轟悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とどろき ゆう
轟 悠
生年月日 8月11日
出身地 日本の旗 日本 熊本県人吉市
身長 168cm
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台
活動期間 1985年 -
活動内容 1985年:宝塚歌劇団入団、月組配属
1988年:雪組へ異動
1997年:雪組トップスター就任
2002年:専科へ異動
2003年:劇団理事就任
2020年:劇団特別顧問就任
所属劇団 宝塚歌劇団
公式サイト 轟悠 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
エリザベート
風と共に去りぬ
凱旋門
 
受賞
第55回『文化庁芸術祭賞』演劇部門優秀賞(2000年)
第28回『菊田一夫演劇賞』演劇賞(2002年)
第24回『読売演劇大賞』優秀女優賞(2017年)
テンプレートを表示

轟 悠(とどろき ゆう、8月11日[1][2] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役[3][4][5][1][6][7][2]。劇団特別顧問[3][4][5][1][6][7]。元雪組トップスター[3][5][1][6][7]

熊本県人吉市[8][1][2]人吉市立第一中学校出身[9][2]。身長168cm[2]。愛称は「イシサン」、「トム」[2]

来歴[編集]

1983年、宝塚音楽学校入学[9][2]

1985年、宝塚歌劇団に71期生として入団[3][4][5][10][1][6][9][2]花組公演「愛あれば命は永遠に」で初舞台[10][8][1][6][2]。その後、月組に配属[10][8][6][2]

1988年7月1日付で雪組へと組替え[10][8][6][2]

1989年、「ベルサイユのばら」で新人公演初主演[10][8]。その後も5度に渡って新人公演主演を務める。

1992年、「恋人たちの神話」でバウホール公演初主演[10][8]

1994年、「風と共に去りぬ」で、レット・バトラーを始め3役を役替わりで演じる[2]

1996年、「エリザベート」の日本初演では、ルキーニ役に抜擢を受ける[2]

1997年7月31日付で雪組トップスターに就任[3][4][5][10][1][6][2]。相手役には前任より引き続き花總まりを迎え、「真夜中のゴーストレ・シェルバン」でトップコンビ大劇場お披露目[10][8]。同公演をもって、花總が新設された宙組へ異動となり、月影瞳を2人目の相手役に迎える。同年の「春櫻賦LET'S JAZZ」で新トップコンビ大劇場お披露目。

1998年、「THE FICTION」(バウホール公演)で、宝塚歌劇史上初めてとなる一人芝居を上演[10]。12役を演じ分ける[10]

2000年、「凱旋門」での演技が評価され、文化庁芸術祭の演劇部門優秀賞を受賞。

2002年2月12日付で、「春日野八千代のような存在に」と請われて[5]専科へと異動[3][4][10][1][6][2]。同年、「風と共に去りぬ」(日生劇場公演)に主演し、菊田一夫演劇賞ならびに日本映画批評家大賞ミュージカル大賞を受賞[2]

2003年6月14日付で劇団理事に就任[3][4][5][10][1][6][9][2]。理事就任後も各組へ主役級で特別出演を続ける[5]。リアルな男を感じさせる演技には定評があり、「男役の体現者」として後輩にその姿を見せ、長く劇団の顔として活躍[5][3][4]

2020年7月18日付で理事を退任し、劇団特別顧問に就任[5][3][4][1][9][2]。現役生徒の特別顧問は松本悠里に続いて2人目となった[3][4]

2021年10月1日付で宝塚歌劇団を退団することが発表された[6][7][9][2]。入団37年目での卒業となる[6][11][2]予定。

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

雪組時代[編集]

雪組トップスター時代[編集]

専科時代[編集]

ディナーショー[編集]

  • 1990年12月、ディナーショー『スターダスト・メモリー』
  • 1990年12月、ディナーショー『X'masをタカラジェンヌとともに』
  • 1995年7・9 - 10月、轟悠ディナーショー『愛そして…』[10]
  • 1997年6月、轟悠ディナーショー『L'hortensia de Juin』[10]
  • 1999年9 - 10月、轟悠ディナーショー『Les Jours d'Amour』[10]
  • 2001年12月、轟悠ディナーショー『Noche de Yu』[10]
  • 2002年9月、轟悠スペシャルコンサート『Stylish!』[10]
  • 2002年12月、轟悠ディナーショー『The way Yu are』[10]
  • 2004年2 - 3月、轟悠ディナーショー『Yu Quiero Guitarras』[10]
  • 2005年8 - 9月、轟悠ディナーショー『Alpha-20ans FACE OF YU』[10]
  • 2007年2 - 3月、轟悠ディナーショー『Yū's Purple Shadow』[10]
  • 2007年4 - 5・11月、轟悠コンサート『Lavender Monologue』[10]
  • 2008年11月、轟悠ディナーショー『Fallin’ Love with Yū』[10]
  • 2009年9月、轟悠ディナーショー『Yū,il mondo!』[10]
  • 2010年5月、轟悠ディナーショー『Yū 25ans-Happily Ever After-』[10]
  • 2011年7月、轟悠ディナーショー『Rendez-Vous〜今宵きみと〜』[10]
  • 2012年8月、轟悠ディナーショー『Fever!』[10]
  • 2014年11月、轟悠ディナーショー『Yū! Just in Time』[10]
  • 2015年6 - 7月、轟悠ビルボードライブ『Eternal Way with YU〜Thank you 30th〜』[10]
  • 2016年9月、轟悠ディナーショー『Prelude of Yū』
  • 2017年8月、轟悠ディナーショー『Yū, Sol y Sombra』
  • 2018年11 - 12月、轟悠ディナーショー『Yū,Un jour chantant』
  • 2019年4 - 5月、轟悠ディナーショー『Yū 35, A new world』
  • 2020年2月、轟悠ディナーショー『Yū, Sparkling Days』
  • 2021年2月、71st Special Show『IV voice-テトラ ヴォイス-』[1]
  • 2021年8・9月、轟悠スペシャルライブ『Soon Yū'll Go』[6][7][2]

出演イベント[編集]

  • 1987年2月、'87TMP音楽祭『ラ・シャンソン』(コーラス)
  • 1988年4月、『南の哀愁』前夜祭
  • 1988年5月、'88TMP音楽祭『永遠のポップス』
  • 1989年1月、『逸翁に捧げる夕べ』
  • 1989年5月、'89TMP音楽祭『ザッツ・ムービー!II』
  • 1989年7月、『ベルサイユのばら』前夜祭
  • 1990年5月、'90TMP音楽祭『サウンド・イン・ビッグ・シティ』
  • 1991年5月、'91TMP音楽祭『エスノ・ポップス』
  • 1992年5月、'92TMP音楽祭『SONGS IN YOUR HEART』
  • 1992年9月、『宝塚大劇場音楽慰霊祭』
  • 1992年11月、アデュー・大劇場『宝塚 我が心のふるさと』
  • 1993年5月、'93TMP音楽祭『青春フォーエバー!』
  • 1993年7月、『'93宝塚パリ祭』
  • 1993年10月、第34回『宝塚舞踊会』
  • 1993年11月、『風と共に去りぬ』前夜祭
  • 1994年5月、TMPスペシャル『夢まつり宝塚'94』
  • 1994年9月、『宝塚歌劇80周年記念式典』
  • 1994年10月、宝塚歌劇80周年記念『'94宝塚歌劇大運動会』
  • 1995年9月、'95TCAスペシャル『マニフィーク・タカラヅカ』
  • 1996年5月、'96TCAスペシャル『メロディーズ・アンド・メモリーズ』
  • 1996年9月、『レビュー記念日』
  • 1997年5月、'97TCAスペシャル『ザ・祭典』
  • 1997年9月、『タカラヅカ・フォーエバー』
  • 1997年10月、第38回『宝塚舞踊会』
  • 1997年12月、『アデュー東京宝塚劇場
  • 1998年5月、'98TCAスペシャル『タカラジェンヌ!』
  • 1999年3月、『ノバ・ボサ・ノバ』前夜祭
  • 1999年5月、'99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』
  • 1999年9月、『レビュー記念日』
  • 1999年11月、『華麗なる千拍子'99』前夜祭
  • 1999年12月、『レビュー・スペシャル'99』
  • 2000年3月、『寺田瀧雄 作曲生活40周年記念コンサート』
  • 2000年8月、第10回『演劇人祭』(外部出演)
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2000年12月、『アデューTAKARAZUKA1000days劇場サヨナライベント』
  • 2002年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2002年6月、TCAスペシャル2002『DREAM』
  • 2003年1月、『清く正しく美しく』
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2003年10月、第44回『宝塚舞踊会』
  • 2004年4月、『宝塚歌劇90周年記念式典』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90』
  • 2004年10月、宝塚歌劇90周年記念『宝塚歌劇大運動会』
  • 2005年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2005年4月、TCAスペシャル2005『Beautiful Melody Beautiful Romance』
  • 2005年6月、『ゴールデン・ステップス』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2006年11月、『夢のメモランダム』
  • 2007年1月、『清く正しく美しく』
  • 2007年9月、『TAKARAZUKA SKY STAGE5th Anniversary Special』
  • 2008年10月、第49回『宝塚舞踊会』
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2009年11月、第50回記念『宝塚舞踊会』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2010年7月、『寺田瀧雄メモリアルコンサート』
  • 2010年7月、『演劇人祭』(外部出演)
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2011年4月、『ノバ・ボサ・ノバ』前夜祭
  • 2011年5月、『愛の旋律〜夢の記憶』
  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年11月、『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』(外部出演)[10]
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2013年6 - 7月、『宝塚巴里祭2013-La Chanson de Paris 99-』 主演[10]
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年10月、宝塚歌劇100周年記念『宝塚歌劇大運動会』
  • 2014年12月、『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』(外部出演)
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年1月、『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』(外部出演)
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』
  • 2021年6月、『All His Dreams "愛"』(外部出演)[2]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 人吉球磨アンバサダーズ インタビュー::轟悠 宝塚歌劇団 人吉球磨地方復興支援プロジェクト。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 宝塚人生36年半の集大成・轟悠「年数じゃない。今を大切に」 スポーツ報知。
  3. ^ a b c d e f g h i j 宝塚歌劇 轟悠、小池修一郎氏が特別顧問に就任 現役生徒では2人目 デイリースポーツ。
  4. ^ a b c d e f g h i 宝塚歌劇団 轟悠と小池修一郎氏が特別顧問就任 スポニチAnnex。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 轟悠と小池修一郎氏が宝塚理事を退任、特別顧問に 日刊スポーツ。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “宝塚・轟悠が退団会見「自分の心に素直に従う」と理由を語る”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年3月18日). https://hochi.news/articles/20210318-OHT1T50076.html 2021年3月20日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 轟悠が宝塚退団会見「自然に」「正直な気持ち」 日刊スポーツ。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ラヴィック役で芸術祭賞優秀賞/専科轟悠(2):タカラジェンヌ夢の軌跡 ENAK。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n “男役の教科書”轟悠、宝塚退団会見 決断は突然「気持ちが心に下りてきて」 スポニチAnnex。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh 『TAKARAZUKA REVUE 2016/轟悠ステージヒストリー』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、46 - 47頁。ISBN 978-4-908135-73-6
  11. ^ a b “男役のお手本”轟悠ラスト舞台初日 未来担う後輩へ「立派になれよ」 日刊スポーツ。
  12. ^ a b 宝塚専科・轟悠の主演作「シラノ―」大阪で開幕「応援してくださる方々から逆にエネルギーをいただく形」 スポーツ報知。

注釈[編集]

  1. ^ 8/28〜9/19のみ。
  2. ^ 6/10〜20のみ。

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに-宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 『TAKARAZUKA REVUE 2016/轟悠ステージヒストリー』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、46-47頁。ISBN 978-4-908135-73-6
  • 『轟悠 舞台写真集/轟悠の軌跡 全舞台年表 1985-2021』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、140-159頁。ISBN 978-4-86649-162-2
  • 『星組公演 婆娑羅の玄孫 プログラム/轟悠ステージヒストリー』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年。

外部リンク[編集]