池玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

池 玲子(いけ れいこ、1953年5月25日 - )は、日本の女優東京都出身。本名:池田 玲子東映ポルノの主演女優の一人である。

来歴[編集]

1971年温泉みみず芸者』で映画主演デビュー。きっかけは、東映天尾完次鈴木則文が週刊誌のグラビアで池を見つけたことからである[1]。当時の池は16歳だったので、天尾と鈴木は池に「(本当の年齢がバレないよう)干支を聞かれたときは間違いないこと」と念押しをしてデビューさせた[2]バスト90cmのグラマラスな肢体で[2]、『女番長』シリーズなどに主演し、1971年のゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞。天尾は池を売り出すのに「ポルノ」という言葉を使ったらどうかと鈴木に提案し、デビュー作のポスターにはこの言葉が使われている[3]

1972年以降は歌手活動しながら、『恐怖女子高校』シリーズ、『不良姐御伝 猪の鹿お蝶』に主演。香港ゴールデン・ハーベストホラー映画悪魔の生首魅影心魔)』にも主演。この作品は同社のレイモンド・チョウが「カンフー映画の次にヒットするのはポルノ映画だ」と考え[4][5]、池を指名したものだった。東映はカンフー映画『ドラゴンへの道』の日本興行権を得ようとし、チョウの条件を受け入れる[6]。東映初の"国際女優"と騒がれ、撮影を終え帰国した池は「香港ではスターは脱がないの。ヌード専門の代役がいて裸は要求されなかったわ。これからは演技力で勝負したい[4]」と話している。1977年5月には覚せい剤所持・同使用の疑い(不起訴)、同年10月にはクラップス賭博によりいずれも逮捕されている。[要出典]テレビドラマでは時代劇アクションドラマ悪女役や、『悪党狩り』では主人公に尽くす後家に扮し、レギュラー出演している。

出演作品[編集]

映画(主演)[編集]

映画(助演)[編集]

 etc.

テレビドラマ[編集]

 etc.

その他テレビ出演[編集]

 etc.

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 A/B面 タイトル 作詞家 作曲家 編曲家 レコード会社 レコード番号 備考
1972.07 A面 変身 なかにし礼 森田公一 馬飼野俊一 ビクター SV-1117
B面 女の赤い血がさわぐ なかにし礼 森田公一 馬飼野俊一 ビクター SV-1117
1973.06 A面 お蝶のブルース 石坂まさを 荒木一郎 池田孝 RCAビクター JRT-1293
B面 女かぞえ唄 荒木一郎 荒木一郎 池田孝 RCAビクター JRT-1293

アルバム[編集]

恍惚の世界[編集]

  • 1971年12月25日発売、テイチク、SL-1375
  • 歌とナレーション:池玲子、伴奏:川原正美とエキゾチック・サウンズ、スキャット:ウイルビーズ、編曲:三沢郷
曲順 タイトル 作詞家 作曲家 元曲
A面① 女はそれをがまんできない 阿久悠 親泊正昇 大信田礼子
A面② よこはまたそがれ 山口洋子 平尾昌晃 五木ひろし
A面③ めまい 安井かずみ 村井邦彦 辺見マリ
A面④ 雨がやんだら なかにし礼 筒美京平 朝丘雪路
A面⑤ 夜明けのスキャット 山上路夫 いずみたく 由紀さおり
A面⑥ さすらいのギター 千家和也 J.リープ・カインド 小山ルミ
B面① 私という女 なかにし礼 鈴木淳 ちあきなおみ
B面② 雨の日のブルース 橋本淳 筒美京平 渚ゆう子
B面③ 恋の奴隷 なかにし礼 鈴木邦彦 奥村チヨ
B面④ 経験 安井かずみ 村井邦彦 辺見マリ
B面⑤ 天使になれない 阿久悠 都倉俊一 和田アキ子
B面⑥ 愛のきずな 加茂亮二 鈴木淳 安倍律子

CD[編集]

  • 恍惚の世界  2006年1月20日発売、TILIQUAレコード、TILAR-5002CD(紙ジャケット、限定盤)、TILAR-5002(通常盤)
  • 女番長ブルース牝蜂の挑戦 サウンドトラック 2009年10月21日発売、SOLID、CDSOL-1316
  • 杉本美樹vs池玲子~女番長流れ者/ふうてんぐらし~ 2006年11月18日発売、SOLID
  • やさぐれ姐御伝 総括リンチ~やさぐれ歌謡最前線 2006年9月23日発売、SOLID

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「十六歳の妖婦 『温泉みみず芸者』」『東映ゲリラ戦記』、12 - 13頁。
  2. ^ a b 「十六歳の妖婦 『温泉みみず芸者』」『東映ゲリラ戦記』、14 - 15頁。
  3. ^ 「十六歳の妖婦 『温泉みみず芸者』」『東映ゲリラ戦記』、15 - 16頁。
  4. ^ a b 週刊朝日』、朝日新聞社、1974年2月22日号、 36頁。1974年8月9日号37頁、1974年9月20日号36頁。
  5. ^ 「ラスト・スケバン・スタンディング8」、『映画秘宝』、洋泉社、2009年9月、 99頁。「ラスト・スケバン・スタンディング9」2009年10月号99頁、「ラスト・スケバン・スタンディング14」2010年4月号101頁、「ラスト・スケバン・スタンディング15」2010年5月号101頁。
  6. ^ 杉作J太郎・植地毅(編著) 『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』 徳間書店1999年、51頁。ISBN 4-19-861016-9

参考文献[編集]