菅田将暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すだ まさき
菅田 将暉
生年月日 1993年2月21日(22歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府箕面市
国籍 日本
身長 176 cm[1]
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2009年 -
事務所 トップコート
公式サイト トップコートによる紹介ページ

菅田 将暉(すだ まさき、1993年2月21日 - )は、日本俳優大阪府箕面市出身。トップコート所属。

来歴[編集]

2007年アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選。

2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出される。このコンテストがきっかけで、トップコートに所属が決定した。

2009年、芸名が「菅田 将暉(すだ まさき)」と決まる。同年9月より、平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』にて仮面ライダーシリーズ最年少でフィリップ / 仮面ライダーW(声)役で連続テレビドラマ初出演・初主演を飾り、桐山漣とW主演を務め、放送開始前の8月に公開された『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で特別出演・声の出演のみながら映画初出演、12月に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』で映画初主演を務めた。

人物[編集]

  • 趣味・特技はダンスギターピアノ漫画サッカーアメフトお笑い銭湯
  • 銭湯に行くのが好きで、電気風呂に頭蓋骨まで浸かると体の歪みが取れる(気がする)と発言している。又、サウナの時間にもこだわりがある。(サウナ12分→水風呂→サウナ7分→水風呂→サウナ5分)
  • お笑い芸人の野性爆弾が好き。
  • 学生時代は王子と呼ばれていた。
  • 上京する為に部活を辞める際、辛くて涙が止まらず真反対の事をしようとしてアダルトビデオを見た。 (結局涙が止まりはしなかった)
  • 幼い頃にピアノを習っていて、人の前で歌うのには慣れている。
  • 小さい頃はとにかくやんちゃで、蜂の巣を叩きまくっていた。
  • 学生時代の将来の夢は、数学先生になる事だった。
  • 高校の春休みにさまざまなテレビ局や雑誌の編集部へマネージャーと共にあいさつ回りをするために東映本社を訪れた際、仮面ライダーWのプロデューサーである塚田英明と偶然に出会い翌日にある仮面ライダーWのオーディションの誘いを受け、約2000人もの参加者の中から桐山漣とともに平成11代目ライダーの主演の座を手に入れる。
  • 映画で女装する役の為に体重を15~6㎏の減量をするなど、演技に関してとてもストイックである。
  • 4つ下の弟と6つ下の弟がいる。
  • 洋服や古着が好きであり、ファッションセンスも独特である。周りからはチンピラなどと呼ばれたりもする。
  • タックの入った太めのスラックスが好きで、30本以上持っている。
  • ダイヤモンドレモンという関東地方に売っている地サイダーが取り寄せる程好き。
  • 牛乳がとても好きであり、食事の際は必ず牛乳と一緒に食べる。
  • 甘い物が苦手だが、フランス菓子のカヌレは幼少期から食べており、好物だと発言している。
  • 朝にとても弱い。
  • 好きなタイプの女性はエキゾチックで、鼻の高い女性、一緒に居て落ち着けるような人、明るくて好奇心旺盛な女性と発言している。
  • 恋人とどのように過ごしたいかと聞かれ、真面目な事もアホな事もしたい、バカップルを演じられるような彼女だと最高と発言している。

受賞歴[編集]

2013年度
2014年度
2015年度
  • 第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演男優賞(『民王』)[5]
2016年度

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

Webドラマ[編集]

舞台[編集]

MV[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

雑誌[編集]

書籍[編集]

  • 1st写真集『スダマサキッス』(2010年7月23日)
  • 菅田将暉セカンド写真集 『DA-SU』(2011年7月1日)(主婦と生活社)
  • アーティストブック『20+1』(2014年2月21日)(ワニブックス)

脚注[編集]

  1. ^ 菅田将暉 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑
  2. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
  3. ^ 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、KADOKAWA2014年8月22日、 22-26頁。
  4. ^ “大泉洋、コメディー俳優としての評価に不満顔?”. シネマトゥデイ. (2014年11月22日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068357 2014年11月25日閲覧。 
  5. ^ 遠藤憲一「民王」4冠喜ぶ「菅田将暉くんと獲れたことがうれしい」”. スポニチ (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  6. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年1月21日閲覧。
  7. ^ テレビドカッチ (2011年8月16日). “南沢奈央&菅田将暉が共演!『初恋の味』は1話1分で3夜連続放送の青春ラブコメディ”. 2014年5月25日閲覧。
  8. ^ モデルプレス (2014年4月13日). “菅田将暉、銀髪の“悪魔”に変身 嵐・大野智と意気投合”. 2014年5月25日閲覧。
  9. ^ webザテレビジョン (2014年11月6日). “大阪出身の菅田将暉“記憶に残るドラマになれば” 「二十歳と一匹」で阪神・淡路大震災への思いを語る!”. 2014年11月21日閲覧。
  10. ^ webザテレビジョン (2014年11月7日). “渡部篤郎、菅田将暉が乱歩賞受賞のサスペンスに出演!”. 2014年11月21日閲覧。
  11. ^ 「すだまさき」が「さだまさし」になる”. デイリースポーツ online (2015年3月23日). 2015年5月12日閲覧。
  12. ^ 遠藤憲一が“女子力”高い大学生に 『民王』連ドラ化で菅田将暉とW主演”. ORICON STYLE (2015年5月12日). 2015年5月12日閲覧。
  13. ^ “明石家さんま、青春時代の恋愛実話が初ドラマ化 菅田将暉が熱演”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2062228/full/ 2015年11月14日閲覧。 
  14. ^ 映画.com (2011年12月20日). “人気漫画「王様とボク」映画化 菅田将暉が主演デビュー”. 2014年5月25日閲覧。
  15. ^ コミックナタリー (2013年4月17日). “「男子高校生の日常」が実写映画化、3バカに菅田将暉ら”. 2014年5月25日閲覧。
  16. ^ 毎日新聞デジタル (2013年4月17日). “菅田将暉:「年々、欲深くなっている」 映画「そこのみにて光輝く」ほか出演作が目白押し”. 2014年5月25日閲覧。
  17. ^ 映画.com (2014年2月3日). “「闇金ウシジマくん Part2」に菅田将暉、窪田正孝、柳楽優弥ら旬の若手が参戦”. 2014年5月25日閲覧。
  18. ^ CINRA.NET (2014年8月25日). “能年玲奈主演『海月姫』から菅田将暉の女装ビジュアル、原作・東村アキコは「超感動」”. 2014年8月27日閲覧。
  19. ^ CinemaCafe.net (2014年8月25日). “美男子・菅田将暉の絶品“女装”姿お披露目! 映画『海月姫』”. 2014年10月4日閲覧。
  20. ^ 映画.com (2013年10月10日). “森川葵&菅田将暉がペアルック 「チョコリエッタ」撮影風景を入手!”. 2014年5月25日閲覧。
  21. ^ 映画.com (2014年10月4日). “森川葵&菅田将暉の「チョコリエッタ」15年1月に公開決定 東京国際映画祭にも出品”. 2014年10月4日閲覧。
  22. ^ 映画.com (2014年8月27日). “Hey! Say! JUMP山田涼介、実写版「暗殺教室」で映画初主演!”. 2014年8月27日閲覧。
  23. ^ モデルプレス (2014年10月13日). “多部未華子&綾野剛「ピース オブ ケイク」追加キャスト発表”. 2014年10月13日閲覧。
  24. ^ CINRA.NET (2015年1月14日). “NEWS加藤の小説『ピンクとグレー』を行定勲が映画化、出演に中島裕翔、菅田将暉ら”. 2015年1月23日閲覧。
  25. ^ 柳楽、菅田、菜奈、虹郎共演の青春群像劇が来夏公開、監督は真利子哲也”. 映画ナタリー (2015年8月3日). 2015年8月3日閲覧。
  26. ^ 門脇麦、長谷川博己を尾行…映画単独初主演で禁断の行為にのめり込む”. シネマトゥデイ (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。
  27. ^ 門脇麦の主演作「二重生活」公開日決定、菅田将暉ら捉えた場面写真も到着”. 映画ナタリー (2016年1月6日). 2016年1月7日閲覧。
  28. ^ 佐々木希×菅田将暉×市原隼人×杏×木村佳乃ら!中村倫也主演作に主役級キャスト集結”. シネマトゥデイ (2015年6月30日). 2015年6月30日閲覧。
  29. ^ 池松壮亮&菅田将暉がW主演 ほぼ全編“しゃべる”だけの会話劇”. ORICON (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  30. ^ 映画「DEATH NOTE」続編は東出昌大、池松壮亮、菅田将暉の三つ巴戦”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。
  31. ^ オリコンスタイル (2010年12月22日). “舞台版『タンブリング』続編決定! 菅田将暉が舞台初主演”. 2014年5月25日閲覧。
  32. ^ チケットぴあ (2014年5月22日). “表現者・菅田将暉が蜷川幸雄の舞台で新境地に挑む”. 2014年5月25日閲覧。
  33. ^ 佐々木希、勝負リップは「女性らしい色」 こだわりトークに笑顔”. ORICON (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  34. ^ 菅田将暉、au「三太郎」CMで“鬼役”に松田桃太郎と軽妙な掛け合い”. ORICON STYLE (2015年9月17日). 2015年9月17日閲覧。
  35. ^ 菅田将暉、下着モデル抜てき 無防備な表情見せる”. ORICON STYLE (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 吉本興業創立100周年特別企画 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ作品。

外部リンク[編集]