ロッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロッチ
LOTTI
メンバー 中岡創一
コカドケンタロウ
結成年 2005年
事務所 吉本興業ワタナベエンターテインメント
活動時期 2005年 -
出身 NSC大阪校14期(コカド)
NSC大阪校16期(中岡)
出会い NSC大阪校
旧コンビ名 3児(中岡)
市川塾、ギャルソンズ(コカド)
現在の活動状況 テレビ・ライブ など
芸種 コント
ネタ作成者 コカドケンタロウ
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
爆笑レッドカーペット
THE THREE THEATER
爆笑レッドシアター
あげテンッ
NGT48のにいがったフレンド!
など
同期 コカド
フットボールアワー
国崎恵美 など
中岡
浅越ゴエザ・プラン9
ライセンス など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2009年 キングオブコント 決勝6位
2010年 キングオブコント 決勝7位
2015年 キングオブコント 決勝3位
2017年 ワタナベお笑いNo.1決定戦 優勝
テンプレートを表示
ロッチ
YouTube
チャンネル
活動期間 メイン 2019年 -
サブ 2021年 -
登録者数 メイン 5.3万人
サブ 1.87万人
総再生回数 メイン 922万回
サブ 86万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年2月21日時点。
テンプレートを表示

ロッチ (Lotti) は、ワタナベエンターテインメントに所属する日本のお笑いコンビ2005年結成。

メンバー[編集]

中岡 創一(なかおか そういち、1977年12月8日 - )(44歳)
ボケ(たまにツッコミ)・小道具作り担当、立ち位置は向かって右。
奈良県橿原市出身。
コカド ケンタロウ(1978年8月8日 - )(43歳)
ツッコミ(たまにボケ)・ネタ作り担当、立ち位置は向かって左。
大阪府大阪市出身。本名は、小門 建太郎(読み同じ)。
  • コカドは中岡にとってNSCの先輩にあたるが中岡はコカドを先輩扱いせず、コカドも中岡を後輩扱いしていない。

来歴・芸風[編集]

  • コントを専門とする。ボケとツッコミはネタによって変わるが、中岡によるリアクションが活かされるものが多い。後述の2015年のキングオブコント以降は中岡がボケ、コカドがツッコミに専念するようになっている[1]
  • 中岡・コカドは共にNSC大阪校出身であるが、吉本興業所属時は別々のコンビを組んでいた。中岡は22歳で一旦芸人を辞めて名古屋の工場にて勤務、一方コカドは吉本を辞めて東京進出、事務所を転々とした後にワタナベエンターテインメントへ入った。友達4人で沖縄に3泊4日の旅行へ出かけ、その旅行にて仲良くなった2人は2005年にコンビを結成。中岡もコカドと同じ事務所に入った。
  • コンビ名の由来は、コンビを組んだ2005年に日本一になった千葉ロッテマリーンズにあやかって少しもじって名付けられた。ただし千葉ロッテマリーンズの選手も『VS嵐』で共演するまで知らなかったという[2]。玩具メーカー・コスモスが発売していたロッテビックリマンのコピー商品とは無関係で、2人ともこの騒動を知らなかった。
  • キングオブコントでは2008年に屈辱の2回戦落ちを味わったが、その後の2009・2010年では連続で決勝進出を果たし2009年は6位、2010年は7位という結果に終わった。2015年には5年ぶり3度目となる決勝進出を果たし、ファーストステージの「試着室」で同年の大会の最高得点を叩き出し優勝まであと一歩と迫ったが、ファイナルステージにてコカドがボケを担当する「ボクサー」でまさかの低得点を挙げてしまい、全体3位まで沈むという番狂わせとなった。審査員を務めた松本人志ダウンタウン)は後に別番組で「ファーストステージで一番オモロかったのがロッチで、ファイナルで一番オモロなかったのがロッチ」と語っていた。また、この出来事が起きて以後はファーストステージでウケたのにファイナルステージではウケなかったことをロッチ現象と称されることがある。ロッチ現象の例としては2018年のチョコレートプラネットがある[3][4]
  • 2014年頃から中岡が『世界の果てまでイッテQ!』に準レギュラーとして出演するようになって以降、それぞれピン(単独)での出演も増えている。

出演[編集]

メンバー単独での出演は中岡創一コカドケンタロウの項を参照。

テレビ[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

過去の準レギュラー[編集]

その他、過去の出演[編集]

映画[編集]

  • 夜は短し歩けよ乙女(2017年4月7日) - 詭弁部OB高坂役:中岡、学園祭事務局副長役、オウム役:コカド

CM[編集]

ラジオ[編集]

現在の出演番組[編集]

過去のレギュラー[編集]

DVD[編集]

  • バナナチェリー(ビクターエンタテインメント、2008年12月3日)
  • ラストベストロッチ(ジェネオン・ユニバーサル、2009年8月21日)
  • ロッチラリズム 単独ライブDVD(ジェネオン・ユニバーサル、2010年2月24日)
  • ラストベストロッチ2(ジェネオン・ユニバーサル、2010年10月)
  • PELOPELOTTi 単独ライブDVD(ジェネオン・ユニバーサル、2011年2月24日)
  • ロッチ単独ライブ「ストロッチベリー」(アニプレックス、2012年2月22日)
  • ロッチ単独ライブ「ハート」(アニプレックス、2013年4月24日)
  • ラストベストロッチ3(ソニー・ミュージックマーケティング2017年10月4日)

単独ライブ[編集]

  • HOW TO SHIT IN THE WOODS(2007年1月20日、笹塚ファクトリー)
  • ロッチラリズム(2009年10月9・10日、下北沢GARODEN)
  • PELO PELO PELOTTi(2010年5日・6日、北沢タウンホール)
  • ストロッチベリー(2011年11月4日・5日、北沢タウンホール/2011年11月27日大阪ABCホール)
  • ハート(2012年11月16日・17日、北沢タウンホール)
  • スペード(2013年11月1日・2日、表参道GROUND)
  • ダイヤクローバ(2015年2月6日・7日、新宿シアターモリエール)
  • リッチ(2016年5月13日・14日、新宿シアターモリエール)
  • Aロッチ(2017年4月17日・18日、本多劇場)
  • ロ・ロ・ロッチ(2018年7月27日・28日、本多劇場)
  • マハロッチ(2019年4月26日・27日、本多劇場)
  • 銀座ロッチ(2020年10月2日・3日、時事通信ホール)

トークライブ[編集]

  • LOTTI NITE(2009年 - )※不定期
  • お前下顎だけでしゃべるなよ(2013年 - )※不定期
  • 不惑のハーモニー(2019年7月9日、表参道GUROUNDO)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 『アメトーーク』2018年11月8日放送分。[出典無効]
  2. ^ ロッチ中岡 (2009年4月19日). “LOTTI中岡  由来”. ロッチ中岡 オフィシャルブログ. 2022年1月3日閲覧。
  3. ^ ロッチ 中岡 [@lottiso1] (2018年9月23日). "キングオブコント チョコレートプラネットが ロッチ現象なるものを体験したみたい 心配です 松本人志様のイタズラにより3年経った今でもスベった方のネタを事前番組で放送されるという苦行をさせられることになるでしょう。 チョコプラと飲みに行って言ってあげたい 大丈夫僕は楽しくいきてます" (ツイート). Twitterより2022年1月3日閲覧
  4. ^ 「ロッチ現象」でコント日本一の座を逃したチョコレートプラネット、半年間の苦行へ”. Sirabee (2018年9月23日). 2022年1月3日閲覧。
  5. ^ 2022年度(令和4年度)国内放送番組編成計画 (PDF)”. NHK. pp. 6,24 (2022年2月9日). 2021年2月10日閲覧。
  6. ^ ロッチ、よゐこ有野がおしっこの疑問に迫る「人体くん」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  7. ^ ロッチがミニドラマ出演、空気を読む中岡と要注意人物コカドのコメディ”. お笑いナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年1月4日). 2021年2月10日閲覧。
  8. ^ 有吉MC「オールスター後夜祭'19春」あかつ、コウメ、ジョイマン、ザコシ集結”. お笑いナタリー. ナターシャ. 2019年4月10日閲覧。
  9. ^ “クレイジーラッツがCM初登場で新曲を初披露! ネスカフェ エクセラ 「エクセラで、ナツラテ!」新CM” (プレスリリース), ネスレ日本, (2011年6月11日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000000938.html 2022年1月3日閲覧。 
  10. ^ 中岡がコカドに抱き付き恍惚の表情、Web動画「ロッチに事件!?」公開”. お笑いナタリー. ナターシャ (2016年9月14日). 2016年9月14日閲覧。
  11. ^ “ロッチ、“リッチなロッチ”に変身! お互いに「ロックだな」と感じた事は…”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月8日). https://news.mynavi.jp/article/20220308-2287087/ 2022年3月8日閲覧。 

外部リンク[編集]