この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

志田未来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しだ みらい
志田 未来
生年月日 (1993-05-10) 1993年5月10日(23歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
身長 150cm[1]
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画など
活動期間 1999年 -
活動内容

1999年セントラル子供劇団入団
2005年:『女王の教室
2006年研音へ移籍

2009年:『誰も守ってくれない
事務所 研音
公式サイト 志田未来 -OFFICIAL WEB SITE-
主な作品
テレビドラマ
女王の教室
14才の母
探偵学園Q
正義の味方
小公女セイラ
信長のシェフ
映画
誰も守ってくれない
借りぐらしのアリエッティ

志田 未来(しだ みらい、1993年平成5年)5月10日 - )は、日本女優である。神奈川県出身。研音所属。

略歴

受賞

人物

  • 好きな食材のひとつにツナを挙げており、缶詰から直接スプーンですくって食べるのが1番美味しいと語っている[12]一時期は[いつ?]特定のメーカーの商品一辺倒であった。現在はどのメーカーの商品も食する。
  • 小学生時代は放送部、中学はバドミントン部に所属。バドミントン部は“屋内の運動部”ということで入部。ただ、試合には出たことはなかったという[13]。高校では風紀委員を務めた[12]
  • 読者の[要追加記述]考えた『ドラえもん』の「源静香」役で1位、『サザエさん』の「ワカメちゃん」役で2位に選ばれた[14]

出演

※役名が太字のものは主演作品

テレビドラマ

映画

舞台

  • オレアナ(2015年11月6日 - 11月29日、東京・PARCO劇場 / 以降、愛知・福岡・広島・大阪で順次公演) - キャロル 役[2]
  • 母と惑星について、および自転する女たちの記録(2016年7月7日 - 7月31日、東京・PARCO劇場 / 以降、仙台・新潟・北九州・大阪で順次公演) - シオ 役[24][25]

劇場アニメ

オリジナルビデオ

吹き替え

プロモーションビデオ

  • ROCK'A'TRENCH「Every Sunday Afternoon」(2008年8月、ワーナーミュージック・ジャパン)

インターネットテレビ

バラエティ

ドキュメンタリー

  • ザ・ノンフィクション(フジテレビ) - ナレーション
    • 「愛はみえる 全盲夫婦の“たからもの”」(2009年6月28日)
    • 「わすれない それからの家族……」(2012年7月15日)
  • Earth friendlyスペシャル「北極圏3000キロ!白夜の大航海 ホッキョクグマの聖地を行く」(BS朝日、2012年9月1日) - ナレーション
  • 報道ステーション(テレビ朝日、2013年5月15日) - ナレーション
  • あきらめない〜福島・名門野球部の1200日〜(2014年8月23日、BSフジ) - ナレーション[28]
  • ヨーロッパいちばん旅行記(2014年10月17日 - 、BS朝日) - ナレーション[29]
  • ホテルの窓から〜見る知る歩く世界の街〜(2014年11月6日、BS日テレ) - 語り

ラジオ

CM

カタログ・パンフレット

Webサイト

  • 志田未来日記 研音グループ KEN-ON Message(2006年6月-)
  • 志田マネ日記 研音グループ 携帯サイト KEN-ON Message(2006年9月-)
  • きょうの未希事 NTV 14才の母 公式サイト(2006年12月)
  • 志田未来がK-Shopに来店! Yahoo!JAPAN KEN-ON オフィシャルチャンネル(2008年11月)
  • 動く!!写真集 「しろあそび、あかあそび。」 ほか 角川ザテレビジョン 携帯サイト(2009年3月)
  • 志田未来さんがドラマの見所を紹介する 未来の予告、TBS 小公女セイラ 公式サイト(2009年10月)
  • 小公女セイラ プレミアムブログ かんたん&かわいいブログ yaplog!(2009年10月)

主なイベント

  • ハウルの動く城 大サーカス展 入場者80600人(ハウル)突破記念式典 東京都現代美術館(2005年8月)
  • 握手会 書泉ブックマート(2007年5月)
  • 日本テレビ夏休みキャンペーン 学校って、なに? みんなの学校(2007年7月)
  • 東京ゲームショウ2007 幕張メッセ(2007年9月)
  • 握手会 リブロ池袋本店(2008年11月)
  • サンタバーバラ国際映画祭(2009年1月)
  • 半日店長、握手会 書泉グランデ(2009年11月)
  • '09-'10イルミネーション点灯式(マックカフェツリー ほか)、TBS 赤坂サカス(2009年11月)
  • パームスプリングス国際映画祭(2010年1月)
  • 借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展 内覧会/開会式 東京都現代美術館(2010年7月)
  • 「未来 〜小さいですけどなにか?〜」発売イベント 渋谷文教堂書店(2012年3月)

グッズ

  • オカっ仔メ携帯ストラップ
  • カレンダー 2008年、2009年、2010年、2011年
  • 携帯充電器
  • 志田未来×ハローキティ 色差しストラップ、色差し根付け、角ミラー、ぬいぐるみ、ボールペン、メモ帳
  • 14才・15才・16才の未来アルバムセット
  • 16才の未来 等身大タオル、等身大抱き枕(カバー)
  • 小公女セイラ×メゾピアノジュニア ジャンパスカート、ブラウス、ヘアゴム
  • 生写真セット
  • ビーズクッション
  • プリクラ風シール

デジタル写真+ムービー作品集

  • 志田未来『ひだまり』(2012年8月31日、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信、撮影:MARRON.、動画:三浦洋平)

書籍

写真集

新聞

  • 朝日新聞 第2部(2007年1月1日)(表紙)
  • 讀賣新聞夕刊 未来の目線 (2007年10月12日)(連載)
  • 日本経済新聞 平成人きらり 20年の節目迎えた平成(2008年1月1日)
  • 日本骨髄バンクニュース(2008年12月、骨髄移植推進財団)(表紙)

雑誌

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(14歳のキモチ「ハートマーク」ノート)が含まれています詳細
  • AERA(2007年4月9日号、朝日新聞社)(表紙)
  • 週刊ザテレビジョン 志田未来 14歳のキモチ♡ノート (2007年9月、角川ザテレビジョン)(連載)
  • 週刊ザテレビジョン 志田未来のピュアエッセー 15歳の未来形 (2008年5月、角川ザテレビジョン)(連載)
  • 週刊ザテレビジョン/月刊ザテレビジョン 志田未来の気ままなひとりごと 16歳の未来色 (2009年5月、角川マーケティング)(連載)
  • GALAC ぎゃらく(2009年12月、放送批評懇談会)(表紙)
  • ART NEWS TOKYO(2010年6月、東京都歴史文化財団)(表紙)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ “志田未来、好きなタイプは「阿部寛さん」”. 日刊スポーツ. (2012年3月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120331-926309.html 2016年9月8日閲覧。 
  2. ^ a b 志田未来がセクハラ訴える女子大生役、田中哲司と二人芝居『オレアナ』”. CINRA.NET (2015年6月11日). 2015年9月19日閲覧。
  3. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞:【第46回&新人俳優賞】志田未来”. ザテレビジョン. 2007年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月31日閲覧。
  4. ^ TV LIFE年間ドラマ大賞 受賞リスト”. TV Life. 2015年3月31日閲覧。
  5. ^ 第44回奨励賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2015年3月31日閲覧。
  6. ^ 志田未来が史上最年少で「橋田賞」新人賞を受賞”. The Real Live Web. 2015年3月31日閲覧。
  7. ^ 研音・グループ沿革”. 研音. 2015年3月31日閲覧。
  8. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞:【第58回&主演女優賞】志田未来”. ザテレビジョン. 2008年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月31日閲覧。
  9. ^ 【日本アカデミー賞】新人俳優賞・水嶋ヒロ、映画製作にも意欲”. オリコンキャリアニュース. 2015年3月31日閲覧。
  10. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2015年3月31日閲覧。
  11. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞:【第63回&主演女優賞】志田未来”. ザテレビジョン. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月31日閲覧。
  12. ^ a b “【エンタがビタミン♪】“正義感のかたまり”志田未来の大好物は、“ツナの缶詰””. Techinsight. (2010年8月11日). http://japan.techinsight.jp/2010/08/zu-muin_sidamirai1008101125.html 2013年11月27日閲覧。 
  13. ^ 美的★WOMAN JOURNAL Vol.17 志田未来”. ORICON STYLE (2009年10月28日). 2013年11月27日閲覧。
  14. ^ 2008年1-2月、週刊ザテレビジョン[要文献特定詳細情報]
  15. ^ 上川が痴漢冤罪事件に挑む テレ朝系ドラマSP「検事の死命」”. 中日スポーツ (2015年11月10日). 2015年11月10日閲覧。
  16. ^ “「とと姉ちゃん」新キャストに志田未来ら3人”. SANSPO.COM. (2016年5月27日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160527/geo16052716130033-n1.html 2016年5月27日閲覧。 
  17. ^ “「とと姉ちゃん」追加キャスト3人が発表!”. スポーツ報知]]. (2016年5月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160527-OHT1T50058.html 2016年5月27日閲覧。 
  18. ^ “志田未来、“10代の母”再び 11年ぶり遊川作品に「プレッシャー感じる」”. ORICON STYLE. (2016年8月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2077108/full/ 2016年8月22日閲覧。 
  19. ^ “沢村一樹、日テレ連ドラ初主演 藤井流星&志田未来とタッグ「やる気まんまん」”. ORICON STYLE. (2016年8月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2076806/full/ 2016年8月17日閲覧。 
  20. ^ 志田未来 東映戦後70年映画『おかあさんの木』出演”. 研音. 2015年3月31日閲覧。
  21. ^ “志田未来、高校生役で映画出演「制服を着るのはこれが最後かも」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年4月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2070643/full/ 2016年4月24日閲覧。 
  22. ^ “志田未来と竜星涼がW主演、実話をもとにした小説「泣き虫ピエロの結婚式」映画化”. 映画ナタリー. (2016年4月26日). http://natalie.mu/eiga/news/185030 2016年4月26日閲覧。 
  23. ^ 女子アナ・長澤まさみがキャスター・中井貴一を脅迫?「グッドモーニングショー」”. 映画ナタリー (2015年9月8日). 2015年9月8日閲覧。
  24. ^ “志田未来、鈴木杏、田畑智子、斉藤由貴が舞台初共演!『母と惑星について、および自転する女たちの記録』7月上演”. エンタステージ (株式会社WOWOW). (2016年3月24日). http://enterstage.jp/news/2016/03/004526.html 2016年7月1日閲覧。 
  25. ^ “斉藤由貴“鬼母”役で新境地「母と惑星…」一時休館パルコ劇場に恩返し”. スポニチアネックス. (2016年7月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/04/kiji/K20160704012883800.html 2016年7月4日閲覧。 
  26. ^ 風立ちぬ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月29日閲覧。
  27. ^ “志田未来、洋画吹き替え初挑戦 大好きなディズニー映画に「自分で大丈夫かな」”. http://www.oricon.co.jp/news/2051913/full/ 2015年4月22日閲覧。 
  28. ^ あきらめない 〜福島・名門野球部の1200日〜(BSフジ)、2014年8月11日閲覧
  29. ^ ヨーロッパいちばん旅行記(BS朝日)、2014年10月6日閲覧
  30. ^ a b c d e CM NOW通刊87号2000年11-12号に記載
  31. ^ a b オリコン芸能人事典に記載
  32. ^ “ハナエ、志田未来出演CMソングを担当「推しアイスは贅沢ソルベに大決定」”. 音楽ナタリー. (2016年4月19日). http://natalie.mu/music/news/184076 2016年4月20日閲覧。 
  33. ^ 味の素プレスリリース(2015年4月9日)

外部リンク