人形の家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人形の家
Et Dukkehjem
イプセンによる人形の家原稿表紙
イプセンによる人形の家原稿表紙
著者 ヘンリック・イプセン
発行日 1879年12月21日
ジャンル 戯曲
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

人形の家』(にんぎょうのいえ、Et Dukkehjem)は、1879年ヘンリック・イプセンによって書かれた戯曲。

概説[編集]

1879年、デンマーク王立劇場で上演された。弁護士ヘルメルの妻ノラ(ノーラ[1])を主人公とし、新たな時代の女性の姿を世に示した作品。全3幕。

世界的にイプセンの代表作とされている。この作品(あるいは前作の『社会の柱』)をもってイプセンの社会劇あるいは中期問題劇の始まりと見なすのが一般的であり、彼はこの後ほぼ2年に1作のペースで作品を書き上げることになる。リアリズム演劇あるいは近代劇の代表作品であり、同時にしばしばフェミニズム運動の勃興とともに語られる作品である。この作品の成功がイプセンを一躍世界的な劇作家とした。西欧内部だけでなく、アジア諸国の女性解放運動や新劇(日本)、話劇(中国)など伝統演劇とは異なる新演劇の形成に直接の影響を与えた。

登場人物[編集]

  • トルヴァル・ヘルメル:弁護士
  • ノラ(ノーラ):主人公。その妻
  • ドクトル・ランク
  • リンデ夫人
  • ニルス・クロクスタ
  • ヘルメル家の三人の子供たち
  • アンネ・マリーエ:乳母
  • 女中
  • ポーター

あらすじ[編集]

弁護士ヘルメルと妻ノラ(ノーラ)は公私ともに充実した生活を送っていたが、クリスマスイブに事件が訪れる。

ヘルメルは年明けから信託銀行の頭取に就任することとなり、その部下となる予定のクロクスタが、ノラを訪ねた。クロクスタはヘルメルと旧知の仲であったが疎まれており、ヘルメルの頭取就任後に解雇される予定であった。ノラはクロクスタの解雇撤回の頼みを断ろうとするが、クロクスタはノラが過去に犯した違法行為の証拠を握っていることを明かす。それはかつてヘルメルが重病に陥り金銭が必要になったとき、ノラはクロクスタから借金をし、その際に借用証書の父のサインを偽造したのであった。当時、父は死の床にあったため、これは苦肉の策でもあった。もし解雇されるなら、この秘密を暴露するとクロクスタに宣言されたノラは悩む。

ノラはヘルメルにクロクスタの解雇を取り消すよう頼むが、事情を知らないヘルメルは取り合わず、クロクスタは解雇を通告される。宣言どおりクロクスタは秘密を暴露する手紙をヘルメルに送りつけた。事情を知ったヘルメルは激怒し、ノラをさんざんに罵倒するが、その最中に改心したクロクスタから借用証書が返送されてくる。先ほどまでの態度を豹変させ、微笑んで甘い言葉を発するようになるヘルメルに対し、ノラはヘルメルから受けていた愛情だと思っていたものは、実は自分を人形のように可愛がっていただけであり、一人の人間として対等に見られていないことに気づき、ヘルメルの制止を振り切ってノラは家を出る。

日本語訳[編集]

現行版での刊行

公演[編集]

1911年公演[編集]

坪内逍遥邸で行われた『人形の家』初演(1911年)

日本における初演は文芸協会による。会長の坪内逍遥の私邸で公演された[2][要文献特定詳細情報]

公演期間[編集]

  • 1911年(明治44年)9月22日~9月24日 文芸協会演劇研究所私演場(第二幕を省略した形で上演)
  • 1911年(明治44年)11月28日~12月5日 帝国劇場(三幕全部を上演。翌1912年(明治45年)3月14日から21日まで大阪中座でも上演された。)

キャスト[編集]

9月公演のキャストは以下の通り。表記は当時による。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「日本では、長く(ノラ)と呼ばれてきたが、劇中、なんども(ノーラノーラ)と繰り返し呼ばれ、いわばこの劇の弾んだリズムを作るもとにもなっているから、原語どおりの長母音の発音が望ましい。」論創社版(2020年4月刊)毛利三彌訳『人形の家』p155注4
  2. ^ 毎日新聞20世紀2001大事件

外部リンク[編集]