稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金田一耕助 > 稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ
金田一耕助シリーズ
ジャンル テレビドラマ
放送期間 2004年4月3日 - 2009年1月5日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 星護
原作 横溝正史
脚本 佐藤嗣麻子
出演者 稲垣吾郎
小日向文世
塩見三省
テンプレートを表示

稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ(いながきごろうのきんだいちこうすけシリーズ)では、横溝正史の推理小説「金田一耕助シリーズ」を原作とする、稲垣吾郎主演のテレビドラマについて説明する。稲垣主演のシリーズは、2004年から2009年にかけて、フジテレビ系でスペシャルドラマとして、全5作が放送されている。

概要[編集]

2004年にフジテレビ系で放送されたTVスペシャル『犬神家の一族』を第1作として、2000年代に放送された稲垣吾郎主演のスペシャルドラマである。『犬神家の一族』では石坂浩二主演、市川崑監督で製作された1976年の映画版へのオマージュが多数見受けられるものとなっており、稲垣演じる金田一の容姿も和服にするという原作に比較的忠実なものとなっている。

原作の中にY先生( = 横溝正史と考えられる)という語り手が登場することもあってか、ドラマ中には小日向文世演じる「横溝正史」が登場し、金田一とはかなり親しい間柄である(金田一のことを「耕さん」と呼ぶ)。また、各作品のエピローグは金田一から送られてきた事件に関する手紙を読み、それをヒントに横溝が小説「金田一耕助シリーズ」の執筆を開始するシーンで幕を閉じている(ただし『悪魔が来りて笛を吹く』では序盤にもう執筆を始めている)。

他に、レギュラー出演者として塩見三省演じる橘署長がいる。等々力警部や磯川警部など、「金田一耕助シリーズ」によく登場する刑事は出演せず、彼がその役回りを担っている(ただし、『悪魔が来りて笛を吹く』では岡山県警から金田一に送られてきた手紙に「磯川常次郎」の名前がわずかに確認できる)。

稲垣演じる金田一像について[編集]

稲垣演じる金田一の風体は、前述のとおり原作に忠実である。しかし、石坂浩二演じる金田一で定着した特徴の「興奮すると頭を掻き始める」という癖はあまり見受けられない。

キャスト[編集]

犬神家の一族
八つ墓村
女王蜂
悪魔が来りて笛を吹く
悪魔の手毬唄

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出 視聴率
1 2004年04月03日 犬神家の一族 犬神家の一族[1] 佐藤嗣麻子 星護 16.5%
2 2004年10月01日 八つ墓村 八つ墓村 17.9%
3 2006年01月06日 女王蜂 女王蜂[2] 17.1%
4 2007年01月05日 悪魔が来りて笛を吹く 悪魔が来りて笛を吹く 14.4%
5 2009年01月05日 悪魔の手毬唄 悪魔の手毬唄 11.3%

※視聴率はビデオリサーチ社調べによる関東地区のもの

ロケ地[編集]

オマージュ[編集]

上記したとおりに、本作品は石坂浩二版(「石坂浩二の金田一耕助シリーズ」を参照)や、古谷一行版(「古谷一行の金田一耕助シリーズ」を参照)をオマージュした部分が確認できる。

2004年の『犬神家の一族』では、岸田今日子を同じ琴の師匠役で登場させる部分や、金田一の逗留先である那須ホテルで「東京ブギウギ」を金田一が口ずさむ(映画版はレコードで流れている)などのシーンが、映画版『犬神家』をオマージュしたものである。また2007年の『悪魔が来りて笛を吹く』では古谷金田一の「横溝正史シリーズ」および角川文庫版表紙で用いられた「フルート怪人」の絵(挿絵)を登場させ、オマージュしている。2009年の『悪魔の手毬唄』では、映画版のヒロイン・別所千恵子(大空ゆかり)を演じた仁科亜季子(仁科明子)が出演している。

原作との差について[編集]

本シリーズは比較的原作(角川文庫版)に忠実、もしくは他の金田一シリーズでは都合によりカットされているような細かい設定も、演出に比較的多く盛り込まれている。ただ、人物相関等については多少の差異はみられる。

『犬神家の一族』の場合は、石坂金田一の映画版では犬神家の家業が「製薬会社」と設定されていたが、本シリーズでは原作どおりに「製糸会社」に設定されている(「犬神家」は他にも殺害方法も原作に忠実にしている)。また、『女王蜂』も同じく映画版では伊豆の山奥が舞台(「月琴の里」)が原作どおり伊豆下田沖の孤島「月琴島」に設定され、『悪魔が来りて笛を吹く』においても作中重要な鍵となる、演奏される曲に秘められた犯人を告発するメッセージについて言及しているなどの特徴が確認できる。

関連CD・DVD[編集]

2008年現在、DVDなどのソフト化はされておらず、サウンドトラックCDも発売されていない。

脚注[編集]

  1. ^ 冒頭部分では「本陣殺人事件」より、金田一が探偵になる過程が語られる部分を取り入れている。
  2. ^ 冒頭部分では「女怪」より、金田一が「八つ墓村」で貰った報酬を手にY先生(横溝正史)を旅行に誘うシーンを取り入れている。
  3. ^ ザテレビジョン4/9号』2004年角川マガジンズ

外部リンク[編集]

  • 八つ墓村 - フジテレビ番組基本情報ページ
  • 女王蜂 - フジテレビ番組基本情報ページ