ものまねバトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ものまねバトル
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 萩原敏雄牛丸謙壱
演出 高木章雄(P兼務)
ほか
プロデューサー 牛丸謙壱
吉岡正敏CP、初期)
ほか
出演者 司会者
研ナオコ
ヒロミ
板東英二
大神いずみ
福澤朗
関谷亜矢子
山瀬まみ
藤井恒久
松本志のぶ
羽鳥慎一
ほか
レギュラー出演者

コロッケ
岩本恭省(旧:岩本恭生)
ほか
審査員

平尾昌晃(審査委員長)
ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
『超豪華!史上最強!ものまねバトル大賞』
放送時間 放送日時を参照
放送期間 1994年12月14日 - 2002年9月24日(26回)
『ものまねBATTLE』
放送時間 放送日時を参照
放送期間 2003年1月2日 - 2007年6月21日(17回)
『ものまねバトル』
放送時間 放送日時を参照
放送期間 2007年8月2日 - 2009年1月4日(6回)

特記事項:
制作協力:USテレビ放送
キャスト・スタッフ・収録時等の画像
テンプレートを表示

ものまねバトル』(MONOMANE BATTLE)は、日本テレビ系列で1994年12月13日から2009年1月4日まで放送されたものまね番組である。また、番組タイトルは2度変更されている。変更内容は以下参照。


番組タイトルの歴史
  • 第1回-第26回 『超豪華!史上最強!ものまねバトル大賞
  • 第27回-第43回 『ものまねBATTLE
  • 第44回-第49回 『ものまねバトル

概要[編集]

1994年12月14日に『史上最高そっくり大賞』からタイトルを改題し、『超豪華!史上最強!ものまねバトル大賞』と言うタイトルでスタート。なお、番組タイトルロゴは3度変わっている。

スタート当初は4チームの対抗戦で紅白になったのは第5回から第47回であり、第30回から第33回は紅白を“昭和”と“平成”のものまね対象の年代別にチームに分け第34回からは再び紅白チーム対戦に戻したが、第48回のみランキング形式の個人戦で行われた。

番組開始から勝敗の判定は総合結果のみであったが、第29回から(第48回を除く)は対決ごとにゲスト審査員8人・観客92人の総勢100人の多数決審査が導入された。

年末特番から新春特番になったのは1998年からのこと(元日の放送は2001年まで、2002年まで2004年までは1月2日、放送時間は2004年は『金曜ロードショー』枠(21:00 - 23:24(JST・以降略))、2006年からは1月3日の放送)。これまで日本テレビは正月に『番組対抗かくし芸大会』や『欽ちゃんの仮装大賞』などをフジテレビの『新春かくし芸大会』の真裏に放送していたが、視聴率の伸び悩みを打開すべく1998年・1999年・2002年の3回は『かくし芸』の時間帯にぶつけてきた。1998年では『かくし芸』を抜き同時間帯トップを獲得。2003年2004年は視聴率が期待していたほど取れなかった為、2005年の新春特番の放送を取りやめ2004年年末に『火曜サスペンス劇場』枠で放送した。以降はほぼ春・秋の改編期と年末に放送されてきた。

2005年春に『火曜サスペンス劇場』枠に放送。『ものまねバトル』特番自体の放送時間(新春特番を除く)は第28回までは19:00 - 21:30までの放送だったが、第29回から主に21:00 - 23:24(2005年9月以降は月曜の放送に固定)の放送になった(第39回と最終回は日曜19:00 - 21:54)。

また、1999年から2004年には夏場(19:00 - 20:54)に特別企画として『スーパースペシャル』(のちの『THEスペシャル!』)で放送されていた。

テレビ大分テレビ宮崎は日本テレビ系列同時ネットになる時間帯の回だけ放送しており、FNSフルネット局沖縄テレビも『土曜サスペンス劇場』以後の火曜21時 - 23時のドラマ枠の遅れ放送において、放送していた。

司会の研ナオコ、レギュラーのコロッケ岩本恭生篠塚満由美松下桂子等、フジテレビものまね王座決定戦』から移動してきた者も多い。

コーナー[編集]

  • 第6回から、若手ものまねタレントや一般参加者が次回の出場権をかけて争う「ものまねスター誕生!」というコーナーが放送されている。
  • 第29回から当時のテレビドラマをものまねで再現する「ものまねタイムマシーン」が開始。
  • 第47回からは関根勤が進行役のコーナー「なりきりムリヤリコレクション」が開始し、第48回からはTake2が進行役のコーナー「そっくりさんいらっしゃい!」が開始した。

放送日時[編集]

視聴率は関東地区、ビデオリサーチ社調べ。

回数 放送日時
JST
優勝 MVP 視聴率 備考
1 1994年12月14日 19:00 - 20:54 俳優チーム 岩本恭生 18.6% 「歌手チーム」「スポーツチーム」「俳優チーム」「バラエティーチーム」の4チームの対抗戦
2 1995年3月18日 19:00 - 21:24 吉村チーム 川野太郎 17.9% 「三田村邦彦チーム」「地井武男チーム」「吉村明宏チーム」「柳沢慎吾チーム」の4チームの対抗戦
3 1995年9月29日 19:00 - 20:54 三田村チーム 網浜直子 14.3% 「三田村邦彦チーム」「加賀まりこチーム」「川野太郎チーム」「長谷川初範チーム」の4チームの対抗戦
4 1995年12月4日 19:00 - 20:54 三田村チーム 美木良介 18.3% 「三田村邦彦チーム」「長谷川初範チーム」「美木良介チーム」「川野太郎チーム」の4チームの対抗戦
5 1996年3月22日 19:00 - 21:24 白組 20.8% この回からは殆どが紅白の対抗戦に。また、一時的にMVPを廃止。
6 1996年6月15日 19:00 - 20:54 14.4% この回は審査員5人と司会者2人から特別賞を設け、選ばれた人は次回の放送での出場権を得られた。
7 1996年9月16日 19:00 - 21:24 21.6%
8 1996年12月30日 18:30 - 21:24 17.7%
9 1997年3月18日 19:00 - 21:24 21.4%
10 1997年9月30日 19:00 - 21:24 16.1%
11 1998年1月1日 18:30 - 21:24 14.5%
12 1998年3月17日 19:00 - 21:24 21.6%
13 1998年7月4日 19:00 - 20:54 11.4%
14 1998年9月30日 19:00 - 21:24 19.5%
15 1999年1月1日 18:30 - 21:24 14.9%
16 1999年3月24日 19:00 - 21:24 16.2%
17 1999年9月29日 19:00 - 21:24 引き分け 18.0%
18 2000年1月1日 18:00 - 21:24 18.9%
19 2000年3月23日 19:00 - 21:24 19.3%
20 2000年9月25日 19:30 - 21:54 紅組 16.7% この日はこの番組の前後に『シドニーオリンピック中継』が放送された為(番組のその前が中継枠・この番組の後にデイリーハイライト)、2時間半の放送だが、変則的な放送時間となった。ライバルの『ものまね王座決定戦』は同時期に終了し、『ものまね紅白歌合戦』へとリニューアルされた。
21 2001年1月1日 18:30 - 21:24 13.9%
22 2001年3月29日 19:00 - 21:54 15.6%
23 2001年10月1日 19:00 - 21:24 17.0%
24 2002年1月2日 18:00 - 20:54 14.5%
25 2002年4月4日 19:00 - 21:24 13.1%
26 2002年9月24日 19:00 - 21:24 10.2%
27 2003年1月2日 18:00 - 20:54 一部7.9%、二部11.6%
28 2003年3月20日 19:00 - 20:54 12.0% 「40才以上チーム」を紅組、
「40才以下チーム」を白組に分けた。
29 2003年9月25日 21:00 - 23:24 17.6%
30 2004年1月2日 21:00 - 23:24 14.9%
31 2004年3月18日 21:00 - 23:24 14.6%
32 2004年9月22日 21:00 - 23:24 白組 西尾夕紀 16.4%
33 2004年12月21日 21:30 - 23:54 紅組 山寺宏一 12.6% この回で放送10周年を迎えた。
34 2005年3月22日 21:00 - 23:24 紅組 はなわ 19.6%
35 2005年7月18日 21:00 - 23:24 紅組 ホリ 18.8%
36 2005年10月3日 21:00 - 23:24 白組 山寺宏一 13.9%
37 2006年1月3日 20:00 - 23:24 白組 コロッケ 10.8%
38 2006年3月22日 21:00 - 23:24 紅組 前田健 15.0%
39 2006年10月8日 19:00 - 21:54 白組 ザ・たっち 14.1%
40 2006年12月18日 21:00 - 23:24 白組 西尾夕紀 15.6%
41 2007年1月3日 21:00 - 23:24 - 16.2% 『ベストアーティストアワード2007』のため、
特別編にもあたる。
42 2007年3月26日 21:00 - 23:24 白組 コロッケ 15.3%
43 2007年6月21日 19:00 - 20:54 - 10.3% 『傑作選』のため、特別編にもあたる。
44 2007年8月2日 19:00 - 20:54 - 10.9% 『真夏の名曲 頂上決戦!』のため、特別編にもあたる。
45 2007年10月1日 21:00 - 23:18 紅組 山寺宏一 11.9%
46 2008年1月7日 21:00 - 23:18 - 13.4% 『ベストアーティストアワード2008』のため、
特別編にもあたる。
47 2008年4月7日 21:00 - 23:18 白組 イジリー岡田 11.3%
48 2008年9月22日 21:00 - 23:18 - 11.9% この回のみ紅白対抗戦ではなく、「歌ものまね」と
「お笑いものまね」の部門別での得点で競い
チャンピオンを決める内容だった。
また、特別編にもあたる。
49 2009年1月4日 19:00 - 21:54 白組 - 12.8% 『最終回スペシャル』のため、特別編にもあたる。

特別編[編集]

放送日時 放送枠 備考
1999年7月24日 スーパースペシャル
2000年7月1日
2001年7月7日
2002年7月20日
2002年12月21日
2003年6月28日
2004年6月19日 THEスペシャル!
2004年10月31日(13:30 - 15:25) 日曜特番 本来は同年10月23日(19:00 - 20:54)に放送される予定であった[1]

歴代司会者[編集]

回数 メインパーソナリティ 総合司会(アシスタント)
第1回 板東英二 大神いずみ
第2回 第4回 ヒロミ山瀬まみ 福澤朗(第1期)
第5回 研ナオコ1・2、ヒロミ 朝岡聡、山瀬まみ
第6回 藤井恒久、山瀬まみ
第7回 第19回 関谷亜矢子、藤井恒久(不定期)
第19回 第27回 松本志のぶ3羽鳥慎一(第1期)
第28回 第32回 福澤朗4(第2期)
第33回 福澤朗、宮崎宣子
第34回 第41回 福澤朗
第42回 最終回 羽鳥慎一(第2期)
補足
  • 1 フジテレビの『ものまね王座決定戦』より異動。
  • 2 本番組終了後の2009年9月29日にはフジテレビの『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』にゲスト出演した。
  • 3 2009年12月から2011年4月まで後番組『ものまねグランプリ』の司会を担当。
  • 4エンタの神様』と同時起用。
  • 福澤に関しては『ズームイン!!サタデー』の総合司会に起用されたため一旦降板したが、降板後も数年間番組ナレーションを担当していた。
  • 羽鳥に関しては『ズームイン!!SUPER』の総合司会に起用されたため『ズームイン!!』を降板した福澤(当時日本テレビアナウンサー)と交代になってしまったが、2007年に福澤がTBSの『ピンポン!』に専念のため勇退し第42回〜第49回まで『ズームイン!!』と兼任で務めていた。
  • ヒロミの妻である松本伊代は、1996年から2000年までフジテレビの『ものまね王座決定戦』の司会を務めていた。
特別司会(コーナー司会等)
  • 宮崎宣子(日本テレビアナウンサー/第29回〜第38回、客席レポーター・第33回は福澤と共に総合司会を担当)
  • 中村克洋(元NHKアナウンサー/時期失念、『NHK風で格調高いメドレーコーナー』担当)
  • 松尾英里子(日本テレビアナウンサー/第42回・第43回)
  • 関根勤(第47回・第48回、「ムリヤリなりきりコレクション」担当)

ほか

出演者[編集]

レギュラー[編集]

そのほかのレギュラー[編集]

過去にレギュラー出演していた者も特別版もしくは通常版にはゲストとして出演する者が多い。

ほか

審査員[編集]

レギュラー審査員[編集]

ゲスト出演が多い審査員[編集]

そのほかの審査員[編集]

ほか

本番組に出演したゲスト(御本人・コーナーゲストなど)[編集]

ほか

姉妹番組[編集]

関連番組[編集]

再放送[編集]

  • 2011年12月よりCS放送の日テレプラスで第1回からの再放送を実施している。ただし、権利上の理由から一部のシーンをカットしている回や、放送が予定されていない回(第5回、第8回、第10回、第11回、第12回、第14回、第15回、第16回、第19回、第20回、第24回)が存在する。

スタッフ[編集]

レギュラースタッフ[編集]

以前のスタッフ[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 番組開始前に『新潟県中越地震』が発生し報道特別番組に変更となり延期。
日本テレビ系列 ものまねバラエティ番組
前番組 番組名 次番組
超豪華!史上最強!
ものまねバトル大賞

ものまねBATTLE

ものまねバトル