中島ゆたか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
なかじま ゆたか
中島 ゆたか
本名 上野 ゆたか
生年月日 (1952-10-05) 1952年10月5日(66歳)
出生地 茨城県水戸市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 168cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1972年 -
配偶者 あり(1981年 ‐ )
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
くれなゐ
受賞
1973年
日本映画プロデューサー協会 新人賞
1974年
エランドール賞 新人賞
中島ゆたか
プロフィール
公称サイズ(2011年時点)
身長 / 体重 168 cm / 53 kg
BMI 18.8
スリーサイズ 88 - 66 - 88 cm
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 1971年
モデル内容 1971年
ミス・パシフィック
日本代表・世界第2位
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

中島 ゆたか(なかじま ゆたか、1952年10月5日[1][2][3] - )は、日本女優[3]。本名は上野 ゆたか[2]茨城県[1]水戸市出身[4]。身長168cm[2]、体重53kg[3]、血液型はB型[2][3]。所属事務所は東映俳優センター[1]を経て、株式会社サイプロダクション[2]

来歴・人物[編集]

茨城キリスト教学園中学校・高等学校卒業[1][5]。特技は水泳[3]

1971年のミス・パシフィック日本代表に選ばれ、同年の世界大会で第2位入賞[2]

その後はファッションモデルをしていたが[6]1972年、『飛び出せ!青春』第18話「俺に出来ないこともある!」のカメオ出演テレビドラマに出演後[7]、東映の山口和彦監督に勧められ[6]1973年東映入社[6][8][9]八代亜紀のヒット曲を映画化した同年の『夜の歌謡シリーズ 女のみち』に準主役で映画デビューした[3][6]

1974年千葉真一主演作品『激突! 殺人拳』、『直撃! 地獄拳』シリーズ、『ルパング島の奇跡 陸軍中野学校』、『少林寺拳法』、『けんか空手 極真無頼拳』など、ヒロインとして出演する機会が増え、1975年の『トラック野郎 御意見無用』では初代マドンナに扮した[8]

1970年代から1980年代には2時間ドラマにクールな悪女役で常連出演した。

東映の大スターの多くが次々芸能事務所に移籍したため[10]、1980年代には、東映俳優センター所属スターでは、男性のトップは渡瀬恒彦、女性では中島がトップの扱いであった[10]

1981年に結婚。

1982年に長女を出産。

女優業のみならず、旅番組や講演などさまざまな活動を行っている。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

連続ドラマ
単発ドラマ
etc

Vシネマ[編集]

  • 復讐の走査線 殺意の熱い砂〈推理篇〉(1990年、東和)
  • 復讐の走査線 殺意の熱い砂〈解決篇〉(1990年、東和)
  • 江戸むらさき特急 (1995年、アミューズビデオ
  • かげろう 俊のヤクザな毎日 (1997年、ケイエスエス

演劇[編集]

情報[編集]

講演[編集]

  • 生涯学習文化講演会

音楽[編集]

  1. 愛人(1975年、CBS・ソニー/SOLB-234)
  2. 夜なき節(1977年、キングレコード/GK-82)
  3. 嘆きのヒロイン(1979年、エルボンレコード/BON-1021)

その他[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、335頁。
  2. ^ a b c d e f 中島ゆたか”. サイプロダクション. 2017年3月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 中島ゆたか”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月28日閲覧。
  4. ^ 中島ゆたか - 略歴・フィルモグラフィ”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年3月28日閲覧。
  5. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.552
  6. ^ a b c d 『日本映画俳優全集・女優編』 キネマ旬報社1980年、482頁。
  7. ^ a b 飛び出せ!青春”. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2017年3月28日閲覧。
  8. ^ a b 後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(4)「中島ゆたか・トラック野郎 御意見無用」
  9. ^ 東映株式会社 facebook- 『東映女優祭り 三角マークの女神たち』シネマヴェーラ渋谷
  10. ^ a b 『映画情報』、国際情報社、1983年12月号、 27頁。

外部リンク[編集]