湖々さくら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

湖々 さくら(ここ さくら、7月16日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役。

東京都新宿区[1]雙葉高等学校出身[1]。身長161cm[1]。愛称は「さくら」[1]

来歴[編集]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2015年4月~6月、月組『1789-バスティーユの恋人たち-』(宝塚大劇場のみ)[3]

宙組配属後[編集]

  • 2015年 8月、専科オイディプス王』(バウホール)コロス
  • 2015年10月、『相続人の肖像』(バウホール)
  • 2016年1月~3月、『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~/HOT EYES!!』新人公演:女官
  • 2016年5月、『ヴァンパイア・サクセション』(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)街の女、女子大生
  • 2016年7月~10月、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』女官、新人公演:ルドルフ(少年)(本役:星風まどか)
  • 2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~」(梅田芸術劇場)コーラス
  • 2017年2月~4月、『王妃の館-Château de la Reine-/VIVA! FESTA!』[2]
  • 2017年8月~11月、『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~/クラシカル ビジュー』新人公演:ロフチナ夫人(本役:花音舞
  • 2018年1月、『不滅の棘』(シアタードラマシティ・日本青年館)市民
  • 2018年3月~6月、『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』新人公演:妃
  • 2018年8月、『ハッスル メイツ!』(バウホール)
  • 2018年10月-12月、『白鷺の城/異人たちのルネサンス』、新人公演:ベリーダンサー(本役:花咲あいり)
  • 2019年2月-3月、『群盗-Die Räuber-』 -フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」よりー、(シアタードラマシティ・日本青年館)グリム

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、152頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b 怪我のため2/6~東京公演千秋楽まで休演。新人公演代役は水音志保が務めた。
  3. ^ フィナーレのロケットのみ部分休演。

外部リンク[編集]