渡辺えり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わたなべ えり
渡辺 えり
本名 渡辺 えり子(わたなべ えりこ)
別名義 渡辺 えり子
生年月日 (1955-01-05) 1955年1月5日(68歳)
出生地 日本の旗 日本山形県山形市
身長 160 cm
血液型 O型
職業 女優演出家劇作家作詞家
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1978年 -
配偶者 土屋良太(1996年 - 2019年)
事務所 ファザーズコーポレーション
公式サイト 公式プロフィール
渡辺えりオフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
100の資格を持つ女〜ふたりのバツイチ殺人捜査〜』シリーズ
あまちゃん
映画
忠臣蔵外伝 四谷怪談
Shall we ダンス?
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀助演女優賞
1997年Shall we ダンス?
優秀助演女優賞
1995年忠臣蔵外伝 四谷怪談
その他の賞
日本映画プロフェッショナル大賞
特別賞
1994年忠臣蔵外伝 四谷怪談
TAMA映画祭
最優秀作品賞

2020年海辺の映画館―キネマの玉手箱
岸田國士戯曲賞
テンプレートを表示

渡辺 えり(わたなべ えり、1955年1月5日 - )は、日本女優である。演出家劇作家作詞家日本劇作家協会会長、として活動している。2022年よりファザーズコーポレーション所属[1]。本名および旧芸名は渡辺 えり子(わたなべ えりこ)。

略歴[編集]

山形県山形市村木沢出身で、5歳の時に同市美畑町に転居[2]。幼少期から演劇に興味を持ち始め、中学生頃に「将来は東京で演劇をやりたい」と思い始めた[2]

山形県立山形西高等学校在学中は、演劇部に所属していた[3][注 1]。高校卒業後、18歳で上京して舞台芸術学院(以下、舞芸と表記)に入学して本格的に演劇を学んだ後、劇団「兼八事務所」に参加[2]

1978年、23歳の時に舞芸の同期生のもたいまさこらと「劇団2○○」(げきだんにじゅうまる)を結成(1980年に「劇団3○○」(げきだんさんじゅうまる)と改名)。以降、舞台作品において“作(脚本)・演出・出演”の三役をこなす。

1982年、幻児プロの『ウィークエンド・シャッフル』にて映画初出演し、1983年NHK連続テレビ小説『おしん』へのドラマ出演など、活動の場を広げた。また同年、『ゲゲゲのげ』で岸田國士戯曲賞受賞 [注 2]して劇作家として認められた[2]

1996年6月9日、「劇団3○○」所属の12歳年下の若手俳優・土屋良太東京都渋谷区代々木八幡宮で挙式。仲人5代目中村勘九郎が務めた。

1997年「劇団3○○」解散した後、2001年に演劇を含めた企画集団「宇宙堂」を結成(その後「オフィス3○○」に改名)[2]

2006年4月に関東学院大学工学部客員教授に就任し、現代芸術論を担当。

2007年9月26日、芸名を「渡辺 えり子」から「渡辺 えり」に変更したことを9月27日に公表した。人形劇団結城座自主公演『森の中の海』(同年11月19日より・於下北沢スズナリ)で、作と演出を務める。客演として稲荷卓央(唐組)を迎え、人形と役者の共演を初演出する。

2008年4月1日からシス・カンパニーが所属事務所になった。同年5月10日から6月8日シス・カンパニープロデュース公演『瞼の母』(主演:SMAP草彅剛)で演出を担当した。

2016年3月1日から日本劇作家協会副会長[4]を、2018年から同会長を務める[5]

2019年4月1日、土屋良太との離婚を所属事務所の公式ホームページで発表[6][7]した。

2021年4月12日、12年間所属したシス・カンパニーを円満退社して個人事務所「渡辺えり事務所」を立ち上げることを発表した[8]

人物[編集]

子供時代[編集]

小学校の教員をする父、農協で働く母[5]と弟と祖母のもとで育った。幼い頃は、母の実家で叔父や叔母との同居生活だった[2]。当時は父から宮沢賢治高村光太郎の作品の読み聞かせ、祖母からは地元の民話を聞いて過ごした[注 3]

小学校入学後、太っていたことが原因でいじめに遭い[注 4]、人と会うのが怖くなったため2年生の途中までは学校を休みがちだった[5]。2年生の時に学芸会で演じた“犬のお母さん”役を褒められ、3年生の頃は担任から作文や歌を褒められた[2]。これにより自信を取り戻していじめを乗り越え、その後学級委員も務めた[2]

中学に入ってからは、文化祭の劇で脚本と演出を手掛けるようになった[2]。またこの頃、生徒会の役員や合唱部の部長も務めた[2]。その後父から「(県内有数の進学校である)山形西高校に入ったら卒業後に上京して演劇をやってもいい」と告げられた。必死に勉強して合格したが、その途端父から「そんな約束をした覚えはない」と言われたため、高校卒業までの3年間はこれを巡って父とよくケンカになったという[2]

本格的に演劇の道へ[編集]

高校卒業後父の反対を押し切って上京し、舞台芸術学院(舞芸)に入って2年間仲間と演劇に打ち込んだ。卒業後、同学院講師の1人・兼八善兼(かねはちよしかね)や仲間と共に劇団「兼八事務所」を立ち上げ、作品を上演し始めた。同時期に「劇団青俳」の裏方の手伝い[注 5]や「劇団青俳」の同期に当時美輪明宏の弟子がいた繋がりで[2]、美輪の舞台の演出助手も経験した[9]

23歳の時に舞芸や「兼八事務所」の仲間たちと「劇団2○○」を立ち上げたが、当初はなかなか観客が集まらなかった[注 6]。しかし、その後口コミで徐々に評判となり、いつの間にか立ち見が出るようになった[2]。1982年に上演した『ゲゲゲのげ』では、100席の小劇場に350人もの観客が来場した[2]

1997年、様々な要因により「劇団3○○」を解散し[注 7]、以後「好きなことだけやろう」と思って色々と仕事を続けた[2]。しかしその後、とある舞台で大きな“壁”を乗り越えたことが自信に繋がり[注 8]、「宇宙堂」を立ち上げることとなった[2]

貧しい若手時代、『おしん』への出演[編集]

遡って上京してからの約10年間は貧しい劇団員で食費や家賃の支払いに困り、一時はアルバイトを3つ掛け持ちするほどだった[5]。その後、岸田國士戯曲賞受賞により雑誌の原稿を書く仕事を依頼されるようになり[2]、原稿料で何とか食べていけるようになった[5]。ただし、当時住んでいた六畳一間のアパートの家賃まではまかないきれず、その後も時々滞納せざるを得なかった[5]

同年、NHKから朝ドラおしん』への出演を依頼されると、当時劇団が1年間活動を休止していたため引き受けることができた[2]。同作でヒロインのおしんをいびる兄嫁・とら役を演じたが、当初の出演はドラマ中盤に数シーンだけの予定だった[2]。しかし渡辺の出演回の放送を見た、原作者・橋田壽賀子に演技を気に入られ、最終的にとらの老婆時代まで出演シーンが増えた[注 9]。本作のギャラで滞納していた家賃を払い、この出演を機に仕事の依頼が増えたことで以降滞納せずに暮らせるようになったという[5]

対人関係[編集]

劇団を旗揚げしようと思ったのは、上京後の18歳の頃に舞台『盲導犬』を観劇して主演の蟹江敬三の芝居に衝撃を受けたことがきっかけ[10][11]

18代目中村勘三郎とは、昔からをよく飲み語り合う仲だった。勘三郎の名跡を継ぐ前である勘九郎時代に舞台台本を書くためにと、彼の自宅の空いている部屋を借りる話があった。勘九郎曰く「この人(渡辺)と出会ったのは良かったよ。最高だよ」と、冗談ぽく、しかし信頼を置いて渡辺を評する。そんな勘九郎の事を、渡辺はオフでは「哲明さん」と、本名で呼ぶことが多かった(『しのぶとえり子のふっふっふ』にて)。

先述の通り美輪明宏とは、渡辺が20代前半の頃から親しくしている。演劇人として駆け出しの頃に美輪の舞台で裏方を務めた際、制作スタッフから小道具の金の器を予算1000円以内で作るよう指示された。工夫して器を完成させた所、豪華な壺のような出来栄えに美輪から褒められてとても喜んだという[注 10]。また、「劇団3○○」への改名[注 11]や、自身の芸名“渡辺えり”への改名[注 12]は、美輪の助言によるものである[2][9]

宇梶剛士は、役者修行の身だった彼を美輪から託されて「劇団3○○」で演技指導し[12]、舞台を経験させた。このため宇梶は、「未だに(渡辺には)頭が上がらない」とたびたび発言している。

考え方[編集]

2005年3月、『マガジン9』の発起人の一人となった[13]しんぶん赤旗の紙上で共産党への期待も語った経験がある[14]

憲法第9条の改正に反対している。また、平和安全法制にも反対を表明している[15]

平成28年の熊本大地震後のバラエティ番組放送自粛に関して、当時レギュラー出演していたフジテレビ制作『バイキング』において以下の発言をしている。「(自粛に関しては『必要』という姿勢を示しつつも)、単にバラエティ番組を放送しないのではなく、内容を被災者向けに配慮するなどの措置はすべき」との考えを語り、自身の体験談も交えながら涙で訴えた[16]

いつ頃からかは不明だが、本人は「演劇の持つ力を信じ、“差別や格差をなくして平和の大切さを強く訴えたい”という思いが、演劇を続ける原動力となっています」との考えを持っている[2]

その他[編集]

  • 血液型はO型、身長は160cmである。
  • 幼少期から自らの死が怖い所謂タナトフォビアという珍しい精神疾患を患っており、2歳の頃に自我が芽生えたときに、母親に「どうして自分を生んだんだ!」と発言して母親を困惑させたことがある[17]。しかし5歳の頃にある物語を読んだところ、自分の死の事を忘れられることに気が付いたという。演劇を始めたきっかけも、「その時だけは、死を忘れる事ができて[18]、なおかつ熱中できるから」という一風変わったものであった。
  • 10代の頃は沢田研二の大ファンだった。上京する際「芝居をやりたい」という理由の他、「東京に行けば憧れの沢田研二に会えるかも」という想いもあった[2]
  • 以前はタバコを1日に約100本吸うほどのヘビースモーカーだった。54歳の時に医者から副流煙による受動喫煙やニコチン中毒を指摘されたことでタバコを辞めた[5]。また病気に関しては14歳で蓄膿症、30歳過ぎに子宮内膜症、52歳で扁桃腺膿腫などにかかり、それぞれ手術を経験した[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ドレッサー(1988年)
  • 楡家の人びと(1991年)
  • 野田秀樹の真夏の夜の夢(1992年)
  • 5時の恋人(1992年)
  • 阿呆劇 フィガロの結婚(1995年)
  • おやすみ、母さん(2001年)
  • 喜劇 別府温泉狂騒曲 地獄めぐり(2002年)
  • ミレナ(2002年)
  • 東京のSF(2002年)
  • ドタキャンするの!?(2003年) - 演出・出演
  • りぼん(2003年) - 作・演出・出演
  • ミザリー(2005年6月 - 7月・2007年9月 - 11月)
  • ロープ(2006年)
  • 楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜(2009年)
  • ペテン・ザ・ペテン(2011年)
  • トップ・ガールズ(2011年)
  • オフィス3○○公演「天使猫」(2014年10月~2014年11月、東京・石巻・愛知・福島・仙台・山形公演)
  • 渡辺えり還暦特別公演 オフィス300「ガーデン 〜空の海、風の国へ〜(2015年12月)
  • おばこ/渡辺えり愛唱歌(2016年2月、三越劇場) - 主演・花子 役[24]
  • ミュージカル「わがまま」(2016年4月、世田谷パブリックシアター[25]
  • ミュージカル 狸御殿(2016年8月、新橋演舞場) - きららの方 役
  • 三婆(2016年11月、新橋演舞場) - 武市タキ 役
  • 鯨よ!私の手に乗れ(2017年1月) - 演出・出演
  • 川を渡る夏(2017年9月15日 - 9月24日、すみだパークスタジオ倉) - 作・監修
  • 喜劇 有頂天一座(2018年2月1日 - 2月12日、松竹)作:北條秀司/演出:齋藤雅文
  • 肉の海(2018年6月7日 - 6月17日、本多劇場)作:上田岳弘「塔と重力」脚本・演出:渡辺えり

他、多数

監督[編集]

情報・バラエティ[編集]

他多数

CM[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • NHKスペシャル病の起源」(2008年11月16日) - 紀伊國屋演劇賞
    家族が糖尿病である(番組で告白)。家族因子を持ち、且つ現在太っているだけに現実的恐怖として糖尿病に対する危機感を持っていることから起用されたが、日本人の場合肥満以外の要素が糖尿病発症の主因となっていることに驚いていた。

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

音楽[編集]

CD[編集]

作詞[編集]

受賞歴[編集]

  • 1980年 - シアターグリーン賞受賞 『改訂版タ・イ・ム(夢坂下って雨が降る)』
  • 1983年 - 第27回岸田國士戯曲賞 『ゲゲゲのげ 逢魔が時に揺れるブランコ』
  • 1987年 - 第22回紀伊國屋演劇賞『瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙』
  • 1991年 - プラハ国際テレビ祭グランプリ 『音・静かの海に眠れ』[27]
  • 1995年 - 第17回日本アカデミー賞優秀助演女優賞 『忠臣蔵外伝四谷怪談』
  • 1995年 - 第4回日本映画プロフェッショナル大賞特別賞 『忠臣蔵外伝四谷怪談』『怖がる人々』
  • 1996年 - 第21回報知映画賞助演女優賞 『Shall We ダンス?』
  • 1997年 - 第20回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞 『Shall We ダンス?』
  • 2015年 - 2015 55th ACC CM FESTIVAL・クラフト賞 フィルム部門 演技賞 - 東京ガス「家族の絆・母とは」のCMの演技に対して[28]

著書[編集]

戯曲[編集]

  • ゲゲゲのげ 逢魔が時に揺れるブランコ 白水社 1983.8
  • 夜の影 優しい怪談 戯曲 深夜叢書社 1983.2
  • 瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙 白水社 1985.1
  • タ・イ・ム/夢坂下って雨が降る (シリーズ戯曲新世紀) ペヨトル工房 1994.9
  • 渡辺えり子1 光る時間/月夜の道化師 ハヤカワ演劇文庫 2007.11
  • 渡辺えり子2 ゲゲゲのげ/瞼の女 ハヤカワ演劇文庫 2008.11

その他[編集]

  • 屋根裏部屋のハミング(小説集)筑摩書房 1988.10
  • 不夜城の乙女(エッセイ集)早川書房 1988.3
  • こんな女になってみたい(エッセイ)PHP研究所 1991.9
  • うたた寝のジュリエット(エッセイ)フレーベル館 1993.6 (クリエイティブウーマンシリーズ)
  • えり子の冒険 早すぎる自叙伝 小学館 2003.10
  • 思い入れ歌謡劇場 中央公論新社 2003.9
  • 芝居語り 渡辺えり子対話集 小学館 2006.8

エッセー[編集]

  • 朝日新聞「渡辺えりの心に残るひととき」(2017年3月28日 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本人によると、同演劇部は渡辺の代から山形県県民会館で公演をするようになり、その伝統は2022年現在も続いているとのこと[2]
  2. ^ 野田秀樹山元清多と同時受賞。
  3. ^ 本人は、「これらのことが、その後物語の世界に興味を持つきっかけになったのかも」と回想している[2]
  4. ^ また本人によると、「自然豊かでのどかだった村木沢に比べて、都会的だった同町の雰囲気になかなか馴染めなかった」とのこと[2]
  5. ^ 仕事内容は、演出助手から美術、衣装などの製作、弁当の手配などの雑用まで様々なことをこなした。
  6. ^ 第2回公演『タ・イ・ム』では出演者約10人に対し、観客が5人という日もあったという[2]
  7. ^ 解散理由について本人は後年、「旗揚げメンバーの退団、若い劇団員たちとの演劇に対する意識のギャップなどに加え、最長老で、皆のお父さん的存在だった役者・東銀之介が急逝したことも大きかった」と語っている
  8. ^ 本人によると、「自分は演劇人としてまだできることがあるのでは?」と思い立ったとのこと。
  9. ^ 実際には中盤で出演シーンが増えた後、おしん役の田中裕子から乙羽信子に交代した際、渡辺もクランクアップした。しかし、その後とらの老年期のシーンにも出演が決まり、急遽撮影に復帰することになった[2]
  10. ^ 葬式に使う紙製の菊の葉を1枚5円で大量に買い、それを500円の籐のゴミ箱に絡めて金のスプレーで色をつけた。本人は後年、「あの時は本当に嬉しかったですね。何でも工夫して一生懸命やれば、人は認めてくれるということを身をもって実感した出来事でした」と述懐している[2]
  11. ^ 美輪から「2という数字では、お金に困って空中分解してしまう。3に変えた方がいい」と言われた。
  12. ^ 渡辺によると、「2007年に扁桃腺膿腫と診断された後、誰にも言っていなかったのに突然美輪から電話がかかてきました。美輪さんによると『“渡辺えり子”という名前は、苦行僧が敢えて苦労するためにつける名前と同じ画数。“えり”に変えたらそういうことが無くなるから』と言われたので、改名しました」とのこと。

出典[編集]

  1. ^ 渡辺えり”. FATHER'S CORPORATION. ファザーズコーポレーション. 2022年10月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 『週刊現代』2023年1月14・21日号.
  3. ^ 渡辺えりさん、故郷で凱旋舞台 のんさんと競演へ”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年7月5日). 2021年8月23日閲覧。
  4. ^ 日本劇作家協会新会長に鴻上尚史氏 坂手洋二氏からバトン”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2016年3月10日). 2021年8月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 内野小百美 (2022年1月23日). “渡辺えり、演劇への覚悟が闘病の抵抗力に…30歳過ぎて子宮内膜症、更年期障害そして52歳で扁桃膿腫克服”. スポーツ報知. 報知新聞社. 2023年1月21日閲覧。
  6. ^ “渡辺えり、13歳年下の土屋良太との離婚発表 23年の夫婦生活「すべてに心から感謝」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2133103/full/ 2021年8月23日閲覧。 
  7. ^ 渡辺えり (2019年4月1日). “ご報告 (PDF)”. シス・カンパニー. 2019年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月7日閲覧。
  8. ^ "渡辺えり、事務所を円満退社 個人事務所立ち上げ独立「自身の創造の世界を追求」". ORICON NEWS. oricon ME. 12 April 2021. 2021年8月23日閲覧
  9. ^ a b 渡辺えり、美輪明宏のお告げで改名「苦行僧が苦労するためにつける名前だと…」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2018年1月17日). 2023年1月21日閲覧。
  10. ^ 「「脇役稼業」第12回・蟹江敬三「寡黙なアウトロー」」『週刊現代』2022年7月2・9日号、講談社、2022年6月29日、 25-32頁、 JAN 4910206420723
  11. ^ 蟹江さんとのお別れ”. 渡辺えりオフィシャルブログ「夢見る力」 (2014年5月14日). 2022年8月6日閲覧。
  12. ^ 「「私の地図」第533回・宇梶剛士」『週刊現代』2022年10月15・22日号、講談社、2022年10月12日、 78-80頁、 JAN 4910206441025
  13. ^ マガジン9とは?”. 2021年8月23日閲覧。
  14. ^ “常に弱者の立場 共産党に期待 女優 渡辺えりさん”. しんぶん赤旗日曜版 (日本共産党). (2013年7月14日). http://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/2013/07/14-week/ 2021年8月23日閲覧。 
  15. ^ 金子良太 (2015年8月10日). “「安保法案にNO!」長渕剛、くるり、SHELLY…業界タブーを破る芸能人たち”. アサ芸プラス. 徳間書店. 2021年8月23日閲覧。
  16. ^ 渡辺えり、テレビ自粛問題に涙で訴え”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2016年4月22日). 2021年8月23日閲覧。
  17. ^ 夫(土屋良太); 妻(渡辺えり) (2017年1月27日). 渡辺えり「死の恐怖から逃れるため」 演劇始めた理由語る(2/3)〈週刊朝日〉. (インタビュー). 朝日新聞出版. p. 2. AERA dot. (アエラドット).. https://dot.asahi.com/wa/2017012500187.html?page=2 2023年1月30日閲覧。 『週刊朝日』2017年2月3日号より抜粋。
  18. ^ 夫(土屋良太); 妻(渡辺えり) (2017年1月27日). 渡辺えり「死の恐怖から逃れるため」 演劇始めた理由語る(3/3)〈週刊朝日〉. (インタビュー). 朝日新聞出版. p. 3. AERA dot. (アエラドット).. https://dot.asahi.com/wa/2017012500187.html?page=3 2023年1月30日閲覧。 『週刊朝日』2017年2月3日号より抜粋。
  19. ^ 片瀬那奈、連ドラ初主演で渡辺えりと同一人物役!”. シネマトゥデイ (2015年5月13日). 2021年8月23日閲覧。
  20. ^ 長谷川博己、推理サスペンス初主演 作者・法月綸太郎氏も太鼓判”. ORICON NEWS. oricon ME (2016年8月31日). 2021年12月8日閲覧。
  21. ^ 宮沢りえ&寺島しのぶW主演「女系家族」 水川あさみ、山本美月ら豪華共演陣を発表”. ENCOUNT (2021年11月10日). 2021年12月8日閲覧。
  22. ^ 上野樹里&リリー・フランキーの同棲生活に藤竜也が転がり込む!? タナダユキ監督作が決定”. 映画.com (2015年10月16日). 2021年8月23日閲覧。
  23. ^ 映画『ルームロンダリング』公式サイト”. 2018年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月31日閲覧。
  24. ^ 渡辺えりが25歳の芸者役に!「おばこ / 渡辺えり愛唱歌」開幕”. ステージナタリー. ナターシャ (2016年2月5日). 2021年8月23日閲覧。
  25. ^ 戸田恵子、渡辺えりはわがままじゃない「あくまでもタイトルだって」”. SANSPO.COM(サンスポ). 産経デジタル (2016年2月17日). 2021年8月23日閲覧。
  26. ^ 渡辺えり (2017年4月2日). “さよならバイキング”. 渡辺えりオフィシャルブログ「夢見る力」. Ameba. 2021年8月23日閲覧。
  27. ^ NHKスペシャル ニューウェーブドラマ 音・静かの海に眠れ - NHK放送史
  28. ^ 寺田心“リトルベン”姿に会場沸く CM演技賞受賞”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年10月28日). 2021年8月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「「私の地図」第542回・渡辺えり」『週刊現代』2023年1月14・21日号、講談社、2023年1月11日、 80-82頁、 JAN 4910206430135

関連項目[編集]

外部リンク[編集]