大竹しのぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおたけ しのぶ
大竹 しのぶ[1]
本名 大竹 しのぶ
生年月日 (1957-07-17) 1957年7月17日(59歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
国籍 日本
血液型 A型
職業 女優タレント歌手
活動期間 1973年 -
配偶者 服部晴治(1982年 - 1987年)
明石家さんま(1988年 - 1992年)
著名な家族 二千翔(にちか)(長男)
IMALU(長女)
公式サイト http://www.otake-shinobu.com/
主な作品
テレビドラマ
水色の時
徳川家康
男女7人夏物語[1]
男女7人秋物語
元禄繚乱
それでも、生きてゆく
映画
青春の門』シリーズ
事件
鉄道員 ぽっぽや[1]
バラエティー番組
中居正広の金曜日のスマたちへ

大竹 しのぶ(おおたけ しのぶ、1957年7月17日 - )は、日本女優タレント歌手東京都出身。東京都立小岩高等学校卒業、桐朋学園大学短期大学部演劇専攻科中退。IMALU明石家さんまとの娘。

来歴[編集]

女優として[編集]

  • 2003年公開の映画『阿修羅のごとく』で、桃井かおりと初共演を果たしている。
  • 松尾スズキとの二人芝居『蛇よ!』では、全身白タイツの被り物をし、世に出たい精子の役をやっている(松尾は世に出たくない精子の役)
  • 撮影時、いざとなれば瞬時に涙を流すことができたと言われており、いわゆる憑依型女優であった。女の深い闇を演じさせれば天下一品である[1]
  • 1973年の芸能界デビュー以来、仕事が途絶えた時期がない[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

アニメ映画[編集]

バラエティ[編集]

音楽番組[編集]

第26回NHK紅白歌合戦(1975年12月31日、NHK)審査員

第62回NHK紅白歌合戦(2011年12月31日、 NHK)審査員

ラジオドラマ[編集]

ラジオ[編集]

コマーシャル[編集]

その他[編集]

  • ドキュメンタリー映画『にんげんをかえせ』(1982年 監督:橘祐典)- ナレーション  
  • オリジナルビデオアニメ『リリが見たやさしい虹』(1990年)声の出演
  • 連載エッセイ「大竹しのぶ まあいいか」《朝日新聞 2013年4月5日〜》
  • ドキュメンタリー映画『種まきうさぎ フクシマに向き合う青春』(2015年 監督:森康行)- ナレーション

著書[編集]

  • 『この人に会うと元気になれる』(集英社)2003年
  • 『私一人』(幻冬舎)2006年
  • 『まあいいか』(朝日新聞出版)2015年

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 「みかん」(1976年4月5日)
  • 「握手」(1976年7月1日)
  • 「回転扉」(1976年7月1日)
  • 「黄昏といわず日暮れといって下さい」(1976年7月1日)
  • 「愛の朝」(共演:中村勘九郎)(1977年8月10日)
  • 「リンデンバウムの唄」(共演:中村勘九郎)(1977年8月10日)
  • 「電話帳パラパラ」(1978年5月25日)
  • 「あなたは遠すぎる」(1978年5月25日)
  • 「道」(1978年12月20日)
  • 「真赤な髪で〜にんじんまた泥だらけ〜さみしいくせに」(1979年10月25日)
  • 「鳥になろう」(1979年10月25日)
  • 「ぼくたちふたり」(1981年6月21日)
  • 「おやすみのおいのり」(1981年6月21日)
  • 「こころくん・こころさん」(1987年2月5日)- 『ひらけ!ポンキッキ』より(キャニオン 6G0088)※シングル裏面は子門真人ぶんけかなの「ぼくは電車」。
  • 「かまっておんど」(1987年8月5日) - 『ひらけ!ポンキッキ』より(キャニオン 6G0092)※シングル裏面はのこいのこの「のりたいでんしゃ はしるきかんしゃ」。カップリング曲未収録の片面盤(キャニオン 4G0094)も存在。
  • 「しゃかりきパラダイス」(1992年5月21日)
  • 「明日の風に吹かれよう」(1992年7月29日)
  • 「白いヴェール」」(1994年1月21日)
  • 「花」(2001年10月31日)
  • 「愛のさざなみ」(2001年10月31日)
  • 「Bolero Preghiera〜祈りのボレロ」(2009年7月1日)
  • 「しあわせ語らひ人」(2013年6月12日)
  • 「黄昏のビギン」(大竹しのぶ×山崎まさよし)( 2014年10月22日)

アルバム[編集]

  • 『白鳥を見たことがありますか』(1976年)
  • 『クマのプーさんとクリストファー・ロビンの歌』(1981年)
  • 『天国への階段』(1994年)
  • 『SEAN』(1996年)
  • 『SIOBHAN』(1997年)
  • 『Compassion』(2001年)
  • 『あいのうた-フランチェスカ!-』(2009年)
  • 『ゴールデン☆ベスト』(2013年6月26日)
  • 『昭和の歌よ、ありがとう』「黒の舟唄」(大竹しのぶ×泉谷しげる) ( 2013年8月7日)
  • 『歌心 恋心』 (2014年12月24日)
  • 『なかにし礼と12人の女優たち』歌唱曲「人形の家」 (2015年1月21日)
  • 『なかにし礼と13人の女優たち』歌唱曲「商売やめた」(2016年9月28日)
  • 『歌縁』 歌唱曲 「歌姫」 大竹しのぶ

作詞・作曲:中島みゆき / 編曲:高田漣(2016年11月16日)

その他[編集]

  • アニメ『チロリン村物語』1992‐1993年 主題歌 OP「しゃかりきパラダイス」 ED「ねえ、どうして」オリジナルサウンドトラックに収録
  • 「ONCE UPON A DREAM〜いつか夢で〜」2014年 映画ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ『マレフィセント』日本語吹き替え版主題歌。同映画オリジナルサウンドトラックに収録

受賞歴[編集]

映画[編集]

  • 1977年度

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.93.
  2. ^ a b c d 佐藤正弥編著『データ・バンク にっぽん人』、現代書林、1982年、201頁。
  3. ^ a b c d e f 『週刊現代』、2010年9月11日号、84–86頁。
  4. ^ a b c d 『日本映画俳優全集・女優編』、キネマ旬報社、1980年、137–138頁。
  5. ^ a b NHK「ファミリーヒストリー▽大竹しのぶ~語り継がれる大竹様伝説 1世紀経ての出会い」2017年1月26日視聴。
  6. ^ “大竹しのぶ、芝居は恋愛「さあ、どんな演技見せてくれるの―」「―きょうはこんな感じです」”. スポーツ報知. (2016年8月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160826-OHT1T50000.html 2016年8月26日閲覧。 
  7. ^ 読売新聞』1987年9月17日付夕刊、11頁。
  8. ^ 大竹しのぶ 紫綬褒章を受章「みんなに感謝したい」 スポーツニッポン 2011年11月2日閲覧
  9. ^ 勘三郎さん本葬 坂東三津五郎、大竹しのぶらが涙の弔辞 ORICON STYLE 2012年12月27日閲覧
  10. ^ IMALU、両親をバッサリ「父は基本的にウソをつく、母は盛り癖がある」整形疑惑も否定 ヤフーニュース
  11. ^ a b “NHK紅白歌合戦 出場歌手発表 初出場は宇多田、KinKiら10組”. スポニチアネックス. (2016年11月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/24/kiji/K20161124013783000.html 2016年11月24日閲覧。 
  12. ^ NHKオンデマンド 『ファミリーヒストリー』「大竹しのぶ~語り継がれる大竹様伝説1世紀を経ての出会い~」
  13. ^ IMALU(@imalu0919) (2011年12月13日). “いとこがJリーガーになった!町田ゼルビア大竹隆人!”. Twitter. 2012年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月9日閲覧。
  14. ^ ドラマ 毛糸の指輪 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  15. ^ 長瀬智也、19年ぶり恋愛ドラマ主演 韓流作品『ごめん、愛してる』をリメイク | ORICON NEWS
  16. ^ “大竹しのぶ、38年ぶり「にんじん」少年役で主演”. 日刊スポーツ. (2016年12月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1748392.html 2016年12月7日閲覧。 
  17. ^ 世界名作童話 森は生きている”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  18. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00500
  19. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R20889
  20. ^ a b c d e f g h i j 大竹しのぶのCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月16日閲覧。
  21. ^ 【ブルーリボン賞】主演女優賞・大竹しのぶ、女性初3冠!”. スポーツ報知. 2017年1月31日閲覧。
  22. ^ 第40回日本アカデミー賞優秀主演女優賞”. 2017年1月31日閲覧。

外部リンク[編集]