片岡サチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かたおか さち
片岡 サチ
別名義 汐風 幸(旧芸名)
生年月日 5月24日
出身地 日本の旗 日本 東京都目黒区
身長 168cm
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 1988年 -
活動内容 1988年:宝塚歌劇団入団、花組配属
1991年:月組へ異動
1997年:雪組へ異動
2000年:専科へ異動
2003年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
著名な家族 片岡仁左衛門(父)
片岡孝太郎(兄)
片岡京子(妹)
公式サイト 片岡サチ プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
風と共に去りぬ
ME AND MY GIRL
銀ちゃんの恋
心中・恋の大和路
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

片岡 サチ(かたおか さち、5月24日[1] - )は、日本女優[2]。元宝塚歌劇団専科の男役スター[1]

東京都目黒区[1]青山学院中等部出身[2]。身長168㎝[1]。愛称は「Koh」、「こうちゃん」[1]。宝塚歌劇団時代の芸名は汐風 幸(しおかぜ こう)[3][1]

来歴[編集]

1986年、宝塚音楽学校入学。

1988年、宝塚歌劇団に74期生として入団[2][3]花組公演「キス・ミー・ケイト」で汐風幸として初舞台[4][5]。その後、花組に配属[4][5]

1991年5月11日付で月組へと組替え[6][4]。同年、涼風真世麻乃佳世トップコンビ大劇場お披露目となる「ベルサイユのばら」で新人公演初主演[注釈 1][7][2]。その後も3度に渡って新人公演主演を務める[2]

1992年の「ボンジュール・シャックスパー!」でバウホール公演初主演[8][9][5]

1997年10月7日付で雪組へと組替え[10][5]

1998年の「心中・恋の大和路」(バウホール・日本青年館公演)で、東上公演初主演[2][3][4][5]

2000年6月1日付で専科へ異動となる[11][4][5]

専科異動後は各組に特別出演を続け、2003年8月3日、月組「花の宝塚風土記シニョール ドン・ファン」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[12][2][3]

退団後は女優として活動を再開し、2008年より現在の芸名に変更。

2019年より一般社団法人JIEAの理事を務めている[2]

人物[編集]

父と兄は歌舞伎俳優の片岡仁左衛門片岡孝太郎であり、妹も女優の片岡京子である[3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

月組時代[編集]

  • 1991年7月、月組・雪組・星組・専科『ベルサイユのばら-オスカル編-』(東京宝塚劇場のみ) - 小公子/フランソワ・アルマン、新人公演:オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ(本役:涼風真世) 新人公演初主演[注釈 2][19][2]
  • 1991年9 - 10月、『銀の狼』 - 新人公演:レイ(本役:天海祐希)『ブレイク・ザ・ボーダー!』(宝塚大劇場のみ)[18]
  • 1991年11月、『たとえば それは 瞳の中の嵐のように』(バウホール) - エンジェル[20]
  • 1992年1 - 2月、『珈琲カルナバル』 - アントニオ、新人公演:エビタシオ(本役:久世星佳)『夢・フラグランス』(宝塚大劇場)[21]
  • 1992年2 - 3月、『ボンジュール・シャックスパー!』(バウホール) - ウィリー・シャックスパー バウ初主演[8][9][5]
  • 1992年4月、『珈琲カルナバル』 - アントニオ、新人公演:エビタシオ(本役:久世星佳)『夢・フラグランス』(東京宝塚劇場)[22]
  • 1992年7 - 8月、『PUCK』 - ヘレン、新人公演:ボビー(本役:天海祐希)『メモリーズ・オブ・ユー』(宝塚大劇場)[23]
  • 1992年9 - 10月、『珈琲カルナバル』 - エビタシオ『夢・フラグランス』(全国ツアー)[24]
  • 1992年11月、『PUCK』 - ヘレン、新人公演:ボビー(本役:天海祐希)『メモリーズ・オブ・ユー』(東京宝塚劇場)[25]
  • 1992年12月、『ジャンプ・フォー・ジョイ』(ドラマシティ)
  • 1993年4 - 5月、『グランドホテル』 - エリック、新人公演:オットー・クリンゲライン(本役:涼風真世)『BROADWAY BOYS』(宝塚大劇場) 新人公演主演[26][27][2]
  • 1993年5 - 6月、『ロスト・エンジェル』(バウホール) - ギャビー[28]
  • 1993年7月、『グランドホテル』 - エリック、新人公演:オットー・クリンゲライン(本役:涼風真世)『BROADWAY BOYS』(東京宝塚劇場)[29][27][2]
  • 1993年9 - 10月、『花扇抄』『扉のこちら』『ミリオン・ドリームズ』(宝塚大劇場のみ)
  • 1994年1 - 2月、『風と共に去りぬ』(宝塚大劇場) - ルネ、新人公演:スカーレット・オハラ(本役:麻乃佳世真琴つばさ新人公演ヒロイン[2][30][27][2]
  • 1994年2 - 3月、『たけくらべ』(バウホール) - 正太郎[2]
  • 1994年4月、『風と共に去りぬ』(東京宝塚劇場) - ルネ、新人公演:スカーレット・オハラ(本役:麻乃佳世/真琴つばさ)[31][27][2]
  • 1994年6 - 8月、『エールの残照』 - ラピ・シャンカール中尉、新人公演:ウォルター・シャムロック伯爵(本役:天海祐希)『TAKARAZUKA・オーレ!』(宝塚大劇場) 新人公演主演[32][33][2]
  • 1994年9 - 10月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー) - スカーレットII
  • 1994年11月、『エールの残照』 - ラピ・シャンカール中尉、新人公演:ウォルター・シャムロック伯爵(本役:天海祐希)『TAKARAZUKA・オーレ!』(東京宝塚劇場)[33][2]
  • 1994年12 - 1995年1月、『LE MISTRAL』(ドラマシティ) - ジュリアン
  • 1995年3月、『Beautiful Tomorrow!』(バウホール)
  • 1995年4 - 5月、『エールの残照』 - アレック『TAKARAZUKA・オーレ!』(全国ツアー)
  • 1995年6月、『ハードボイルド・エッグ』 - マシュー『EXOTICA!』(東京宝塚劇場のみ)
  • 1995年8 - 12月、『ME AND MY GIRL』 - パーチェスター[2]
  • 1996年2月、『ME AND MY GIRL』(中日劇場) - パーチェスター[2]
  • 1996年3 - 5月、『CAN-CAN』 - エティエンヌ『マンハッタン不夜城』(宝塚大劇場)
  • 1996年6月、『銀ちゃんの恋』(バウホール) - ヤス[2][5]
  • 1996年7月、『CAN-CAN』 - エティエンヌ『マンハッタン不夜城』(東京宝塚劇場)
  • 1996年8月、『銀ちゃんの恋』(日本青年館) - ヤス[2][5]
  • 1996年9 - 11月、『チェーザレ・ボルジア』 - ドン・ミケロット『プレスティージュ』(宝塚大劇場のみ)
  • 1996年12 - 1997年4月、『バロンの末裔』 - ヘンリー『グランド・ベル・フォリー
  • 1997年6 - 8月、『EL DORADO』(宝塚大劇場のみ) - アロンソ
  • 1997年9 - 10月、『チェーザレ・ボルジア』 - マキャベリ『プレスティージュ』(全国ツアー)

雪組時代[編集]

専科時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1991年5月、'91TMP音楽祭『エスノ・ポップス』
  • 1992年5月、'92TMP音楽祭『SONGS IN YOUR HEART』
  • 1993年5月、'93TMP音楽祭『青春フォーエバー!』
  • 1994年5月、TMPスペシャル『夢まつり宝塚'94』
  • 1995年9月、'95TCAスペシャル『マニフィーク・タカラヅカ』
  • 1995年、汐風幸ディナーショー『A FAIRY TIME』 主演
  • 1996年5月、'96TCAスペシャル『メロディーズ・アンド・メモリーズ』
  • 1996年10月、第37回『宝塚舞踊会』
  • 1997年5月、'97TCAスペシャル『ザ・祭典』
  • 1998年5月、'98TCAスペシャル『タカラジェンヌ!』
  • 1998年10月、汐風幸ディナーショー『King』 主演
  • 1998年10月、第39回『宝塚舞踊会』
  • 1999年5月、'99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』
  • 1999年9月、汐風幸ディナーショー『Half & Half』 主演
  • 1999年10月、第40回『宝塚舞踊会』
  • 1999年12月、『レビュー・スペシャル'99』
  • 2000年3月、『寺田瀧雄 作曲生活40周年記念コンサート』
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2000年12月、『アデューTAKARAZUKA1000days劇場サヨナライベント』
  • 2001年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2001年4月、『桜祭り狸御殿』(外部出演)
  • 2001年6月、TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』
  • 2002年4月、汐風幸ディナーショー『One-derful』 主演[34][2]
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2003年度版』 阪急コーポレーション、2003年、18頁。ISBN 4-89485-122-9
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 片岡サチ プロフィール ジャパンイリュージョンエンターテインメント協会。
  3. ^ a b c d e f g インタビューその② 宝塚を卒業しこれから…★★★汐風幸さん ターミナル。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m sumirestyle 専科 汐風幸 インタビュー 産経新聞。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 専科 汐風幸 産経新聞。
  6. ^ 80年史 1994, p. 295.
  7. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 306.
  8. ^ a b 80年史 1994, p. 355.
  9. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 230.
  10. ^ 『1997年宝塚 Stage Album』 宝塚歌劇団、1998年、61頁。
  11. ^ 『2000年宝塚 Stage Album』 阪急コーポレーション、2001年、81頁。ISBN 4-89485-049-4
  12. ^ a b ENAK SUMiRE STYLE 専科 汐風幸 産経新聞ENAK。
  13. ^ 80年史 1994, p. 343.
  14. ^ 80年史 1994, p. 340・344.
  15. ^ 80年史 1994, p. 342・344.
  16. ^ 80年史 1994, p. 341・344.
  17. ^ 80年史 1994, p. 346・350.
  18. ^ a b 80年史 1994, p. 348・350.
  19. ^ 80年史 1994, p. 348・351.
  20. ^ 80年史 1994, p. 350.
  21. ^ 80年史 1994, p. 352・356.
  22. ^ 80年史 1994, p. 354・356.
  23. ^ 80年史 1994, p. 353・354・356.
  24. ^ 80年史 1994, p. 358.
  25. ^ 80年史 1994, p. 355・356.
  26. ^ 80年史 1994, p. 359・364.
  27. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 307.
  28. ^ 80年史 1994, p. 363.
  29. ^ 80年史 1994, p. 362・364.
  30. ^ 80年史 1994, p. 366・368.
  31. ^ 80年史 1994, p. 366-369.
  32. ^ 80年史 1994, p. 367.
  33. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 308.
  34. ^ 汐風幸ディナーショー「One-derful」('02年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。

注釈[編集]

  1. ^ 東京公演1幕のみ。
  2. ^ 1幕のみ。

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫 著、編集統括:北川方英 編 『夢を描いて華やかに―宝塚歌劇80年史―』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 

外部リンク[編集]