愛加あゆ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まなか あゆ
愛加 あゆ
生年月日 (1987-10-18) 1987年10月18日(33歳)
出生地 富山県富山市
身長 161cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 2005年 -
活動内容 2005年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
2012年:雪組トップ娘役就任
2014年:宝塚歌劇団退団
2015年:芸能活動開始
著名な家族 夢咲ねね(姉)
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト 愛加あゆ 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ベルサイユのばら
Shall we ダンス?
舞台
王家の紋章
ブロードウェイと銃弾
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

愛加 あゆ(まなか あゆ、1987年[1][2]10月18日[1][3][2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役[1][4][2]

富山県富山市[5]、文京区立第七中学校出身[3]。身長161cm[1][3]。血液型A型[2]。愛称は「あゆ」、「あゆっち」、「れな」[5]

所属事務所はワタナベエンターテインメント[1]

来歴[編集]

2003年、宝塚音楽学校入学[1]

2005年、宝塚歌劇団に91期生として入団[1][2]花組公演「マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レビュー」で初舞台[6][4][3][7][2]。その後、雪組に配属[1][3][7]

愛らしい容姿で早くから注目を集め[1]、2009年、水夏希愛原実花トップコンビ大劇場お披露目となる「ロシアン・ブルー」で、新人公演初ヒロイン[4][3][7][2]。その後も3度に渡って新人公演ヒロインを務める[7]

2010年、音月桂トップお披露目となる「はじめて愛した」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初ヒロイン[4][3][7]

2011年、「ニジンスキー」(バウホール・日本青年館公演)で、2度目の東上公演ヒロイン[4][7]

2012年12月25日付で雪組トップ娘役に就任[6][1][4][3][7][2]壮一帆の相手役として、翌年の「ベルサイユのばら」でトップコンビ大劇場お披露目[3][7]マリー・アントワネットを演じる[3][7]

2014年8月31日、「一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[4][2]

退団後は2015年よりワタナベエンターテインメント所属となり、芸能活動を再開[1]

人物[編集]

宝塚入団前には子役としてドラマやCMに出演していた経験がある[1][6][3]

実姉は元星組トップ娘役の夢咲ねねであり、同時期に姉妹が揃ってトップ娘役を務めるのは、宝塚史上初のこととなった[1][6]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

雪組時代[編集]

雪組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2009年6月、『百年への道』(コーラス)
  • 2009年11月、音月桂ディナーショー『The K-ing. DOM-進化するK-』[8]
  • 2009年12月、『タカラヅカスペシャル2009〜WAY TO GLORY〜』
  • 2010年12月、『タカラヅカスペシャル2010〜FOREVER TAKARAZUKA〜』
  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 愛加あゆ、宝塚退団後初ドラマ!ワタナベエンタと契約し女優転身 サンスポ。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l ミュージカル「ON AIR〜夜間飛行〜」愛加あゆインタビュー ローチケ演劇宣言!。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 愛の原点大切に/愛加あゆ プレシャス!宝塚。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 愛加あゆサヨナラ特別番組「Shining Smile」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  5. ^ a b 『宝塚おとめ 2014年度版』 阪急コミュニケーションズ、2014年、83頁。ISBN 978-4-484-14522-8
  6. ^ a b c d e 宝塚史上初!姉妹でトップ娘役就任 デイリースポーツ。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 雪組新トップコンビプロフィール 宝塚歌劇団。
  8. ^ 音月桂ディナーショー「The K-ing.DOM-進化するK-」(’09年雪組・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  9. ^ a b c d アドラー心理学を下敷きにした注目の舞台『嫌われる勇気』 愛加あゆインタビュー 宝塚ジャーナル。
  10. ^ a b c 期待の新作ショーステージ『GEM CLUB』に出演!愛加あゆインタビュー 宝塚ジャーナル。
  11. ^ 「FAIRY TAIL」開幕!魔法の世界を再現し「今までにない感覚の舞台」を ステージナタリー。
  12. ^ 「王家の紋章」初日開幕&再演決定に浦井健治が感無量「この絆は変わらない」 ステージナタリー。
  13. ^ 音楽劇『瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々』原田優一×愛加あゆインタビュー!「日本人の琴線に触れる音楽と物語」 エンタステージ。
  14. ^ 「王家の紋章」バージョンアップ!浦井健治の新シーンに新妻聖子身悶え ステージナタリー。
  15. ^ 末満健一「グランギニョル」、染谷俊之・三浦涼介が耽美な吸血種を好演 ステージナタリー。
  16. ^ ミュージカル「デパート!」、太田基裕「御来店お待ちしております」 ステージナタリー。
  17. ^ 「ブロードウェイと銃弾」明日開幕、浦井健治「城田優のタップがカッコいい」 ステージナタリー。
  18. ^ 高橋胡桃「今までの集大成」、ホットポットクッキング「GJ」開幕 ステージナタリー。
  19. ^ 愛と呪縛の花園で繰り広げられる母娘の物語、末満健一「マリーゴールド」開幕 ステージナタリー。
  20. ^ ミュージカル「深夜食堂」開店、マスターの筧利夫「常連とワイワイやりに来て!」 ステージナタリー。
  21. ^ a b 『KAKAI歌会2019』原田優一、出雲綾、畠中洋、愛加あゆインタビュー 宝塚ジャーナル。
  22. ^ 舞台版「PSYCHO-PASS」開幕に久保田悠来「“最高パス”です」 ステージナタリー。
  23. ^ 地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』 演劇キック。
  24. ^ 城田優とHey! Say! JUMPの高木雄也、ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」でW主演 ステージナタリー。
  25. ^ 紅ゆずる主演「エニシング・ゴーズ」大野拓朗、廣瀬友祐ら共演者が明らかに ステージナタリー。
  26. ^ 村上淳&林遣都が料理で悩み解決 新ドラマ『シメシ』来月スタート”. ORICON (2015年5月26日). 2015年5月27日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 3/29〜4/1のみ壮一帆と特別出演。

外部リンク[編集]