マキノノゾミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マキノ ノゾミ
プロフィール
本名 牧野 望
誕生日 (1959-09-29) 1959年9月29日(57歳)
出身地 日本の旗 静岡県浜松市
血液型 B型
受賞
下記参照

マキノ ノゾミ1959年9月29日 - )は、日本の男性俳優劇作家脚本家演出家である。劇団M.O.Pを主宰するとともに、オフィス・マキノに所属している。本名、牧野望[1]

来歴・人物[編集]

静岡県浜松市出身。浜松日体高等学校同志社大学文学部卒業。

1984年劇団M.O.Pを結成。同年つかこうへい作『熱海殺人事件』公演で旗揚げ。以後役者として舞台に立つ傍ら演出もこなしている。近年は脚本家としての活動が多く、外部の舞台へも作・演出と幅広く活動する。

2002年後期のNHK連続テレビ小説まんてん』の脚本を担当したことで広くその名を知られるようになった。

妻は劇団M.O.P.に所属した女優のキムラ緑子2005年に一度それぞれの進む道のため離婚したが、2011年に復縁した。

血液型はB型。特技はピアノ日本劇作家協会常務理事を務める。

受賞歴[編集]

作品歴[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 遠くでずっとそばにいる(2013年、D:長澤雅彦)※出演

劇団M.O.P.作品[編集]

  • HAPPY MAN (1989、1991)
  • HAPPY MAN2 上海大冒険 (1990、1994)
  • HAPPY MAN異聞 (1990、1992)
  • HAPPY MAN3 さよなら竜馬 (1990、1991)
  • きらら浮世伝横内謙介作 (1991)※演出
  • ピスケン (1991、1992)
  • エンジェルアイズ (1992、1993)
  • モンローによろしく (1993)
  • オールディズ・バット・ゴールディーズ (1993、2003)
  • 夏のランナー (1994、1998)
  • 青猫物語 (1994、1996)
  • ちゃっかり八兵衛 (1995、2000)
  • ラビアンローズスィート (1995)
  • KANOKO (1997)
  • 遠州の葬儀屋 土田英生作 (1998) ※演出
  • 最初の嘘と最後の秘密 (1999)
  • サニーサイドウォーク (1999)
  • 黒いハンカチーフ (2001)
  • ジンジャーブレッドレディーはなぜアル中になったのか (2001)
  • 虚飾の町に別れのキスを〈黒いハンカチーフ・L.A.ヴァージョン〉 (2004)
  • 水平線ホテル (2005)
  • ズビズビ。(2006)
  • エンジェル・アイズ (2007)
  • 阿片と拳銃 (2008)
  • リボルバー (2009)
  • 解散公演 さらば八月のうた (2010)

劇団M.O.P.外戯曲作品[編集]

  • 「MOTHER」宮田慶子演出(1994)
  • 「深川しぐれ」栗山民也演出(1997)
  • 「フユヒコ」宮田慶子演出(1997)
  • 「きららの指輪たち」山田和也演出(1998)
  • 「本郷菊富士ホテル」栗山民也演出(1998)
  • 「少年H」栗山民也演出(1999)
  • 「ビギン・ザ・ビギン」栗山民也演出(2000)
  • 「高き彼物」鈴木裕美演出(2000 - 2004)
  • 「赤シャツ」宮田慶子演出(2001)
  • 「おはつ」鈴木裕美演出(2004)
  • 「浪人街」山田和也演出(2004)
  • 妻をめとらば」宮田慶子演出(2006〜2007)
  • ミュージカル「ハレルヤ」鈴木裕美演出(2007)
  • 文学座本公演「殿様と私-殿、踊りましょうぞ。-」西川信廣演出(2007)
  • 扉座第39回公演「LOVE LOVE LOVE R36」茅野イサム横内謙介演出(2007)
  • 俳優座劇場プロデュース「東京原子核クラブ」宮田慶子演出(2008 - 2012)
  • 恋愛喜劇「青猫物語」山田和也演出(2008)
  • 劇団青年座劇団M.O.P.コラボレーション企画マキノノゾミ三部作「赤シャツ」・「MOTHER-君わらひたまふことなかれ」宮田慶子演出(2008)
  • 劇団青年座第194回公演「赤シャツ」宮田慶子演出 九州公演(2009)
  • 加藤健一事務所Vol.73 「高き彼物」高瀬久男演出(2009)
  • 「ハッピー・マン〜1862上海大冒険」鈴木哲也脚色 磯村純演出(2010)
  • 自転車キンクリートSTORE「富士見町アパートメント/ポン助先生」鈴木裕美演出(2010)
  • 劇団青年座第198回公演「赤シャツ」宮田慶子演出(2010、2012)
  • 文学座「殿様と私」西川信廣演出(2010 - 2011)
  • 時代劇版「101回目のプロポーズ」鈴木哲也共同脚本 齋藤雅文演出(2012)
  • 劇団青年座「横濱短編ホテル」 宮田慶子演出(2013)
  • 文学座「殿様と私」 西川信廣演出(2013)
  • 日本テレビ開局60年特別舞台「真田十勇士堤幸彦演出(2014)

劇団M.O.P.外演出作品[編集]

  • 「曲がり角の悲劇」 横内謙介作 (1995、本多劇場)
  • 「どん底」 松田正隆作 (1997、世田谷パブリックシアター)
  • 「怒濤」 森本薫作 (2001、新国立劇場)
  • 「かもめ」 チェーホフ作 (2002、新国立劇場)
  • 「美しきものの伝説」 宮本研作 (2004、紀伊国屋劇場)
  • 「名は五徳」 川﨑照代作 (2004、俳優座劇場)
  • 「マリー・アントワネット」 斉藤雅文作 (2004、新橋演舞場)
  • 「写楽考」 矢代静一作 (2005、シアター1010)
  • 「セパレート・テーブルズ」 テレンス・ラディガン作(2005、全労済ホールスペース・ゼロ)
  • 「水曜日の食卓」(2006、アステールプラザ)
  • 「夢のひと」 (2006、吹田メイシアター中ホール)
  • 「マリー・アントワネット」 斉藤雅文作 (2006、大阪松竹座)
  • 演劇集団キャラメルボックス「新・俺たちは志士じゃない」(2006)
  • 「雪まろげ」(2007)
  • 「夢のひと」 わかぎゑふ作 (2007、サンシャイン劇場ほか)
  • 音楽劇「ぼんち」 わかぎゑふ作 (2008、紀伊國屋サザンシアター・新神戸オリエンタル・中日劇場)
  • 「淋しのはお前だけじゃない」 蓬莱竜太脚本 (2011、赤坂ACTシアターほか)
  • 「秘密はうたう A Song at Twilight」 作:ノエル・カワード (2011、紀伊國屋サザンシアターほか)
  • リーディング「シリーズ恋文」vol.3 (2013、可児市文化創造センター)
  • 「秘密はうたう A Song at Twilight」 作:ノエル・カワード (2013、千葉市民会館ほか)
  • 「フリック」作:アニー・ベイカー(2016年10月、新国立劇場小劇場) [2]

劇団M.O.P.外戯曲、演出[編集]

  • 「東京原子核クラブ」(1997・東京国際フォーラム、1999・パルコ劇場ほか)
  • 「新・曽根崎心中」(1998、吹田メイシアター)
  • 「熊谷真美ひとり芝居-熊谷突撃商店-」(1998、シアタートップスほか)
  • 「火の鳥」(2000、大阪松竹座)
  • 「実を申せば」(2003、パルコ劇場)
  • 音楽劇・モダン出世双六「天国を見た男」(2006、東京芸術劇場中ホール・名鉄ホール・シアタードラマシティ)
  • 新橋演舞場公演「ナツひとり-届かなかった手紙-」橋田壽賀子原作(2007、新橋演舞場)※脚色
  • 「女ひとり -ミヤコ蝶々物語-」 (2008、大阪松竹座・御園座)
  • 劇団青年座劇団M.O.P.コラボレーション企画マキノノゾミ三部作「フユヒコ」 (2008、紀伊国屋ホール)
  • 音楽劇「探偵〜哀しきチェイサー」 (2009、シアタードラマシティ・紀伊国屋サザンシアター)
  • 晩秋」 (2009、明治座)
  • 新センセイの鞄」 (2010、紀伊國屋サザンシアター・新神戸オリエンタル劇場)
  • ローマの休日」 (2010、天王洲銀河劇場・シアタードラマシティ)
  • 「取り立てや お春 元禄痛快滑稽噺」 (2010、明治座ほか)
  • 音楽劇「探偵〜哀しきチェイサー」 (2011、愛知県産業労働センター・紀伊国屋サザンシアターほか)
  • 北九州芸術劇場リーディングセッションvol.18「ズビズビ。」 (2011、北九州芸術劇場)
  • 音楽劇「お嬢さんお手上げだ」 (2012、紀伊國屋サザンシアター・シアタードラマシティ)
  • 「ローマの休日」 (2012、天王洲銀河劇場・シアタードラマシティ)
  • ala Collection シリーズvol.5「高き彼物」 (2012、可児市文化創造センター・吉祥寺シアターほか)
  • 十三人の刺客」 (2012、赤坂ACTシアター・新歌舞伎座)
  • 音楽劇「探偵〜哀しきチェイサー2 雨だれの挽歌」 (2013、紀伊国屋サザンシアターほか)
  • パルコ劇場40周年記念公演「非常の人 何ぞ非常に〜奇譚 平賀源内と杉田玄白〜」 (2013、パルコ劇場 ほか)

出版物[編集]

  • 「赤シャツ/殿様と私」
  • 文庫「マキノノゾミI 東京原子核クラブ」
  • MOTHER 君わらひたまふことなかれ(1994年8月、而立書房ISBN 4-88059-194-7
  • 「東京原子核クラブ」「フユヒコ」マキノノゾミ戯曲集(1999年6月、小学館ISBN 4-09-385112-3
  • 年間テレビベスト作品(2000年度)「疾風のように」
  • ある日、嵐のように Judgement of Themis(鈴木哲也ノベライズ、2001年6月、光進社ISBN 4-87761-061-8
  • NHK連続テレビ小説 まんてん(上下)(梶本惠美:ノベライズ、2002年9月(上)、2002年12月(下)、日本放送出版協会ISBN 4-14-005396-8(上)、ISBN 4-14-005397-6(下)
  • 浪人街5R(監修、田中達之ほか:著、2004年5月、ワニブックスISBN 4-8470-1556-8
  • 小説 浪人街(監修、鈴木哲也:著、2004年5月、宝島社ISBN 4-7966-4093-2
  • 浪人街外伝(監修、霞流一杉江松恋:著、2004年6月、宝島社宝島社文庫ISBN 4-7966-4102-5
  • マキノノゾミ1 東京原子核クラブ(2008年7月、早川書房ハヤカワ演劇文庫ISBN 978-4-15-140016-2
  • 赤シャツ/殿様と私(2008年11月、而立書房) ISBN 978-4-88059-349-4
  • 「NILE'S NILE」11月号 〜わが街〜インタビュー(2008)
  • 「悲劇喜劇」11月号 マキノノゾミ特集(2008)
  • 「シアターガイド」12月号 モーニングデスク 文学座.「殿様と私」インタビュー
  • 『Weeklyぴあ』 HALF TIMEに「ナツひとり」インタビュー
  • 『LOOK at STAR!』マキノノゾミのインタビュー
  • 『Top Stage50号』
  • 『内外タイムス(夕刊)』「ピンスポ」コーナー
  • 演劇フリーペーパー「Confettei」
  • 「シアターガイド」 モーニングデスク 劇団M.O.P.「エンジェル・アイズ」インタビュー
  • 「せりふの時代」 小学館 特集「主役って何だろう」森光子の聞き手
  • 悲劇喜劇9「特集・わたしの初演出」
  • 演劇ぶっく4月号「セパレートテーブルズ」インタビューほか(2006)
  • 御園座友の会会報誌13号 夢園に「妻をめとらば」インタビュー(2006)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.558
  2. ^ “ピュリツアー賞受賞作「フリック」マキノノゾミ演出で日本初演、木村了ら出演”. ステージナタリー. (2016年7月14日). http://natalie.mu/stage/news/194382 2016年7月14日閲覧。 

外部リンク[編集]