山戸結希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまと ゆうき
山戸 結希
本名 山戸 結希
生年月日 1989年
職業 映画監督
ジャンル 青春映画
活動期間 2012年 -
公式サイト http://y-yamato.com/

山戸 結希(やまと ゆうき、1989年 - )は、日本映画監督愛知県出身。研音所属。

概略[編集]

上智大学文学部哲学科卒業。在学時に撮影した『あの娘が海辺で踊ってる』が評価される。少女を主題とした作品を中心に映画を作り続けており、中でも少女の過剰な自意識の描き方が評価されている[1]

来歴[編集]

処女作発表とその反響[編集]

刈谷市立小垣江小学校[2]刈谷市立依佐美中学校卒業[2][3]。中学校時代は読書を好み、特に哲学的なものを読んでいた[4]。大学では倫理学を専攻し[5]、研究者を目指していたが[6]、大学2年次の終わりに「言葉だけでは表現できないものがある」と考えるようになる[7]。その後大学3年次で映画研究会に所属し[注釈 1]、独学で『あの子が海辺で踊ってる』を撮影する[10][11][12]。同作が第24回東京学生映画祭で審査員を務めた井土紀州の賞賛を受け[13]、審査員特別賞を受賞[14]。これをきっかけとして他の監督から声が掛けられるようになり[15]、週刊誌で取り上げられるなど[16]、活動の幅が広がった。2012年11月10日からポレポレ東中野にて『あの娘が海辺で踊ってる』を自主配給で上映し、当時無名の新人ながら同館のレイトショー動員を記録するヒットとなり注目を集めた[11]。同時期に、初の商業作品となるMV『パヒパヒ』で商業デビューを果たした[17]。その後松本シネマセレクトアワードで「恐るべき子ども賞」を受賞するなどの成果を上げ[18]、期待されるようになった[19]

商業活動の開始以降[編集]

第13回東京フィルメックスでは学生審査員を務め[20]、受賞理由についてのコメントを述べた[21][22]。これが彼女にとって、最初の審査員としての参加であった。2013年4月にはMOOSIC LAB 2013にて『おとぎ話みたい』が公開され、グランプリほか3冠を獲得した[23][24]。大学卒業後も映画監督としての活動を続けている。針谷建二郎が東京女子流を使った映画について、直井卓俊が山戸を推薦し[25]『5つ数えれば君の夢』が企画された[4]。2014年3月に同作は商業で初の長編映画として公開され、渋谷シネマライズの監督最年少記録を達成した他[26]、同年6月に開催されたテアトル新宿での「観ずに死ねるか!傑作青春シネマ」特集で2010年代を代表する最新作として選出された[27]。また本作は12月に劇場公開された際には連日満員となり、テアトル新宿の実写・レイトショー作品の初週動員記録を13年ぶりに更新した[28]

2016年より研音に所属[29]。同年3月、ギャガのアニメ事業参入を発表するイベントに出席し[30]、10月にジョージ朝倉原作の漫画『溺れるナイフ』の監督に抜擢されたことが報道された[31]。5月には第28回東京学生映画祭に実写部門での審査員として参加した[32]

作風[編集]

主題
思春期の少女たちを主人公とした青春映画が多い。アイドルになろうとする少女が頻繁に登場するが、山戸がアイドルに造詣が深いからというわけではなく[25]、消費される立場の女性のあり方に関心があるからとしている[33]。脚本に関しては人物を中心に据える場合と物語を中心に据える場合があり、『あの子が海辺で踊ってる』は前者[34]、『5つ数えれば君の夢』は後者となる[25]。2014年のインタビューでは初期は少女を描き切りたいといい、男性を主人公に映画を撮ることも考えているが、将来の展望については明言していない[4]。この「男性の主人公を描く」という話は『溺れるナイフ』にて達成された[35]。真鍋新一は「5つ数えれば君の夢」について、インディーズのとがった雰囲気とメンバーの個性が両立した、王道的なアイドル映画であると評価した[36]
言葉
独特の台詞回しに定評がある[33]。これらの言葉は短い時間で作られている。実際に『あの子が海辺で踊ってる』の脚本は一晩で完成され[34]、『5つ数えれば君の夢』では台詞が少なく時間が短くなってしまったため、台詞を足しながら撮影を行った[25]
姿勢
中森明夫は『あの子が海辺で踊ってる』を見て、山戸の作品について技術より観念が先に来ている点がジャン=リュック・ゴダールに近いと主張している[37]

作品[編集]

映画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

「NO SOS」(2013年)
「AND YOUNG」(2013年)
「COSMOS」 (2014年)
ごめんね ずっと…」 (2015年)
ハルジオンが咲く頃」 (2016年)
「はじまりのうた」 (2016年)
「光」 (2016年)
「Be with」 (2017年)
世界はどこまで青空なのか?」 (2017年)

寄稿[編集]

  • 「映画のためには生きられない」(『キネマ旬報』2013年1月下旬号掲載)
  • 「私が月に帰るまで」(『もっと!』vol.2掲載)
  • 「惹かるる理由を話したならば」(『すばる』2013年7月号掲載)
  • 「番格ロックのかつて鳴る部屋」(『ジャズ批評』2013年7月号掲載)
  • 「この始まり直すことの許されなさ」(『観ずに死ねるか!傑作青春シネマ』[27]掲載)
  • 「君を得る(きみをうる)」(『文藝』2014年秋号掲載)
  • 「どのように物語ることができるだろうか」(『キネマ旬報』2014年10月上旬号掲載)
  • 「ネタモト」(『ケトル』2015年2月号掲載)
  • 映画『太陽』パンフレット
  • 「人生を変える本。」(『an・an』2016年6月号掲載)
  • 「君がポカリを飲む頃は」(『Maybe!』2016年6月号掲載)

受賞歴[編集]

※賞が特例として作られたものは太字で表示する。

2012年
  • 『あの娘が海辺で踊ってる』
第24回東京学生映画祭 実写部門 審査員特別賞[10]
  • 『Her Res 〜出会いをめぐる三分間の試問3本立て〜』
第34回ぴあフィルムフェスティバル PFFアワード2012 入選[11][39]
2013年
  • 『おとぎ話みたい』
MOOSIC LAB 2013 グランプリ
  • 『あの娘が海辺で踊ってる』『Her Res 〜出会いをめぐる三分間の試問3本立て〜』
2012年松本CINEMAセレクト・アワード 恐るべき子ども賞[23]
2015年
  • 『おとぎ話みたい』
第24回日本映画プロフェッショナル大賞ベスト10 第10位
  • 『おとぎ話みたい』『5つ数えれば君の夢』
第24回(2014年度)日プロ大賞個人賞 新人監督賞[40]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この経緯に関しては資料によって内容に差異があるが[5][8][9]、いずれも大学3年次に部長として活動していた点は共通している。

出典[編集]

  1. ^ ソーシャルトレンドニュース編集部 (2015年10月13日). “ジョージ朝倉の『溺れるナイフ』まさかの実写映画化!監督は26歳の新鋭・山戸結希”. Social Trend News. 2015年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月29日閲覧。
  2. ^ a b 刈谷の星 刈谷市
  3. ^ 森山敏男 (2014年2月22日). “愛知)映画監督・山戸さん、母校で撮影の映画上映”. 朝日新聞. 2014年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月30日閲覧。
  4. ^ a b c Yamauchi, Eri (2014年4月1日). “インタビュー 山戸結希”. SHIFT 日本語版. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月21日閲覧。
  5. ^ a b challenge 山戸結希”. jagzzi. 2016年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月23日閲覧。
  6. ^ 川田十夢AR三兄弟 長男→山戸結希”. QONVERSATIONS. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月21日閲覧。
  7. ^ 木村文洋×山戸結希×高橋和博クロストーク採録◆4/20「愛のゆくえ(仮)×あの娘が海辺で踊ってる(完全版)」上映を終えて”. HEATHAZE. p. 1 (2013年5月8日). 2013年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月25日閲覧。
  8. ^ 山戸結希「言葉だけではみえない世界へ」、『映画はどこにある: インディペンデント映画の新しい波』、フィルムアート社、2014年2月1日ISBN 9784845913060[要ページ番号].
  9. ^ 少女たちの輝きを残したくて 山戸結希監督 映画「5つ数えれば君の夢」”. SankeiBiz×EX SANKEI EXPRESS (2014年3月14日). 2015年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月23日閲覧。
  10. ^ a b 白玉 (2012年6月2日). “第24回東京学生映画祭授賞式-グランプリは多摩美術大学映画研究会「故郷の詩」に”. ミニシアターに行こう。. 2015年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月29日閲覧。
  11. ^ a b c 金子厚武; 永峰拓也 (2015年1月13日). “ポップカルチャーにしか救えないこと おとぎ話・有馬和樹×山戸結希”. CINRA.NET. 2015年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月21日閲覧。
  12. ^ 山戸結希監督映画『おとぎ話みたい』 (2015年11月12日). “山戸結希とのいちばん最後で最初の出会い方”. 2016年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月4日閲覧。
  13. ^ 井土紀州 (2012年5月27日). “井土紀州 (@eigagumin) Twitter 2012年5月27日”. 2016年3月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月7日閲覧。
  14. ^ 山戸結希 「山戸結希『Her Res 〜出会いをめぐる試問3本だて〜』『あの娘が海辺で踊ってる』」、『SPOTTED701』 第20巻、2012年8月21日ASIN B008QSVO4Y [要ページ番号].
  15. ^ 木村文洋×山戸結希対談◆4/20「愛のゆくえ(仮)×あの娘が海辺で踊ってる(完全版)」上映の前に”. HEATHAZE. p. 1 (2013年4月6日). 2013年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月25日閲覧。
  16. ^ 「今年くる顔16人の武器/処女を描く女子大生映画監督」、『フライデー (雑誌)』、講談社、東京、2013年1月25日2013年1月11日閲覧。[要ページ番号].
  17. ^ MOOSIC LAB 台風の目!嵐を呼ぶ!モーレツ新人監督・山戸結希『あの娘が海辺で踊ってる』がオーディトリウム渋谷で再上映決定!”. MOOSIC LAB (2013年1月6日). 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月25日閲覧。
  18. ^ 松本CINEMAセレクト 山戸結希 監督”. NPO法人 コミュニティシネマ 松本CINEMAセレクト (2013年1月20日). 2013年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月2日閲覧。
  19. ^ タレントデータバンク プロフィール詳細 山戸結希”. タレントデータバンク. 2016年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月29日閲覧。
  20. ^ 山戸結希. “「第13回東京フィルメックス」「学生審査員賞」審査を終えて”. 第13回東京フィルメックス. 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月2日閲覧。
  21. ^ せきね (2012年12月9日). “■東京フィルメックス■学生審査員賞レポート!!”. 東京学生映画祭. 2016年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月30日閲覧。
  22. ^ 深谷直子 (2013年1月11日). “インタビュー 高橋泉 (映画監督) 映画『あたしは世界なんかじゃないから』について”. intro. 2015年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月30日閲覧。
  23. ^ a b 「MOOSIC LAB 2013」グランプリ他各賞決定”. MOOSIC LAB (2013年4月25日). 2013年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月23日閲覧。
  24. ^ [速報]MOOSIC LAB 2013グランプリ他各賞決定&4.26(金)最終日上映スケジュール発表!”. MOOSIC LAB (2013年4月25日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月2日閲覧。
  25. ^ a b c d 深谷直子 (2014年3月11日). “インタビュー 山戸結希”. intro. 2016年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月25日閲覧。
  26. ^ 山戸結希監督作品『おとぎ話みたい』”. LOAD SHOW (2014年10月24日). 2015年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月21日閲覧。
  27. ^ a b 出版記念特集上映会”. 観ずに死ねるか!傑作青春シネマ邦画編 (2014年). 2015年3月21日閲覧。
  28. ^ 映画『おとぎ話みたい』【テアトル新宿】公開1週目・レイトショー作品の動員記録歴代1位を樹立!”. CINEMA TOPICS ONLINE (2014年12月14日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月21日閲覧。
  29. ^ 映画監督所属「山戸 結希」”. 研音オフィシャルサイト (2016年1月1日). 2016年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月29日閲覧。
  30. ^ ギャガがアニメ事業に参入!ラインナップ発表に是枝裕和監督&山戸結希監督も出席”. 映画.com (2016年3月23日). 2016年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月2日閲覧。
  31. ^ ジョージ朝倉『溺れるナイフ』が実写映画化、監督は山戸結希”. CINRA.NET (2015年10月13日). 2015年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月28日閲覧。
  32. ^ 第28回東京学生映画祭が今週末開催、審査員に清水崇や山戸結希”. ナタリー (2016年5月24日). 2016年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月29日閲覧。
  33. ^ a b 塩谷智之 (2014年4月28日). “日本映画界の大型ハリケーンが巻き起こす新世代ジェンダー論”. Vice Japan. 2014年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月23日閲覧。
  34. ^ a b 前沢芽 (2012年11月7日). “監督処女作が一般上映!~上智大学・山戸結希さん”. メンター・ダイアモンド. 2014年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月26日閲覧。
  35. ^ “小松菜奈&菅田将暉「溺れるナイフ」で恋愛映画W主演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/07/kiji/K20160307012171500.html 2016年3月7日閲覧。 
  36. ^ 原田和典 (2016年4月25日). “第54回 音楽評論家・歌謡曲研究家の馬飼野元宏さんと真鍋新一さんを迎えて、アイドル・ファン3世代座談会 その4”. dot.. 2016年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月2日閲覧。
  37. ^ 直井卓俊. “『あの娘が海辺で踊ってる』大ヒット&再上映記念対談!中森明夫(作家/アイドル評論家)×山戸結希(映画監督) (pdf)”. 2016年6月23日閲覧。
  38. ^ 役所広司、小松菜奈出演、中島哲也監督作『渇き。』BD/DVD発売”. TOWER RECORDS ONLINE (2014年12月17日). 2016年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月14日閲覧。
  39. ^ 2012年:第34回ぴあフィルムフェスティバル PFFアワード2012”. ぴあフィルムフェスティバル オフィシャルサイト (2012年). 2016年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月23日閲覧。
  40. ^ 日本映画プロフェッショナル大賞”. 日プロ大賞実行委員会 (2015年3月27日). 2015年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]