この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

深浦加奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふかうら かなこ
深浦 加奈子
生年月日 (1960-04-04) 1960年4月4日
没年月日 (2008-08-25) 2008年8月25日(48歳没)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 演劇映画テレビドラマ
活動期間 - 2008年
主な作品

家なき子

スウィート・ホーム

ナースのお仕事

科捜研の女

美女か野獣

深浦 加奈子(ふかうら かなこ、1960年4月4日 - 2008年8月25日)は、東京都出身の女優。様々な役柄をこなし、名脇役と評された。2005年まではシス・カンパニーに所属していた。

略歴

人物

公務員の家庭に生まれる。小学校から成績優秀で、母親は「将来は公務員になってくれればいい」と考えていた[1]東京都立日比谷高等学校を経て、明治大学文学部文学科演劇学専攻を卒業。大学在籍中に劇作家・演出家の川村毅らと第三エロチカを旗揚げする[2]。以降は看板女優として多くの作品に出演して活躍するが、1989年に退団する。

その後も舞台を中心に活動した他、テレビドラマ『家なき子』や『スウィート・ホーム』での演技で広く知られるようになった。特に小姑役やお局役で鋭いバイプレーヤーぶりを発揮した。

東京パノラママンボボーイズとの共演では、リリィ深浦、六本木ネネの名でパンチのある昭和歌謡を披露している。

無名時代の頃から久本雅美とは親しく、「深浦」「久本」と呼び合っていたことを、深浦が『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)にゲスト出演した際に久本が語っている。また、ドラマで共演した沢口靖子松嶋菜々子戸田恵子とも生前は親交が深かった。特に戸田は共演前からの旧友でもあり、深浦が亡くなる2日前に共通の友人でもあった高橋克実と見舞いに訪れたという。小泉今日子は2002年の舞台『おかしな2人』での共演が縁で深浦を姉のように慕うようになり、プライベートでも仲が良かったという。鈴木浩介は深浦から弟のように可愛がられていた。

プロレスラーのザ・ロックの熱狂的なファンであり、来日の時サインを求めたこともあった。

闘病生活

2008年8月25日22時57分、S状結腸癌のため死去した[2]。48歳没。9月2日に近親者と親しい関係者のみで告別式が執り行われた。9月24日に目黒区ウェスティンホテル東京でお別れの会が開かれ、三浦友和、沢口靖子、天海祐希陣内孝則、松嶋菜々子、森公美子、高橋克実、渡辺いっけい古田敦也などの友人や芸能関係者など約550人が参列して、小泉今日子が涙を流しながら代表で弔辞を読んだ。闘病のプロセスは、実父・深浦栄助が著した『加奈子。何をしてやれたかな… - 女優・深浦加奈子の父が綴った、大腸ガン闘病記』(主婦と生活社)にまとめられた。

「恋人は仕事」と独身を貫いていた。2003年頃から闘病しながら仕事を続けており、2005年には「所属事務所に迷惑をかけたくない」と所属事務所のシス・カンパニーから独立。以降は父親が経営していた会社に所属し、姉がマネージャーを務めたほか、開業医の義兄(姉の夫)が病院選びから治療方針の決定まで全面的に支援し、管理栄養士の母が栄養管理を行うなど、家族総出で女優業を支えた[3]。闘病中であることは親友の戸田恵子などのごく一部の関係者にしか知らせず、親しかった芸能人などにも迷惑や心配をかけさせたくなかったことから秘密にしていたという。

最後の仕事はテレビ新広島の報道特別番組『描けなかった2枚の絵 原爆が投下された日の記憶』(平成21年度日本民間放送連盟賞・中四国地区審査会・報道番組部門優秀賞受賞)のナレーションだった。体調が思わしくないにもかかわらず、「このテーマは絶対やりたい」と姉に付き添われて広島まで出向いた[4]。深浦は母親に「この仕事が最後になると思う」という覚悟を明かしていた[5]

遺作は、映画では『ぼくのおばあちゃん』、舞台では『新しい橋』(2008年2月・下北沢駅前劇場)だった[4]

2007年には非戦を選ぶ演劇人の会主催のピースリーディングに参加し、亡くなった2008年8月25日に開催されたピースリーディングvol.11にも出演する予定だった。翌2009年のピースリーディング vol.12『遠くの戦争〜日本のお母さんへ〜』のチラシには深浦が生前に描いた絵画が使用された。

遺骨は神奈川県葉山町相模湾散骨された。

出演

テレビドラマ

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

映画

舞台

第三エロチカ

  • 世紀末ラブ -ぼくとあたしのトルコ学講座-(1980年)
  • 爆弾横丁の人々 -アスファルト戦争抄-(1981年)
  • コックサッカー・ブルース(1982、1988年)
  • チャイルド・オンリー -3年R組紅い教室-(1982年)
  • エフェメラ・わが愛 -その後のコックサッカー・ブルース-(1982年)
  • ラディカル・パーティー -あなたがここにいてほしい-(1983年)
  • リサイタル・騒乱気分(1983年)
  • 新・爆弾横丁の人々(1983年)
  • ニッポン・ウォーズ (1984、1986年)
  • ジェノサイド(1984年)
  • 新宿八犬伝 第一巻 -犬の誕生- (1985年)
  • ラディカル・パーティー(1985年)
  • 新宿八犬伝 第二巻 -ベルリンの秋- (1985年)
  • ラスト・フランケンシュタイン(1986年)
  • プロト・フリークス(1987年)
  • フリークス(1987年)
  • ニッポン・ウォーズ -ヨーロッパ版-(1987年)
  • フリークス1988(1988年)
  • 帝国エイズの逆襲(1988年)

その他

  • ふくすけ(1991年、悪人会議
  • ヒネミ(1992、1995年、遊園地再生事業団
  • ヒネミの商人(1993年、遊園地再生事業団)
  • ホロー荘の殺人(1993年)
  • ステッピング・アウト(1994年、アトリエ・ダンカン
  • 狂っても大好き(2000年、村松利史プロデュース)
  • おかしな2人(女編)(2002年、シス・カンパニー)
  • 7ストーリーズ(2003年、シアター21)
  • 美しきものの伝説(2004年、シス・カンパニー)
  • 葡萄と密会(2004年、山内健司プロデュース)
  • クリスマス劇『乞食と貴婦人』(2005年、螢光TOKYOプロデュース)
  • 若い夫のすてきな微笑み(2007年、城山羊の会)
  • 9条は守りたいのに口ベタなあなたへ…(2007年、非戦を選ぶ演劇人の会)
  • 新しい橋 ~le pont neuf~(2008年、城山羊の会)

広告

関連書籍

  • ザ・グラフィティ いま演劇の異兄弟姉妹たち(1984年、新水社
  • 加奈子。何をしてやれたかな… 女優・深浦加奈子の父が綴った、大腸ガン闘病記(2009年、深浦栄助著、主婦と生活社)ISBN 4391138301

関連リンク

脚注

  1. ^ とくダネ!「温故知人」2008年10月7日OA
  2. ^ a b “深浦加奈子さん死去…がん転移も女優全う”. スポニチ Sponichi Annex. (2008年8月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/08/27/kiji/K20080827Z00001340.html 2016年10月30日閲覧。 
  3. ^ 深浦栄助さん 「娘の女優業 家族総出」 - yomiDr.(2010年11月14日、読売新聞)
  4. ^ a b 名脇役の48歳深浦加奈子さん、がんで死去 - SANSPO.COM 2008年8月27日、およびAERA 2008年9月8日号「女優 深浦加奈子さん襲った『S状結腸がん』の恐怖」より
  5. ^ 報道ステーション』「さよなら 2008年7月〜9月編」(2008年12月19日放送、テレビ朝日)