劇団文化座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

劇団文化座(げきだんぶんかざ)は1942年に「井上正夫演劇道場」のメンバーだった女優鈴木光枝・俳優山村聡・演出家佐佐木隆らで結成された劇団である。代表は女優の佐々木愛である。

平成20年度(第63回)文化庁芸術祭(演劇部門・関東参加公演の部)大賞を受賞している。

沿革[編集]

1942年4月の第1回旗揚げ公演は、国民新劇場(旧称「築地小劇場」)での梅本重信作「武蔵野」[1]1944年12月の第7回公演の和田勝一作「牛飼いの歌」まで国民新劇場で公演[2]1945年3月10日東京大空襲で同劇場が焼失後、拠点を失い、同年6月、旧満州(中国東北部)へ渡る。かねてから日本移動演劇連盟の傘下に入っていたが、東京を拠点とした演劇にこだわっていた同劇団に、同連盟から提示された派遣先は佐々木愛の講演によれば「沖縄、広島、満州」[3]の三つの選択肢しかなかったという。

満州で敗戦を迎えた劇団は、日本に引揚げ、三好十郎作「その人を知らず」、「炎の人 ゴッホ小伝」、山代巴原作「荷車の歌」、長塚節原作「土」等の上演に取り組む[1]

1967年10月、佐々木隆死去[1]1975年鈴木光枝が「三人の花嫁」で芸術優秀賞(演出部門)を受賞[1]

1982年水上勉作・木村光一演出「越後つついし親不知」により、文化庁芸術祭大賞を受賞。また、主演の佐々木愛が紀伊國屋演劇賞を受賞。

1987年より佐々木愛が劇団代表となる[1]

1998年、鈴木光枝の代表作「おりき」が500ステージを達成[1]

上演作品 [編集]

代表作[編集]

三好十郎作品
  • おりき
  • 「その人を知らず」
  • 「炎の人 ゴッホ小伝」
その他

過去に在籍した俳優[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 文化座の歩み 劇団文化座公式ホームページ
  2. ^ 2009年 桜隊原爆殉難者追悼会・報告 桜隊全史-2「苦楽座創立と移動演劇」 中坪功雄、野口孝一、関きよし、中村美代子らの座談会
  3. ^ 母の想いを受け継いで、今~講演要旨 佐々木愛さん(劇団文化座)~ 婦人民主クラブ創立60周年記念のつどい 「婦民新聞」第1198号 2006年3月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]