菅田将暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すだ まさき
菅田 将暉
生年月日 (1993-02-21) 1993年2月21日(24歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府箕面市[1]
身長 176 cm[2]
血液型 A型[2]
職業 俳優歌手
ジャンル テレビドラマ
映画
CM
活動期間 2009年[2] -
事務所 トップコート
公式サイト トップコートによる紹介ページ
主な作品
映画
共喰い
そこのみにて光輝く
海月姫
ディストラクション・ベイビーズ
セトウツミ
何者
デスノート Light up the NEW world
溺れるナイフ
キセキ -あの日のソビト-
帝一の國
あゝ、荒野
テレビドラマ
仮面ライダーW
問題のあるレストラン
民王
ラヴソング
地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子
CM
AU三太郎』シリーズ
コカ・コーラファンタ
住友生命保険『1UP』シリーズ

菅田 将暉(すだ まさき[3]1993年2月21日[3] - )は、日本俳優歌手大阪府箕面市出身[1]トップコート所属。

俳優業[編集]

略歴[編集]

2007年アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが、落選する[1][4]

2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出される[1][4]。このコンテストがきっかけで、トップコートに所属が決定[1][4]

2009年9月より、平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』(テレビ朝日)にて仮面ライダーシリーズ最年少でフィリップ / 仮面ライダーW(声)役で連続テレビドラマ初出演・初主演を飾り[4]桐山漣とダブル主演を務め、放送開始前の8月に公開された『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で特別出演・声の出演のみながら映画初出演、12月に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』で映画初主演を務めた[4]

2013年、主演した『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した[4][5]

2016年オリコンによる調査で2016年度のブレイク俳優1位を獲得。

2017年NHKおんな城主 直虎』で大河ドラマ初出演。映画では『キセキ -あの日のソビト-』に主演し、グリーンボーイズとしてCDデビューを果たした。同年4月3日から『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)でレギュラーパーソナリティを担当する。

俳優としての特徴[編集]

  • デビュー直後はアイドル的な仕事が多かったが「共喰い」のオーディションを受けて以降は文芸作品やマイナー系作品にも積極的に出演し、そちらを「自分のホーム」と呼んでいる。 その一方で漫画実写化などメジャー作品も多く、アイドル性と演技派の二面性を兼ね備えていると称されている[6]。幅広い役柄をこなすことでも知られ、「そこのみにて光輝く」での貧困家庭のチンピラ役から、「民王」の入れ替わった総理大臣役と、いわばヒエラルキーの底辺からトップにいる人間を演じている。
  • 演技は非常に感覚的と言われ、山戸結希監督は「役に対しても理性的なアプローチをされてるのかと予想していた」が、「現場に入ると「この人は本当に天才なのだ」と思うことがすごく多かった」とし「形式的な役からは零れ落ちる、もっと美味しい部分がはみ出ているというか、自分でも自分の力を持て余しているような印象」を受けたという[7]兼重淳監督は菅田の印象を「キャラクター像を感性で感じ取り、ヒュッと役に入っていく。入り込んでいるからアドリブでも延々とできる人」と語っている[8]
  • 役作りのために頻繁に髪型や髪の色、体型を変化させている。2016年は後半から「あゝ、荒野」でのボクサー役で体重にして20kgも差があるヤン・イクチュンと階級を合わせるため最大15kgも増量して肉体改造を行い[9]、2016年年末から「帝一の國」ではガリ勉高校生のため標準より減量、2017年夏からは大河ドラマの井伊直政役で着物の似合う体型にするため再び増量[10]、と短期間で増減を繰り返した。また2015年の「海月姫」で女装をした際は10kg以上の減量と骨盤矯正を行い普段からハイヒールで生活して女性らしい体型をつくった[11]
  • 同じく漫画の実写作品の多い山崎賢人がラジオにゲスト出演した際は、互いを「実写やりすぎ俳優」として比較する企画を行った。しかし菅田の方は少女漫画原作や恋愛映画への出演がほとんどなく、初めて少女マンガ原作の主演となった「溺れるナイフ」ではヒロインの首を締めながら顔面に唾を吐くというクレイジーな役で、期待していた胸キュンものではなかったと自嘲している。[12]
  • 人生の転機には「共喰い」の青山真治監督との出会いをあげ、そこで衣装部や照明部と並ぶ映画の一部門としての「俳優部」という考え方を学んだ。また影響を受けた俳優には「共喰い」で両親役だった田中裕子光石研の名をあげている[13]


音楽業[編集]

2013年 - 2017年:初期の経歴、グリーンボーイズ[編集]

2013年2月23日、都内で開催した20歳の誕生日イベント「DAASUU LAND2013」の中で、フジファブリックの「茜色の夕日」をピアノの弾き語りで披露した。菅田が人前でピアノを演奏するのは小学生以来で、この日の為に1か月間猛練習した[14]2016年1月9日放送のトークバラエティ番組さんまのまんま』に出演。かつてバラエティ番組で、司会の明石家さんま役を演じたことに触れ、さんまを演じるにあたって練習した吉田拓郎の「人生を語らず」の弾き語りを披露した[15]。同年12月5日放送のバラエティ番組しゃべくり007』で、休日の過ごし方として「ギターを弾く」ことを挙げ、父親に貰ったギターでさだまさしの「関白宣言」を弾き語りした[16]。さらに、司会の上田晋也からの無茶ぶりで、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「ドロップ」も演奏した[17]

2016年12月22日、同年11月20日から放送されていたauサッカー日本代表を応援するCM「au BLUE CHALLENGE」(「三太郎シリーズ」)の「応援」編で使用されていた楽曲を歌っていたのが菅田であることが公表された。同日公開されたウェブCMでは「アジア最終予選- ROAD TO RUSSIA」のダイジェスト映像とともに、菅田が歌い上げる姿が公開された[18]

2017年1月27日、音楽グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡を描いた映画『キセキ -あの日のソビト-』に出演。共演の成田凌横浜流星杉野遥亮と共に劇中でGReeeeNが誕生するきっかけとなった前身グループグリーンボーイズを結成。1月24日にCDデビュー。1月7日さいたまスーパーアリーナで行われたGReeeeNのライブ「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!?ル〜デル〜デ♪』」に登場し、オープニングアクトを務めた[19]1月20日放送の『ミュージックステーション』に初出演し、「キセキ」と「声」を歌唱した[20]。GReeeeNのデビュー日と同日である1月24日、「グリーンボーイズ」でCDデビューを果たした[21]オリコンチャートでは最高4位を記録した[22]

2017年 - 現在:ソロ歌手デビュー[編集]

2017年3月21日頃、菅田は自身のTwitterで「今夜19時、とある場所にてとある映像を解禁します。みんなに見てもらえるかな」と告知。同日午後7時、渋谷駅前のスクランブル交差点5面ビジョンで一斉にauのCM曲として起用されていた曲「見たこともない景色」でソロ歌手としてデビューすることが発表され、同時にミュージック・ビデオが公開された[23]。また、今後俳優業と並行して、音楽活動も行っていくことも発表された[24]。同年4月28日に、収録曲及びアートワークが公開され、5月1日放送のラジオ番組菅田将暉のオールナイトニッポン』で、カップリング曲「ばかになっちゃったのかな」が初オンエアされた[25]5月26日放送の音楽番組『ミュージックステーション』のコーナーの中で、「ばかになっちゃったのかな」のミュージック・ビデオが初公開された[26]。その翌週に『ミュージックステーション』にソロ歌手として初出演し、「見たこともない景色」を番組のトリで披露した。なお、バンドメンバーには、映画『何者』でタッグを組んだカラスは真っ白を迎えた[27]。「見たこともない景色」は6月7日に発売され、音楽批評家からは賛否両論の評価を受けたが[28][29][30]オリコンチャートで最高5位[31]Billboard Japan Hot 100では最高3位を記録した[32]

「見たこともない景色」の発売日である2017年6月7日に菅田将暉本人名義としては初となるライブイベントを渋谷・WWW Xで開催。これはシングルの予約購入者とiTunesでの予約注文者が対象の応募抽選により、招待制で開催されたものであり、420名の招待枠に約1万件の応募が殺到した[33]。ライブでは、「見たこともない景色」とそのカップリング曲「ばかになっちゃったのかな」に加え、映画『何者』の劇中でも歌唱した忘れらんねえよのカバー「まだ知らない世界」を弾き語りした[34]

2017年7月3日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『菅田将暉のオールナイトニッポン』の中で、2枚目のシングル「呼吸」を8月30日に発売することを発表。表題曲は、菅田が初めて作詞に参加したラブソングである[35]7月17日放送の同番組内で曲が初公開された[36]7月21日、16年ぶりにスペシャル番組として復活した音楽番組『LOVE LOVE あいしてる』に出演。トークコーナーでは、父の影響で番組MCの吉田拓郎の大ファンであることを告白し、音楽コーナーでは、菅田のリクエストで吉田拓郎の「今日までそして明日から」をKinKi Kids、拓郎らと共にギターを弾きながらセッションした[37]11月米津玄師のアルバム『BOOTLEG』の収録曲「灰色と青(+菅田将暉)」に参加[38]又吉直樹の小説を原作とする映画火花』の主題歌としてW主演を務める桐谷健太と共に、ビートたけしの「浅草キッド」をカバー[39]

歌手としての特徴[編集]

影響

菅田が音楽と触れたきっかけは、祖父スナックを経営していたからであった。小さい頃は、家族みんなで歌っていたが、声変わりをして高音が出なくなってからは、カラオケボックスや歌うことも好きではなくなった。歌から遠ざかり、学生時代は音楽を聴いていなかったが、19歳の頃、映画『共食い』の撮影中にフジファブリックの「茜色の夕日」に出会ったことで、音楽の力を体感した。影響を受けた音楽として、フジファブリック、吉田拓郎andymori忘れらんねえよの名前を挙げている[40]。「この世で一番好きなラブソング」として、石崎ひゅーいの「花瓶の花」を挙げている[41]

ボーカル

オリコンは、映画『キセキ -あの日のソビト-』の予告編を見る限りでは、相当な歌唱クオリティを持っており、ただの「番宣デビュー」にしては本格的とコメント。また、エンターテインメント雑誌編集者の話として、歌の上手い俳優はいるが、菅田のように歌(声)までも本人に成り切る俳優は、そうそういないと伝えた[42]。「ロッキング・オン」の峯岸利恵は、「見たこともない景色」のレビューの中で、菅田は俳優として「場に溶け込みながらも存在感を出すこと」に長けていたが、そのポテンシャルは歌い手としても表れていると評価している[28]。一方、音楽批評家の石黒隆之は、菅田には高畑充希と同様に「この人は歌っている自分が好きなだけなんじゃないか」と思わせてしまうところがあり、長澤まさみのように曲やシチュエーションによって声のトーンを変えようともしないと指摘。それは音楽そのものに無頓着だからであり、チャーミングではないと述べた[30]。菅田の歌声は、BUMP OF CHICKEN藤原基央[43]RADWIMPS野田洋次郎[44]のそれと比較されている。


人物[編集]

受賞歴[編集]

出演[編集]

主演は役名を太字で表記。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

(日本テレビ『誰も知らない明石家さんま 史上最大のさんま早押しトーク』内ドラマ)

劇場アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

MV[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

吉野家公式通販「サラ牛」(2017年7月) ※佐藤二朗と共演[104][105]

雑誌[編集]

書籍[編集]

  • 1st写真集『スダマサキッス』(2010年7月23日)(主婦と生活社)
  • 菅田将暉セカンド写真集 『DA-SU』(2011年7月1日)(主婦と生活社)
  • 集英社ピンキー文庫『お嬢様、狼には気をつけて』(著:彩音りん、2012年2月24日)(集英社) - カバーモデル
  • アーティストブック『20+1』(2014年2月21日)(ワニブックス)

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 認定 収録アルバム
オリコン[108] Japan Hot 100
2017年1月24日 グリーンボーイズ(グリーンボーイズ[注 2] 4
1st 2017年6月7日 見たこともない景色[注 3] 5 3[111]
2nd 2017年8月30日 呼吸 10 13[113]

参加作品[編集]

発売年 作品名 最高順位 認定 収録アルバム
Japan Hot 100
2017年 灰色と青(+菅田将暉)米津玄師 3[114] BOOTLEG
 浅草キッド(菅田将暉×桐谷健太

ミュージック・ビデオ[編集]

作品 監督 出典
2017年 見たこともない景色(Short Ver.) 関和亮 [115]
見たこともない景色 [116]
ばかになっちゃったのかな 島田大介 [117]
呼吸 田辺秀伸 [118]
灰色と青(+菅田将暉) 山田健人 [119]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 吉本興業創立100周年特別企画 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ作品。
  2. ^ 映画『キセキ -あの日のソビト-』から誕生したグループ。
  3. ^ サッカー日本代表を応援することを目的としたau「au BLUE CHALLENGE」のCMソング。2016年12月22日から2017年1月22日まで限定配信された後[109]、シングル化された[110]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 菅田将暉 (2016年6月9日). 中学時代はモテなかった? 菅田将暉「大阪では誰も僕のことを知らなかった」. インタビュアー:林真理子. dot.,週刊朝日.. https://dot.asahi.com/wa/2016060700131.html 2016年11月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d 菅田将暉”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月2日閲覧。
  3. ^ a b PROFILE 菅田将暉”. TOP COAT公式ホームページ. TOP COAT GROUP. 2016年12月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f “オーディション落選が“転機”だった菅田将暉”. REAL LIVE. (2014年11月20日). http://npn.co.jp/article/detail/30297097/ 2016年1月1日閲覧。 
  5. ^ a b 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
  6. ^ “菅田将暉の人気の秘密は二面性、アイドル性と俳優魂”. 日経ウーマンオンライン. (2017年7月28日). http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/192326/041200027/?P=1&nkns=woman%2F%3Fn_cid%3DLMNST001 2017年11月13日閲覧。 
  7. ^ “菅田将暉は"秀才に見えて天才" 自分でもコントロールしきれない力を感じる俳優 - 監督は語る”. マイナビニュース. (2016年11月17日). http://news.mynavi.jp/articles/2016/11/17/oboreruknife2/ 2017年11月13日閲覧。 
  8. ^ “松坂桃李&菅田将暉の魅力を監督が語る”. 映画ナタリー. (2017年7月4日). http://natalie.mu/eiga/news/239325 2017年11月13日閲覧。 
  9. ^ “菅田将暉、役作りで最大15キロ増量”. モデルプレス. (2015年5月11日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1717665 2017年11月13日閲覧。 
  10. ^ “菅田将暉、大河ドラマに向けて体づくり開始「男たるものムキムキに!」”. オールナイトニッポン.com. (2017年7月28日). http://www.allnightnippon.com/news/20170728-7001/ 2017年11月13日閲覧。 
  11. ^ “菅田将暉 服作りと結びつく役作り 妥協せずストイックに”. スポニチアネックス. (2017年6月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/13/kiji/20170613s00041000092000c.html 2017年11月13日閲覧。 
  12. ^ “山崎賢人&菅田将暉、互いの“実写やりすぎ問題”を改めて検証 明確な違いが判明?”. モデルプレス. (2017年8月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1668913 2017年11月13日閲覧。 
  13. ^ “菅田将暉、アイドルになる予定だった?「ずっと泣いてた」過去を変えた転機”. モデルプレス. (2017年3月7日). https://mdpr.jp/news/detail/1709024 2017年11月13日閲覧。 
  14. ^ “菅田将暉、20歳の誕生日イベントで「感謝」の号泣”. オリコン. (2013年2月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2021973/full/ 2017年7月22日閲覧。 
  15. ^ “菅田将暉が演じた若き日の自分役にさんま感心!「芝居、好きなんやな」”. シネマカフェ. (2015年12月26日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/26/36701.html 2017年7月22日閲覧。 
  16. ^ “菅田将暉の「関白宣言」にスタジオ拍手「鳥肌立った」”. モデルプレス. (2016年12月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1643295 2017年7月22日閲覧。 
  17. ^ “綾野剛や菅田将暉も…カメレオン俳優に「ギター上手」は必須なのか!?”. AERA. (2017年2月14日). https://dot.asahi.com/dot/2017021400023.html 2017年7月22日閲覧。 
  18. ^ “菅田将暉、auのCM楽曲歌っていた 収録姿も公開”. オリコン. (2016年12月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2083463/full/#vk 
  19. ^ “菅田将暉ら“グリーンボーイズ”初ライブパフォーマンスは「大興奮でカオス状態」 1万6千人に「キセキ」届ける”. モデルプレス. (2017年1月7日). https://mdpr.jp/music/detail/1652992 2017年7月22日閲覧。 
  20. ^ “菅田将暉の歌声にネットが騒然 「グリーンボーイズ」がテレビ初歌唱”. オリコン. (2016年1月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2084780/full/ 2017年7月22日閲覧。 
  21. ^ “菅田将暉ら演じるグリーンボーイズCDデビュー Loppi・HMV限定セットも発売”. HMV. (2016年). http://www.hmv.co.jp/fl/10/1580/1/ 2017年7月22日閲覧。 
  22. ^ “グリーンボーイズ(初回生産限定盤)”. オリコン. (2017年). http://www.oricon.co.jp/prof/689781/products/1212237/1/ 2017年7月22日閲覧。 
  23. ^ “菅田将暉、6・7ソロ歌手デビュー「これまでにないワクワク」”. オリコン. (2017年3月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2087829/full/ 2017年7月22日閲覧。 
  24. ^ “菅田将暉、ソロ歌手デビュー!音楽活動をスタート”. シネマトゥデイ. (2017年3月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0090427 2017年7月22日閲覧。 
  25. ^ “菅田将暉デビューシングルのカップリングをANNで初OA、アートワークも公開”. ナタリー. (2017年4月28日). http://natalie.mu/music/news/230681 2017年7月22日閲覧。 
  26. ^ “菅田将暉の“休日”切り取った「ばかになっちゃったのかな」MV、今夜Mステで解禁”. ナタリー. (2017年5月26日). http://natalie.mu/music/news/234267 2017年7月22日閲覧。 
  27. ^ “菅田将暉、MステでTV初披露のソロデビュー曲「見たこともない景色」熱唱 圧巻の歌唱力が反響呼ぶ”. モデルプレス. (2017年6月2日). https://mdpr.jp/news/detail/1691285 2017年7月22日閲覧。 
  28. ^ a b “今週の一枚 菅田将暉『見たこともない景色』”. ロッキング・オン. (2017年6月6日). http://ro69.jp/blog/ro69plus/161789 2017年7月22日閲覧。 
  29. ^ “菅田将暉、ソロデビュー曲「見たこともない景色」で見せる“泥臭さ” 素の自分で勝負するシンガーへ”. Real Sound. (2017年6月2日). http://realsound.jp/2017/06/post-79732.html 2017年7月22日閲覧。 
  30. ^ a b “菅田将暉がソロ歌手デビュー。お上手でも魅力がない原因は”. 女子SPA!. (2017年4月7日). https://joshi-spa.jp/685209 2017年7月22日閲覧。 
  31. ^ “6/19付週間シングルランキング1位はKis-My-Ft2の「PICK IT UP」”. オリコン. (2017年6月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2092334/full/ 2017年6月15日閲覧。 
  32. ^ “Japan Hot 100”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年5月19日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100&year=2017&month=06&day=19 2017年5月15日閲覧。 
  33. ^ “菅田将暉、応募殺到のソロデビューライブ「見たこともない景色です」”. BARKS. (2017年6月7日). https://www.barks.jp/news/?id=1000143008 2017年7月22日閲覧。 
  34. ^ “菅田将暉、CDデビュー記念で初ライブ開催。生歌披露で420人を魅了”. T-SITE. (2017年6月7日). http://www.ro69.jp/news/detail/161870 2017年7月22日閲覧。 
  35. ^ “菅田将暉、2ndシングルは自身作詞のラブソング「呼吸」”. ナタリー. (2017年7月4日). http://natalie.mu/music/news/239338 2017年7月22日閲覧。 
  36. ^ “菅田将暉、自身作詞のラブソングを今夜「オールナイトニッポン」で解禁”. ナタリー. (2017年7月17日). http://natalie.mu/music/news/241095 2017年7月22日閲覧。 
  37. ^ “「LOVE LOVE あいしてる」16年ぶり復活!菅田将暉がKinKi Kidsらとセッション”. ナタリー. (2017年5月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0091596 2017年7月22日閲覧。 
  38. ^ “菅田将暉が米津玄師の新曲に参加、ミュージックビデオも公開”. ナタリー. (2017年10月11日). http://natalie.mu/eiga/news/252174 2017年10月23日閲覧。 
  39. ^ “菅田将暉&桐谷健太、たけし名曲「浅草キッド」カバー配信開始”. オリコン. (2017年11月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2100653/full/ 2017年11月15日閲覧。 
  40. ^ “菅田将暉、音楽活動と向き合う“本気度”の正体 『NEWS ZERO』密着映像を観て”. Real Sound. (2017年6月16日). http://realsound.jp/2017/06/post-83470.html 2017年7月22日閲覧。 
  41. ^ “菅田将暉「この世で一番好きなラブソング」を熱く語る 石崎ひゅーいと対談”. クランクイン!. (2016年5月19日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/43129 2017年7月22日閲覧。 
  42. ^ “菅田将暉、歌手にまで“憑依”できる稀代の演技者”. オリコン. (2016年11月9日). http://www.oricon.co.jp/special/49513/ 2017年7月22日閲覧。 
  43. ^ “『Mステ』菅田将暉ソロデビュー 歌声を聞いたファンが想像したアーティストは…”. T-SITE. (2017年6月2日). http://top.tsite.jp/news/geinou01/i/35881984/ 
  44. ^ “RAD?BUMP?いえ、菅田将暉です! au「見たこともない景色」WEB限定CMフルヴァージョン公開!”. T-SITE. (2017年3月17日). http://top.tsite.jp/entertainment/j-pop/i/34774069/index 
  45. ^ “菅田将暉、NHKドラマでバイオリン&落語&ギターを披露!バンド結成に意欲も”. 映画.com. (2015年5月11日). http://eiga.com/news/20150521/16/ 2017年8月27日閲覧。 
  46. ^ 菅田将暉 パワーの源は服作り 秘密のアジトで無心になり一針一針”. スポニチ (2017年6月13日). 2017年8月27日閲覧。
  47. ^ 菅田将暉、井手口弾に興奮「歴史的な日」 少年時代に対戦も「ボコボコ」に完敗
  48. ^ 菅田将暉、“注目選手”井手口のゴールに歓喜 スコア予想もピタリ的中
  49. ^ 【ELLE】お笑いが大好きな菅田くんのイチオシ芸人は?|いま最も気になる男の子、菅田将暉くんに大接近!|エル・オンライン”. 【ELLE】ファッション・セレブ最新情報|エル・オンライン (2014年4月22日). 2016年5月11日閲覧。
  50. ^ 菅田将暉の名前は何と読む!?”. デイリースポーツ online (2016年4月13日). 2017年1月10日閲覧。
  51. ^ 菅田将暉. 【インタビュー】菅田将暉という23歳の自然体、そして内なる光を宿した “幻影”. インタビュアー:Wakako Shudo. THE FASHION POST.. http://fashionpost.jp/portraits/91739 2017年2月22日閲覧。 
  52. ^ a b 菅田将暉の父は拓郎ファン 吉田本人は「不幸なご家族だな」”. デイリースポーツ online (2017年3月8日). 2017年3月30日閲覧。
  53. ^ 菅田将暉を悩ます“出たがり父” 息子に「吉田拓郎を紹介しろ」”. デイリー新潮. 新潮社 (2017年3月9日). 2017年3月30日閲覧。
  54. ^ CINRA.NET (2015年12月26日). “菅田将暉が演じた若き日の自分役にさんま感心!「芝居、好きなんやな」”. 2017年3月30日閲覧。
  55. ^ 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、KADOKAWA2014年8月22日、 22-26頁。
  56. ^ “大泉洋、コメディー俳優としての評価に不満顔?”. シネマトゥデイ. (2014年11月22日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068357 2014年11月25日閲覧。 
  57. ^ 遠藤憲一「民王」4冠喜ぶ「菅田将暉くんと獲れたことがうれしい」”. スポニチ (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  58. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年1月21日閲覧。
  59. ^ “菅田将暉、“お父さん”吉川晃司との授賞式に「運動会みたい」と声弾ませる”. 映画ナタリー. (2016年11月21日). http://natalie.mu/eiga/news/210194 2016年11月22日閲覧。 
  60. ^ “『ベストドレッサー賞』に菅田将暉、松下奈緒、『ジョジョ』荒木氏ら”. ORICON STYLE. (2016年12月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2082236/full/ 2016年12月1日閲覧。 
  61. ^ 2016年ブレイク俳優 菅田将暉が1位”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年12月14日). 2016年12月15日閲覧。
  62. ^ 映画.com (2011年12月20日). “人気漫画「王様とボク」映画化 菅田将暉が主演デビュー”. 2014年5月25日閲覧。
  63. ^ コミックナタリー (2013年4月17日). “「男子高校生の日常」が実写映画化、3バカに菅田将暉ら”. 2014年5月25日閲覧。
  64. ^ 毎日新聞デジタル (2013年4月17日). “菅田将暉:「年々、欲深くなっている」 映画「そこのみにて光輝く」ほか出演作が目白押し”. 2014年5月25日閲覧。
  65. ^ 映画.com (2014年2月3日). “「闇金ウシジマくん Part2」に菅田将暉、窪田正孝、柳楽優弥ら旬の若手が参戦”. 2014年5月25日閲覧。
  66. ^ CINRA.NET (2014年8月25日). “能年玲奈主演『海月姫』から菅田将暉の女装ビジュアル、原作・東村アキコは「超感動」”. 2014年8月27日閲覧。
  67. ^ CinemaCafe.net (2014年8月25日). “美男子・菅田将暉の絶品“女装”姿お披露目! 映画『海月姫』”. 2014年10月4日閲覧。
  68. ^ 映画.com (2013年10月10日). “森川葵&菅田将暉がペアルック 「チョコリエッタ」撮影風景を入手!”. 2014年5月25日閲覧。
  69. ^ 映画.com (2014年10月4日). “森川葵&菅田将暉の「チョコリエッタ」15年1月に公開決定 東京国際映画祭にも出品”. 2014年10月4日閲覧。
  70. ^ 映画.com (2014年8月27日). “Hey! Say! JUMP山田涼介、実写版「暗殺教室」で映画初主演!”. 2014年8月27日閲覧。
  71. ^ モデルプレス (2014年10月13日). “多部未華子&綾野剛「ピース オブ ケイク」追加キャスト発表”. 2014年10月13日閲覧。
  72. ^ CINRA.NET (2015年1月14日). “NEWS加藤の小説『ピンクとグレー』を行定勲が映画化、出演に中島裕翔、菅田将暉ら”. 2015年1月23日閲覧。
  73. ^ 佐々木希×菅田将暉×市原隼人×杏×木村佳乃ら!中村倫也主演作に主役級キャスト集結”. シネマトゥデイ (2015年6月30日). 2015年6月30日閲覧。
  74. ^ 柳楽、菅田、菜奈、虹郎共演の青春群像劇が来夏公開、監督は真利子哲也”. 映画ナタリー (2015年8月3日). 2015年8月3日閲覧。
  75. ^ 門脇麦、長谷川博己を尾行…映画単独初主演で禁断の行為にのめり込む”. シネマトゥデイ (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。
  76. ^ 門脇麦の主演作「二重生活」公開日決定、菅田将暉ら捉えた場面写真も到着”. 映画ナタリー (2016年1月6日). 2016年1月7日閲覧。
  77. ^ 池松壮亮&菅田将暉がW主演 ほぼ全編“しゃべる”だけの会話劇”. ORICON (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  78. ^ “佐藤健「何者」に主演!有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生と就活疑似体験で四苦八苦”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年3月11日). http://eiga.com/news/20160311/1/ 2016年3月11日閲覧。 
  79. ^ 映画「DEATH NOTE」続編は東出昌大、池松壮亮、菅田将暉の三つ巴戦”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。
  80. ^ “小松菜奈&菅田将暉「溺れるナイフ」で恋愛映画W主演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/07/kiji/K20160307012171500.html 2016年3月7日閲覧。 
  81. ^ 映画「帝一の國」赤場帝一役は菅田将暉!原作は本日発売のSQ.で完結”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年4月4日). 2016年4月4日閲覧。
  82. ^ 「銀魂」新八は菅田将暉、神楽は橋本環奈!長澤まさみ、岡田将生らも出演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月4日). 2016年8月4日閲覧。
  83. ^ a b 映画.com (2016年7月23日). “菅田将暉&ヤン・イクチュン、寺山修司の「あゝ、荒野」映画化でボクシングに挑戦”. 2016年7月29日閲覧。
  84. ^ “菅田将暉×桐谷健太W主演で「火花」映画化!板尾創路監督に又吉は全幅の信頼”. 映画.com. (2017年2月14日). http://eiga.com/news/20170214/2/ 2017年2月15日閲覧。 
  85. ^ 「となりの怪物くん」が実写映画化!菅田将暉と土屋太鳳のW主演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年5月15日). 2017年5月15日閲覧。
  86. ^ テレビドカッチ (2011年8月16日). “南沢奈央&菅田将暉が共演!『初恋の味』は1話1分で3夜連続放送の青春ラブコメディ”. 2014年5月25日閲覧。
  87. ^ モデルプレス (2014年4月13日). “菅田将暉、銀髪の“悪魔”に変身 嵐・大野智と意気投合”. 2014年5月25日閲覧。
  88. ^ webザテレビジョン (2014年11月6日). “大阪出身の菅田将暉“記憶に残るドラマになれば” 「二十歳と一匹」で阪神・淡路大震災への思いを語る!”. 2014年11月21日閲覧。
  89. ^ webザテレビジョン (2014年11月7日). “渡部篤郎、菅田将暉が乱歩賞受賞のサスペンスに出演!”. 2014年11月21日閲覧。
  90. ^ 「すだまさき」が「さだまさし」になる”. デイリースポーツ online (2015年3月23日). 2015年5月12日閲覧。
  91. ^ 遠藤憲一が“女子力”高い大学生に 『民王』連ドラ化で菅田将暉とW主演”. ORICON STYLE (2015年5月12日). 2015年5月12日閲覧。
  92. ^ “明石家さんま、青春時代の恋愛実話が初ドラマ化 菅田将暉が熱演”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2062228/full/ 2015年11月14日閲覧。 
  93. ^ 菅田将暉、4月期“月9”で憧れの福山雅治と初共演”. スポーツ報知 (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  94. ^ “菅田将暉、水10ドラマで作家役 主演・石原さとみの「お役に立ちまっせ」”. ORICON STYLE. (2016年9月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2077692/full/ 2016年9月1日閲覧。 
  95. ^ 菅田将暉、大河初出演に気合「キレキレでかっこいい直政を演じる」”. ORICON STYLE (2016年7月12日). 2016年7月12日閲覧。
  96. ^ “『君の名は。』の東宝が仕掛ける次のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が発表! 監督に新房昭之氏。声優には宮野真守さん、広瀬すずさん、菅田将暉さん”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2016年12月8日). http://animatetimes.com/news/details.php?id=1481161438 2016年12月8日閲覧。 
  97. ^ U-NEXT
  98. ^ オリコンスタイル (2010年12月22日). “舞台版『タンブリング』続編決定! 菅田将暉が舞台初主演”. 2014年5月25日閲覧。
  99. ^ チケットぴあ (2014年5月22日). “表現者・菅田将暉が蜷川幸雄の舞台で新境地に挑む”. 2014年5月25日閲覧。
  100. ^ 佐々木希、勝負リップは「女性らしい色」 こだわりトークに笑顔”. ORICON (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  101. ^ 菅田将暉、au「三太郎」CMで“鬼役”に松田桃太郎と軽妙な掛け合い”. ORICON STYLE (2015年9月17日). 2015年9月17日閲覧。
  102. ^ 菅田将暉、下着モデル抜てき 無防備な表情見せる”. ORICON STYLE (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  103. ^ 菅田将暉とピエール瀧が吉野家CMで共演、演出は山崎貴が担当”映画ナタリー (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  104. ^ 食後の血糖値上昇をおだやかにする“サラ牛””. 吉野家公式通販ショップ. 2017年7月15日閲覧。
  105. ^ 【吉野家】菅田将暉の背後には…佐藤二朗が扮するあの”仏"?やりとりが面白すぎる(監督:福田雄一)”. 吉野家公式YouTubeチャンネル「yoshinoyaofficial」 (2017年7月6日). 2017年7月15日閲覧。
  106. ^ “マイペースな若手社員演じる菅田将暉が1UP “もうママとは呼ばない””. ORICON STYLE. (2016年6月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2073916/full/ 2016年6月24日閲覧。 
  107. ^ “菅田将暉、新CMでタキシード姿 歌も披露”. ORICON STYLE. (2016年11月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/29/index.html 2016年11月29日閲覧。 
  108. ^ 菅田将暉のシングル売上ランキング”. オリコン. 2017年9月6日閲覧。
  109. ^ “菅田将暉が歌うサッカー日本代表応援ソング、フルver解禁”. 音楽ナタリー. (2016年12月22日). http://natalie.mu/music/news/214325 2016年12月22日閲覧。 
  110. ^ “菅田将暉がCDデビュー、音楽活動スタートに「今の僕にしかできないことがある」”. 音楽ナタリー. (2017年3月22日). http://natalie.mu/music/news/225443 2017年3月29日閲覧。 
  111. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan (2017年6月19日). 2017年6月15日閲覧。
  112. ^ “レコ協 6月度有料配信認定、AI「Story」が2ミリオン”. Musicman-NET. (2017年7月20日). http://www.musicman-net.com/business/69256.html 2017年7月22日閲覧。 
  113. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan. 2017年6月15日閲覧。
  114. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan (2017年10月23日). 2017年10月23日閲覧。
  115. ^ 見たこともない景色(Short Ver.)” (2017年). 2017年4月2日閲覧。
  116. ^ 見たこともない景色”. スペースシャワーTV (2017年). 2017年5月26日閲覧。
  117. ^ 菅田将暉の“休日”切り取った「ばかになっちゃったのかな」MV、今夜Mステで解禁”. 音楽ナタリー (2017年5月26日). 2017年5月26日閲覧。
  118. ^ 呼吸”. スペースシャワーTV (2017年8月30日). 2017年8月26日閲覧。
  119. ^ 米津玄師、新曲「灰色と青」に菅田将暉が参加 「菅田くんでなければ絶対に成立しないと思った」”. リアルサウンド (2017年10月11日). 2017年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]