中森明夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中森 明夫(なかもり あきお、本名:柴原 安伴しばはら やすとも[1])、1959年1月1日-)は日本のコラムニスト編集者三重県志摩市出身。おたくという語の育ての親。ペンネームは、中森明菜からとったもの。

人物・経歴[編集]

中学卒業後、三重県立明野高校に入学するも一年の夏休み明けに自主退学。その後、東京で生計を立てていた兄の手引きで上京。最終学歴は明治大学附属中野高等学校中退と自称するも、実際には1979年大正大学文学部哲学科中国学コース入学、1983年中退[2]

1982年7月、ミニコミ誌ブームの中で、エンドウユイチ(現:遠藤諭)達と共に、サブカルチャー総合ミニコミ誌の『東京おとなクラブ』を創刊[3]。同誌の発行人となり、NHK少年ドラマシリーズやCMなどを特集し、1985年まで不定期刊で5号まで出す。ペンネームは歌手の中森明菜にちなんで、エンドユイチから命名された[4]

1983年に『漫画ブリッコ』誌上で1983年6月号から9月にかけて『東京おとなクラブ』出張版として「『おたく』の研究」を連載した[5]。この中で、ガンダムファンやカリオストロファンなどの「異様さ」をあげつらい、「この頃やたら目につく世紀末的ウジャウジャネクラマニア少年達」を「おたく」と蔑称する。この「おたく」とは、少年たちが第三者に声をかける際に使用した「お宅(おたく)は……」という呼びかけが始まりで、以前より一部業界関係者が少年らを指して「オタクくん」などと呼んでいたものであるが、この記事掲載により一気に全国的に広まった。この記事が読者からの反発を受け、編集長の大塚英志も「おたく」を差別用語として連載を打ち切り、1983年12月号を最後に連載中止になった[6][7][8]

1980年代半ばから浅田彰に認められ[9]1985年に『朝日ジャーナル』誌の「新人類の旗手たち」コーナーに登場。売れないライターだったのがこれをきっかけに取材依頼が殺到し、テレビ出演するなど世に出ることになる[10]。以後、新しい世代のサブカルチャーの担い手として注目を浴び、田口賢司および野々村文宏と共に"新人類3人組"と呼ばれた。なお、中森本人は「新人類」という概念は信じておらず、来た仕事が断る理由もなく引き受けていたという[9]。『朝日ジャーナル』にはフリーで駆け出しの仕事をしていた頃より関わっていたが、筑紫哲也が同誌編集長の時期に『若者たちの神々』を連載していた頃、山崎浩一泉麻人とともに「宮武外骨の『滑稽新聞』をやってくれ」という依頼を受けた際、山崎や泉とは対照的に一人『神々製造業者御用!』という『若者たちの神々』を皮肉った記事を書いて問題になったという。[11]

1985年に『宝島』の1985年6月号から連載したオムニバス小説「東京トンガリキッズ」で小説家デビュー。1987年に単行本化。1988年の小説『オシャレ泥棒』は翌1989年に宮沢りえ主演でTBSでテレビドラマ化された[12]

1987年にタレントの後藤久美子のタレント本『ゴクミ語録』を取材編集し、さらに前述のドラマ原作となった『オシャレ泥棒』の執筆で女性アイドルと携わるようになり、以後はアイドル評論家を名乗っている[10]1991年に宮沢りえ、観月ありさ牧瀬里穂の当時人気の3人のをコラムで「3M」と名付けてちょっとした流行語になるが、宮沢りえの母親に「一緒にするな」と怒られたという[13][14]

1989年東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件宮﨑勤が逮捕されおたくという概念がクローズアップされる。ほぼ全てのマスメディアが宮崎勤を糾弾する中、宮崎を擁護する論陣を張った大塚英志の姿勢(マスコミの、オタク=犯罪者という図式の恣意的な偏向報道を批判しただけで、宮崎の犯罪行為を擁護した訳ではない)に感銘し、大塚と週刊誌での対談記事で再会した後、大塚らと共著で1989年に『Mの世代 ぼくらとミヤザキ君』を刊行[15]。しかし同書を出版したことで仕事はキャンセルされ、友人を失い、脅迫電話や脅迫状で脅されることになったという[16]

1990年代は『SPA!』誌上で「ニュースな女たち」と「中森文化新聞」を10年以上にわたって連載[17]。さらに、1996年にはチャイドルという語を創始し[14][18]、1990年代後半のチャイドルブームの仕掛け人となった。村上綾歌岡明子りりあんせがわきりなどを発掘した。

1997年林真理子の小説『ワンス・ア・イヤー』文庫版に寄せた解説が、2008年に林本人から「林真理子論として最高」と言われていると感謝される[19]

2001年には、慶應義塾大学非常勤講師としてポップメディア史を教えた。

2005年、文芸評論家から無視されてきた山田悠介の『親指さがし』の解説を寄せた。

2008年に『野性時代』誌で20年ぶりの小説となる「学校で愛するということ」を連載[10]

2010年、50歳にして、初の純文学作品『アナーキー・イン・ザ・JP』を発表[20]。第24回三島由紀夫賞候補に挙がった[21]

コラム連載[編集]

著書[編集]

  • 『東京トンガリキッズ』(JICC出版局、1987年)のち角川文庫
  • 『オシャレ泥棒』(マガジンハウス、1988年)
  • 『瞳に星な女たち』(太田出版、1993年)
  • 『アイドルにっぽん』(新潮社、2007年)
  • 『女の読み方』(朝日新書、2007年)
  • 『学校で愛するということ』(角川書店、2009年)
  • 『アナーキー・イン・ザ・JP』(新潮社、2010年)のち文庫 
  • 『午前32時の能年玲奈』(河出書房新社、2013年)
  • 『寂しさの力』新潮新書、2015

共著[編集]

出典[編集]

  1. ^ 宝泉薫、ファッシネイション編『歌謡曲という快楽 雑誌『よい子の歌謡曲』とその時代』彩流社、2002年、p.54
  2. ^ 宅八郎『中森明夫エピソード2 - サブカルダメA級戦犯、中森明夫の生き様!!』(マイウェイ出版刊『日本列島ウラ情報Vol.4』掲載原稿『日本をダメにしたA級戦犯はコイツだ!』を改稿したもの)。宅によると生年も1959年と偽称。
  3. ^ 吉本たいまつ『おたくの起源』NTT出版、2009年、pp.175
  4. ^ 「my subculture Akio Nakamori interview」『サブカルチャー世界遺産』サブカルチャー世界遺産選定委員会、扶桑社、2001年、p.15
  5. ^ 大塚英志『「おたく」の精神史 1980年代論』講談社現代新書、2004年、pp.27-28
  6. ^ 中森明夫「僕が『おたく』の名付け親になった事情」『別冊宝島104 おたくの本』JICC出版局、1989年、pp.89-100
  7. ^ 吉本たいまつ『おたくの起源』NTT出版、2009年、pp.122-124
  8. ^ 「my subculture Akio Nakamori interview」『サブカルチャー世界遺産』サブカルチャー世界遺産選定委員会、扶桑社、2001年、p.16
  9. ^ a b 「my subculture Akio Nakamori interview」『サブカルチャー世界遺産』サブカルチャー世界遺産選定委員会、扶桑社、2001年、p.16,20
  10. ^ a b c 中森明夫「アタシジャーナル48 ブレイク寸前の48歳です。」『週刊朝日』2008年2月22日号、p.105
  11. ^ 「サブカル『真』論」(宮台真司、他)、ウェイツ、2005年、p.134-137
  12. ^ オシャレ泥棒、TBSチャンネル公式サイト内
  13. ^ 中森明夫「アタシジャーナル119 宮沢りえの思い出」『週刊朝日』2009年3月20日号、p.109
  14. ^ a b 中森明夫「アタシジャーナル151 沢尻エリカを心配する」『週刊朝日』2009年11月6日号、p.105
  15. ^ 中森明夫「『Mの世代』の宿命」『サブカルチャー世界遺産』サブカルチャー世界遺産選定委員会、扶桑社、2001年、pp.250-251
  16. ^ 香山リカ「秋葉原無差別殺傷事件と宮崎勤の死刑執行」『』2008年8月号、p.65
  17. ^ 長薗安浩「『週刊誌』コラムで構築した日本の九〇年代論 『女の読み方』中森明夫」『週刊朝日』2007年12月21日号、p.86
  18. ^ 中森明夫Twitter 2010年12月21日
  19. ^ 林真理子「マリコのゲストコレクション 402 中森明夫」『週刊朝日』2008年2月22日号、pp.52-56
  20. ^ 中森明夫「『大逆事件』から百年 元祖・肉食系男子、大杉栄の『恋』と『革命』」『新潮45』2010年11月号、pp.126-133
  21. ^ 第24回 三島由紀夫賞受賞作品発表 新潮社公式サイト内 2011年5月17日

外部リンク[編集]