キムラ緑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キムラ みどりこ
キムラ 緑子
本名 牧野 緑子(旧姓:木村)
別名義 ドリー・キムラ
生年月日 1961年10月15日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県洲本市大野
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1984年 -
配偶者 マキノノゾミ1992年 - 2005年
マキノノゾミ(2010年 - )
所属劇団 M.O.P.1984年 - 2010年
事務所 シス・カンパニー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
舞台
『秋の歌』
『偶然の男』
『ヒトノカケラ』
テレビドラマ
ちりとてちん
鹿男あをによし
ごちそうさん
僕のヤバイ妻
映画
パッチギ!
嫌われ松子の一生
おとうと

キムラ 緑子(キムラ みどりこ、本名:牧野 緑子(旧姓:木村)[1]1961年10月15日 - )は、日本の女優。。兵庫県洲本市大野出身。シス・カンパニー所属。夫は俳優劇作家脚本家演出家マキノノゾミ

略歴・人物[編集]

兵庫県淡路島洲本市大野生まれ[2]洲本市立加茂小学校洲本市立青雲中学校を経て[2]兵庫県立洲本高等学校を卒業[3]。中学時代はテニス部、高校時代は剣道部に所属し[4]、アイドルグループフォーリーブス青山孝史に歓声を上げていた[5]。高校までは演劇に全く興味がなかった。

同志社女子大学学芸学部英文学科へ進学し、入学した時に友人となった女性が演劇少女だったため、「サークルの見学に行くからついてきて」と言われて初めて観たマキノノゾミつかこうへいの舞台作品に衝撃を受け[6]、姉妹校である同志社大学の演劇サークル「第三劇場」に入部。しかし、男性の劇団員はみな、その友人の女性に群がったという。[要出典]

大学卒業後は地元に帰るが、後につかこうへいに影響を受け、1984年に上京し、マキノノゾミが立ち上げた劇団「M.O.P.」の旗揚げに参加する。井上ひさし作品を中心に、2010年の「M.O.P.」解散まで看板女優として活躍した。

2000年ころよりテレビドラマなど映像作品にも進出。近所のおばちゃんから貴婦人まで、印象の異なる役柄を自然に演じて、自分の個性を意識させずにあらゆる役に入り込むことから“カメレオン女優”とも称される[7]2013年に出演したNHK連続テレビ小説ごちそうさん』で演じるヒロインのいけずな義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めた[7][8]

「小さい頃は歌手になりたかった」と言うほど幼いころより歌が好きで、中学生時代歌手に憧れ、「スター誕生! 」のオーディションを受け、中島みゆきの「時代」を歌い、最後の5人位までに残ったが結局落選して泣きながら帰宅した[9]2008年に放送作家・東野ひろあきの企画で15分ほどのステージに出演したのを契機に、ラスベガス生まれの日系三世の歌姫「ドリー・キムラ」に扮し、俳優の大谷亮介扮する「タニー・オータニ」とともに「ドリー&タニー」のユニット名で年に1回ほどのペースで芝居仕立ての音楽ライブをライブハウスにて開催。ジャズのスタンダードナンバーを関西弁にして歌うなど、その歌声を披露している[10]

私生活では、劇団「M.O.P.」主宰の劇作家・マキノノゾミとは、同志社大学と同志社女子大学で同じ劇団員であり1992年に結婚したが、2005年に円満離婚した。キムラが舞台公演で地方を回る際などマキノに猫を預けると猫がマキノに懐いてしまったことから、「一緒に飼う」と再び同居[11]、2010年に復縁し[4]、現在に至る。

特技はピアノ華道剣道

出演作品[編集]

舞台[編集]

劇団M.O.P.作品[編集]

外部作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

その他[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

その他のテレビ番組[編集]


CM[編集]

  • 日本サラリー 芳香剤(2002年)
  • 日産ドラマinドラマ(2012年) - 運転席の女 役
  • アサヒ飲料 スパイラルグレープ(2014年) 

作品[編集]

CD[編集]

  • Dolly & Tanny:Live(2014年3月3日、HOY-HOY Records、P15-0006)[注 1]

受賞歴[編集]

  • 1993年 十三夜会賞 個人賞
  • 第32回(1997年)紀伊国屋演劇賞 個人賞(戦後一幕物傑作選『秋の歌』における 水原一枝 の演技)
  • 第12回(2005年)読売演劇大賞 優秀女優賞(シーエイティプロデュース『偶然の男』、新国立劇場『ヒトノカケラ』)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ドリー&タニー(Dolly & Tanny)名義[15]

脚注[編集]

  1. ^ キムラ緑子(きむらみどりこ)とは - コトバンク
  2. ^ a b 写真ニュース:淡路が生んだ女優 キムラ緑子さんの後援会発足 47NEWS(よんななニュース)
  3. ^ 切貫滋巨 (2015年4月2日). “人気ドラマで活躍 キムラ緑子さん故郷淡路島への思い語る 5月6日洲本”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201504/0007878441.shtml 2016年7月5日閲覧。 
  4. ^ a b “『ごちそうさん』小姑役で注目のキムラ緑子の離婚と復縁再婚”. NEWSポストセブン. (2013年11月22日). http://www.news-postseven.com/archives/20131122_228019.html 2016年7月5日閲覧。 
  5. ^ 北林靖彦 (2015年11月19日). “トーク:キムラ緑子 「偽装の夫婦」郷田照乃役”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20151119/dde/018/200/010000c 2016年7月5日閲覧。 
  6. ^ 徳永京子 (2010年7月1日). “「けじめをつけるために1回、終わりにする」劇団M.O.P.解散について語る - 女優・キムラ緑子インタビュー 【後編】”. webDICE. アップリンク. 2016年7月5日閲覧。
  7. ^ a b 五目舎 (2015年11月1日). “近所のおばちゃんから貴婦人まで 怪演女優・キムラ緑子”. ORICON STYLE (オリコン). http://www.oricon.co.jp/special/48390/ 2016年7月5日閲覧。 
  8. ^ “朝ドラで注目 キムラ緑子/気になリスト”. 日刊スポーツ. (2013年12月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20131224-1234993.html 2016年7月5日閲覧。 
  9. ^ “キムラ緑子、中学時代に「スター誕生!」オーディション受けていた”. スポーツ報知. (2016年10月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161029-OHT1T50016.html 2016年10月29日閲覧。 
  10. ^ 関雄輔 (2016年3月2日). “フェイス:4日にRollyさんとタッグ組み舞台、キムラ緑子さん / 大阪”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20160302/ddl/k27/070/424000c 2016年7月5日閲覧。 
  11. ^ “キムラ緑子 復縁の理由は猫!夫・マキノノゾミ氏は「ええ人」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年7月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/07/12/kiji/K20140712008551470.html 2016年7月5日閲覧。 
  12. ^ 白井晃演出「レディエント・バーミン」に高橋一生、吉高由里子、キムラ緑子”. ステージナタリー (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  13. ^ 寺島しのぶ、整形逃亡犯・福田和子の実録ドラマに主演「なかなか踏ん切りが…」”. ORICON STYLE (2016年2月23日). 2016年2月23日閲覧。
  14. ^ “ホラン千秋、新番組MC恵俊彰は「近所のおばちゃん」”. Smartザテレビジョン. (2016年10月19日). http://thetv.jp/news_detail/90239/ 2016年10月20日閲覧。 
  15. ^ ドリー&タニー (Dolly & Tanny) of hoy-hoy Records”. HOY-HOY Records. 2016年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]