石川鷹彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川 鷹彦
生誕 (1943-07-16) 1943年7月16日(73歳)
出身地 日本の旗 日本北海道札幌市
学歴 多摩美術大学
ジャンル フォークソング
職業 ギタリスト
アレンジャー
スタジオ・ミュージシャン
担当楽器 ギター
フラットマンドリン
バンジョー
ブズーキ
共同作業者 六文銭
公式サイト 石川鷹彦オフィシャルサイト
著名使用楽器
マーティン・D-18
マーティン・D-45
ドブロ・ギター

石川 鷹彦(いしかわ たかひこ、1943年7月16日 - )は、北海道札幌市生まれのギタリストアレンジャースタジオ・ミュージシャンである。

来歴[編集]

アコースティックギタリストの草分け的存在。1960年代から活躍し、1968年同じ多摩美術大学小室等とともに六文銭を結成、初期メンバーとして「さよならだけが人生ならば」などを発売している。その後吉田拓郎かぐや姫イルカアリスなどのバック・ギタリストとして1970年代フォークニューミュージックシーンにおいて数多くの演奏を残す。

1992年さだまさしのアルバム『ほのぼの』をプロデュースしてから、さだとの関係が密になり、現在ではさだのバックメンバーとしての活動が多くなっている。このため、さだのコンサートや『NHK紅白歌合戦』などの音楽番組では、さだの後ろでギターを弾いている姿を見ることが出来る。

2006年にはつま恋で行われた拓郎&かぐや姫のコンサートにも、バックメンバーとして出演している。

人物[編集]

アコースティックギターを弾く様々なミュージシャンから尊敬されている。アコースティック以外にも、フラットマンドリンバンジョーブズーキエレキギターリゾネーターギターなどの弦楽器、更に、シンセサイザープログラミングまでをもこなすマルチプレイヤーの先駆け。50本以上のギターを所有している。

また、アレンジャーとしても編曲を手がけたアーティストは数多く、アリス伊勢正三かぐや姫さだまさしダ・カーポ中島みゆき長渕剛松山千春みのや雅彦森田童子森山直太朗吉田拓郎などがいる。

ディスコグラフィー[編集]

  • WORDS (1994年
  • WORDSⅡ (1996年
  • WORDS 3rd (2001年
  • WORDS 3.5 ~Solo Guitar Style~ (2004年
  • WORDS 4 (2007年
  • WORDS BEST 〜KAMUY〜(2008年
  • WORDS BEST 〜Sirius〜(2008年)
  • PLAY FORK SONGS 〜WORDS 4.5〜(2010年

外部リンク[編集]