礼華はる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

礼華 はる(れいか はる、10月8日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役スター。

東京都文京区[1][2]日本女子大学附属高等学校出身[1][2]。身長178cm[1][2]。血液型AB型[3]。愛称は「ぱる」、「はる」[1][2]

来歴[編集]

2013年、宝塚音楽学校入学。

2015年、宝塚歌劇団に101期生として入団[2][4]。月組公演「1789」で初舞台[1]。その後、月組に配属。

長身の大型スター候補として注目を集め、2021年、珠城りょう美園さくらトップコンビ退団公演となる「桜嵐記」で、新人公演初主演[5][6][7][2]。当初は前年の「ピガール狂騒曲」で初主演予定であったが、新型コロナウイルスの影響により、新人公演が休止となる[7][2][4]

2022年、月城かなと海乃美月トップコンビ大劇場お披露目となる「今夜、ロマンス劇場で」で、2度目の新人公演主演[4][8]

人物[編集]

現役タカラジェンヌとしては、同じ月組男役・大楠てらの180㎝に次ぐ長身である[7]

特技はバイオリン[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、58頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d e f g h i j <華宝塚>包容力放つ男役に 礼華(れいか)はる(月組) 東京新聞。
  3. ^ 『To The Future/宝塚GRAPH 2019年11月号』 阪急コミュニケーションズ、2019年、132頁。
  4. ^ a b c d e 月組新人公演で大型スター候補礼華はる主演、相手役は花妃舞音を抜てき 日刊スポーツ。
  5. ^ a b 宝塚歌劇 月組「桜嵐記」で1年4カ月ぶり新人公演復活 礼華はる「仲間と支え合った」 デイリースポーツ。
  6. ^ a b 宝塚新人公演が1年4カ月ぶりに再開 礼華はる主演 きよら羽龍ヒロイン 日刊スポーツ。
  7. ^ a b c d e 宝塚歌劇1年4か月ぶりの新人公演上演に初センターの月組・礼華はる「幸せな時間でした」 スポーツ報知。
  8. ^ a b c 宝塚月組 礼華はる連続主演「気を引き締めて集中!視野を広げられたかな」 デイリースポーツ。
  9. ^ 『宝塚GRAPH 2022年8月号/宝塚通信』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、94頁。

注釈[編集]

  1. ^ 怪我のため全日程休演。口上のみ出演。

外部リンク[編集]