柴本幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しばもと ゆき
柴本 幸
本名 柴本 幸
生年月日 (1983-10-18) 1983年10月18日(34歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 170 cm[1]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2007年 -
配偶者 未婚
著名な家族 柴俊夫(父)
真野響子(母)
眞野あずさ(叔母)
事務所 研音
公式サイト 柴本幸オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
風林火山
鹿男あをによし
映画
私は貝になりたい
TAJOMARU
真夏の夜の夢
BANDAGE

柴本 幸(しばもと ゆき、1983年10月18日 - )は、日本女優。本名、同じ[2]

東京都出身。研音所属。父は俳優柴俊夫、母は女優の真野響子、叔母は女優の眞野あずさ

略歴[編集]

俳優柴俊夫と女優の真野響子の間に一人娘として生まれ、幼い頃から女優に憧れていたが、両親からは大学卒業までは学業優先と厳しく言われていたため[3]慶應義塾幼稚舎慶應義塾中等部慶應義塾女子高等学校を経て、2006年(平成18年)、慶應義塾大学文学部卒業。小学校から大学までの16年間を慶應義塾で一貫して学んだ。

高校時代はリコーダーに傾注し、2000年(平成12年)3月に『第21回全日本リコーダーコンテスト・高校生独奏の部』で金賞、2001年(平成13年)3月16日には『平成12年度慶應義塾塾長賞』を受賞。大学在学中は演劇サークルで活動したり[4]、演劇学の勉強や映画鑑賞・観劇をしたりするなど、できるだけ芝居に触れていた[3]

大学卒業後は晴れて女優活動できるようになり2か月後[3]、事務所の勧めでNHK大河ドラマ風林火山』のオーディションを受け、100人を超える候補者の中から合格。ヒロイン由布姫役に抜擢された。新人が大河ドラマの主役級に選ばれるのは初めてのことである。新人らしからぬ存在感で注目を集め、放送終了後は民放のテレビドラマや映画、舞台などに次々に出演する[5]

2008年(平成20年)11月1日には「源氏物語千年紀」式典のイメージキャラクターに選ばれ、十二単衣に扮した。

2009年(平成21年)公開の映画『真夏の夜の夢』(中江裕司監督)で映画初主演[5]

2014年2月21日付けで、デビュー以来所属していたパパドゥを離れ、研音に移籍した。

人物[編集]

  • 黒柳徹子とは、幼い頃から文通し合う間柄で黒柳に配慮して縦書きで手紙を送ったり、クッキーをプレゼントしたり、舞台を鑑賞したりしている[6]。黒柳は、当時、柴本が将来女優になるとは思っていなかったという。
  • 毎朝、アロエジュース[7]ニンジンジュース[8]を作っている。普段から料理を作るのが好きでスタジオに弁当を作っていったり、撮影中に手作り料理をスタッフに振舞ったりすることもある[1]
  • 休日は自然の多い場所や岩盤浴、グルメ探索へ出かける[1]
  • 趣味絵画フラメンコ散歩など。特技は英会話・リコーダー。また演技修行の一環として日本舞踊茶道を習っている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

雑誌[編集]

CM[編集]

  • エーザイ チョコラBB ローヤル「疲れに届け」編(2007年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 柴本幸 インタビュー - Citywave 2011年9月29日 閲覧。
  2. ^ 柴本幸”. 俳優・監督. 映画.com. 2017年2月15日閲覧。
  3. ^ a b c 柴本幸 インタビュー【私のターニングポイント】”. 演劇ライフ. 2013年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月2日閲覧。
  4. ^ 柴本幸が大河ヒロインで女優デビュー”. オリコン (2006年6月17日). 2011年9月29日閲覧。
  5. ^ a b “ぴいぷる 柴本幸”. ZAKZAK (産経デジタル). (2009年7月28日). http://www.zakzak.co.jp/people/archive/20090728.html 2017年2月15日閲覧。 
  6. ^ 2007年6月12日放送『徹子の部屋』(ゲスト:柴俊夫)、2013年5月2日放送『徹子の部屋』(ゲスト:真野響子・眞野あずさ)より。
  7. ^ 2008年2月27日放送『スタジオパークからこんにちは』(ゲスト:真野響子)より。
  8. ^ 2011年9月7日放送『はなまるマーケット』より。
  9. ^ 九州・沖縄ブロックは、2012年3月20日放送。全国は、4月21日深夜に放送された。
  10. ^ 中越典子&忍成修吾&高畑淳子ら、谷原章介主演「ドクター調査班」への出演が決定!”. cinemacafe.net (2016年3月20日). 2016年3月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]