上田久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上田 久美子(うえだ くみこ)[1][2]は、脚本演出家[3]奈良県天理市出身[4]。元宝塚歌劇団所属[5]

略歴[編集]

2004年京都大学文学部フランス文学専修[6]卒業。転系をする前に美学美術史を専攻していた[7]。2年間の製薬会社勤務を経て、2006年に宝塚歌劇団に演出助手として入団[4]

2013年、月組バウホール公演『月雲の皇子 -衣通姫伝説より-』で演出家デビュー。当初の公演はバウホール公演のみだったが、好評のため天王洲銀河劇場にて東上再演を果たした[3]

2014年に上演された、宙組シアタードラマシティ公演『翼ある人びと - ブラームスクララ・シューマン -』が、第18回鶴屋南北戯曲賞の最終候補に残った[8]

2015年、雪組公演『星逢一夜』で大劇場演出デビューし[9]、本作で第23回読売演劇大賞・優秀演出家賞を受賞した[10]

2018年、『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』で初めて大劇場作品のショー演出を手がけた。

2021年、月組公演『桜嵐記』が、第25回鶴屋南北戯曲賞の最終候補に残った[11]

2022年、3月末付けで宝塚歌劇団を退団した[5]

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

作・演出[編集]

大劇場ミュージカル作品(宝塚大劇場東京宝塚劇場[編集]

大劇場ショー・レビュー作品[編集]

  • ショー・テント・タカラヅカ『BADDY-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』(2018年 月組 主演:珠城りょう)

その他の劇場の作品[編集]

潤色・演出[編集]

ディナーショーの構成・演出[編集]

イベントの構成・演出[編集]

  • 宝塚歌劇105th Anniversary『タカラヅカスペシャル2019 -Beautiful Harmony-』(2019年 梅田芸術劇場メインホール)*共同演出

新人公演担当[編集]

演出助手[編集]

  • 2007年 花組『舞姫』(演出:植田景子)宝塚バウホール・日本青年館
  • 2007年 星組『シークレット・ハンター』(演出:児玉明子)博多座
  • 2007年 星組『ネオ・ダンディズム! II』(演出:岡田敬二)博多座
  • 2007年 雪組『シルバー・ローズ・クロニクル』(演出:小柳奈穂子)シアタードラマシティ・日本青年館
  • 2007年 宙組『SECOND LIFE』(演出:鈴木圭)宝塚バウホール
  • 2008年 花組『メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-』(演出:正塚晴彦)中日劇場
  • 2008年 星組『ANNA KARENINA』(演出:植田景子)宝塚バウホール
  • 2008年 雪組『ソロモンの指環』(演出:荻田浩一)
  • 2008年 雪組『マリポーサの花』(演出:正塚晴彦)
  • 2008年 宙組『Paradise Princess』(演出:植田景子)
  • 2010年 月組『ジプシー男爵』(演出:谷正純
  • 2011年 宙組『ルナロッサ - 夜に惑う旅人 -』(演出:稲葉太地
  • 2012年 月組『春の雪』(演出:生田大和)宝塚バウホール・日本青年館
  • 2013年 花組『戦国BASARA -真田幸村編-』(演出:鈴木圭)東急シアターオーブ
  • 2014年 月組『THE KINGDOM』(演出:正塚晴彦)シアタードラマシティ・日本青年館
  • 2016年 宙組『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』(演出:生田大和)
  • 2016年 月組『NOBUNAGA<信長> - 下天の夢 -』(演出:大野拓史

宝塚歌劇団退団後の舞台作品[編集]

受賞歴[編集]

  • 第23回読売演劇大賞 優秀演出家賞(2016年)-「星逢一夜」の評価により

その他[編集]

  • 2018年 京都大学未来フォーラム(第72回)『パンとサーカスの危ない時代に』講師[26]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “演出家・上田久美子、期待の「星逢一夜」で東京宝塚劇場デビュー” (日本語). 産経ニュース. 2021年5月15日閲覧。
  2. ^ DRASTIC DANCE"O" Member's BLOG 4月12日生まれが3人並ぶの巻”. drasticdance.blog.shinobi.jp. 2021年6月13日閲覧。
  3. ^ a b 宝塚歌劇団・上田久美子さんx中井美穂 -前編-(サンケイリビング、2013年11月4日)
  4. ^ a b 「原石の引き出し方わかった」上田久美子 - スターファイル”. 朝日新聞社 (2015年8月6日). 2018年5月5日閲覧。
  5. ^ a b 〈独自〉宝塚演出家の上田久美子さんが退団”. 産経新聞 (2022年4月7日). 2022年4月7日閲覧。
  6. ^ 宝塚歌劇団の演出家・上田久美子さん、京大を語る。-みんな同じじゃ楽しくない。イノベーティブな変人をめざせ!- | 京都大学のリアルを紹介 ザッツ・京大” (日本語). 京都大学のリアルを紹介 ザッツ・京大 (2020年3月26日). 2021年1月20日閲覧。
  7. ^ 京都大学. “05 面白さを求めて、熱湯に飛び込むような生き方こそ、京大流[前編] | 京都大学の新輝点” (日本語). 京都大学 創立125周年記念事業特設サイト. 2021年5月15日閲覧。
  8. ^ 「第18回鶴屋南北戯曲賞」に桑原裕子の『痕跡(あとあと)』”. シアターガイド (2015年1月29日). 2015年1月30日閲覧。
  9. ^ “早霧せいな&咲妃みゆら宝塚歌劇団雪組の大劇場公演『星逢一夜』が上演決定”. シアターガイド. (2014年12月1日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/12/01_02.php 2015年1月30日閲覧。 
  10. ^ “宝塚雪組、早霧せいな&咲妃みゆトップコンビで「星逢一夜」再演”. ステージナタリー. (2016年8月5日). http://natalie.mu/stage/news/197164 2016年12月26日閲覧。 
  11. ^ Japan Playwrights Association - 鶴屋南北戯曲賞”. www.jpwa.org. 2022年3月19日閲覧。
  12. ^ 2017年に中日劇場で再演
  13. ^ “宝塚宙組トップ娘役・実咲凜音の後継は当面置かず…公演に合わせて配役”. スポーツ報知. (2016年12月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161226-OHT1T50168.html 2016年12月26日閲覧。 
  14. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  15. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  16. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  17. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  18. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  19. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  20. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  21. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  22. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  23. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月15日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha. “五感を揺さぶる朗読劇「バイオーム」に中村勘九郎ら、作劇は上田久美子(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2022年4月16日閲覧。
  25. ^ Inc, Natasha. “生まれるのは失望か、希望か?上田久美子がイタリアオペラ2作の演出に挑む(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2022年4月22日閲覧。
  26. ^ 京都大学未来フォーラム(第72回)パンとサーカスの危ない時代に” (日本語). 京都大学. 2022年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]