Vein のマイク・ディーガン(Mike Deighan)が作った曲の権利をビートルズのアップルレコードから買い戻して提供したものである[2]

この楽曲に、フランスの作詞家ピエール・ドラノエ[注釈 1](Pierre Delanoë)がフランス語の詞をつけたのが『オー・シャンゼリゼ』である[3][4]。原曲はロンドンの「ウォータールー通り」を舞台としていたが、フランス語訳の際にパリシャンゼリゼ通りに差し換えられた。これは、ウォータールー(ベルギーのワーテルローの英語読み)はフランスがイギリスに敗れたワーテルローの戦いの戦場と同名であり、フランスではそのままでは発売できないためである。

フランス在住アメリカ人の人気歌手ジョー・ダッサンアレンジして、1969年に自らのアルバムに加えて発表された。シングルカット版はベルギーのワロン地域のチャートで最高4位となった[5]ほか、多くのヨーロッパの国でチャート入りした。

日本では、1971年に発売されたダニエル・ビダルのレコードがヒットし、後に越路吹雪岩谷時子訳詞)やザ・ピーナッツ[6]南沙織安井かずみ訳詞)などがカバーした。またレイモン・ルフェーブルイージーリスニングにし、世界的にヒットした。小中学校の音楽の時間に取り上げられたり、たびたびCMにも使われたりもした。

もともとはイギリスの曲であるが、シャンソン及びフレンチポップスであるかのイメージが根強くあり、特に日本でフランスの歌として大ヒットしたため、長年シャンソン若しくはフレンチポップスとして扱われてきた。

曲名[編集]

邦題の「オー・シャンゼリゼ」はフランス語で「シャンゼリゼ通りには」、「シャンゼリゼ通りで」を意味する歌詞「aux Champs-Élysées」に由来し、発音は [o ʃɑ̃zelize] (オ・シャンゼリゼ)となる[注釈 2]

「オ」は方向や目的点等を示す前置詞 à と複数形の定冠詞 les が合わさった縮約形であり[注釈 3]、英語の感嘆詞の「oh」[注釈 4]や日本語の「おお」とは異なるが、安井かずみの日本語歌詞で「オー」は感嘆詞として扱われている。

曲の使用[編集]

1972年の「第23回NHK紅白歌合戦」では、司会も務めていた佐良直美によって歌唱された[7]

1997年、アメリカ合衆国のパンクバンドNOFXは「Champs Elysées」としてこの曲をカバーし、アルバム『So Long And Thanks For All The Shoes』に収録した[8]

日本のアイドルグループ・アーマーガールズは「オー☆シャンゼリゼ」としてこの曲をカバーした[9]

2017年、「オー・シャンゼリゼ」はザーズのアルバム『PARIS〜私のパリ〜/ZAZ』にも取り上げられている[10][リンク切れ]。 ザーズによれば、「オー・シャンゼリゼ」の紹介番組で、彼女がロシアの極東のフランス語を学ぶ人からの招待で出向いた時、「オー・シャンゼリゼ」を聴衆が空で歌えるのを見て感動し、このアルバムに収録することにしたものだという[11][出典無効]

原曲のウォータールー・ロードは、ザ・フォー・ペニーズのボーカルのライオネル・モートン英語版が歌ったものもある。他に、1969年にオランダのコメディアン、Johnny Kraaikamp & Rijk de Gooyerによってもカバーされている。タイトルはWaterlooplein(ウォータールー広場)となっているが、これはアムステルダムにある実在の広場のことである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「ドゥラノエ」という表記もある
  2. ^ 長母音の[o:]との区別のため、ここでは「aux」の発音を[o] (オ)とした。なお「x」を発音しない場合を示している。
  3. ^ à は英語の "at"、"on"、"to"、"in" 等にあたり、les は英語の "the" にあたる。
  4. ^ アメリカ英語発音:[oʊ] オウ、イギリス英語発音:[əʊ] アウ

出典[編集]

  1. ^ Lucien Rioux (1994). 50 ans de chanson française: De Trenet à Bruel. l'Archipel. ISBN 978-2-909241-68-5. https://books.google.com/books?id=_kAUAQAAIAAJ&q=Joe+Dassin+%22Les+Champs-%C3%89lys%C3%A9es%22&dq=Joe+Dassin+%22Les+Champs-%C3%89lys%C3%A9es%22 
  2. ^ BS-TBS "SONG TO SOUL 100 オー・シャンゼリゼ ジョー・ダッサン" http://www.bs-tbs.co.jp/songtosoul/onair/onair_100.html
  3. ^ Veteran French Lyricist Pierre Delanoe Dies” (英語). Billboard (2006年12月29日). 2016年2月5日閲覧。
  4. ^ Éric Neuhoff (2011年7月11日). “Les Champs-Élysées de Joe Dassin”. Le Figaro. 2016年2月5日閲覧。
  5. ^ ultratop.be - Joe Dassin - Les Champs-Élysées” (英語). 2017年1月25日閲覧。
  6. ^ 「世界の女たち」 キングレコード ASIN: B001LWK2JA
  7. ^ 紅白歌合戦ヒストリー 第23回(1972年/昭和47年)”. 日本放送協会. 2019年4月17日閲覧。
  8. ^ NOFX – So Long And Thanks For All The Shoes - Discogs (発売一覧)
  9. ^ Les Champs-Élysées 仮面女子:アーマーガールズ オー☆シャンゼリゼ - YouTube
  10. ^ https://zazofficial.com/en/shop/cd-album-paris/
  11. ^ BS-TBS "song to soul 100 オー・シャンゼリゼ ジョー・ダッサン" http://www.bs-tbs.co.jp/songtosoul/onair/onair_100.html
  12. ^ スズキ ラパンショコラスペシャルサイト