縣千

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

縣 千(あがた せん、2月10日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役スター[2]

京都府宇治市[1][3]府立莵道高等学校出身[1][3]。身長172cm[1][3]。血液型O型[4]。愛称は「あがた」[1][3]

来歴[編集]

2013年、宝塚音楽学校入学。

2015年、宝塚歌劇団に101期生として入団[5][6]月組公演「1789」で初舞台[1][5]。その後、雪組に配属[7][3]

舞台映えする容姿と巧みなダンスで早くから注目され[8]、2018年の「凱旋門」で新人公演初主演[7][3]。その後も3度に渡って新人公演の主演を務める[3][8][6]

2022年の「Sweet Little Rock 'n' Roll」でバウホール公演初主演[9][2][10]

人物[編集]

初めて観た宝塚の作品は、2005年月組公演「Ernest in Love」のDVD[4]

宝塚初観劇は中学生の時で、宙組公演「TRAFALGAR/ファンキー・サンシャイン」[4][5]。パワー溢れる舞台に感銘を受け、自分も同じように舞台で輝きたいと、音楽学校受験を決意した[4]

学生時代は部活には入らず、バレエ教室へ通っていた[4]

憧れの上級生は瀬奈じゅん[4]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2019年7月、『宝塚巴里祭2019』

CM出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、85頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d 雪組縣千「笑顔で帰っていただけるように」宝塚バウホール初主演作初日 日刊スポーツ。
  3. ^ a b c d e f g h i j 雪組・縣千 目を見張る活躍のスター候補が、3度目の主演務める新人公演で圧倒的オーラ見せる! スポニチAnnex。
  4. ^ a b c d e f 『To The Future/宝塚GRAPH 2016年6月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、125頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j 名取千里 (2018年7月1日). “満を持して新人公演主演。待望の再演『凱旋門』でドイツ人亡命者を演じる”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2018/07/ 2019年10月10日閲覧。 
  6. ^ a b c d 宝塚歌劇雪組スター・縣千がラスト新人公演を満喫「笑顔の花が咲いたらいいな」 スポーツ報知。
  7. ^ a b c d e f g h “「あがた色」発揮、轟悠から学ぶ役作り/縣千”. 日刊スポーツ. (2018年6月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201806140000349.html 2019年10月10日閲覧。 
  8. ^ a b c d 宝塚雪組・縣千 堂々の3度目の新人公演主演は「お客様とのセッション」”. デイリースポーツ online (2022年4月12日). 2022年4月12日閲覧。
  9. ^ a b 宝塚雪組・縣千のバウホール初主演作が開幕「体に気を付けて乗り越えたい」 スポーツ報知。
  10. ^ a b c d e f 宝塚歌劇期待の“うるさら五人男” バウ初主演の雪組・縣千が年始ダッシュ スポーツ報知。
  11. ^ a b 宝塚雪組・縣千が「CITY HUNTER」で3年ぶり2度目の新人公演主演「舞台がまぶしい!」 スポーツ報知。
  12. ^ a b c d 雪組新人大型スター縣千が「シティハンター」主演 彩風咲奈が心構え説く 日刊スポーツ。
  13. ^ a b <華宝塚>元気の源でありたい 縣千(雪組) 東京新聞。

注釈[編集]

  1. ^ 彩風咲奈休演による配役変更で、4/21〜24は代役で出演。ガエン者玄平役は日和春磨が務めた。

外部リンク[編集]