1926年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

本項目では、1926年の宝塚歌劇公演一覧について示す。

一覧[編集]

()内は、作者または演出者名。

宝塚公演[編集]

月組[編集]

雪組[編集]

花組[編集]

月組[編集]

花組[編集]

雪組[編集]

月組[編集]

雪組[編集]

花組[編集]

月組[編集]

雪組[編集]

花組[編集]

(12月25日大正天皇崩御の為、30日千秋楽を24日で打ち切り。19〜21日は平癒祈願の為、休演)

東京公演[編集]

雪組[編集]

  • 4月1日 - 4月25日 邦楽座
    • 『神樂狐』(久松一聲)
    • 『桃源の朝比奈』(久松一聲)
    • 『女郎蜘蛛』(坪内士行)
    • 『守錢奴』(坪内士行)

花組[編集]

  • 7月3日 - 7月22日 邦楽座
    • 『赤頭巾』(吉村豊)
    • 『三人片輪』(竹原光三)
    • 『司馬温公』(阪東のしほ
    • 『牛曳婿』(久松一聲)
    • 『へのへのも平』(楳茂都陸平)
    • 『煙草から』(白井鐡造)

宝塚・東京以外の公演[編集]

  • 花組 1月27日・28日 大阪・中央公会堂
    • 『鐘曳』(久松一聲)
    • 『花束』(白井鐡造)
    • 『へのへのも平』(楳茂都陸平)
    • 『守銭奴』(坪内士行)
  • 花組 2月5日・6日 岡山
    • 『司馬温公』(阪東のしほ)
    • 羅生門』(久松一聲)
    • 『眼』(岸田辰彌
    • 『へのへのも平』(楳茂都陸平)
    • 『守銭奴』(坪内士行)
  • 雪組 4月24日・25日 名古屋・御園座
  • 月組 5月15日・16日 大阪・中央公会堂
  • 月組 5月29日 - 6月2日 福岡、門司
  • 月組 12月4日 大阪・中央公会堂

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇90年史『すみれ花歳月を重ねて』p.254-255(宝塚)、273(東京)、289(宝塚・東京以外)(宝塚歌劇団) ISBN 4-484-04601-6