シス・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有限会社シス・カンパニー
SIS company Inc.
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-22-20
恵比寿幸和ビル3F
設立 1989年7月1日
業種 サービス業
法人番号 6011002014262 ウィキデータを編集
事業内容 専属アーティストのマネージメント
舞台(演劇・コンサート)の企画・製作
映画の企画・製作
ドラマ、ドキュメンタリー、バラエティ等各種テレビ番組の企画・制作
イベント(トークショー)の企画・製作
代表者 代表取締役 北村明子
外部リンク シス・カンパニー | SIS company inc.
テンプレートを表示

有限会社シス・カンパニー(SIS company Inc.)は、舞台製作、俳優のマネージメント等の業務を主とする日本芸能事務所である。

概要[編集]

1980年代、野田秀樹主催の劇団夢の遊眠社」のマネージメント部門「えーほーしよう会」が前身。所属俳優は舞台を中心に活動することが多かったが、近年では映像に進出するものも多い。新人俳優を公募することはない。舞台制作においては代表の北村がプロデューサーとして名を連ねる。

略歴[編集]

芸能プロダクションキティ・フィルムにて女優をしていた現代表の北村明子(芸名 きたむらあきこ)が設立。

  • 1989年 法人独立し、「シス・カンパニー」となる。
  • 1992年 「夢の遊眠社」解散後、マネージメント業務を拡大とともに、舞台製作部門設立。
  • 1994年 NODA・MAP(野田地図)制作を始める。
  • 2002年 自社独自の舞台制作を本格化。
  • 2008年 野田秀樹との業務提携終了。

プロデュース作品[編集]

1998年
2001年
2002年
2003年
  • POP? 大竹しのぶ一人舞台(演出:鈴木勝秀)スパイラルホール・リサイタルホール
2004年
2005年
  • 蛇よ!(演出:松尾スズキ シス・カンパニー&大人計画プロデュース)スパイラルホール
  • 新編・吾輩は猫である(演出:井上尊晶)シアタートラム
  • エドモンド(演出:長塚圭史)青山円形劇場
  • 恋心〜思ひは時間(とき)を超えて、今も昔も〜(演出:鈴木勝秀)スパイラルホール
2006年
2007年
2008年
2009年
  • 夜の来訪者(演出:段田安則)紀伊國屋ホール
  • 楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜(演出:生瀬勝久)シアタートラム
  • 怪談 牡丹燈籠(演出:いのうえひでのり)Bunkamuraシアターコクーン
  • バンデラスと憂鬱な珈琲(演出:マギー)世田谷パブリックシアター
2010年
2011年
  • 大人は、かく戦えり〜Le dieu du carnage(演出:マギー)東京:新国立劇場 小劇場、名古屋:名鉄ホール、大阪:シアター・ドラマシティ
  • トップ・ガールズ(演出:鈴木裕美)Bunkamuraシアターコクーン
  • ベッジ・パードン(演出:三谷幸喜)世田谷パブリックシアター
  • 泣き虫なまいき石川啄木(演出:段田安則)紀伊國屋サザンシアター
  • その妹(演出:河原雅彦) シアタートラム
2012年
  • 寿歌(演出:千葉哲也) 新国立劇場 小劇場
  • ガラスの動物園(演出:長塚圭史) Bunkamuraシアターコクーン
  • 朗読 宮沢賢治が伝えること(演出:栗山民也) 世田谷パブリックシアター
  • 叔母との旅(演出:松村武) 青山円形劇場
  • 騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談(演出:蜷川幸雄) Bunkamuraシアターコクーン

所属[編集]

※2021年12月20日 (月) 11:35 (UTC)現在

Artists

過去の所属者[編集]

※印は故人

外部リンク[編集]