吉田優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「Tsuchiyoshi.svg田 優子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

吉田 優子(よしだ ゆうこ、1957年 - )は、主に宝塚歌劇団の劇中音楽を担当する作曲家音楽監督。宝塚歌劇団理事。

略歴[編集]

1957年、兵庫県神戸市生まれ。大阪音楽大学器楽学科ピアノ専攻在学中、神澤哲郎に師事する。

1979年、稽古ピアニストとして宝塚歌劇団に入団。稽古ピアニストと同時に寺田瀧雄のもと、音楽助手として編曲などを手掛ける。

1992年、花組公演『心の旅路』で初めて主題歌を担当する。

1993年、文芸音楽室に所属し、宝塚歌劇団初の女性作曲家となる。

1996年、雪組公演『エリザベート -愛と死の輪舞-』の音楽監督を務めた。

2001年、新・東京宝塚劇場こけら落とし公演『いますみれ花咲く』の音楽を担当。

主な作品[編集]

外部リンク[編集]